子 産み 島 週 7 で 産める メス たち。 子産み島~週7で産めるメスたち~ 第1話 青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生 あらすじ ネタバレ|子産み島~週7で産めるメスたち~ 青水庵 ファンサイト

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第1話 ネタバレ解説

子 産み 島 週 7 で 産める メス たち

第1話 青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生 あらすじ ネタバレ 俺は尾崎誠一。 30歳独身の公務員。 高校教師をしている。 ごく普通の男だ。 ただ、多少他人より秀でてると思えることは、勃起すると25センチはある巨根の持ち主であることと、オナニー最高5時間で20回の記録を持つ絶倫であるということくらいだ。 ただし、それが「いいこと」なのかと言えば、そうでもない。 チ〇コが大きすぎて痛がられることの方が多いし、普通の女とヤってもなかなか満足できないからだ。 高級ソープで好き放題ヤりまくってもなお、そこの女たちのレベルに満足できない。 特別な美女がいるわけでもない…。 だが、これが「普通」だ、とは理解している。 そう、そんな夢に見るような女…巨乳で、くびれていて、肌ツヤが良くて、美人の女なんて、そうそういるもんじゃない。 だが、俺は今からとある島に移り住むことになっている。 正直、そのことを思うだけで興奮を抑えきれない。 その島にはなぜか美女ばかりが住み、しかも全員が艶めかしい身体の持ち主なのだ。 肌艶もよく、思わず男の本能を刺激されるような女たちばかりだ。 その村には人口の増加を目的とし、より子どもを産みやすい女たちを増やす風習があった。 より良い女(メス)が多くの島民男性と交わり、多くの子を産む…というものだ。 女の子が生まれれば、村ぐるみでさらによい女(メス)に育てられる。 何百年もそうしてきた結果、女(メス)としての外見と内面が格段に飛躍した、子産みに特化したグっとくる女たちが今ここにいるのだ。 ところが、今この島では大きな問題が起きている。 急に女たちが妊娠しなくなってしまったのだ。 どうやら近い血でまぐわり続けたために、島の者同士では交配が限界のようだ。 そこで、村の危機を救うために村長から『外の男』である俺はある依頼を受けたのだ。 それが『島中の女を孕ませる』というものだった…。 飛行機を降り、島に一歩踏み込めば、晴れ渡る青い空に青い海。 緑ばかりが目立つ離島の、のんびりした風景…。 あぁ、癒される。 これで、あとは美女がいたらなぁ…と思う。 ここにはその美女が、いる…!! 南の島に似合う若くハリのある褐色の肌。 長く艶やかな黒髪に、キャミソールではとてもおさまりきらない爆乳と、そのボリュームとは対照的に折れそうなほど細いウエスト。 安産であろうことは間違いない大きくプリっとした尻。 このみちゃんだ。 めちゃくちゃそそられる。 これでまだ高校生…!!こんな子が都内にいたら、教師と生徒との一線を越えるヤツが俺は、この子と…ヤれるのだ…!.

次の

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第1話 ネタバレ解説

子 産み 島 週 7 で 産める メス たち

第1話 青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生 あらすじ ネタバレ 俺は尾崎誠一。 30歳独身の公務員。 高校教師をしている。 ごく普通の男だ。 ただ、多少他人より秀でてると思えることは、勃起すると25センチはある巨根の持ち主であることと、オナニー最高5時間で20回の記録を持つ絶倫であるということくらいだ。 ただし、それが「いいこと」なのかと言えば、そうでもない。 チ〇コが大きすぎて痛がられることの方が多いし、普通の女とヤってもなかなか満足できないからだ。 高級ソープで好き放題ヤりまくってもなお、そこの女たちのレベルに満足できない。 特別な美女がいるわけでもない…。 だが、これが「普通」だ、とは理解している。 そう、そんな夢に見るような女…巨乳で、くびれていて、肌ツヤが良くて、美人の女なんて、そうそういるもんじゃない。 だが、俺は今からとある島に移り住むことになっている。 正直、そのことを思うだけで興奮を抑えきれない。 その島にはなぜか美女ばかりが住み、しかも全員が艶めかしい身体の持ち主なのだ。 肌艶もよく、思わず男の本能を刺激されるような女たちばかりだ。 その村には人口の増加を目的とし、より子どもを産みやすい女たちを増やす風習があった。 より良い女(メス)が多くの島民男性と交わり、多くの子を産む…というものだ。 女の子が生まれれば、村ぐるみでさらによい女(メス)に育てられる。 何百年もそうしてきた結果、女(メス)としての外見と内面が格段に飛躍した、子産みに特化したグっとくる女たちが今ここにいるのだ。 ところが、今この島では大きな問題が起きている。 急に女たちが妊娠しなくなってしまったのだ。 どうやら近い血でまぐわり続けたために、島の者同士では交配が限界のようだ。 そこで、村の危機を救うために村長から『外の男』である俺はある依頼を受けたのだ。 それが『島中の女を孕ませる』というものだった…。 飛行機を降り、島に一歩踏み込めば、晴れ渡る青い空に青い海。 緑ばかりが目立つ離島の、のんびりした風景…。 あぁ、癒される。 これで、あとは美女がいたらなぁ…と思う。 ここにはその美女が、いる…!! 南の島に似合う若くハリのある褐色の肌。 長く艶やかな黒髪に、キャミソールではとてもおさまりきらない爆乳と、そのボリュームとは対照的に折れそうなほど細いウエスト。 安産であろうことは間違いない大きくプリっとした尻。 このみちゃんだ。 めちゃくちゃそそられる。 これでまだ高校生…!!こんな子が都内にいたら、教師と生徒との一線を越えるヤツが俺は、この子と…ヤれるのだ…!.

