ボイス 増田 貴久。 NEWS・増田貴久、黒髪で初の刑事役 『ボイス』で“唐沢兄貴”と初共演 /2019年6月1日 1ページ目

増田貴久に“癒し”を感じる視聴者が続出…「ボイス 110緊急指令室」第3話

ボイス 増田 貴久

俳優の唐沢寿明が妻を殺された敏腕刑事役で主演を務め、女優の真木よう子と初共演する7月13日スタートのドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、NEWSの増田貴久が出演することが決まった。 唐沢演じる樋口を「兄貴」と慕う後輩の刑事役を務める。 増田は日本テレビの連続ドラマへのレギュラー出演も、刑事役を演じるのも初めて。 唐沢とも初共演となる。 役に合わせて黒髪の短髪にし、清潔感とりりしさを兼ね備えた姿で撮影に臨んでいる。 本作の舞台は警察の緊急指令室。 彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。 一つ一つの判断が被害者の生死を分ける、タイムリミットサスペンスとなる。 唐沢が演じる樋口彰吾は、勘と行動力で突き進むすご腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐に燃える男。 真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役を務める。 増田が演じるのは、港東署ECU(Emergency Call Unit)緊急出動班の捜査員・石川透役。 石川はもともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢)のことを今でも「兄貴」と呼んで慕っている。 樋口が交番勤務となり、荒々しい捜査で問題を起こすたび、いつもかばってきた。 今回、樋口のECU配属とともに、自らも配属となった。 主に現場で樋口と共に捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。 ひょうひょうとしており、現場のムードメーカーだが、腕っぷしは強い。 頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです」と語る。 唐沢との初共演には「大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとても嬉しいです」と喜んでいる。 新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は、日本テレビ系にて7月13日より毎週土曜22時放送。

次の

NEWS・増田貴久、黒髪で初の刑事役 『ボイス』で“唐沢兄貴”と初共演 /2019年6月1日 1ページ目

ボイス 増田 貴久

YOU、これは最悪だよ NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。 9月24日深夜の放送回には増田貴久がゲストに訪れ、出演したドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)の撮影現場について語った。 そこでリスナーから「増田さんは石川透を演じているときに心がけていることはありましたか?」という質問が届いた。 毎週ドラマを見ている小山は、当初はここまで増田が重要人物だとは思っていなかったらしく「透くんはさ、まあまあ核だったね、このドラマの」と驚いたよう。 増田は最初から自身がどういう立ち位置になるのか知っていたそうで、というのも、「今回はもう(撮影が)始まる前から全話できてたの」。 一般的なドラマの現場で最初に渡される台本は3話くらいまでが多いらしいが、すでに全話分が手元にあったことで、「今回は全貌120%わかった状況でやらせてもらったから、インするときから気持ちの作り方が今までとは違ったかな」と、しっかり役作りをしてから撮影に臨めたと明かしていた。 そして、ラジオ収録時点で第9話まで見ているという小山は、かなりドラマにハマっているらしく、快楽殺人の犯人である本郷雫役を演じている伊勢谷友介について「伊勢谷さんってさ、もうこえ~。 ちょっとさワンショット映っただけで怖っ!」と大興奮。 しかし、増田の話によると「伊勢谷さんって普通に現場で『よ~い!』って(声がかかる)ギリギリまで全然普通の関係ない話してるの」と、現場では優しかったようだ。 ただ、「増田くんてさ~」と声をかけてくれるものの、撮影が始まる直前は「俺はめちゃめちゃ気持ちつくってんの」と明かし、「はい、はい」と戸惑いつつ伊勢谷の質問に答えていた様子。 その後はすぐに伊勢谷とは敵対する役どころだったため、「(伊勢谷のムードに引っ張られそうになって)危なかった。 巻き込まれるところでした」と明かしていたのであった。 一方、「俺はいち視聴者なの!」とすっかり『ボイス』のファンである小山は、「俺はこのラジオで言ったの、ファンの人に。 『これは増田貴久として見ないでくださいね』と。 透くんだから! 『まっすーかっこいい』とか『まっすーかわいそう』という感想は間違ってる」と力説し、これに増田も「うんうん、それ(の感想は)はいらないね」と同調。 しかし、小山は9話のラストで上半身を裸で縛られ拉致された増田の姿を見て「本当に申し訳ないけど9話のラストだけ『まっすー裸だ』」と思ったことを告白し、増田から「一番ダメな見方だよ!」「最悪だよ」と言われてしまった。 とはいえ、この告白にファンからは「完全に私たちと同じ感想じゃないすかー!」「ボイスを語る慶ちゃん、完全にファン目線」「小山さんと全く同じ感想だったわ『まっすー裸!』って」と、小山と同意見だという声が多く集まっていたのであった。 (華山いの).

