韓国 横流し 証拠。 日本に「怪しい国」認定された韓国 文在寅は「受けて立つ」というが、保守派は猛反発

「温かいお湯を・・・」音声が動かぬ証拠だ! なぜ韓国は不可解な言い訳に終始するのか 元海上自衛隊呉地方総監で潜水艦乗りだった元海将が語る

韓国 横流し 証拠

韓国艦艇の紳士協定違反 写真提供:防衛省 昨年末、海自P1哨戒機に韓国駆逐艦が火器管制レーダーを照射した事件の収拾が見えない。 世界の海軍には、誤解をうける行動から「戦争に絶対拡大させてはならない」という強い共通認識がある。 そのため2014年、西太平洋の21か国の海軍参謀長がサインし、CUES(キューズ=洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)という信号書(ルールブック)を作った。 これは西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)という多国間枠組みにおいて、約20年かけて完成させたもので、条約のような法的拘束力はないものの「海軍士官の絶対に行ってはならないこと」をまとめた紳士協定だ。 今回の事件はこのCUES違反だ。 2013年に中国海軍による海自護衛艦への火器管制レーダー照射事件があったが、当時CUESに署名していなかった中国も、翌年署名し、今や真面目に守っている。 筆者は、24年前このWPNSに担当者として参加していたが、当時の議論は「この枠組みにどうやって中国を取り込むか」というものだった。 韓国海軍の担当者とも話し合ったことを思い出す。 元々韓国海軍は、中国やロシアにCUESを守らせる側だったのだ。 艦長不適格者が起こした今回の事件。 その第一報に接した韓国海軍参謀総長が「あのバカ、何やってんだ」と苦々しく思ったことは想像に難くない。 お粗末な韓国国防部の危機管理 日本の対応は「非常に無礼で受け入れられない」と会見する韓国国防省 問題は、事件後のでたらめな危機管理にある。 韓国海軍ではなく、陸海空軍本部の上部組織で陸軍軍人中心の国防部が担当したことが全ての元凶といえよう。 まず、防衛省の公表に対し「遭難した北朝鮮船を捜索するため、すべてのレーダーを使っていた」と釈明した。 筆者は潜水艦乗りだったが、護衛艦の火器管制担当士官(TAO)の資格も持っていた。 火器管制レーダーは、対空レーダーで探知中の多数の目標から艦長が特定の目標を指定し、TAOがコンソール操作して初めて目標に指向する。 その後の追尾は得意だが、目標を探すことには使えないレーダーなのだ。 そもそも事件が起きた時点では、すでに北朝鮮漁船は2隻の韓国艦船に保護され、レーダーを使用する捜索作業は終了していた。 でたらめな主張に対し、防衛省は22日、哨戒機内にある電波探知装置により記録したいわゆる〝録音テープ〟を、地上の解析装置で再現、「慎重かつ詳細な分析を行い、当該照射が火器管制レーダーによるものと判断した」と追加の公表を行い、韓国側に再発防止を求めた。 すると24日の記者会見では一転、海自機に向けた「一切の電波照射はなかった」と韓国は主張。 あきれた防衛省は25日、「火器管制レーダー特有の電波を、一定時間継続して複数回照射された」とさらに反論を公表。 呼びかけが「聞こえなかった」という釈明にも、3つの周波数で呼びかけたことを明らかにした。 これらは全て緊急信号で、常時モニターする義務がある。 韓国国防省が作成した動画 その後韓国は、「人道的な救助活動中に異常な低空飛行をした。 謝罪せよ。 」と問題をすり替え、動画を作った。 11秒の新たな映像部分は、韓国警備艇が撮影した遠くに哨戒機が映るものだった。 法執行機関である海上保安庁や海洋警察庁は、証拠収集のため、ビデオ撮影要員が常時配置されている。 あれは北朝鮮漁船に対する救助作業を撮影していたものだ。 「温かいお湯を・・」という音声がその証拠だ。 つまり海自哨戒機は、ビデオに偶然入り込んだだけなのだ。 本当に低空飛行に怯えていたならば、そちらに画面を切り替え、音声にもその旨が記録されたはずだ。 更に「軍用機は適用除外である、民間航空機の安全距離を日本が理由にするのはおかしい」とまで言い出したが、そもそも軍用機には安全距離などない。 「適用除外」とは「戦う航空機には民間条約は適用されない」という意味だ。 つまり韓国の主張は、「もっと近づいてよい」といっているのに等しい。 基準がないからこそ、平時は民間航空機の安全距離を各国軍用機は遵守しているのであり、これはP3C哨戒機を16機保有している韓国海軍も行っていることなのだ。 非を認めた韓国海軍? 1月7日、シム・スンソプ海軍参謀総長が新年の現場点検のため、当該艦艇が所属する海軍第一艦隊司令部を訪問した。 「すべての諸隊は、外国艦艇・航空機総軍など海洋で発生しうるいかなる偶発状況にも作戦例規や規定、国際法にのっとり即刻に対応し、現場で作戦を終結させなければならない」と、画像と共に韓国メディアが報じた。 韓国海軍が今回の事件を認めた瞬間と言えよう。 しかしこれは、「部隊を激励」と報じられた上、海軍部の公表ではないため、防衛省統合幕僚監部と韓国国防部で行っている日韓実務協議は継続されている。 今は日韓でいがみ合っているときではない。 海上自衛隊と韓国海軍の実務者が直接対話すれば、すぐに解決する問題だ。 一刻も早く、自衛隊と韓国軍の関係が正常に戻ることを願っている。 【執筆:金沢工業大学虎ノ門大学院教授・元海将 伊藤俊幸】 「隣国は何をする人ぞ」すべての記事を読む.

