アイコス クリーニングスティック。 メーカーに聞いた! アイコスの本当に正しい掃除の仕方&新製品速報

iQOS(アイコス)クリーニング スティック (綿棒)を購入

アイコス クリーニングスティック

chimanta iQOS アイコス のクリーニング方法 今回はアイコスのクリーニング方法をご紹介します。 取説には・・・ アイコスは最適な性能を維持して安定した味わいを楽しむためにホルダーを定期的にクリーニングする必要があります。 ホルダー内部の加熱ブレードはヒートスティックを直接加熱しているため、継続的に使用するとヒートスティックの屑がホルダー内部に溜まることがあります。 とこう書いてあります。 こちらは2週間使用したホルダー 確かに結構クズが溜まるんですよね。 このままですと味も焦げ臭く、セラミックプレートの故障にもなりかねないので定期的にクリーニングします。 アイコスのクリーニング方法 アイコスには自動加熱クリーニングと専用ブラシを使った2種類のクリーニングがあります。 自動加熱クリーニング アイコスはヒートスティックを20本使うごとに、アイコスポケットチャージャーの機能を使用して加熱ブレードのクリーニングを行います。 これは自動でクリーニングが開始されますので特に操作する必要はないです。 ブラシを使ったホルダークリーニング 専用クリーナーブラシを使う前に自動加熱クリーニングをすると効果的です。 自動加熱クリーニングを手動で実行するにはホルダーが充電されていることを確認してから電源ボタンを押します。 加熱クリーニングボタンをクリーニングランプが点滅するまで長押しします。 数十秒でクリーニングが完了し、再びホルダーの充電が始まります。 ホルダークリーニングは付属のクリーニングキットを使用します。 真ん中から割るとこのようになっています。 主に使うのはホルダー用ブラシとキャップ用のブラシです。 このスティックはタバコの葉がつまった時に使うのですが正直使うことはありませんね。 まずはホルダーのキャップを外します。 最初は少々硬いですが、力任せに外します。 下にティッシュなどをひき、ロングブラシをホルダーの奥までしっかりと差込みクリクリ回します。 力を入れる必要はなく、軽く左右に回します。 ホルダーが綺麗になるまで繰り返して下さい。 クリーニング前。 クリーニング後。 こんなに綺麗になりました。 キャップもショートブラシで同じようにクリーニングします。 クリーニング前 結構汚れています クリーニング後。 こちらも綺麗になりました。 汚れがとれない場合は綿棒などで擦ると綺麗になりますよ。 加熱ブレードの付け根の汚れはブラシでは取れないので、私はつまようじを使っています。 軽く削るように擦ると綺麗になりますよ。 付け根の汚れも取れました。 ただ自己流なので破損の際は責任を負いかねます。 加熱ブレードをクリーニングする際は自己責任でお願いします。 外側もティッシュで拭きます。 結構汚れています。 この汚れを見るとやっぱりタバコなんだな〜と思いますね。 2週間でこれだけ汚れていました。 この汚れを見ると、少なくとも1周間に1回はクリーニングした方が良さそうですね。 スポンサードリンク.

次の

ces.massrelevance.com: IQOS (アイコス) クリーニングスティック: ドラッグストア

アイコス クリーニングスティック

iqos(アイコス)ケースの種類 コンビニは主にセブンイレブンの商品になります。 セブンイレブンで買えるアイコスケースの種類は• ルビーレッド• アクアブルー の2色のみの販売となっています。 ネット販売では色々なカラーが出ているので種類をもう少し欲しいところですが、コンビニの販売スペースからして定番人気カラーの2色に絞った、というところでしょうか。 価格は2480円(税込)。 もう少しカラーを選びたい、という方は通販で選んだほうが良いと思います。 思わぬ破損などですぐに欲しい!という方には良いと思います。 スマホケースのように販売店などにたくさん並ぶ、というのはなかなか難しいとは思うのですが、コンビニで販売を開始したことでコンビニに行けば、ヒートスティックを買うついでにアイコスアクセサリーが揃うというのはわざわざケースだけを買いに行く手間が省ける、ということですね。 コンビニは売っていませんがヒートスティックがプラス10本吸えるようになるバッテリー増加ケースという画期的なものも販売しています。 コンビニのアイコスキャップの取り扱い種類は ・ルビーレッド ・ラズベリーピンク ・ターコイズ ・ブラックオニキス ・グラファイトグレーの5色です。 今後取り扱いカラーが増える可能性も。 価格は1980円(税込)。 カラー展開は全部で14色。 ケースよりもどちらかと言うとアイコスキャップの方が実際に手に持って使うものなので、服装や気分でカスタマイズしたくなりますね。 自分の好きなカラーにするとより愛着が湧きます。 本体カラーと組み合わせて好きなカラーにできる、ということですね。 現在コンビニで買えるのは人気の高い5色ですが、コンビニでの購入数が増えれば購入できるカラーも増えてくるでしょう。 ちなみに人気のカラーは女性だと可愛らしいカラーのラズベリーピンク、ルビーレッド、男性はグラファイトグレー、ブラックオニキスあたりです。 ビジネスシーンでも使えるシックな色が人気のようです。 アイコス愛用者なら必ず必要になってくるアイコスクリーニングスティック。 こちらはアイコスの専用の掃除用綿棒です。 初めに購入した際に20本付属でついてくるものですが、在庫がなくなればまた購入しなければなりません。 クリーニングスティックは30本入りで480円(税込)。 オンラインストアなどでも購入できますが、注文してから時間がかかります。 送料を払うのももったいないですね。 コンビニすぐ入手できるのは愛用者にとっては嬉しいですね。 アイコスは定期的にクリーニングしないとアイコスの味が変わってしまったり、煙の嫌な臭いの原因になるので必須アイテムと言えるでしょう。 綿棒にはクリーニング液とエタノール、水が配合されており、スティックの差し込み口の中を掃除するのに使います。 面倒でもちゃんとお掃除した方がいいですね。

次の

IQOS(アイコス)の新型クリーニングブラシが届いた!使い心地を早速レビュー!

