デロイトトーマツコンサルティング 離職率。 デロイトトーマツコンサルティングの社風・福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

デロイトトーマツコンサルティングの社風・福利厚生や教育制度で就活生が知っておくべき事

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

本記事の目次• デロイトトーマツコンサルティングについて デロイトトーマツコンサルティングはDTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 企業のさまざまな組織、機能、目的に対応したサービスを提供する専門家に加え、さまざまな業界・業種ごとの専門的知識と豊富なプロジェクト経験をもつエキスパートたちが、クライアントと共に経営課題の解決に取り組んでいます。 さまざまな業界・業種ごとの専門的知識とプロジェクト経験をもつインダストリーサービスと、組織、機能、目的に対応し、特有の課題を解決するコンピテンシーサービスの2つの軸のプロフェッショナルがチームを組み、サービスを展開しています。 また、グローバルに事業展開するクライアントをサポートする体制を有しています。 デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル社会の進展に伴う変革にとどまらず、さらにその先を見据え、企業のエクスポネンシャル(指数関数的)な事業成長の加速を多面的に支援しています。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、これからのビジネスに求められている価値観であると考えています。 次世代のために、その先にある未来のために、クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングはクライアントと共に日本を、世界を進化させ続けています。 デロイトトーマツコンサルティングの会社情報 企業名 デロイトトーマツコンサルティング 本社所在地 〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング 17階 支店住所 全国に多数 HPのURL 設立年月日 1993年4月 代表取締役 宋 修永 役員 経営会議議長 副社長:川原 均、執行役員 経営会議メンバー:篠田 昌典、日下 明彦、佐瀬 真人、シニアアドバイザー:近藤 聡 上場・非上場 非上場 電話番号 03-5220-8600 FAX番号 03-5220-8601 決済月 5月 売上高 709億7,700万円 従業員数 2,381名 男女比 現在調査中 CM動画 デロイトトーマツコンサルティングの事業内容 主な事業内容は、経営コンサルティングです。 経営理念とビジョン 経営理念 経済社会の公正を守り率先してその発展に貢献する、クライアントの期待を超える知的専門サービスを総合的に提供する、各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある場を創りだす ビジョン 100年先に続くバリューを、日本から。 年収と年度別・年齢別年収 年収(平均年収、年度別平均年収、年齢別平均年収) 年収は486万円~1,448万円で、平均年収は815万円です。 年度別平均年収は、こちらです。 現在調査中 年齢別の平均年収は、下記となっております。 20~24歳:486万6,000円 25~29歳:686万円 30~34歳:787万5,000円 35~39歳:876万,7000円 40~44歳:928万円 45~49歳:970万2,000円 50~54歳:987万2,000円 55~59歳:944万7,000円 60~64歳:667万2,000円 給与制度・福利厚生 初任給も調査致しました。 初任給は現在調査中ですが、初年度530万円程度 では、給与制度やひと月の残業時間、有給消化率、離職率はどうなっているのでしょうか? 給与制度 デロイトトーマツコンサルティングの離職率は現在調査中です。 【給与制度】 昇給:年1回、賞与:年2回 【月間残業時間】 81. 4時間 【有給消化率】 45. 社内制度はフレックスタイム制度があります。 人事制度は「アワーグラス・モデル」を適用しており、始めから専門性を固定するのではなく、 色々な分野のプロジェクトを経験しつつコンサルタントとしての基礎スキルを身につけていき、数年後に自身のこれまでのプロジェクト経験を振り返り、適性や将来を考えて専門領域を絞り込み、その中で更に経験やスキルを積み重ねていきます。 出典元: 会社評判・口コミ・ブラック企業度合いは? 社内外で研修やセミナーに参加する機会が多く、新たな知識や見識を広げることが出来ます。 また、同業および他業種の動向やトレンドを常に追い、勉強し、自己研鑽するすることが求められる会社環境の為、常に最先端のビジネス・シーンの動きを能動的に学習するのが好きな人や、上昇志向が強く、将来的に起業独立を考えているタイプの人にはやりがいのある会社と言えるかもしれません。 出典元: ブラックな口コミは? 就業規則があるのにも関わらず部署の上司によって休みも取れません。 夏期休暇の延長も不可フレックスも使えません。 整えても使えないのでは全く意味がありません。 管理者がマネージメントを怠ってる場合規定にそわない勤務を強いられて労基問題だらけです。 出典元: 会社の著名人は? 現在調査中 デロイトトーマツコンサルティングの採用情報 採用人数、インターン 採用人数は職種により変動で、インターンは擬似プロジェクトを通じ、経営コンサルティング業務を体感できます。 出身大学の傾向・学歴 応募は公募式なので出身大学や専攻等による不利な点はありませんが、結果として大学院卒やMBA等の学歴の方が内定者の中には多いようです。 デロイトトーマツコンサルティングのまとめ いかがでしたか?「デロイトトーマツコンサルティング」はあなたの将来稼ぎたい年収でしたか? 年収チャンネルでは、大企業の年収、ベンチャー企業の年収を随時調査しております。 お探しの企業がある方は以下からお探しください。 学校の先生や両親はなかなか教えてくれない 『企業別の年収情報』『稼げるキャリアの歩み方』『年収別のリアルな生活水準』 などを、株本が様々なゲストを招待して徹底討論します。 今、オススメのベンチャー企業を教えてほしい! 大手企業とベンチャー企業、自分はどちらに就職するべきか教えてほしい! 今の時代、どんな経験や能力を求められているのか教えてほしい! などなど、どれだけぶっ飛んだ質問でも構いません。 気軽に株本までLINEで相談してください。 なるべく早めにご返信します。

