格安スマホ mnp。 大手キャリアから格安SIMへの乗り換え(MNP)の手順と注意点を解説

格安SIMにMNPするときメールアドレスを維持する方法!|モバシティ

格安スマホ mnp

SIMカードを入れ替えるとLINEデータは消えるの? SIMカードを入れ替える時の最大の疑問が、「SIMカード入れ替えでLINEデータが消えるかどうか」ではないでしょうか? 結論を先に言うと、 SIMカードを入れ替えてもLINEデータは消えません。 LINEのデータどころか、他のアプリや写真といったデータも消えません。 なぜなら、SIMカードにはアプリや写真のデータは保存されていないからです。 SIMカードに保存されているデータは、電話番号とどの会社の回線を使っているかというデータです。 それ以外のアプリや写真といったデータは、スマホ本体に保存されています。 SIMカードを入れ替えてもLINEやスマホのデータは消えないので安心してください。 SIMカードを入れ替える場合、LINEの引き継ぎは必要? 前述の通り、LINEのデータはスマホ本体に保存されています。 そのため、同じスマホでSIMカードを入れ替えるだけならLINEの引き継ぎは必要ありません。 LINEの引き継ぎが必要なのは、スマホを買い替えた場合だけです。 同じスマホでSIMカードを入れ替えるだけなら、LINEの引き継ぎはいりません。 LINEアプリを最新の状態にアップデート• メールアドレスを確認、登録されていなければ入力• 登録したメールアドレスに届く認証番号を入力、またはURLをタップ• 「登録する」をタップ 出典: パスワードも同様に設定してください。 登録したメールアドレスとパスワードは、新しいスマホでLINEにログインする際に利用するのでとても重要です。 メールアドレスに間違いはないか、パスワードは適切か確認をしてください。 格安SIMへ変更後も使えるもの今後も使えるメールアドレスを登録する必要がありので、 キャリアメールアドレス(docomo. jp、ezweb. jp、softbank. jpなど)以外のアドレスを登録してください。 キャリアメールアドレスはキャリアから格安SIM、格安スマホに乗り換え後は使用できなくなるため、パスワードを忘れてしまったときなどに変更手続きができなくなります。 Facebook連携でもLINEにログインできる メールアドレスを登録したくない場合、新しい格安SIMがデータSIMでSMSが使えない場合はFacebookアカウントでのログインもできます。 新しいスマホでFacebookログインを使用したい場合は、Facebookアカウントの連携設定をしておきましょう。 「連携する」をタップ• Facebookにログインする 「連携を解除する」となっている場合はすでに連携ができている状態です。 LINEの引継ぎ2:トーク履歴のバックアップ トーク履歴はLINEを使うスマホを変更すると全部消えてしまいます。 大切なトーク履歴がある場合にはバックアップが必要です。 ただし、 iPhoneからAndroidやAndroidからiPhoneへのようにOSの変更の場合はトーク履歴の引継ぎができないので注意してください。 AndroidとiPhoneでトーク履歴のバックアップ方法が異なります。 Android LINEバージョン7. 0以上で利用できます。 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ• 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ• 「Google ドライブにバックアップする」をタップ iPhone• LINEバージョン 6. 0以上• iOS 8. 1以上 であることを確認してください。 「設定」>「アカウント情報」>「iCloud」から「iCloud Drive」をオンにしてその下にある「LINE」もオンにする• 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ• 「トークのバックアップ」をタップ• 「今すぐバックアップ」をタップ トーク内の画像やスタンプはバックアップ・復元ができません。 