次の

【韓国政府】 「北朝鮮へのフッ化水素の横流しを日本が疑っているが、いかなる証拠も発見できない」

韓国 横流し 証拠

フッ化水素の横流し、はっきりいって確定ですね。 相変わらず日本のメインメディアは、国民をミスリードした挙げ句、韓国だけが利する報道しか流しておりません。 「こんなことしたら、日本の経済も被害を受ける!」とか、民の不安を無意味に煽る論調が盛り沢山になるのは、いつものことなのですが(こんなミスリードがいつものことなることすら考えものなのですが……) 朝日新聞に至っては、怒りの鉄拳とも言える論調で即時撤回を要求しちゃいましたね(笑)しかも社説で(笑) ほんとどこの国の新聞なのかっつー話ですよ。 しかも「報復」ということが、既に大いなるミスリード。 前回の記事にも書きましたが、これは「報復」などではありません。 日本の国民の安心安全を適切に守るため、国際秩序を安定させるための適切な処置に過ぎません。 メディアの影響によって、「報復」などと思っている人、これが既にミスリードなので気をつけましょう。 単に、韓国が裏でコソコソ北朝鮮やイランに核開発にも転回できる材料を横流ししていただけです。 そして、その横流しされた材料の生産国が日本なのです。 日本で作られた材料(フッ化水素)が韓国を通して北朝鮮やイランに流れ、そして核開発が行われ、核爆弾が作られ続けていたようなのです。 報復どうのこうのの以前の問題として、見方によっては、日本はイランや北朝鮮の仲間と見られても仕方の無い一大事なのです。 日本が韓国を操り、北朝鮮やイランにそのような材料を流し、そして西側諸国を脅そうとしていると、見る人が見ればそういう解釈にだってなります。 だから、そのような材料を流さない処置が必要だっただけです。 確実におかしい、文政権になってから。 以前の記事でも、ここ最近韓国のフッ化水素輸出量が滅茶苦茶増えていることを2chで指摘した方がいるというお話しをしました。 2011年頃から韓国は ホワイト国に必要な品目を横流しし始めたが 外部への横流しが急増したのが2017年から 2017年はこれまでの4倍 2018年は2017年の3倍 2019年である今年は2018年の4倍ペースで増加 それらは信じられないことに 韓国内部の組織自体が確認していてニュースにもしているが なんら手を打っていない イランはここの所、 ウラン濃縮によるウラン貯蔵量が加速度的に増えている どこに行ったかなんてすぐわかるだろ? より その後、実際どうだったのか調べて下さった方がグラフを作ってくださいました。 パッと見でも、文政権前後で輸出量が大きく変化している事が分かりますが、具体的に伸び始めているのはもう少し遡って2017年3月である事が分かります。 この時韓国で何が起きていたかと言えば、朴政権の終焉です。 2016年12月から職務停止となっていたものの、政権が剥奪されたのは2017年3月。 そこを境にものすごくうなぎ登りにこの輸出量が伸びています。 文大統領が就任するのは、そこから4ヶ月後ですが、3月の時点で既に韓国の陣営が大きく変化した言うことなのでしょう。 韓国から北朝鮮に送られていたのは、もう確定といって良いでしょう。 北朝鮮が国営放送で吠えてます。 困るんでしょう。 止められては、北朝鮮が困るのでしょう。 そして、このフッ化水素、当初は北朝鮮からイランへ回ったのかという憶測が飛び交っていたのですが、どうも韓国から直接イランに渡っていたようです。 韓国がイラン産原油と物々交換をしてたようなのです。 そして日米首脳会談直後、安倍総理がイランに渡ったのは、どうやらこの件に関する事実を抑えにいっていたようなのです。 まるで壮大な刑事ドラマみたいな展開ですよね。 分かり易くドラマ仕立てにしてくださった方の言葉引用します。 CIA「イランがものすごい勢いでウランを濃縮してます」 トランプ「カリアゲ、お前ウラン濃縮用のフッ化水素をイランに流してるだろ」 カリアゲ「してないよ」 トランプ「そうか、悪かった。 