エクセル 折れ線 グラフ 追加。 【エクセル時短】折れ線グラフにひと工夫! 見込みを点線、下側を塗りで表現するテクニック

【エクセル時短】折れ線グラフにひと工夫! 見込みを点線、下側を塗りで表現するテクニック

エクセル 折れ線 グラフ 追加

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 プレゼンで見かけた「いい感じ」のグラフ。 でも、自分で試してみたら上手く再現できなくて、あきらめた経験はありませんか? 例えば、以下はイベントグッズの売上見込を表した折れ線グラフです。 将来の 見込みは点線にし、値の強調のために グラフの下側を塗りつぶしています。 こうしたグラフは、グラフの種類や要素の色などが工夫されており、普通の方法では完成しません。 【 エクセル時短】第78回では、見やすい折れ線グラフを作るためのテクニックを紹介します。 見込みを表すためのデータ系列を追加する 将来の見込みの値を点線で表現したい場合、実績の値とは別に、データ系列を追加する必要があります。 以下のように操作しましょう。 1見込みのデータを用意する 普通の方法で、グラフを挿入したところです。 グラフにした1行目のデータをコピーして2行目に貼り付け、見込みの値となる第6回のデータを1行目から消去し、2行目は第5回と第6回の値だけを残します。 2[データソースの選択]ダイアログボックスを表示する グラフエリアを選択し、[グラフツール]-[デザイン]タブの[データの選択]ボタンをクリックします。 3データ系列を追加する [データソースの選択]ダイアログボックスが表示されました。 続けて[追加]ボタンをクリックします。 [系列の編集]ダイアログボックスが表示されたら、[系列値]の右にあるボタンをクリックします。 4追加するデータ系列のセル範囲を指定する 追加するデータ系列のセル範囲(セルA4〜F4)をドラッグして選択し、[系列の編集]ダイアログボックスのボタンをクリックします。 [系列の編集]ダイアログボックスに戻るので、[OK]ボタンをクリックしましょう。 5データ系列を追加したグラフを表示する [データソースの選択]ダイアログボックスに戻りました。 [系列2]が追加されていることが分かります。 [OK]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます。 6見込みのグラフが追加された 見込みの値が、異なる色のグラフとして追加されました。 色や線種はあとで変更します。 グラフ下側の塗りつぶしもデータ系列の追加で実現 さらに、折れ線グラフの下側を塗りつぶしてみましょう。 これは「面グラフ」用のデータ系列を追加することで実現します。 7面グラフ用のデータを用意する 1行目と2行目のデータをコピーして貼り付けます。 値は変更しません。 8データ系列を追加する 先ほどと同様に、3行目を新しいデータ系列として追加して...... 4行目も、新しいデータ系列として追加します。 [系列3][系列4]が追加されていることを確認し、[データソースの選択]ダイアログボックスを閉じます。 9[グラフの種類の変更]ダイアログボックスを表示する この時点では系列1と系列2のグラフに、系列3と系列4のグラフが重なった状態になっています。 [グラフツール]-[デザイン]タブの[グラフの種類の変更]ボタンをクリックします。 10グラフの種類を変更する [グラフの種類の変更]ダイアログボックスが表示されました。 グラフの種類は[ 組み合わせ]を選択し、[系列1]と[系列2]は[ マーカー付き折れ線]、[系列3]と[系列4]は[ 面]を選択します。 ダイアログボックス上部のプレビューを見ながら操作すると分かりやすいと思います。 11[データ系列の書式設定]ウィンドウを表示する グラフの種類を変更できました。 仕上げとして、データ系列の書式を設定しましょう。 系列2(見込みの値)のグラフを右クリックし、[データ系列の書式設定]をクリックします。 12データ系列の線種を変更する [データ系列の書式設定]ウィンドウが表示されました。 13データ系列の塗りつぶしを変更する データ系列の線種を変更できました。 続けて、データ系列の塗りつぶしを変更します。 [塗りつぶしと線]-[塗りつぶし]から[塗りつぶし(単色)]を選択して、色と透明度を指定します。 同様の操作で系列3の塗りつぶしも変更できます。 14グラフが完成した 冒頭で紹介したものと同じグラフが完成しました! いかがでしたか? 線種や塗りつぶしの色などを細かく設定したいときは、データ系列を追加すると上手く表現できます。 さまざまなシーンで役立つので覚えておきましょう。 close 閉じる.