次の

増田貴久に“癒し”を感じる視聴者が続出…「ボイス 110緊急指令室」第3話

ボイス 増田 貴久

YOU、これは最悪だよ NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。 9月24日深夜の放送回には増田貴久がゲストに訪れ、出演したドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系)の撮影現場について語った。 そこでリスナーから「増田さんは石川透を演じているときに心がけていることはありましたか?」という質問が届いた。 毎週ドラマを見ている小山は、当初はここまで増田が重要人物だとは思っていなかったらしく「透くんはさ、まあまあ核だったね、このドラマの」と驚いたよう。 増田は最初から自身がどういう立ち位置になるのか知っていたそうで、というのも、「今回はもう(撮影が)始まる前から全話できてたの」。 一般的なドラマの現場で最初に渡される台本は3話くらいまでが多いらしいが、すでに全話分が手元にあったことで、「今回は全貌120%わかった状況でやらせてもらったから、インするときから気持ちの作り方が今までとは違ったかな」と、しっかり役作りをしてから撮影に臨めたと明かしていた。 そして、ラジオ収録時点で第9話まで見ているという小山は、かなりドラマにハマっているらしく、快楽殺人の犯人である本郷雫役を演じている伊勢谷友介について「伊勢谷さんってさ、もうこえ~。 ちょっとさワンショット映っただけで怖っ!」と大興奮。 しかし、増田の話によると「伊勢谷さんって普通に現場で『よ~い!』って(声がかかる)ギリギリまで全然普通の関係ない話してるの」と、現場では優しかったようだ。 ただ、「増田くんてさ~」と声をかけてくれるものの、撮影が始まる直前は「俺はめちゃめちゃ気持ちつくってんの」と明かし、「はい、はい」と戸惑いつつ伊勢谷の質問に答えていた様子。 その後はすぐに伊勢谷とは敵対する役どころだったため、「(伊勢谷のムードに引っ張られそうになって)危なかった。 巻き込まれるところでした」と明かしていたのであった。 一方、「俺はいち視聴者なの!」とすっかり『ボイス』のファンである小山は、「俺はこのラジオで言ったの、ファンの人に。 『これは増田貴久として見ないでくださいね』と。 透くんだから! 『まっすーかっこいい』とか『まっすーかわいそう』という感想は間違ってる」と力説し、これに増田も「うんうん、それ(の感想は)はいらないね」と同調。 しかし、小山は9話のラストで上半身を裸で縛られ拉致された増田の姿を見て「本当に申し訳ないけど9話のラストだけ『まっすー裸だ』」と思ったことを告白し、増田から「一番ダメな見方だよ!」「最悪だよ」と言われてしまった。 とはいえ、この告白にファンからは「完全に私たちと同じ感想じゃないすかー!」「ボイスを語る慶ちゃん、完全にファン目線」「小山さんと全く同じ感想だったわ『まっすー裸!』って」と、小山と同意見だという声が多く集まっていたのであった。 (華山いの).

次の