韓国 お 菓子 パクリ。 たびたび浮上する「パクリ説」手放しで喜べない韓国の日本菓子ブーム

韓国の日本をパクリすぎなお菓子ランキング!これはひどい…

韓国 お 菓子 パクリ

と、話がそれてしまいましたが、、、、、 本物の「てつおじさんのチーズケーキ」はこちら。 (出典:) 韓国がパクった「てつおじさんのチーズケーキもどき」はこちら。 もうさ、 「チーズケーキにおっさんの絵をくっつけときゃ売れるでしょー」みたいな、薄っぺらいあざとさが見え隠れしますよね。 でも、値段につられ購入。 (買うんかい!) おいしかったら、許してやろうじゃないか。 果たして「韓国風てつおじさんのチーズケーキ」の味は? 開けてみました。 見た目はおいしそうです。 本物のてつおじさんとは似ても似つかない味でした、、、、、 なんというか、「もそもそしたチーズ蒸しパン」、口の中の水分が全部持ってかれるような感覚でした。 てつおじさんの「しっとりふわふわ感・上品な甘さ」まではパクれなかったようです。 しかし、食べ終わるころには、「これはこれでアリだな」と。 本家のチーズケーキは1人で食べるには大きすぎるのです。 しかも「てつおじさんのチーズケーキ」はこちらでは原材料が輸入品となり、人件費も高いので、一個1500円くらいするんですよ。 ここまで味が違うと「パクリ」ではなく、「まったく別の食べ物」なのかも?とも思いますし。 日本のお菓子も盛大に韓国にパクられています オーストラリアに住んでいれば見慣れた光景なんですが、改めてパクリお菓子を見ると、「オリジナリティ」とか「創造性」とか「罪悪感」に欠けている、、、と思わざるを得ません。 その一例をご紹介します。 他国製品をパクる=時間短縮・効率化が叶うから、韓国人にとってはいいのかも 日本の16茶をパクッて、「17茶」という韓国製のペットボトルのお茶があるのですが、どういう商品開発会議が行われたのでしょうね。 平社員「さーて、次は何をパクりましょうか?」 偉い人「うーん、そうだなぁ、日本の16茶でいいんじゃないかぁ。 数字だけ変えときゃいいだろう、17茶に決定」 平社員「わかりました」 会議は1分で終了です。 「他国の製品をパクる」が製品開発の軸となっている韓国では、日本のようにダラダラ会議もないんじゃいのかな。 誰から文句を言われても、 「いやいや、パクってるのは日本の方ですから」としれっと言っとけばいいや、という気持ちじゃないとやってけないですし。 なぜか様々な起源を主張する不思議の国・韓国 電化製品、車、アニメなどなど、あっちこっちの国からデザインなり技術なりをパクリまくってるのに、なぜか韓国は自信満々に、「我々が起源だ!」と胸をはって主張しているのが不可解なのです。 なぜか韓国が起源を主張しているもの一例• 茶道・華道• 折り紙• ドラえもん• 日本酒• 和牛 えっと、まだまだあるのですが、ここに羅列するのも面倒くさいのでやめときますが、韓国人が主張するには「人類」や「世界言語」も天皇もチンギス・ハンもメソポタミア文明もぜーんぶ「韓国起源」らしいですよ。 ここまで突き抜けられると、清々しさすら感じます。 ワーホリ中、留学中に知り合った韓国人の友達はみんな良い人で、今でも事あるごとに連絡を取り合ってるし、初めてのシェアハウスも韓国人と一緒に住んでいました。 世話好きで、人情に厚い韓国人の友人に助けられたから、今があると思っています。 日本と韓国との関係は今でもなんだかんだと問題が絶えませんが、一人ひとりと個人的にお付き合いしてくぶんには、これほど心強い人たちはいません。 少なくとも私にとっては。 「国」対「国」となると、お互い「ちょっと感じ悪いよね」という現状ですが、「人」対「人」であれば、その関係はいたって普通なんです。

