田中 くん は いつも けだる げ。 アニメ「田中くんはいつもけだるげ」のキャラクターや見どころを紹介|気まぐれブログ

田中くん 女の子を恐れて ~ Tanaka best scennes compilation

田中 くん は いつも けだる げ

作者:ウダノゾミ• 出版社:スクウェア・エニックス• レーベル:ガンガンコミックスONLINE• ジャンル:日常系コメディ• アニメ放送期間:2016年4月〜6月• 構成:全12話• アニメーション制作:SILVER LINK. 監督:川面真也 あらすじ とある高校の教室の片隅。 眠そうな目で頬杖をついている男子高校生・田中はいつもけだるげ。 授業中は居眠り。 体育の時間も動かない。 登校も下校もできるだけ歩きたくない。 変化のない日々をゆるゆる過ごしたい。 なのに田中の周りは意外とにぎやか。 外見は怖いけどおかん気質な太田。 全力全開猪突猛進な宮野。 才色兼備 ? な委員長の白石。 ヤンキーリスペクトの越前。 しっかり者すぎる妹……etc。 こんな個性豊かな面々に囲まれてもマイペースにダラダラのんびり。 そんな田中の気怠い日常を描くインセンシティブ青春コメディがゆるゆると開幕……するかもしれない。 太田の幼なじみ• 見た目ヤンキー• 宮野大好き• 声優:諏訪彩花 ヤンキーに憧れており、見た目だけはスケバン風だが、根はファンシーグッズが好きだったりと作中屈指の乙女。 太田を若干異性として意識しているが太田は鈍感すぎて全く気付いていない。 宮野が大好き。 「田中くんはいつもけだるげ」の見どころを紹介 とにかくゆるい 主人公が何せゆるいため、作風もとにかくゆるいです。 そのためひたすらのんびりみることができます。 田中はとにかくのんびりしたいのですが、周りが 主に宮野 のんびりさせてくれなかったり、かと思えばのんびりするために物凄い努力をしたりと、のんびりすることに全力な田中とその周りの人間が描かれます。 特にハラハラしたり、伏線を気にしたりすることなく見れるのでぼーっとしながら見ることができます。 キャラクターが可愛い 田中くんはいつもけだるげは画風が内容と同じようにソフトタッチで描かれています。 キャラクターもシンプルなデザインで、視聴者からは特に宮野が小動物っぽくって可愛いと人気を博していました。 登場人物も少ないため、ややこしくなったり似たキャラクターなどはありません。 また、登場人物は基本名字、兄弟なら下の名前のみで呼ばれますので覚えやすいです。 ラブコメ展開になりそうでならない 作中で白石と越前はそれぞれ、田中と太田に恋心を抱いているのですが、田中も太田も超鈍感、田中に至っては恋愛なんてめんどくさいだけだから全力で避けるなど、ラブコメ展開に発展しそうな場面はいくつもあるのですが、結局なりません。 それでも田中はもしかしてと思いながらも結局いつもどおりのんびりするだけです。 本当に徹頭徹尾のんびりするだけのアニメとなっています。 「田中くんはいつもけだるげ」の感想 前述の通りとにかくのんびりしたアニメです。 ゆったりアニメを見たい時に最適なアニメでしょう。 キャラも少なく覚えやすいので気軽に見れます。 またキャラクターがみんな純粋でいい人なので、関係がギスギスすることなども決してないので安心してゆっくり見れます。 時間がある時にのんびり見たい、そんなアニメでした。 まとめ.

次の

田中くんはいつもけだるげ

田中 くん は いつも けだる げ

第1話 田中くんと太田くん• その他 第2話 弟子入り志願• その他 第3話 ギャップ少女越前さん• その他 第4話 白石さんの秘密• その他 第5話 田中くんの日常• その他 第6話 風邪ひき田中くん• その他 第7話 田中くんのバレンタイン• その他 第8話 太田くんの受難• その他 第9話 ワックへようこそ• その他 第10話 田中くんの夏• その他 第11話 田中くんの文化祭• その他 第12話 田中くんのしあわせ• その他.

次の

田中くん 女の子を恐れて ~ Tanaka best scennes compilation

田中 くん は いつも けだる げ

2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-13• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-12• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-11• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-10• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-09• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-08• 2020-06-07.

次の