必要な画像はアルバムやKeepへ保存してください。 LINEの引継ぎ3:旧機種で引継ぎ設定をする 次に引継ぎの設定をします。 なお、「機種変更後に同一の電話番号でログインする場合」と「同一のスマートフォンでFacebookログインする場合」は設定不要です。 この「引き継ぎ設定」は電話番号が変わる場合、新しいスマホでFacebookログインをする場合に設定してください。 「引き継ぎ設定」をONにしてから36時間以内に、新しい電話番号のスマホでの引継ぎ設定を完了してください。 36時間以内に行わないと「引き継ぎ設定」がOFFになってしまいます。 出典: LINEの引継ぎ4:変更後のSIM・スマホで引継ぎ設定 新しいスマホでLINEの引継ぎを設定をします。 LINEアプリをインストール• 「ログイン」をタップ 「新規登録」を選択するとアカウントが引き継がれず新しいアカウントが作成されるので注意してください。 事前に準備したメールアドレスとパスワードを入力• 電話番号を入力• SMSで送られた認証番号を入力 LINEの引継ぎ5:変更後のSIM・スマホでトーク履歴を復元 トーク履歴のバックアップ復元方法もAndroidとiPhoneで異なります。 Android• 「友だち」>「設定」>「トーク」をタップ• 「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ• 「復元する」をタップ iPhone iPhoneでトーク履歴を復元する場合、ログインする前に「iCloud Drive」をオンにする必要があります。 「iCloud Drive」をオンにする• 新しい端末で「ログイン」をタップし、引継ぎを行う• トーク履歴の復元画面が表示されたら「トーク履歴をバックアップから復元」をタップ こちらの記事では、しています。 友達リスト• ノートやアルバムの投稿内容• プロフィール• ホームやタイムラインの情報• 購入したスタンプ・着せかえ• 課金アイテムの購入履歴やコイン・LINE ポイント残高 LINEの引き継ぎに失敗したらどうなる? 変更前の機種で「引き継ぎ設定」がOFFの状態のまま、新しいスマホに変えてしまった。 もう前のスマホのLINEの設定が開けない。 そんなときの対応方法を紹介します。 新しい機種で電話番号の認証をした後の画面で、「上記方法が利用できない場合」に進みLINEに登録したメールアドレスを入力します。 メールアドレスに認証URLが届くので、URLを選択して「LINEアカウントを引き継ぐ」を選択することで引継ぎができます。 この方法でも引継ぎができない場合、LINEに問い合わせをすることになります。 アカウントの復活がどうしてもできない場合も同じOSであれば課金アイテムなどを引き継げることがあります。 格安SIMにSIM変更してできなくなること 格安SIMに変更してもLINEのほとんどの機能は問題なく利用できます。 しかし、使えなくなる機能もあります。 LINEは青少年の保護のため、18歳未満の利用者はID検索による友達追加ができないようになっています。 この年齢認証はドコモやauなどのキャリアの登録情報を使って実施しているため、 ほとんどの格安SIMでは18歳以上でも年齢の確認がとれずにID検索が利用できません。 同じ機種、同じ番号のままのSIM変更であれば使える場合もありますが、機種や電話番号を変更してLINEにログインしなおすと利用できなくなります。 格安SIMの中でもLINEモバイルなら、年齢認証ができます。 さらに LINEモバイルではどのプランを選んでもLINEが使い放題になるので、LINEをたくさん使うならLINEモバイルがおすすめです。 それ以外の格安SIMではID検索はできなくなりますが、QRコードやふるふるでの友達追加は可能です。 遠くにいる友だちにも友だち追加用のURLをメールや他のSNSで送れるようになっていますので、ID検索ができなくてもさほど困ることはなさそうです。 不安なときはサポート店の利用もおすすめ ご自身でLINEの引き継ぎ設定をするのはなんだか不安という方は、総務省の登録修理業者であるの「」を利用しましょう。 出典:.