次の

デロイトトーマツコンサルティング 現役マネージャーが後進にぜひ伝えておきたいDTCの特徴、業績、戦略:MyNewsJapan

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

2016年4月18日 本ニュースリリースは、2016年1月12日にデロイト トウシュ トーマツ リミテッドがに日本の調査結果を加筆・修正したものです。 ミレニアル世代の44%は、良い選択肢があれば今後2年以内に現在の雇用先から離職するだろうと回答した。 期間を2020年までに伸ばすとその数字は66%にまで増えた。 日本においてもミレニアル世代の52%が2020年までの離職を考えていると回答している。 本調査は29カ国、約7,700人のミレニアル世代を対象に2015年9月から10月までの間に実施した。 近い将来に離職を考えている人たちからは、リーダーシップスキル育成の欠如や、自分が将来のリーダーへの登用に関して見落とされていると感じる声がある。 だが、その意見や行動により大きな影響を与えているのは、ワークライフバランスや柔軟な職場の要望、企業との価値観の相違といった問題である。 企業の成功のものさし ミレニアル世代は、ビジネスを高く評価している。 グローバルで73%(日本:65%)がビジネスは社会に広くポジティブな影響を与えると主張する。 この傾向は2013年以降変わらず、特定の国・地域経済が悪化していても、ミレニアル世代は有益な作用をもたらす企業の潜在性を楽観的に受けとめていることを示している。 ミレニアル世代は企業が利益を上げ成長する必要性を認識する一方、組織がこれらの目標にとらわれすぎていると感じている。 ミレニアル世代の87%(日本:82%)が企業の成功は利益だけでは測れないと考える。 経済的な成功は「一流の組織」を特徴づける一要素だが、それだけでは十分ではないことをミレニアル世代は認識している。 利益(Profit)は、他に3つのP、すなわち人(People:従業員と幅広い市民)、製品(Products)、目的(Purpose)と合わせて「4つのP」を形成し、相乗的に長期的な成功の基盤になる。 ミレニアル世代を引きつけ、働き続けてもらうためには「目的意識のギャップ」を縮めることが必須となる。 この世代は、従業員のスキルや収入、満足度の向上を重要視し、雇用を生み出し、人々の生活に良い影響を与える商品やサービスを提供する組織で働くことを望んでいる。 ミレニアル世代の仕事選びの決め手 ミレニアル世代が仕事を選ぶとき、「報酬」は最大の影響であることは、調査対象の29の国・地域すべてにあてはまり、普遍的な真実だと思われる。 報酬やその他の経済的恩恵を除くと、「ワークライフバランス」が1位となった(グローバル:16. 8ポイント、日本:21. 0ポイント)。 次いで日本では「仕事に意義を感じること」(12. 0ポイント)、「柔軟な勤務形態」(11. 1ポイント)が挙げられる。 優先度のパターンは全ての国・地域を通じて見られるが、バリエーションもある。 報酬を除くと「昇進・リーダーになる機会」が、アルゼンチン、ペルー、メキシコ、インド、コロンビア、南アフリカ、中国で第1の優先事項である。 対照的に、日本では6番目、韓国とベルギーでは4番目である。 価値観は伝統的で妥協の余地が少ない 調査では、意外にもミレニアル世代が特定の企業や雇用主の評判にそれほど影響を受けていないことが分かった。 また調査回答者は、名声を得ることや、ソーシャルメディアに優れたプロフィールを載せられること、多額の富を得ることへの興味が薄いことを示している。 