アイコス クリーニングスティック

電子タバコのiQOS(アイコス)を利用している方が、必ず自分で行なわなければならないのが、iQOS(アイコス)のお掃除です。 iQOS(アイコス)は煙がでない電子タバコともいわれていますが、加熱式の電子タバコとなっていますので、本体の中に若干灰が残ります。 この灰の掃除をする必要があるのですが、ネックとなるのが内蔵されている加熱ブレードです。 加熱ブレードは非常に折れやすく、掃除中に誤って折ってしまったという報告が多くなっています。 この加熱ブレードを、折らずに上手く掃除する方法はないのでしょうか。 今回は、iQOS(アイコス)の加熱ブレード周辺のお掃除方法や、掃除の時の注意点などについて詳しく調べてみました。 その灰がiQOS(アイコス)ホルダーの内部に溜まっていってしまうため、自分で掃除する必要があります。 iQOS(アイコス)には自動クリーニング機能も付いていますが、これとは別に掃除する必要があるんですね。 そして、灰が溜まる加熱ブレード周辺を掃除している時に、うっかり加熱ブレードに接触してブレードが折れてしまうというトラブルが相次いでいます。 ブラシで掃除しているのに加熱ブレードが折れたという声も IQOSチャージャーをブラシで掃除したら、 ブレードが折れた。 3ヶ月もたなかった。 保証期間内なので交換手続きして待ち。 カートンでタバコを買った直後でがっかり。 数日は違う電子タバコで耐えねば。 — ラグ lagralion iQOS(アイコス)を購入するとセットの中に、専用のお掃除ブラシのようなものが付属しています。 iQOS(アイコス)の掃除方法としては、ホルダーをまずは2つに分解し、分解した部分にブラシを入れてクルクルと回していくだけなのですが、この時にブラシを左右交互に回したり、回す力が強かったりすると、加熱ブレードが折れてしまうことがあります。 「そんなに力を加えてないのに折れた」という声も多く上がっていることからも、少しの衝撃でヒートスティックは折れてしまう可能性があるようです。 おすすめは、クリーニングスティックの利用 アイコスのクリーニングスティックが届きました! メンテ好きにとってこれがないと辛いです ない時はブレードに触れないように爪楊枝と純正ブラシキット さて、今日も作業頑張るぞ〜! 一応昨日でチューリップを追いかけては完成した…つもり。 ブラシだと力の加減が分からなくて、加熱ブレード周りのお掃除が大変という方であれば、専用のクリーニングスティックの利用をおすすめします。 クリーニングスティックは綿棒上のお掃除アイテムで、加熱ブレード周りの細かい部分も奇麗に掃除することができます。 さらに1本使いきりなので、ブラシよりも衛生的でキレイになるのでおすすめです。 しかし、クリーニングスティックは、コンビニやタバコ屋さんでの取り扱いがないため、アイコスストアにて購入する必要があり、便利に購入できるものではないというのが少々ネックです。 クリーニングスティックの代わりに無水エタノール+綿棒もおすすめ! よーやくIQOSに切り替えて 近所のコンビニにたまたま在庫があった 2週間が経ちますが。 筒 なんていうんだこれ。 葉っぱを挿すやつ を掃除する細い綿棒が10本同梱されてたけど使いきってしまって、どうすればと思って調べたら無水エタノールで代用できると判明。 無水エタノールはもともとOA機器などのお掃除に利用できるものですので、綿棒の先に無水エタノールを含ませて加熱ブレード周辺を掃除するだけで、ブラシよりも汚れをキレイに落とすことができます。 利用する綿棒は通常のものよりもベビー用を利用すると、より細かく汚れを拭き取ることができて、ヒートスティックに当たってしまう危険性も少なくなります。 薬局などで気軽に購入できる「無水エタノール+綿棒」ですが、iQOS(アイコス)の純正商品であるクリーニングスティックよりも、汚れの落ちが少々悪いという口コミも上がっているようです。 iQOS(アイコス)加熱ブレードの掃除方法に関するまとめ iQOS(アイコス)は、加熱式の電子タバコとなっているため、微量ながら内部に灰が溜まっていきます。 自動クリーニングという機能もありますが、やはり溜まった灰を掃除するために手動でのお手入れが必要になります。 しかし、付属しているお掃除用ブラシを利用して汚れを落とそうとした時に、誤って加熱ブレードを追ってしまうというトラブルが相次いでいます。 加熱ブレードが折れてしまうと、元に戻すことは難しいため、新品の購入か保証期間内であれば無償交換になってしまいます。 加熱ブレードを折らないように掃除をするためには、iQOS(アイコス)で販売している綿棒状のクリーニングスティックがおすすめです。 細かい部分まで奇麗に掃除できて、加熱ブレードを誤って折ってしまう危険性も減らすことができます。 ただしクリーニングスティックはコンビニやタバコ屋さんでの購入ができないため、すぐに手に入れたいという方であれば、薬局などに売っているベビー用の綿棒と無水エタノールで代用することも可能です。 加熱ブレードは非常に繊細なものですので、細心の注意を払って掃除するようにしてくださいね。

次の