次の

格安スマホのMNP乗り換えは意外と簡単だった!?楽天モバイルを解約してIIJmioに乗り換えてみた感想

格安スマホ mnp

契約にもよりますが格安SIMは1年くらい使えば、違約金なしに他の格安SIMへ乗り換えることができます。 乗り換えるメリットは、キャンペーンで格安スマホが安く手に入ったり、キャッシュバックや月額割引などの特典がもらえることです。 MNP転出手数料で3000円かかりますが、キャンペーンで1万円〜2万円程度の特典をもらうことができます。 実際にやってみましたが、すごくあっさりMNPできます。 MNPをすることで、新しい格安スマホに割安に機種変できたり、キャンペーンで月額割引やキャッシュバックがもらえたりします。 格安SIMのサイズの変更は変更手数料が3000円程度かか理、新しいSIMが届くまでスマホが使えない期間が発生したりします。 他の格安SIMヘMNPすれば、キャンペーンで収支がプラスになり、指定のSIMサイズにすることができ、そしてスマホが使えなくなる期間なしに手続きができます。 SIMカードのサイズを変更したい場合も、どうせなのでMNPした方がお得で簡単です。 単に解約して、別の格安SIMを新規契約するだけです。 通話SIMの場合にMNPができます。 格安SIMから他の格安SIMへ乗り換える方法の目次• この間も今使っているスマホで電話やネットができる。 届いた格安SIMをスマホに入れてAPNの設定を行う。 SIMを入れ替えた時にスマホでネットや電話ができなくなる。 開通手続き後、数秒でSIMカードを入れたスマホでネットと電話が使えるようになる。 ステップ1:次に使う格安SIMを選ぶ お得なキャンペーンを探す まず最初に他の格安SIMへMNPする場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOを探します。 格安SIMを初めて使う場合、知っている会社だとか、友人や家族が使っているからと言った理由で選ぶケースが多いですが、格安SIMを使っている人の場合は、格安SIMがどんなものか大体わかっているので、キャンペーン重視で乗り換えが行われます。 格安SIMの場合、大手キャリアと異なり、他社からMNPする場合と新規契約との差はありません。 どちらも同じキャンペーンが適用されます 極一部のMVNOでMNPの場合によりお得になる場合がありますが、極一部すぎるので無視です。 ただし、格安SIMのみ申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOと、格安SIMと格安スマホをセットに申し込む場合にお得なキャンペーンを行なっているMVNOなどがあります。 下記のページでそれぞれの場合に分けて、よりキャンペーンのお得度の高いMVNOをランク付けしているので参考にしていてください。 格安スマホとセットで申し込んだ方が割引額やキャッシュバック額が多かったりするので、今使っているスマホを1年以内に買い替えが必要そうな場合は、格安スマホとセットに申し込むことをオススメします。 SIM替えにオススメ、BIGLOBEモバイル SIMのみ申し込む場合でオススメなのがBIGLOBEモバイルです。 BIGLOBEモバイルを選ぶのは、単純にキャンペーンのお得度が高いからです。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込みでも、Redmi Note 9Sが実質9299円 税込 、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円 税込 、ZenFone Live L1が実質2963円 税込 など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 通信速度の速い格安SIMを探す キャンペーンのお得度は大きな決め手ですが、それだけで決めるとあとあと通信速度が遅くて後悔する場合があります。 このサイトでは格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測した結果を元に通信速度のランキングを行なっているので、検討している格安SIMの通信速度の参考にしてみてください。 少し遅いと評価している格安SIMは基本的には避けた方がいいですが、中には通信速度以外の強みがある場合もあるので、ケースバイケースで検討してみてください。 今回はIIJmioのタイプDからBIGLOBEモバイルのタイプDヘMNPすることにしました。 BIGLOBEモバイルを選んだ理由は、キャンペーンのお得度が高いためです。 BIGLOBEモバイルの通信速度は格安SIMの中で普通、可もなく不可もなくと言ったところです。 auのスマホはau系の格安SIM マルチSIM で使えます。 ソフトバンクのスマホはドコモ系とソフトバンク系の格安SIM ドコモ系の電波がやや不利 で使えます。 それ以外は、説明するのも超面倒な組み合わせになっているので自力で調べてみてください・・。 今使っているスマホのSIMのサイズがマイクロSIMの場合は、ドコモ系とソフトバンク系の格安SIMならナノSIMを選んで下記の変換アダプターを使うことをオススメします。 変換アダプターのご利用は自己責任でお願いします ステップ2:今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行する MNP予約番号をオンラインで発行する 今使っている格安SIMでMNP予約番号を発行してもらいます。 MNP予約番号を発行する上での注意点は3つです。 発行するのに最大4日かかる場合ある• 発行するだけで手数料がかかるMVNOがある• 発行されたら2日以内にMNPの手続きをする必要がある とりあえずMNP予約番号を発行しておこうというのはやめた方がいいです。 必要な時にMNP予約番号を発行して、発行されたらすぐMNPの手続きをする必要があります。 ということを頭に入れて、MNP予約番号をオンラインで発行します。 IIJmioは会員専用ページにログインすると「MNP予約番号の発行・確認」というリンクがあります。 「MNP予約番号の発行・確認」をクリックすると、IIJmioで契約している通話SIMのリストが出てきます。 IIJmioの通話SIMはmicroSIM マイクロSIM で契約して、SIMカッターでnanoSIMにして使っていました。 接触が微妙に悪く、SIMを交換したいと思っていたのですが、どうせなのでMNPすることにしました。 