アイコ トマト。 【アイコの栽培】ミニ トマト『アイコ』を種から育てる記録

農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法

アイコ トマト

『アイコ』は人気の高い定番ミニトマト アイコは、種苗会社「サカタのタネ」が2004年に開発した品種のミニトマトです。 登場してからは人気が広まり、今ではスーパーで1年中見かける定番のミニトマトとなっています。 名前の知名度も広くて苗の販売量も多く、比較的育てやすいため、 家庭菜園でも人気の品種です。 また、その 育てやすさから初心者にもピッタリの品種なので、初めてトマトを育てるという方は、アイコから育ててみるのもおすすめですよ。 ミニトマト『アイコ』の特徴 なぜアイコはミニトマトの中でも人気が高く、家庭菜園でもよく育てられているのか知っていますか? それは、アイコが持つ特徴にあります。 ここからは、アイコの味や栄養といった 果実の特徴と、病気の抵抗性や育てやすさなど、 生育の特徴に分けて解説していきます。 アイコの果実の特徴 アイコの果実には、次のような特徴があります。 【果実の特徴】• 果形は縦長のプラム形• 酸度が少なく糖度が高い• 肉厚でゼリー部分が少ない• 丸玉ミニトマトの2倍のリコピンを含む• うま味成分量が多く、生食だけでなく加熱調理などにも向いている 縦長の果実で、 丸いミニトマトと比べて 2倍のリコピンが含まれています。 リコピンには、抗がん作用や美容効果といった健康に良い効果があり、近年注目されている栄養素なんですよ。 リコピンの詳しい効能や、リコピン以外のトマトに含まれる栄養については次の記事でまとめられています。 アイコの特徴は、リコピンの含有量だけではありません。 糖度の高さも自慢です。 酸度は低く、より甘さが際立つので、そのまま食べてもフルーツ感覚で美味しく頂けます。 トマトはうま味成分の宝庫ですが、アイコは特にうま味成分を持っているので、加熱や加工など、 調理して食べても美味しいですよ。 トマトのうま味成分については、次の記事で詳しく解説されています。 アイコの生育の特徴 アイコを育てる際に重要となる、生育の特徴は次の通りです。 【生育の特徴】• 裂果が少ない• 実のつきが良い• ヘタが外れにくい• ややおとなしい樹勢• 育てやすく、家庭菜園に適している• ダブル花房になりやすい(収量が多い)• 節間が伸びやすく、思ったより背が高くなる• 病気に強い(萎凋病、トマトモザイクウイルス、葉かび病、斑点病) 家庭菜園では果実が割れてしまう裂果が厄介ですが、アイコは 裂果の数が非常に少ないです。 また、 樹勢はおとなしめですが弱すぎず、 樹が強くなりすぎる心配もありません。 強い耐病性、実のつきの良さ、ダブル花房の多さにより、 育てやすくて収量も確保できるので、初心者でも安心です。 プランターしか育てる場所がなかったり、あまり手がかけられなかったりする人でも問題なく育てられるので、家庭菜園にも適していますよ。 しかし、節間が伸びやすく、想像以上に大きくなる可能性があるので、 育てるスペースには注意しましょう。 ミニトマト『アイコ』の育て方 アイコの特徴が理解できたところで、ここからは特徴を踏まえた育て方を解説していきます。 アイコは育てやすい品種ですが、実践するとよりたくさん収穫できるようになるポイントを4つ紹介するので、参考にしてみてくださいね。 種からの育苗は難しく、慣れていないと失敗する可能性が高いです。 アイコは人気のミニトマトなので、 シーズンになれば必ず苗が販売されるでしょう。 苗は必ず購入できるので、無理に種から育てるより、良質な苗を購入して植えるようにしましょう。 良質なトマトの苗の選び方は、次の記事を参考にしてください。 また、樹勢もおとなしめなので、栄養が不足すると弱りやすい点に注意が必要です。 栄養過剰により樹が暴れることにはなりにくいので、弱る前に追肥をするなどして樹勢を維持してみましょう。 長く収穫したいのであれば、長く伸びても誘引できるように、斜めに誘引したり、吊り下げたりしてみてください。 トマトは大きくなると人の身長はあっという間に越すくらい伸びるので、植える前に 誘引する支柱と場所を確保しておくと良いです。 しかし、アイコなら裂果に強く、ヘタが取れにくくて落下もしないので、 完熟してからの収穫がしやすくなるのです。 完熟させた方が酸味が落ち、甘味が際立つので、できるだけ完熟した美味しい状態で収穫してみてくださいね。 ただ、柔らかくて味もいまいちな過熟状態にならないように、収穫の遅れには気を付けましょう。 次の章では、完熟で収穫したアイコの美味しい食べ方を紹介しているので、ぜひこのまま読み進めてみてください。 ミニトマト『アイコ』の美味しい食べ方 ここからは、収穫したアイコを美味しく食べられる方法を3つ紹介します。 果肉が分厚く、ゼリー部分は少ないので、 トマトのゼリー部分が苦手な人でも食べやすく感じるでしょう。 サラダや料理の付け合わせ、お弁当などには持ってこいのミニトマトですよ。 アイコを使ったスープやソースなど、調理方法はたくさんあるので、自分なりの調理をして食べてみてくださいね。 トマトは料理によく使われてきた野菜でもあるので、うま味成分の多いアイコは、さらに料理の味に深みを与えてくれるでしょう。 ただ、もっと長持ちさせるにはドライトマトもおすすめです。 生食でも美味しく食べられるアイコなら、 ドライトマトにしても美味しさは保たれます。 美味しいアイコを長く楽しみたい方は、ドライトマトにもチャレンジしてみてくださいね。 アイコには「イエロー」と「オレンジ」もある ここまでは、「赤いアイコ」について特徴と育て方、美味しい食べ方について説明してきました。 実は、他にも 「イエローアイコ」と 「オレンジアイコ」もあるんですよ。 その名の通り、黄色とオレンジ色の果実が実るアイコです。 見た目だけでなく、 味や生育にも少し違いがあるので、3種類のアイコを育てて味や生育の違いを比べてみるのも面白いですよ。 まとめ【アイコは家庭菜園にもおすすめな大人気品種】 アイコは育てやすく、食味も良いため、家庭菜園にはうってつけのミニトマトです。 スーパーに並んでいるミニトマトの中にもアイコはよく見られ、身近にある人気な品種でもあります。 今回紹介した育てるポイントを実践すれば、 トマト栽培初心者の方でも立派なトマトを収穫することができるでしょう。 家庭菜園で育てる品種に迷っている方や、とにかく美味しいトマトを食べてみたい方は、ぜひアイコを育てたり買って食べたりしてみてくださいね。 このブログ 「もこっとおにぎり」では、トマト農家の私がトマトに特化した記事を更新しています。 もっとトマトの品種を知りたかったり、トマト栽培で困ったことがあったりしたら、いつでも遊びに来てください。

