仕事 リマインダー。 【保存版】リマインダーの使い方、使いこなす方法(iOS13以降)

Windows10の標準機能でコルタナリマインダーを使うには

仕事 リマインダー

iPhoneに標準搭載されている「リマインダー」アプリ。 remind(=思い出させる)という名の通り、やらなければならないことを通知してくれる便利なアプリです。 2019年にリリースされた 「iOS 13」ではリマインダーが全面リニューアルし、より多機能になりました。 この記事では、 「リマインダーに興味があるけど活用方法がわからない」「使いこなしている人はどう使っているのか具体的に知りたい」という方向けに、仕事や家庭での使用例をご紹介。 筆者もリマインダーを何年も使っており、やることの整理や忘れ物防止などに役立てています。 リマインダーを使いこなすためのコツを覚えて、もっと便利に活用しましょう。 こちらの画像は複数のリスト(カテゴリのようなもの)を表示させているシーン。 仕事と家庭でリストを分けるなどの活用ができます。 利用シーン別、具体的な使用例 それでは次に、実際どのような活用ができるのか、 仕事と プライベートの2つに大きく分けて具体的な使用例をご紹介します。 「この例は私にも当てはまるな」と思えるものが見つかると思うので、一通り眺めてみてください。 仕事での活用例 以下のようなシチュエーションでリマインダーが活用できます。 電話連絡や経費精算などを忘れないように通知 会議や外回りなど、きっちり時間をとって行うタイプの仕事はカレンダーを使って管理できます。 一方で電話・報告・雑務など2〜3分で終わるようなタスクだってたくさんあるはずですよね。 そういった細かい作業はカレンダーでスケジューリングできないので、リマインダーにメモすることで忘れないようにできます。 ここで[リマインダー]にチェックが入っていれば同期する設定になっています。 逆にここをオフにすれば、同期しません。 デバイスごとにリマインダーの内容を分離させたいなら、あえてオフにすると良いでしょう。 会議中でスマホが触りづらいとき、PCから確認する 会議中など、状況によってはiPhoneを取り出してポチポチしづらい場面もあるでしょう。 そういった場合はPCからリマインダーを使うのがおすすめ。 Macであれば最初からリマインダーアプリが入っており、Windowsの場合はWebブラウザからリマインダーにアクセスして操作します。 リマインダーは文字を入力するツールなので、スマホよりPCのキーボードから字を打つほうがラクだという方にもおすすめ。 バッジはアプリアイコン右上に点灯する赤い数字のこと。 GoogleタスクやGoogle カレンダーとは同期できない Google カレンダーは予定管理ツールとして非常に人気が高く、またカレンダー内でタスクを設定する機能も用意されています。 しかし、iPhoneのリマインダーは基本的にAppleデバイスの中で完結するので、Googleのサービスと連携・同期することはできません。 細かい「やりたいこと・やるべきこと」を抜かりなく実行させてくれる 使ってみるとわかりますが、iPhoneのリマインダーは他社のリマインダーと比べてシンプルで、さほど凝った機能はありません。 その分 動作は超軽量で、とにかく気軽に使いやすいです。 筆者もやりたいこと・やるべきことをリマインダーに入力していますが、メリットは忘れ物が減るだけではありません。 タスクを自分で記憶・注意しておく必要がないので、意識的にもラクになります。 こちらの記事もおすすめ.

次の

【iPhone】リマインダーとは?超絶便利な使い方

仕事 リマインダー

リマインダーか、Todo管理か 例えば、毎週月曜日に可燃ゴミを出さなければいけないとします。 これはアクションが必要になるので、一種のタスクになります。 ですが、この機会を逃すと4日間ほどゴミを出せなくなるので、リマインド(思いだ)したい内容でもあります。 これは、リマインドに登録するべきでしょうか。 それともTodo管理に登録して、月曜日にアラートを出す方がいいでしょうか。 この場合、私はリマインダーに登録するようにしています。 私の解釈では「月曜日に可燃ゴミを出す」というタスクではなく、「月曜日は可燃ゴミを出せる日だよ!」という情報を思い出せればいいのです。 リマインダーには思い出したい情報を リマインダーは、「remind」に「er」を付けた形。 「remind」とは「思い出させる」という同士です。 つまりリマインダーの目的は「これから自分が忘れるであろう事柄を思い出させること」にあります。 それに比べてTodo管理のリマインダーはちょっと違う。 Todo管理の場合は、自分が行うべきアクションをまとめたもの。 従って、純粋に「思い出したい情報」であればリマインダーに登録するべきだし、「ある日時に限定して行うべきアクション」ならTodoで管理をするべきだと思います。 ゴミ出しは何故リマインダーか 冒頭でお話ししたゴミ出しの例で言えば、ゴミ出しは「行うべきアクション」ではなく「思い出したい情報」なのです。 何故なら、「ゴミを出すか出さないか」の判断は、リマインダーを設定した段階ではできないです。 もしかしたら今週はあまりゴミが出なかったから、「ゴミを出さない」という決断をするかもしれない。 登録をした段階ではアクションを起こすかどうかを判断できないので、「ゴミを出す日だよ」という情報だけが必要になるんです。 アクションと情報を分けて考える なんでこんな回りくどい考え方をするかと言うと、これらが混在すると迷いが生まれるからです。 例えば、リマインダーに「行動が必要なタスク」が紛れ込んでいたとします。 すると、それを実行した時に、リマインダーにチェックを入れて完了なのか、それともTodoリストにチェックを入れるべきかに迷いが生じます。 また、アクションが完了したかどうかもたまに忘れてしまった場合。 「あれ?薬飲んだっけ?」と悩んだ時に、Todoリストを見ればいいのかリマインダーを見ればいいのか、迷ってしまいます。 「自分のアクションの記録についてはTodo管理で一括する」と決めてしまったほうが、迷いがなくなると思います。 あとがき.