MNPの場合はスマホが使えなくなる期間なしで手続きができます MNPしたい通話SIMを選択して次へ進みます。 確認画面が出てきます。 3年以上契約しているので、違約金もなしです。 IIJmioは2年以上契約するとIIJmioプレミアム特典[長得]として毎年3GBのプレゼントがもらえるのですが、それよりキャンペーンを行なっている他の格安SIMへMNPした方がお得です。 IIJmioだけでなく、ほとんど全てのMVNOが違約金がなくなったら他の格安SIMヘMNPしたほうがお得に使えます。 MVNOの中には、格安SIMを返却しないと罰金をとるMVNOがあります。 その場合は郵便局のミニレター 62円 に入れて郵送しておきます。 IIJmioは建前上お願いしているだけで、返却の必要はないのでMNPの手続きが終わったらゴミ箱へ捨てるだけです。 チェックボックスに全てチェックを入れて「申し込む」をクリックします。 これで発行手続きは完了です。 MVNOによっては発行手続きをするだけで手数料を取るMVNOが極一部でありますが、IIJmioの場合は発行手続きだけでは手数料は発生しません。 実際にMNPした時に、MNP転出手数料として3000円がかかります。 MNP転出手数料の相場は2000円〜3000円です 極一部のMVNOで5000円徴収したりします MNP予約番号が発行されるまでの実際の日数 どのMVNOでもMNP予約番号の発行完了まで4日程度かかると記載されていますが、IIJmioの場合は1日ちょとで番号が発行されました。 MNP予約番号はEメールで届きます。 有効期限は15日です。 23時に番号が発行されたので実質14日みたいなものです。 ちなみにIIJmioはデータSIM2枚と通話SIM1枚を契約しています。 このうち3年5ヶ月契約していた通話SIMをBIGLOBEモバイルへMNPです。 ステップ3:MNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNPする MNP予約番号をもらったら、2日以内にMNP予約番号を使って他の格安SIMヘMNP手続きをする必要があります。 MNP予約番号には有効期限がありますが、ほとんどの格安SIMはMNP予約番号の有効期間が10日〜13日以上残っている状態で手続きをするようにとの記載があります。 この記載を無視して、有効期限が短くなったMNP予約番号で申し込んだ場合、どうなるのかわかりませんが、わざわざ不要なリスクを取る必要はないです。 MNP予約番号をもらったらさっさとMNPの手続きをすることをオススメします。 格安SIMの管理人はIIJmioからBIGLOBEモバイルへMNPしましたが、他の格安SIMでも基本的には同じような流れになります。 必要なのは、MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、そして本人確認書類 免許証や保険証等 です。 必要な本人確認書類は格安SIMごとに微妙に異なったりするので、免許証を持っていない場合は必要な本人確認書類を確認しておいてください。 どの格安SIMでも免許証だけは本人確認書類として認められています。 MNPで乗り換える場合も、今使っている格安SIMは手続き中はそのまま使うことができます。 新しい格安SIMが届いて、開通手続きをすると、今使っている格安SIMが使えなくなり、新しい格安SIMが使えるようになります。 ステップ4:届いたSIMカードを入れて開通手続きをする MNP予約番号を使って格安SIMを申し込むと、2日程度で格安SIMが自宅に届きます。 そのまま何もせずに数日経つと自動的に開通手続きが完了して、今使っている格安SIMは使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 自分で開通手続きをすると数分から1時間程度で、今使っている格安SIMが使えなくなり、届いた格安SIMが使えるようになります。 放置だと、いつ切り替えになるのかはっきりしないので、格安SIMが届いたら自分で開通手続きをすることをオススメします。 電話やネットで簡単に開通手続きをすることができます。 開通手続きのやり方は、格安SIMと一緒に届く書類に記載されています 開通手続きが終わったら、あとは必須なのはAPNの設定をするくらいです。 APNの設定も一緒に届いた用紙に記載されていると思います。 契約していた格安SIMは自動的に解約完了 開通手続きが完了すると、今まで使っていた格安SIMは自動的に解約になります。 実際にかかった費用 MNP転出手数料 3000円 IIJmioへの支払い 初期費用 3394円 BIGLOBEモバイルへの支払い 合計で6394円かかりました。 実際のメリット は時期によって微妙に変わりますが、だいたいは同じようなお得度になります。 今回の手続きでは下記の特典をもらいました。 SIMのみの変更でも6000円のプラス、格安スマホとセットで申し込むとキャンペーンのお得度が上がるので1万円程度はプラスになる感じです。 単純にSIMサイズを変更すると3000円の手数料がかかって、スマホが使えなくなる期間が2日ほど発生しますが、MNPして新しいSIMのサイズにすればスマホが使えなくなる期間なし&プラス収支で手続きができます。 通話SIMのSIMサイズを変更したい場合は、MNPすることを強くオススメします。 おすすめの格安SIM• BIGLOBEモバイルはYoutubeやAbemaTVをたくさん見たい場合に、最もオススメの格安SIMです。 BIGLOBEの3GB以上のプランだと、通話SIMなら月額480円のオプション料金でYoutubeやAbemaTVをデータ消費なしに無制限で見ることができます。 割安に使えるキャンペーンも積極的です。 UQ mobileはau系の格安SIMを提供しています。 通信速度が格安SIMの中でダントツに一番速く、そして安定しています。 auのスマホユーザや通信速度を重視する人におすすめの格安SIMです。 LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータの消費なしに使えます。 LINEの年齢認証も行うことができるのでID検索もできます。 SNS系サービスを良く使う場合にオススメの格安SIMです。 高い信頼性、それがIIJmioの格安SIMです。 シェア上位のMVNOと比べて通信速度が比較的速いです。 通信障害に強く長期にわたって安定した比較的速い通信速度を維持しているので、信頼性を重視する人におすすめの格安SIMです。