次の

アイコ<ミニトマトの品種:旬の野菜百科

アイコ トマト

まずはミニトマトの栽培カレンダーをご覧いただきましょう。 地域によって違いはありますが、大まかにこの栽培カレンダーにそって説明していきます。 ミニトマトに適した環境 ミニトマトの原産地は、中南米の比較的冷涼で昼夜の温度差が大きい乾燥地域になります。 ミニトマトの種まき(播種<はしゅ>) 家庭菜園の場合、夏野菜は苗から栽培することを強くオススメします。 適期に植えつけをしようとすると、どうしても専用の施設が必要になってきますし、毎日の水やりやビニールの開け閉めによる温度管理などを一日忘れたら全滅してしまいますので、付きっ切りの労力が多くかかりすぎてしまいます。 それでも簡易なビニールトンネルで育苗しようと思う場合は、3月中旬に播種すれば5月には植え付けることも可能です。 種はセルトレイ(育苗用の容器)に一粒ずつまきましょう。 家庭菜園の場合はセルトレイが一枚あれば、ミニトマト以外にも植え付ける予定の他の夏野菜を全部まくことができます。 本葉が2枚ほど展開したころに直径9~12センチのポットに移植します。 その後、第一花のつぼみが見え出した頃に畑へ植え付けます。 ミニトマトの植え付け(定植) 植え付け時期の2週間前からミニトマトに合わせた土づくりを開始します。 植え付け2週間前に、土壌に苦土石灰を200グラム程度(1平方メートルあたり)混和させておきます。 石灰資材だけを早めに施すのは、肥料との化学反応を避けるためです。 1週間前には化成肥料100グラム(1平方メートルあたり)を元肥として散布し、土壌と混和させ、畝を立てます。 ミニトマトは水分の影響を強く受けるため、梅雨時期などの豪雨で浸水しない程度にできる限りの高畝にすることを推奨します。 草とりの手間を省くためにもマルチング(畝全体を覆うこと)をおすすめしますが、近年は特に、黒マルチでは盛夏期にあまりにも高温になりがちですので、白マルチや敷きわらの方がおすすめです。 ミニトマトの仕立て方 トマトの仕立てには多くのやり方がありますが、基本的には1本主茎を真っすぐ伸ばしていくことが多いです。 ミニトマトに関しては低いところからわき芽を利用し、2~4本を主茎として残して栽培しても充分に収穫することができます。 家庭菜園で最も多いのは二条植えで主茎を真っすぐ仕立て、手が届かなくなった頃(栽培カレンダーでは8月のお盆の頃)に先端の芽を摘みとってしまい(摘心)、冬野菜が始まる9月までに栽培を終わらせるやり方でしょう。 どの仕立て方でも、株と株の間は50センチほどのスペースを空けて植えつけます。 ミニトマトの収穫量は、盛夏期には落ちるものの、栽培適温に戻る9月以降にはまた上がります。 工夫して長期収穫を目指すのも一つの手ですね。 ミニトマトの芽かき・誘引 トマト栽培の主な作業は、この芽かきと誘引になります。 芽かき 主茎を真っすぐ伸ばしていく際に、茎のわきから新しい芽が発生します。 この芽をできるだけ早いうちに切除するのは、長くトマト栽培を続けるためにもっとも大切な作業です。 ミニトマトの場合は大玉トマトほど神経質になる必要はありませんが、この作業が遅れるとミニトマト栽培を成功に導くことが難しくなりますので常に心がけましょう。 指で簡単に除去できるうちにおこなう 誘引 誘引もとても大切な作業です。 目標にしている形(多くの場合直立した状態)を維持するためにも、早め早めに支柱へ誘引してあげましょう。 ミニトマトの肥料のやり方、考え方 ミニトマト栽培で最も失敗が多いのが、水と肥料のやり方です(水に関しては後述します)。 トマトは非常に強い植物で、水や肥料のあまり豊富ではない原産地からきたため、日本の肥沃(ひよく)な土壌と豊富な水分では強く育ちすぎる傾向にあります。 他の野菜と同じように肥料を与えると、茎葉ばかりが生い茂り、花がつかないということが頻繁におこります。 