トモ ビオパーク。 AKAIGAWA TOMO PLAYPARKキャンプフィールド(旧ドロームキャンプフィールド)

【トモビオパーク】少年時代に戻れる!?子供と一緒に絶対行って欲しい無料の手作り公園が超オススメ!

トモ ビオパーク

会社名 株式会社 トモ・コーポレーション 東京営業所 (Web課) 〒136-0082 東京都江東区新木場2-2-7 トモビル6F TEL 03-3522-5091(代表) 03-6457-0360(Web課 直通) (平日:9時30分~18時30分) FAX 03-3522-7307 Eメール 本社・東京ショールーム 〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル7F TEL 03-3494-3334 (平日:9時30分~18時30分) FAX 03-3494-3316 東京ショールーム営業時間 平日:10時~17時30分 大阪営業所・大阪ショールーム 〒541-0055 大阪府大阪市中央区船場中央1-3-2 船場センタービル2号館 1F TEL 06-6125-5272(大阪営業所) 06-6267-5220(大阪ショールーム) (平日:9時30分~18時30分) FAX 06-6264-8118(大阪営業所・大阪ショールーム共通) 大阪ショールーム営業時間 平日:10時~18時 グループ会社 グループ会社 株式会社 フレンズヒル 所在地 〒161-0033 東京都新宿区下落合2-3-18 SKビル S棟4階 TEL 03-5534-0100 FAX 03-5534-0101 Webサイト 会社沿革 1979年12月 東京都品川区西五反田TOCビル6Fで創業 1980年1月 資本金300万円でTOCビル6Fに有限会社トモ・コーポレーションを設立。 1989年8月 TOCビルB3に商品管理・配送センターを設置。 1989年9月 TOCビル7Fに、衣料品 40坪 ・民芸品 40坪 ・ アクセサリー 20坪 8Fにインテリア小物雑貨 20坪 ・ファンシーギフト雑貨 20坪 計5販売部門ショールーム拡張。 1990年3月 株式会社フレンズヒルを設立。 目黒区自由が丘にアンテナショップを設置。 1990年6月 資本金を3,000万円に増資し、 株式会社トモ・コーポレーションに商号変更。 1993年3月 コンピュータ(POS)を導入。 1994年9月 トモ・インディアを設立。 (インド・ニューデリー) 1995年9月 物流センターをTOCビルから港区芝浦へ移動。 1996年2月 中小企業投資育成株式会社より2,000万円増資を受け、 資本金を5,000万円に増資。 1999年5月 株式会社フレンズヒルより、 小売部門を分離し、有限会社シャンティを設立、小売店の展開を計る。 2002年1月 衣料部門を株式会社ガトとして独立。 TOC 12F41号にショールームをオープン。 トモグループ4社となる。 2002年7月 (有)シャンティを増資し、(株)ユーエイチテー(UHT)に商号変更。 2003年4月 福島県猪苗代湖での民芸村事業開始。 2003年6月 サイアム・トモを設立(タイ・チェンマイ) 2005年3月 江東区新木場に自社ビル(トモビル)を竣工。 2005年5月 トモ・コーポレーション 物流センターをトモビルに移転。 2005年6月 株式会社フレンズヒルをトモビルに移転。 2005年11月 アクセサリー課を株式会社ユーとして独立。 トモグループ会社5社となる。 2010年9月 大阪市中央区船場センタービル内に株式会社ガト大阪営業所を開設。 2010年11月 トモ・コーポレーション大阪営業所を設立。 2011年 広島県安芸郡熊野町にて「トモ・ビオパーク」事業開始 2011年6月 株式会社ユーを吸収合併。 2013年6月 トゥマン・バリを設立(インドネシア・バリ)。 2014年12月 株式会社フレンズヒル営業本部をトモビルから新宿区下落合に移転。 2015年12月 株式会社ガトを吸収合併。 生活に根ざした文化と近代文明の調和を! もう一度原点を。 41年前メキシコの村で思った。 心の豊かな村人と経済的貧困。 経済的に豊かな都会人と心の貧しさ。 人の豊かさとは何なのか?人が幸せに生きるとは? 村には食料や民芸品があっても、お金は無い。 しかし都会には無い物がここにはある。 そうだ、物が有る所から無い所へ、お金が有る所から無い所へ流れるようにするのがビジネスだ。 豊かな地域と貧しい地域。 丸い地球が貧富の差や色んな格差でゆがんでる。 本当の地球のように丸い平和な地球になるようなビジネスをしてみよう。 こんな思いから会社を始めた。 40年経った今、もう一度原点から見て、生産者から喜ばれ、顧客からも喜ばれ、そして自社の従業員も幸せになる。 そういう会社を目指したい。 貿易を通して、世界の様々な文化を私たちの生活に結びつける文化コミュニケーターとして、より一層邁進していきたいと思っております。 