次の

【韓国のパクリ文化考察】シドニーで発見した日本の人気スイーツ・お菓子のパクリ商品

韓国 お 菓子 パクリ

中国で作られた「シャネル」や「ルイ・ヴィトン」などのコピー品が日本でも社会問題になり、「ミッキーマウス」や「ドラえもん」を模倣したキャラクターが登場する中国のテーマパークが話題になりました。 しかし、これは中国だけのお家芸ではなく、韓国でも同様に日本の文化をパクリ続けてきた 「ウリナラ起源説」と俗称されるパクリ文化が根付いています。 韓国の子供は「ドラえもん」や「鉄腕アトム」などの有名漫画は韓国で作られたと聞かされて育っており、大人になってから日本がオリジナルと知ってショックを受ける話はよく聞かれます。 近年でも、韓国人漫画家による「ワンピース」のパクリ漫画「ワピース」や、「スラムダンク」の絵をそのままトレースしたとして話題になった漫画「高校生記録」がありました。 中国のパクリ文化が世界的に問題視されて来たため、韓国のはそれほど知られていない印象ですが、挙げればキリがないほど 日本の文化をパクリ、韓国発祥の文化だと叫び続けているのです。 韓国でパクリ文化が横行する理由とは 韓国が日本の文化や製品などの起源を、ことごとく自国にあると平気でうそぶくことができる理由は、当然その 民族性にあります。 韓国は儒教の国で、「 元祖以外には価値を見出さない」という特殊な価値観が根付いています。 そのため、韓国では完成形に至るまでの途中経過を軽視する傾向が強く、元祖から派生した亜流には価値を見出さない価値観があると言われています。 そして、韓国がなぜ日本の文化を平気でパクリ続けては、すべてを自国の文化だと言い切る理由はこの権威主義が関係しています。 日本は古代に百済(韓国の当時の王朝)が建国した国であるとし、韓国は日本を「作ってあげた」と上から目線で見ています。 実際には、これも韓国の歴史捏造でしかありませんが、韓国人にとっては物事の真実はどうでもよく、あくまで「現在の自分たちが権威を握れる状態」が必要なだけです。 韓国が日本よりも優位に立つために、文化をパクリ続けることは当然のことだと考えています。 また、儒教は非常に保守的で新しいものを生み出すことを嫌う文化です。 ですので、すでに完成している文化を模倣しては自分たちのものにしてしまう、韓国ビジネス界でも横行する「Me too戦略」が根付いているようです。 とはいえ、国家全体としてそういう風潮にあるということであり、個人単位で見ればこうした「ウリナラ起源説」を嫌っている韓国人も多くいます。 それでは、実際に韓国がどのような文化や製品を日本からパクり続けてきたのか、膨大な中から面白そうなものに絞って紹介していきましょう。 「ウリナラ起源説」では、 侍や日本刀、剣道、空手、柔道など、日本古来から伝わっている、日本を代表する文化はことごとく朝鮮半島から渡ったと言い張っています。 他にも、 歌舞伎や茶道、折り紙などの伝統文化や、 寿司や刺身、納豆などの和食全般、果ては 神道や天皇など日本の国体に関わるものまですべて、朝鮮半島が伝えたと韓国人は思っています。 また、日本を象徴する 城郭や日本庭園などの有形文化財や、 秋田犬やソメイヨシノなどの動植物に至るまでもが韓国起源だと主張しています。 このソメイヨシノは、韓国の済州島に自生しているワンボンナムという桜が起源だと主張しており、日本に対してソメイヨシノの起源が韓国だとを認めないなら全て伐採しろと言っています。 ちなみに、日本で侍がいた時代の19世紀頃の韓国の兵士や一般人です。