一方でより広い観点では、ミレニアル世代の個人的な目標はかなり保守的であると言える。 自分の家を持ち、生涯のパートナーを得ることを望み、老後を快適に暮らすために必要な貯蓄をする経済的な安定を求めているのである。 組織を成功に導く貢献、世の中全体への貢献に対する熱意も高い。 職場で判断を下す際に影響を与える要素について聞いたところ、「個人的な価値観・モラル」がグローバルで1位になった。 ミレニアル世代のほとんどは自分の価値観と相反する指示を受けた場合、拒否することをいとわない。 デロイト グローバルCEOプニート・レンジンは「一世代前、社会人の多くは雇用主との長期的な関係を望んでいた。 その大半は、上司からのプロジェクトへの任命に『NO』と言うことなど夢にも考えなかった」と言う。 「しかし、ミレニアル世代はより独立性が高く、組織の目標より個人の価値観を優先する傾向にある。 この世代は仕事における成功の定義を変え、自分のキャリア形成に積極的で、キャリアの階段を上っても価値観は変化しないように見受けられる。 これは将来のビジネスの進め方に多大な影響を及ぼすだろう」。 一方、この傾向は日本のミレニアル世代ではまだ低い。 職場での判断における「個人の価値観・モラル」の影響は4位であり、1位は「組織の価値観または全体の目的意識に忠実であること」であった。 グローバルに展開する日本企業では、海外のミレニアル世代が日本とは異なる特性を有していることを理解することも重要だ。 デロイトのミレニアル調査について 本調査は世界29カ国を代表するおよそ7,700人のミレニアル世代から意見を集めた。 このうち日本からは約300人が参加。 すべての参加者は1982年以降に生まれ、単科・総合大学の学位を取得し、正規雇用され、おもに(従業員100人以上の)大規模な民間企業で働いている。 をご覧ください。 デロイト トーマツ グループは日本におけるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(英国の法令に基づく保証有限責任会社)のメンバーファームおよびそのグループ法人(有限責任監査法人 トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人およびDT弁護士法人を含む)の総称です。 デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。 また、国内約40都市に約8,700名の専門家(公認会計士、税理士、弁護士、コンサルタントなど)を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。 詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト()をご覧ください。 Deloitte(デロイト)は、監査、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリーサービス、リスクマネジメント、税務およびこれらに関連するサービスを、さまざまな業種にわたる上場・非上場のクライアントに提供しています。 全世界150を超える国・地域のメンバーファームのネットワークを通じ、デロイトは、高度に複合化されたビジネスに取り組むクライアントに向けて、深い洞察に基づき、世界最高水準の陣容をもって高品質なサービスを提供しています。 DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。 DTTLおよびそのメンバーファームについての詳細は をご覧ください。