次の

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第1話 青い海、白い砂浜、褐色巨乳女子学生 あらすじ ネタバレ|子産み島~週7で産めるメスたち~ 青水庵 ファンサイト

子 産み 島 週 7 で 産める メス たち

Contents• 子産み島~週7で産めるメスたち~ 第1話 ネタバレ 高校教師をしている公務員 31歳 独身、尾崎誠一。 22センチの巨大肉棒を持っていると自負し、絶倫である。 誠一は月に1回牛比島に旅行で訪れていたが、 この島に転勤することになった。 誠一は島に赴任するという理由で、気分が高揚し これから待っているであろう身の丈以上の性生活に心が踊っていた。 その期待を待っていられず、 2時間7万円する吉原のソープランドに来て、嬢を抱いていた。 このソープ嬢との性行為は いたって普通。 誠一は絶倫だ。 オナニー最高記録は、5時間で20回という驚異的な記録を持っている。 だからこれくらの 普通のセックスでは満足なんてできるわけがなかった。 しかし・・・ このソープ嬢が悪いわけではない。 ソープ嬢は「もう無理・・・」と言い、ベッドに突っ伏す。 そのソープ嬢を見ると、 化粧しても全くそそらない顔で、近くで顔を見ると目立つ毛穴にシワも目立つ。 唇もカサカサで、丸い顔に二重顎、マスカラで伸ばしたまつ毛、書いた眉毛に剃り残しの毛。 乳首もくすんだ色、お腹もくびれておらず、お尻も小さい。 正直、このソープ嬢のスペックではとうていAV動画やエロ画像にも及びやしなかった。 た だ し!! これが普通なのだ。 嬢を抱いた次の日、牛比島に飛んだ。 人口約140人、世間から忘れ去られた島。 誠一はこの青い海、青い空、白い砂浜がまぶしく感じた。 島について歩いていると、向こうから知った顔の女性がやってくる。 「誠一郎おにいちゃん、久しぶり!」 と寄ってきたのは、今日からお世話になる民宿の長女、このみちゃんだった。 久しぶり、とはいってもも1週間ぶりだった。 彼女は女子校生なのでIカップ以上ある巨乳の持ち主で、 折れそうなほど細いくびれたウエストに、 張りのある安産型の大きな尻をしていた。 そしツヤツヤ輝く健康的な褐色の肌色をしている。 なんとも性的に優れたナイスボディーをした男をひきつけてやまない少女だった。 そう、本州の女と違って、普通ではない。 あきらかに 性的目的に育った体をしているのだ。 今回、島の村の長老(老女)の依頼で、島の高校の先生として本州から転勤することになっっていたが、 実は転勤とは別に、 本命の頼まれごとがあったのだ。 誠一は以前から牛比島に興味を持ち、旅行で度々訪れていたが、この関する文献を読んで、この島に行く決意をした。 この文献どおり、この島の女たちはみな美形で、本州の女達とは全く比べものにないほど素晴らしい。 誠一はそれを知ってから月に2回は訪れていた。 そして島の長(老婆)に 「 村のおなごを、孕ませてやってくれんか? 」 と頼まれごとをされたのだ。 この時、 村の風習と ある問題について語られた。 昔から外界と離れたところに住んでいた島民は 島の人口を増やすためにある策をとっていた。 一人の良質な女が何人もの島の男たちとまぐわう。 そしてその女から女の子が生まれたら、村ぐるみで全てにおいて良い女に育てる。 そして初潮を迎えればすぐさま島の男たちがその子に種を仕込んでいった。 メスとして優れたものが子を産み、男を魅了する女が多く、 その女から生まれた女の子はメスとして優れているのだ。 それを何百年も続けてきたこの牛比島の女たちは、外見と内面の魅力が格段に飛躍していた。 そして、さらにこの島の女達の凄いことは、 懐妊から出産までわずか1〜2週間で生まれるのである。 しかし、現在 誰も妊娠しなくなってしまったというのだ。 詳しいことは、長老の隣にいた看護師の杉原杏里に聞くことになった。 杉原杏里も、他の島の女と同様にはち切れんばかりの巨乳に折れそうなほど細い引き締まったウエスト、それてと張りの良い尻と太ももの持ち主で 他の島の女性同様、性的に素晴らしい体型の女性だった。 杉原杏里によると、子供が生まれない原因を医者に色々調べてもらった結果、 この島の住人たちは近い血ばかりでまぐわっていたため、 島の者同士ではもう交配が限界なんだという。 そう話す杉原杏里も男をひきつけるエロい体をしており、 妊娠しやすそうな体つきなのが強烈に伝わってくる。 その上、一歩下がって男に付き従う感じの謙虚さ。 突然、杏里さんは誠一に言った。 「誠一さん 良いものをお持ちであると思います」と。 しかも誠一特有の「香り」も独特で良いという。 この島の女性は遺伝子的に合う異性の香りを嗅ぎ分ける能力があり、 自分とは違った遠い遺伝子を本能的に求めるそうだ。 島の男たちは、3年前に島の外に引っ越したという。 理由は、島に来る外界の男たちが気を使わず島の女達に種を仕込めるようにとの配慮からだ。 ここの女たちは子供を産むことが大好きで、そのことが人生の一番の幸せだと感じているという。 時代遅れかもしれないけれど、これが島の文化なのだ、と杏里は言う。 このままだと島が淘汰されてしまう。 誠一に助けてくれないか。 だから誠一の 精をお願いしたい、 と杉原杏里は誠一にお願いした。 誠一なら良い子を授けてくれそうだからと・・・。

次の