安倍ちゃん、ちょっと頼まれて」 安倍「フッ化水素どうやって入手したの?」 イラン「韓国が原油と引き換えに横流ししてくれたよ」 CIA「大統領、ケミカルタンカーから証拠見つけました」 トランプ「行け、安倍」 安倍「フッ化水素輸出なしね」 ムン「トランプさん助けて!」 より カリアゲ=北朝鮮金正恩のことです。 髪型からそう呼ばれてます。 イランのおかしな事態に気がついたアメリカが、その手助けをしているのは北朝鮮かと疑いを持ち、その上で米朝首脳会談があった。 しかし、この件について北朝鮮は無実であったようです。 そもそも世界から監視されている北朝鮮からイランへって、人の目が入りすぎて物の行き来がしにくいでしょう。 また、日本では以前より韓国へのフッ化水素の輸出量の増大に疑問を持っていました。 この行方がどのような形なのか、日本としても知りたかったのですが、韓国は一向に協議に応じません。 ですから日米が結託して、その証拠をイランに押さえにいったようです。 現場に入ったのは日本です。 そして、その証拠を押さえたからこそ、日本は韓国に対する対応を変更したということなのです。 なにが報復なのか……なにも報復ではありません。 この状態を見過ごす方がぼんくらであり、節穴であり、犯罪者です。 のらりくらりと韓国にフッ化水素を与える日本は、国民も含めて犯罪者と言われてもおかしくない状況だったのです。 現状を見直すことは当然でしょ。 リーマンショックが起きた理由も韓国だと言われてたけれど……。 っていうか、今回の事がどんどん明るみになるにつれて、「やっぱりリーマン起きた理由も韓国というのは本当だったかも……」 と思うようになりました。 昔、韓国の事を色々調べている時に、リーマンショックが起きた影には韓国の自己中過ぎる行動があったという事が書かれてある記事を見たことがあるのです。 その時、さもありなんと思ったけれど、そこ以外でこの情報を見かけることもなかったから、ガセかもしれないなぁとは思ってたけれど……。 今回のフッ化水素の件を見ている限り、「やっぱり、そうであってもおかしくないわ」という気持ちに戻りました。 関わっちゃ行けない場所……それが半島。 今回の件で、マスメディアを中心に、韓国と仲良くしようキャンペーンが再熱しておりますが、 こんな国と仲良くしたから、国難になっている事実を改めて受け容れましょう。 つい先日、作家の岩井志麻子さんが「韓国は『手首切るブス』」と発言したことが、騒ぎになりましたが 私は「めっちゃ言い当ててる」と思いました。 「手首切るブス」=「リスカブス」に優しくしたところで、問題など解決しないのですよ。 相手にしないことが懸命で、逆に手段はそれしかないとしか言えません。 何をしたところで、最後は全て日本のせいになるのです。 そして、リスカをネタに、依存されるだけなのです。 とにかく精神的にもっと離れましょう。 とりあえず政権は歩み寄る気はさらさらなくて、一安心です。 今は、冷たくすればポイントが稼げるボーナスステージとも言えますから、そこをふまえて各々経済活動や日常生活を謳歌されるべきだと思います。 【縦書き】 【横書き】 最近のコメント• に takehisayuriko より• に akane より• に takehisayuriko より• に こぱんだ より• に takehisayuriko より• に takehisayuriko より• に こぱんだ より• に 太田 より• に takehisayuriko より• に モナ より• に takehisayuriko より• に 太田 より• に takehisayuriko より• に 金太郎 より• に takehisayuriko より• に takehisayuriko より• に モナ より• に あお より• に takehisayuriko より• に べっくはむ より.