2018年7月 代表取締役社長 友岡 清三 グループ会社• 株式会社 フレンズヒル• 〒161-0033 東京都新宿区下落合2-3-18 SKビル S棟4階• TEL:03-5534-0100• FAX:03-5534-0101• 会社概要 会社名 株式会社 トモ・コーポレーション 設立 1980年 昭和55年 1月8日 資本金 5000万円 従業員数 70名 代表者 代表取締役社長 友岡 清三 取扱商品 ウッドスツール、カピスアイテム、 ジュートアイテム、バッグ、ポーチ、 真鍮アイテム、民芸木彫品、 フェルト小物、お香、香立て、 キッチンアイテム、ランプ、 アイアンアイテム、のれん、 カーテン、マルチクロス、 室内マット、コイヤーマット、 スマホ手袋、ブランケット、 レディース衣料、アクセサリーなど 主な輸入先 [アジア]インド・インドネシア・タイ・フィリピン・ネパール・ベトナム・パキスタン・イラン・台湾・香港・中国ほか [中南米]メキシコ・グアテマラ・ペルー・ボリビアほか [ヨーロッパ]イタリア・スペイン・ギリシャほか [アフリカ]各国 販売先 全国の民芸品・インテリア小物・ファンシーギフト 雑貨等の専門店チェーン店 (約3000店) 会社沿革 1979年12月 東京都品川区西五反田TOCビル6Fで創業 1980年1月 資本金300万円でTOCビル6Fに有限会社トモ・コーポレーションを設立。 1989年8月 TOCビルB3に商品管理・配送センターを設置。 1989年9月 TOCビル7Fに、衣料品 40坪 ・民芸品 40坪 ・ アクセサリー 20坪 8Fにインテリア小物雑貨 20坪 ・ファンシーギフト雑貨 20坪 計5販売部門ショールーム拡張。 1990年3月 株式会社フレンズヒルを設立。 目黒区自由が丘にアンテナショップを設置。 1990年6月 資本金を3,000万円に増資し、 株式会社トモ・コーポレーションに商号変更。 1993年3月 コンピュータ(POS)を導入。 1994年9月 トモ・インディアを設立。 (インド・ニューデリー) 1995年9月 物流センターをTOCビルから港区芝浦へ移動。 1996年2月 中小企業投資育成株式会社より2,000万円増資を受け、 資本金を5,000万円に増資。 1999年5月 株式会社フレンズヒルより、 小売部門を分離し、有限会社シャンティを設立、小売店の展開を計る。 2002年1月 衣料部門を株式会社ガトとして独立。 TOC 12F41号にショールームをオープン。 トモグループ会社4社となる。 2002年7月 (有)シャンティを増資し、(株)ユーエイチテー(UHT)に商号変更。 2003年4月 福島県猪苗代湖での民芸村事業開始 2003年6月 サイアム・トモを設立(タイ・チェンマイ) 2005年3月 江東区新木場に自社ビル(トモビル)を竣工。 2005年5月 トモ・コーポレーション 物流センターをトモビルに移転。 2005年6月 株式会社フレンズヒルをトモビルに移転。 2005年11月 アクセサリー課を株式会社ユーとして独立。 トモグループ会社5社となる。 2010年9月 大阪市中央区船場センタービル内に株式会社ガト大阪営業所を開設。 2010年11月 トモ・コーポレーション大阪営業所を設立。 2011年 広島県安芸郡熊野町にて「トモ・ビオパーク」事業開始 2011年6月 株式会社ユーを吸収合併。 2013年6月 トゥマン・バリを設立(インドネシア・バリ)。 2014年12月 株式会社フレンズヒル営業本部をトモビルから新宿区下落合に移転。 2015年12月 株式会社ガトを吸収合併。 経営理念 私たちは、人々にくつろぎと豊かさのある生活を提供します。 私たちは、お客様の繁栄に貢献します。 私たちは、社員が豊かに安心して暮らせる会社を目指します。 私たちは、取引を通じて現地の人々の暮らしに貢献します。 私たちは、文化のコミュニケーターとして活動します。 生活に根ざした文化と近代文明の調和を! もう一度原点を。 41年前メキシコの村で思った。 心の豊かな村人と経済的貧困。 経済的に豊かな都会人と心の貧しさ。 人の豊かさとは何なのか?人が幸せに生きるとは? 村には食料や民芸品があっても、お金は無い。 しかし都会には無い物がここにはある。 そうだ、物が有る所から無い所へ、お金が有る所から無い所へ流れるようにするのがビジネスだ。 豊かな地域と貧しい地域。 丸い地球が貧富の差や色んな格差でゆがんでる。 本当の地球のように丸い平和な地球になるようなビジネスをしてみよう。 こんな思いから会社を始めた。 40年経った今、もう一度原点から見て、生産者から喜ばれ、顧客からも喜ばれ、そして自社の従業員も幸せになる。 そういう会社を目指したい。 貿易を通して、世界の様々な文化を私たちの生活に結びつける文化コミュニケーターとして、より一層邁進していきたいと思っております。 2018年7月 代表取締役社長 友岡 清三.