次の

格安スマホのMNP乗り換えは意外と簡単だった!?楽天モバイルを解約してIIJmioに乗り換えてみた感想

格安スマホ mnp

そう!ぜったいに復活できない!だから電話番号を引き継いで使いたい人は、解約方法2の「MNP転出」で解約しよう。 通常の「解約」は格安スマホならWEBからできて簡単。 大手携帯会社はショップに行く必要がある 通常の「解約」のメリットは特に面倒な手続きがなく、格安スマホならそこのWEBページにいって「Myページ」や「会員専用ページ」にログインして、「解約」ボタンを押せば終わりです。 だいたい、辞めたい月の25日前後まで解約が可能で、その日付をすぎると翌月解約扱いになるパターンが多いです。 辞めた月は月末まで使えることが多いです。 大手携帯会社の場合は、本人確認がかなり厳格なので、ショップにいかないと解約できません。 しかも、ショップ店員さんに、引き止めに合う可能性も高いので少し面倒くさいですね。 解約方法2:「MNP転出」 もう一つは、格安スマホや大手携帯会社との「契約」は消滅させるも、今まで使ってきた電話番号は乗り換え先の他社で引き続き使えるように解約する方法です。 この方法は 「MNP転出」と呼ばれます。 MNP転出は格安スマホも大手携帯会社もWEBや電話でできて簡単 「MNP転出」の場合は、WEBで可能です。 格安スマホならそこのWEBページにいって「Myページ」や「会員専用ページ」にログインして、「MNP転出」のボタンを探しましょう。 大手携帯会社(キャリア)の場合は、「My docomo」「My au」「My SoftBank」というマイページにいけば可能です。 そこで手続きをすると「MNP予約番号」という10桁の番号が発番されるので、その10桁をひっさげて乗り換えたい他社に申し込みをすれば、申し込み途中に10桁の番号を入れる画面が必ずでるので、入力すれば手続きは完了です。 あとは、乗り換え先の申し込みページの画面の指示に従って進めていけばOKです。 他社への申し込みが完了して、SIMが届いたら乗り換え前の通信会社との契約は勝手に無くなります。 しなくていい。 MNP転出は格安スマホの場合は手数料3000円が発生する。 キャリアの場合はWEBならかからない この「MNP転出」で注意しないといけないのは、 MNP転出手数料3,000円が必ず取られることです。 なお、通常の「解約」の場合はこれらの手数料は発生しません。 どちらの解約方法でも最低利用期間内だったら違約金がかかる場合も 通常の「解約」も「MNP転出」の場合も、最低利用期間内に行なった場合は違約金がかかります(解約事務手数料と呼ばれる場合も)。 ほとんどの格安スマホの場合は、 最低利用期間は1年間です。 しかも 音声通話SIMの場合にしかかかりません。 データ通信SIM…最低利用期間なし• SMS付きSIM…最低利用期間なし• 音声通話SIM…最低利用期間 1年間(1年以上使えば違約金なし) といった感じです。

次の