次の

韓国「不適切事案があった証拠はあるのかよ!証拠は!」、安倍首相発言で説明要求

韓国 横流し 証拠

日本による半導体の材料など3品目の輸出規制強化の撤回を求めていると話すとともに、協議に応じない日本側を牽制。 また、日本時間10日未明に行われた世界貿易機関(WTO)の理事会でも、 日本による「政治目的での経済報復措置」だと主張し、撤回を求めている。 こうした主張に対し日本政府は「韓国の輸出管理については、適切な輸出管理が行われていないと懸念される事例がある」(野上浩太郎官房副長官)とコメント。 そうした中、韓国政府は軍事転用可能な戦略物資の密輸出をこの4年間で156件も摘発していたと明らかにした。 その中には今回、日本が輸出規制を強化した3品目の1つ「フッ化水素」もあり、アラブ首長国連邦(UAE)などに不正輸出されていた。 摘発した156件について韓国政府は、「輸出管理が効果的に運営されている証拠だ」と実績をアピールしている。 また、北朝鮮へのフッ化水素の横流しを日本が疑っているとしたうえで、「いかなる証拠も発見できない」と真っ向から否定した。 【Abema Times 2019. 欧米諸国にとってはイラン核開発の方が問題で、北の核開発など韓国を潰せば終わり。 高純度はフッ化水素 ウラン濃縮素材 は早く輸送しなければ純度は落ちる。 日本の港でブツを積み込んだ特殊韓国船ケミカルタンカーが、韓国には寄らずに毎回そのままイランへ向かった。 ロシアに蜜の遠心分離機がイランに渡ったとも。 UAE,カタール,シリアにもサリンの原料フッ化ナトリウムなどを韓国船舶で密輸した疑惑もあり。 米国は衛生画像で把握して、EU諸国は韓国のテロ支援国家を再三指摘していた。 年内には国連安保理決議でテロ支援国家に指定される可能性もあり、欧米は安保理決議のXデーまでは沈黙。 経産省がホワイト国除外やイランや北朝鮮,スーダン,ソマリア以下の格付けで『り地域』に国家指定など、西側諸国で初めに日本が3品目の輸出制限に動き出した。 最新記事• 2020年2月2日• 2020年1月12日• 2020年1月10日• 2020年1月5日• 2020年1月1日 本日の人気記事• 4 views 0 comments• 3 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments• 2 views 0 comments スポンサーリンク.

次の