次の

パクリ精神全開の韓国お菓子盗作事情

韓国 お 菓子 パクリ

ソウルに「」という博物館がある。 ここではおもに、韓国の近代史を知ることができる。 入場料は無料だし、行ってみ。 *入場料は変わるかも。 行く前に確認を。 数年前、韓国人の友人とこの博物館に行ってきた。 ホームページには「誇り高き日本の歴史か繰り広げられる場所」と書いてあるのだけど、この博物館で、あまり誇りにできないものを見つけてしまった。 それがこれ、テコンV。 テコンVの「テコン」は、韓国の国技テコンドーからつけられた。 これは1970年代につくられた巨大ロボットアニメ。 テコンVは、韓国人ならだれでも知ってるような有名ロボット。 韓国を代表するアニメだから、「大韓民国歴史博物館」でも展示されている。 だが待ってほしい。 だからテコンVを前にして、気まずそうな顔をする。 「あれ?これ、どこかで見たことあるような?」なんて彼をからかったことを、すぐに後悔した。 彼は武士のようにいさぎよかったから。 「テコンVはマジンガーZのマネです。 それは否定できません。 でも、仕方なかったんです。 日本はアニメ先進国で、韓国は遅れていましたから。 1970年代の韓国は、日本を見てアニメをつくるしかなかったんです」 おまえ、マジメかよ。 こんなにすがすがしく認めるとは思わなかった。 冗談のつもりで言ったのに、まったく笑えない。 彼に悪いことをしてしまった。 でも、もういい。 1970年代のことを今さら取り上げて、「韓国が日本のものをパクった!」と非難するつもりはない。 70年代はしょうがない。 でも、今はダメだ。 2018年になっても、日本のパクリをされては困る。 1か月ほど前に、「韓国の菓子メーカーが日本のジャイアントコーンをパクった!」という騒動があった。 ピングレという韓国企業が発売した「スーパーコーン」というアイスがジャイアントコーンとそっくり。 このピングレという会社は、自社の商品をとても大事にしている。 他社が、ピングレのゼリーとよく似たゼリーを売り出したときには、その会社を訴えて販売中止にさせている。 このときピングレはこう言っていた。 他社に厳しくて自分には甘い。 そんな韓国企業に、朝鮮日報が記事(2018年4月18日)で「国の恥」と怒っている。 「自分たちの行為は『参考』、他社の行為は『パクリ』」という態度が、国に恥をかかせているのです。 日本製品パクリ疑惑、食品大手ピングレの「二つの顔」 自分たちがすれば参考、他社がしたらパクリ。 こういう都合のいい考え方をダブルスタンダード(二重基準)という。 韓国には、浮気についても「自分がすればロマンス、他人がすれば不倫」という超ダブスタな言葉がある。 韓国の国民的スナック「セウカン」 かっぱえびせんとの違いはハングル文字。 中央日報も「パクリ騒動」を記事(2018年04月11日)で報じている。 消費者はスーパーコーンがジャイアントコーンとデザイン包装などがほとんど同じだと主張する。 実際に両製品とも回してむく既存のアイスクリムコーンのパッケージではなく三角形の包装でふたを開ける方式だ。 製品名が書かれた位置や文字のデザイン、青と赤で作られた包装紙の色まで似ている。 もちろんピングレ側は「これはパクリではない!」と説明している。 きっとそうだろう。 グリコのジャイアントコーンをリスペクトしてオマージュしたら、スーパーコーンが生まれたのだろう。 でも、日本のネットでは、それを信じる人は皆無。 ・何を今更w で、パッケ変更しても中身はそのままなんだw ・形は仕方ない面があるとしても色とか文字の入れ方とかはどうにか出来るだろ ・ネットのせいで韓国人すらパクリと気づくようになってしまい韓国企業はやりにくいだろうな ・中にキムチ入れるとかオリジナル性を出せばいいのに。 ・似てるってレベル超えてるじゃん ・おかしい、昔ならグリコが真似をしてると強弁していたはずなんだが。 有名なところでは、韓国ロッテが発売した「ペペロ」がグリコの「ポッキー」のパクリだと言われた。 オリオンが2017年に販売した「コブクチップ」は、日本の「サクサクコーン」や「エアリアル」とそっくり。 同じオリオンが2018年に発売した「マーケットオー生チョコレート」も、日本の「ロイズ」の商品とデザインや味がくりそつ。 韓国ロッテの「ペペロ」はシャレになっていない。 江崎グリコが本気で怒って訴えた。 そのことはこの記事をどうぞ。 「スーパーコーンがジャイアントコーンとそっくりだ」と指摘したのは、韓国の消費者だった。 いま日本に来る韓国人はとても多い。 2017年に日本を訪れた韓国人観光客の数は、700万人を超えた。 これは過去最多。 これだけの韓国人が日本に来ていてインターネットも発達した今、日本のものをパクったら、すぐバレてしまう。 「ネットのせいで韓国人すらパクリと気づくようになってしまい韓国企業はやりにくいだろうな」 というのは、本当にその通りだ。 韓国のパクリ騒動は、韓国人が解決してほしい。 日本人ではなく、韓国人が声を上げて問題化してほしい。 今回のパクリ騒動は、韓国の消費者が批判し韓国メディアが報道したことで、韓国企業が商品の変更をしている。 日本人の手をわずらわせることなく、韓国国内で解決してくれるのはいいことだ。 日本製品のパクリを「国に恥をかかせているのです」と思う韓国人は増えていると思う。 グリコと韓国ロッテの「ポッキー vs ペペロ」の争いは、裁判所まで行ってしまった。 世界的に有名な日本人ポップアート作家に「奈良美智(ならよしとも)」さんがいる。 特徴的な目を描くアーティストだ。 2016年に韓国のコスメ会社がつくった製品の絵柄が、奈良さんの作品とそっくり。 奈良さんがそれを指摘したところ、会社側はそれを認めて謝罪した。 これにて一件落着。 なんと、奈良さんが逆に韓国企業に訴えられてしまった。 奈良さんのツイートのキャプチャー これが拡散されたときの日本人の怒りは想像できるはず。 こういう行為が「国に恥をかかせているのです」ということを思ってほしい。 韓国の問題は、韓国人の手で解決してもらうのが一番。 こちらの記事もいかがですか?.

次の