次の

エクセルの折れ線グラフに新しいグラフを1つ追加する方法

エクセル 折れ線 グラフ 追加

第2軸に移動するやり方 下の表の、赤枠で囲んだ場所で集合縦棒グラフを作成してみます。 「販売数量」と「売上金額」の数値の桁が違うことに注目してください。 下のようなグラフが作成されますが、「販売数量」と「売上金額」の数字に大きな差があるため、 「販売数量」の青い棒が見えません。 グラフを拡大すると、何とか確認することができます。 また、目盛り軸も、「金額」と「数量」という違う単位を一緒に扱うべきではありません。 こんな時は、片方を右側の軸に移動してしまいましょう。 移動したい系列(縦棒)の上で右クリックして、表示されたショートカットメニューの1番下、 [データ系列の書式設定]を選びます。 画面右側に[データ系列の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 これで「売上金額」の目盛り軸が 右側に表示されます。 軸を分けることで、数字の差も調整されて、青い「売上数量」の軸が見えるようになりましたね。 いや、よく見えない・・・。 左側2つしか青い系列が見えません。 どうやら2つが重なってしまっているようです。 グラフの重なりを変更する 重なっている状態をもう少し分かり易くしてみます。 まず、先ほどの作業ウィンドウの[データ系列の書式設定]画面を表示します。 [要素の間隔]を右にスライドさせて広げると・・・。 縦棒の幅が狭くなり、青と赤の縦棒が重なっているのが良く分かります。 さすがに見難いですね。 こんな時は、 複合グラフにするのがお勧めです。 複合グラフに変更 複合グラフとは、1つのグラフの中で縦棒や折れ線など複数のグラフを同時に表示すること。 表示された[グラフの種類の変更]画面の左側で[組み合わせ]が選ばれた状態で、赤枠の場所で細かい設定ができます。 拡大するとこんな感じ。 [グラフの種類]の場所でグラフの種類を選び、[第2軸]の場所で2軸にする系列を選ぶことができます。 縦棒・折れ線・面がおすすめ。 例えば、「売上金額」のグラフ種類に 折れ線を選ぶと下のようになり、 [面]を選ぶと、 下のようになります。 プレビュー画面で確認できるのが便利ですね。 続けて [第2軸]のチェックを「販売数量」の方に切り替えてみました。 すると、軸の位置が左右入れ替わります。 系列を2軸に移動するには、最初に説明した作業ウィンドウからの設定ではなく、 最初からこちらで設定する方法もあるということです。 縦棒グラフを、そのまま横に並べたい場合は、をご覧ください。 目盛りの単位に関しては、。 凡例に関しては、。 複合グラフに関しては、。 にそれぞれ説明があります。

次の

エクセルでローソク足に折れ線グラフを乗せる。

エクセル 折れ線 グラフ 追加

【Excel】折れ線グラフに点を追加し、大きさ・色・形を変える方法 データ集計ソフトであるエクセルはますます便利になってきていますよね。 ただ、逆に機能が充実しすぎていることで操作方法がわからないことも多くあるかもしれません。 例えば、エクセルの折れ線グラフにおいて、 折れ線だけではなく点(プロット)をつけたり、その形状を三角、四角、丸などに変更する方法を知っていますか。 ここでは、折れ線に点を追加する方法について解説していきます。 ・折れ線グラフに点をつける方法 ・折れ線上の点を大きさを変える方法 ・折れ線グラフ上のプロットの色を変更する方法 ・折れ線の点の形を変更する方法 というテーマで解説していきます。 折れ線グラフに点をつける方法 当サイトのメインテーマにちなんで、電池の容量の経時変化のデータが得られたとします(架空のデータです)。 これを元に折れ線のグラフを描いていきましょう。 折れ線グラフの方を選ぶと、列ごとのプロットが表示されることがデフォルトのため、手間がかかることに注意しましょう。 すると、折れ線内に点が追加された状態のグラフが一括で作成されます。 以下の通りです。 関連記事 折れ線上の点を大きさを変える方法 このように点付きの折れ線グラフが引けましたが、このプロットの大きさや形、色などはどのように変更していけばいいのでしょうか。 まずは、点の大きさを変更する方法について確認していきます。 作成したグラフのプロットの上で、右クリックを押し、データ系列の書式設定を選択します。 すると、点が大きくつけられたグラフができました。 関連記事 折れ線グラフ上のプロットの色を変更する方法 次には、折れ線の点の色を赤色などの別の色に変えてみましょう。 例えば、赤色を選んだとすると以下ようなグラフとなります。 基本的には、サイズ、色などのデータ書式の設定で一括して計算できます。 それでは、形状はどのように変更すればいいのでしょうか。 関連記事 折れ線の点の形を変更する方法 実は折れ線グラフにおける点の形状を変えていくには、同様に、データ書式の設定を選んでいくといいです。 今回は円形状を選択し、ひし形のプロットを丸いものに変えてみました。 このように、折れ線上の点は、大きさ、色、形状など各種変更できるのです。 関連記事.

次の