次の

意外と便利! iPhoneアプリ『リマインダー』の使い方やおすすめ機能などを紹介|TIME&SPACE by KDDI

仕事 リマインダー

リマインドメールが必要な時って? リマインドの意味 リマインド(remind)とは、英単語です。 語義としては、「思い出させる、思い起こさせる、気付かせる」など。 よってリマインドメールとは、相手に約束や用事を思い出させるために送信するメールのことを指します。 リマインドメールを送るシーン リマインドメールには「思い出させる」というニュアンスの他に「再確認する」という意味合いもあります。 これらの意味を踏まえたうえで、ビジネスシーンでは主に下記のようなシーンで用いられることが多いです。 取引先や顧客との、営業アポイントの日程確認• 社内外での会議の出欠確認• 資料の提出締切が迫っている場合• 早急に必要な質問への回答があまりにも遅い時• 飲み会などのイベントへの出欠確認 ビジネスシーンの中でも特に重要性の高いアポイントメントなどをリマインドメールで確認することは、一般的に行われていることです。 上記のようなシーンでリマインドメールを送ることで、スムーズに仕事が進捗するでしょう。 リマインドメールを送るタイミング リマインドメールを送るタイミングは、それぞれのシーンによって異なります。 重要な会議や会食の出席リマインドならば、当日の3日程度前が適切です。 あまり早すぎても遅すぎても、リマインドの意味がなくなってしまいます。 納期や進捗状況のリマインドなどは、スケジュール感によって1ヶ月前に送らねばならないようなケースもあるでしょう。 リマインドメールの書き方のポイント 件名に「リマインド」はNG これは受け取る人次第ではありますが、件名に「リマインドメール」と銘打ってあると、不愉快に感じる人が一定数いる可能性があるようです。 ちゃんと覚えているのに、リマインドされるのが、野暮ったく感じるのか、あるいは、返事を催促されているようで、気が急かされてしまうのを嫌うのか。 あるいはそれらの感情が混然一体となってしまうのかは分かりませんが、件名に「リマインド」と書くのは避けた方が無難のようです。 リマインドメールに含める内容(構成) まずは「いつもたいへんお世話になっております」などの挨拶から書き始めましょう。 その後、目的であるリマインドの内容を書いていきます。 内容は「5W1H」で網羅するとわかりやすいです。 あるいはいつ開催予定かなど。 なぜそれをするのか。 メールで返信、や。 会議や会食なら、利用する交通機関の指定なども。 最後に、「以上ご連絡いたします。 ご確認よろしくお願いいたします」など記載し、末尾に自分の署名を入れればOKです。 出欠確認のためかならず返信をしてもらいたい場合のリマインドメール 件名に、「要返信をお願いします」など、具体的にしてほしい行動を示す文言を書き加えておくのは効果的でしょう。 また、メール本文において「いつまでの返信をお願いします」と返信期限を時間までキッチリ切っておくのも重要です。 「要返信」の文字を赤字にしたり、太字にして強調したりすることもあります。 上長をCCにいれておくなども効果的かもしれません。 シーン別・リマインドメールの例文 重要な会議のリマインドを社外の人に送る いつもたいへんお世話になっております。 大変なご多忙中とは存じますが、御調整のほど、よろしくお願いいたします。 上司に確認をお願いしている資料提出の期日が迫っている場合 「お疲れ様です。 先日ご案内しました飲み会について再度のご連絡となります。 まだ席に余裕はあるので、都合のつく同期がいれば誘ってください。 都合が悪くなって出席できなくなった方はお早めに〇〇までご連絡ください。 それでは当日はよろしくお願いします。 リマインドメールは「要点」を押さえて効果的に使いましょう 仕事をしているとリマインドメールを送る機会がことのほか多いことに気づくでしょう仕事は、様々な人とコミュニケーションの中で成し遂げられていきますから、進捗や予定の確認を行うリマインドメールも受け取る側にわかりやすく、不快な印象を与えないマナーや作法を心がけたいですね。 リマインドメールを使いこなして、「できるビジネスマン」になりましょう!.

次の