次の

トモグループの歩み

トモ ビオパーク

AKAIGAWA TOMO PLAYPARKは日本で唯一無二の、広大な自然を様々な形でたのしむことができる「プレイパーク」です。 「プレイパーク」とはありのままの自然を、そのまま楽しめる「広大な場」のことを言います。 この「たのしみ方の幅」をさらに広げるため、自然の特有のそれぞれの地形にマッチしたアクティビティを場内で展開。 自然を受動的に「受け入れる」だけではなく、能動的に「ふれあう」ことができるのが特徴です。 ニセコと小樽の間に位置する本プレイパークは、グリーンシーズン(夏季)とスノーシーズン(冬季)共に、異なる形での魅力が存在します。 「いつ来ても、たのしく、新発見がある」。 これが、AKAIGAWA TOMO PLAYPARKです。 ニセコエリアより車で30分、小樽エリアより1時間。 札幌からなら1. 5時間。 ちょっとしたショートトリップを経て、新たな北海道、新たな自然を堪能してみませんか。

次の

【熊野町】無料で里山遊び トモ・ビオパーク

トモ ビオパーク

ここは、最近広島の地方番組でも紹介されてたのでご存知の方もいるかもしれませんが、地元の方が開拓して手作りで作られた公園です。 以前から存在は知ってたのですが、案外近所ってなかなか行かないもんで 笑 、やっとこさ行ってきました。 手作りにしてはスゴイです 注意書きを読んで申込用紙を記入してから入ります。 おっと、いきなり手作りですごいのが出てきましたよ! ちなみに、この写真左の建物の所でアイスクリームと飲み物が販売されてました。 食べ物はお弁当持参されてください。 さらに奥に進みます。 園内、所々にテーブルとイスが置いてあります。 生き物のために池も作られてます。 竹藪に竹で作られたアスレチックがありました 写真では解りにくいですが結構スゴイですよ。 ゆっきーさまも大喜び ターザンロープもあります。 大きなハンモックもありました。 気持ち良さそうです ハンモック寝転がって上を見ると、緑がキレイです ワイルドな男子トイレがありました 笑 トイレ、ポットン系ですが洋式便座でキレイにされてました。 たくさん色んな手作り遊具があります。 生き物観察もバッチリです。 太陽系?をイメージしたオブジェもありました。 光るのかな? 水遊びできるところもあります 立派なピザ窯です BBQも出来るようにされてます。 と、まだ写真撮れてない物もたくさんありました。 手作りでコレはなかなかすごい施設でしたよ ピザ窯はイベントなどで使用してるみたいです。 BBQはお願いしたら使用できるのかな? 確認し忘れました これらが無料で楽しめる素晴らしい公園でした。 お弁当持って子供を遊びに行かせるにはちょうど良い公園だと思います。 もちろん、管理人さんたちのご厚意の公園ですので、必ずルールマナーは守りましょう! ちなみに、近くに同じように里山で遊べるように遊具が作られてる 「」と言うところもあります。

次の