以下の図のように、主茎の先端部分を観察して樹勢を判断しましょう。 ミニトマトの病害虫・生理障害 トマトには多くの病害虫による被害や、裂果(果実が割れる)などの生理障害が発生します。 防除のために薬剤散布することも大切ですが、それ以前の耕種的防除(薬剤を散布せず、栽培管理で防除する手段)は更に大切になってきます。 主な方法としては以下の4つがあります。 雨よけ栽培 簡易ビニールハウスなどを設置することで直接雨が降りかかることを避けることができます。 雨そのものによる裂果と、地面を叩いて跳ねた泥によって病気に感染することを予防します。 糖度の向上も期待できます。 古い葉を除去する 収穫期の果実より下位にある古い葉は上位の果実に養分を送らず不要なものです。 全て切除して主茎だけのスッキリした状態にし、風通しを良くしておくことで病害虫の発生を予防し、作業性も向上します。 水やりをしっかりする 特にトマト栽培においては、水を切って(減らして)育てた方がおいしいという情報が出回りすぎて、降雨がないと極端に乾燥状態になっている場合がよくあります。 しかし、裂果の原因のほとんどは乾燥状態からの降雨によるもので、普段から水やりをしていれば、降雨による極端な水分供給によって裂果を発生させることが少なくなります。 また、尻くされ病やうどんこ病などの頻発するトマトの病気は、カルシウム成分が足りていれば起こりにくいのですが、カルシウムは水溶性のため、過乾燥では補給できません。 水やりは、肥料散布、薬剤散布以上の効果を発揮することがあると覚えておいてください。 連作しない・接ぎ木苗を購入する 最悪最強の病害、青枯れ病に代表される細菌病は、特に注意が必要で、発生したら最後、引き抜いて処分し他の株への感染を防ぐしか手段はありません。 事前に防ぐためにも、一度ナス科の作物を植えた畑には3年以上ミニトマトを植え付けることはやめましょう。 もしくは接ぎ木苗を購入して使用すれば、これらの感染を防ぐことができます(全ての接ぎ木苗が抵抗性を持っている訳ではありません)。 ミニトマトの栽培がうまくいくようになったら、次は大玉トマトの栽培にもチャレンジしてみましょう。 家庭菜園でも特に人気野菜のトマトは、なかなかシーズン終了時期まで収穫し続けることの難しい作物ですが、ミニトマトなら比較的簡単です。 ぜひお試しください。

次の

農家が教えるミニトマト栽培 最後まで鈴なりの実を付けさせる方法

アイコ トマト

地温が上昇してから定植します。 株が若いうちに窒素肥料が効きすぎても落花してしまいます。 第1段目の果実が太るころまでは、窒素をあまり効かせないようにします。 下段の果実がついたころに追肥をすると、第4~5段目に丈夫な花がつくようになります。 適期に追肥することを心がけます。 病原菌による病気ではなく、石灰(カルシウム)欠乏による生理障害 尻腐れ症 と考えられます。 若苗定植、高温乾燥、湿害などにより発生が多くなります。 定植前に適当量の苦土石灰と十分な完熟堆肥を施し、根を広く張らせて石灰を吸えるようにします。 窒素肥料が多いと石灰が吸えなくなるので、窒素肥料を少なめにします。 敷きワラをして地温を下げ、水分を安定させます。 塩化カルシウム0. 5%液を葉面散布すると効果が期待できます。 病斑が大きく暗褐色になり、その上に霜状のカビが生えたら疫病です。 トマトが梅雨期に被害を多く受ける病気です。 水はけをよくし、茎葉が密集しないように風通しもよくします。 病株は抜きとり、持ち出し処分します。 トマトだけでなく、ナス、ピーマン、ジャガイモなどのナス科作物は4~5年は栽培しないようにします。 登録農薬(殺菌剤)を使用する場合は、説明書をよく読み、使用基準を厳守します。 春先の温度の低いときは保温マットや育苗器が必要です。 発芽までは十分水を与え、タネが乾かないようにします。 発芽したら、水を控え、温度を下げ徒長をおさえます。

次の