次の

デロイトトーマツコンサルティング株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (8204)

デロイトトーマツコンサルティング 離職率

就職市場において絶大な人気を誇るコンサルティング会社。 商社・メガバンの人気が落ち、コンサルティング会社の人気は近年うなぎ登りです。 東大生の人気企業ランキングでも上位はコンサルが大半を占める形になりました。 マッキンゼー、デロイト、アクセンチュア… ここら辺の企業は耳にしたことがある方も多いはず。 コンサル会社は難易度の高さからトップ就活生が受けることでも有名ですね。 そのためか入社難易度の議論が尽きない。 そこで生まれたのが 就職偏差値。 今回はまずコンサルティング会社の就職偏差値を紹介していきます。 それに加えてコンサル会社の大まかなグループ分けも説明してるので是非最後までご覧ください。 では早速見ていきましょう! ・外資系戦略コンサル ・日系戦略コンサル ・Big4(会計コンサル) ・シンクタンク系 ・IT系コンサル それぞれ詳しく見ていきましょう。 1.外資系戦略コンサル マッキンゼー・ボストンコンサルティンググループ・ベインアンドカンパニー…etc 言わずと知れたコンサル界のトップ達。 コンサル会社と言えば戦略のみを指すという方もいるくらい。 ずば抜けて賢い人が多い。 日系大手のような学歴フィルターをかけることはないが、自然と高学歴のみに偏る。 東大が当たり前の世界。 業務内容は戦略策定など案件の上流部分を担当する。 2.日系戦略コンサル DI(ドリームインキュベータ)・IGPI(経営共創基盤)・CDI こちらは日系の戦略コンサル。 ネームバリューで外資系戦略コンサルに劣るが、内定者レベルは外資系に引けを取らない。 業務内容は上記の外資系戦略コンサルと同じ。 ただDI・IGPIはコンサルだけでなく、事業投資も行う。 ベンチャーキャピタルみたいなことも行っている面白い企業。 3.Big4(会計コンサル) デロイト・PwC・EY・KPMG すべて外資系の企業で監査法人を源流とする。 世界的に見るとどの企業もトップレベルのコンサルティング会社である。 ただ日本の市場においては別物という認識が必要。 デロイト・PwCは日本でもある程度事業の拡大に成功しており、新卒を育てる文化もある。 一方、EY・KPMGは日本ではまだベンチャー程度の規模である。 新卒でも即戦力が求められる。 業務内容は戦略策定からシステム導入まで多岐に渡る。 これがなんでも手掛ける総合系と言われる理由である。 big4は業界内でも比較的志望者の多い層だと思うので、別途「 」という記事にまとめました。 4.シンクタンク系 野村総研・三菱総研・大和総研・日本総研…etc シンクタンク系又は総研系と言われたりもする。 コンサルに加えリサーチも重点的に行う企業達。 普通のコンサルティング会社に比べ官公庁を相手に仕事をする機会が多い。 業務の特性上内定者の院生率が他のコンサル会社よりも高く、研究者体質の学生が好まれる。 ただ野村総研のみはかなりの体育会という噂も。 5.IT系コンサル アクセンチュア・アビームコンサルティング・IBM(コンサル)…etc Big4と同格レベルで業務がIT寄りのコンサルティング会社。 アクセンチュアなんかは就職人気企業ランキングの常連。 主にITシステムの導入を業務とし、パッケージに強みを持っている。 (アビームコンサルティングであればSAPと戦略提携を交わしている。 ) ただそういう案件ばかりでなく、戦略系の案件も豊富にある。 こんな感じでコンサル系は大きく5つに分類されています。 コンサルの役職や日常については「 」に詳しくまとめたので参考にしてください。 コンサル業界就職偏差値ランキングの概観 皆さんは就職偏差値ランキングにどのような印象を受けるでしょうか? コンサルティング業界の難易度の傾向として 戦略>それ以外 が挙げられます。 コンサルティング業界志望者で戦略と総合の違いを悩んでいる人がいますが、要するに難易度です。 総合の方がより現場に近いという分け方も出来ます。 ただ、戦略もどんどん現場に出ているのでそれほど有効な違いは見いだすことが出来ません。 戦略コンサルといえば、就活では外資系金融と双璧をなします。 「 」の記事でも触れていますが、戦略コンサルでも厳密に言えばMBBレベルのトップティアから日系の独立戦略コンサルなど入社難易度も様々です。 余談ですが、個人的にコンサル業界のスライドは芸術品だと思っています。 コンサルのジョブやインターンではスライドを披露する機会が多くあります。 ただ、 「コンサルで実際に使われたパワポって見たことないな…」ってことで コンサルのコンペで使われた 【実際のスライド】をまとめてみました。 個人的にはデロイト・野村総研あたりのスライドが見やすくて好きです 笑 自分に合ったコンサルティング会社を選ぼう ここまで散々難易度について説明してきました。 ただ難易度の高い企業にいくことを勧めているわけではありません。 むしろ無理して、戦略コンサルを志望するのはおススメしません。 某外資系戦略コンサルでは入社してから2週間試用期間があります。 その試用期間の内に内定者の半分が切られたという噂もあるくらいです。 上記の業務内容なども参考にしつつ、自分に合う企業を探すのが一番です。 余談にはなりますが、コンサル志望はESに力を入れるといいですよ。 就活界隈では有名な話ですが、 コンサル志望者のESって結構質が低いことが多いので、質の高いものがあると面接官の印象に残りやすく、そのあとの面接もスムーズにいくことが多いです。 特にコンサル志望者は早期に動き出し、はじめは周りに就活生も少なく手探りの状況でESを出すことになると思うので、 とか使って内定者のESを参考にするといいと思います。 内定者ESの文章テンポって読み込むことでしか理解できないと思うので、是非参考にしてください。 他の業界もコチラの記事と同様にまとめてみました。 記事を見ればその業界の概要がすぐに分かるようになっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

次の