看護師 転職 面接 質問。 看護師の面接対策!新卒の就職や転職に役立つ質問と回答例も!

面接の質問と対策 |ベネッセ看護師お仕事サポート

看護師 転職 面接 質問

気になる項目をクリック• 1.【みんなの本音】看護師の転職理由10選 看護師の本音の転職理由は、以下のようなものがあります。 あなたも 看護師の転職をお考えなら、本音の理由があるはずです。 実は、転職を考えている看護師はあなただけではありません。 働いている看護師にも、 労働環境が悪いと悩んでいる人は多いです。 明日からまた仕事、しかも嫌いな日勤とリーダー続きだから行きたくない🙄人間関係がほんっとめんどくさくて職場の看護師と関わりたくないし早く辞めたい。 職場で信頼して相談できる人いないからずっともやもや — 水彩 suisai37 辞めたい理由を整理してみた。 ・キツイ、汚い ・不規則な生活 ・ナースコール多すぎ ・人工呼吸器多い ・コミュニケーションが難しい ・4年看護師してて、なんもできない ・疲れた。 ・仕事中の動悸、気分不快 ・休みの日も仕事のこと考えると鬱 ・ラダー教育が面倒 ・休みの日も仕事 — 愚痴垢 9oS2bprxuhWyup8 看護師しんどい。 辞めたい。 働くってこんなに辛いのかと思う。 私や他の新人がミスすると、ナースステーション行って大声でこんなことがあった、あり得ないよね~!とか言うのやめてほしいし、睨み付けないでほしいし、これだからゆとりは~とか私に言われても困るし、挨拶くらい返してほし(文字数 — 黒瀬まほ kuuurose 実際に看護師の労働環境は悪いケースが多いと考えられます。 さらに多くの看護師の悩みを知りたいなら、『』を読んでみてください。 「本当に職場が悪いのなら、そのまま理由として伝えても良いのかな?」なんて、思った人もいるかもしれません。 しかし、 本音の理由をそのまま伝えると、退職を拒まれるなどトラブルになりやすいです。 転職のためには建前の理由も知っておいたほうが良いでしょう。 2.【建前として使える】転職理由5選 看護師の建前の転職理由は、以下のようなものがあります。 5つの転職理由は、本音とは違うかもしれませんが 面接や履歴書で使いやすいものです。 建前の理由を使えば、周りと揉めずに転職しやすくなります。 実際に、 建前の理由を使ってやめている人は少なくありません。 ちょい古データだけど退職理由の1. 2位が出産、育児、結婚。 これ見ると看護師がどれだけ気を使ってるのかがわかる。 この理由は建前で、本音は下の人間関係や労働環境が原因でしょ。 根拠は退職してしまうというところ。 これがすべてを物語ってる。 魅力ある職場なら休暇をとりまた戻ってくるはずだから。 — ナースマンびび nursemanvivi 本音ではなく建前の理由で転職をするのは、周りの印象を良くするためです。 どうせ転職をするなら、 背中を押して応援してもらえるような転職を目指しましょう。 そのために、建前の理由を知っておけば必ず役に立ちます。 5つから自分で使えそうなものを選んで、覚えておいてください。 ただ、あなたの考えている転職理由はおかしいものではないので安心して大丈夫です。• 3.あなたの考えている転職理由はおかしくない! 「本音の転職理由を言ったらダメなんて、やっぱり自分が悪いのかな。。 」なんて、思った人もいるはずです。 しかし、建前の理由を言わなければならないのがおかしいくらい、あなたの転職理由は正当だと言えます。 なぜなら、客観的なデータとして 看護師の過酷な状況が示されているためです。 (引用:) 図のように、退勤して帰宅してから、ほとんど仮眠すらとれないまま再度出勤している人も多いです。 仮眠時間とれないとか、ありえないわ。 忙しいから当たり前とか、 昭和な考えやめてほしい。 — ばっこちゃん ナース pc82OylgBnvpqWw ここまでの過酷な状況が続くと、心身ともに壊れてしまいます。 そこで、さまざまな本音な理由が出てくるのです。 仮眠すら取れない職場で今後ずっと働き続けるのは難しいと考えられます。 したがって、 あなたが転職しようと思うのは間違いではありません。 「転職してもおかしくないなら、少しでも早く職場を変えよう!」と、思った人も少なくないでしょう。 しかし、すぐに転職するのではなく、 今の職場を離れる前に試しておいたほうが良いことがあるので見ておきます。 4.看護師が転職する前に試すべき3つのこと 看護師が転職する前に、以下の3つのことを試すべきです。 3つのことを試すことによって、転職をしたいと思っていた原因が解消される可能性があります。 そうすれば、 転職をせずとも悩みの解決が可能です。 それぞれについて、順番に確認していきましょう。• 4-1.ストレス発散をして冷静になる まずは、 ストレス発散をして冷静になりましょう。 看護師の休みは少ないですが、家で寝ているだけで休みが終わるということを繰り返しているのは良くありません。 何か自分のしたいことをしなければ、 ストレスは溜まっていく一方です。 もう看護師なんてやめたいなー。 不規則、残業、責任、 疲労とストレスにしかなんない。 自分なりのストレス発散を行い、 一度冷静な考えを取り戻してください。 4-2.笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試す 転職の原因に職場環境が少しでも関わっているなら、 笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試しましょう。 看護師の仕事は忙しいので、ついつい無愛想なコミュニケーションになってしまいがちです。 相手のことを考えて笑顔で接する余裕がなければ、医療ミスの可能性も高まり心配事も増えます。 病院って、 何かがあって行くところだから、 受付の人や看護師さんがやさしかったら、 ホッとする😊 その笑顔とやさしい話し方 患者さんにとっては、 すっごい安心する😊 そんな人たくさんいると思う。 ありがとうございます🌸 — ぴよ piyoPIYO6I86l8 笑顔で優しく仕事をしていれば、患者さんはホッとします。 安心した患者さんばかりの 和やかな雰囲気なら、職場の他の看護師にも笑顔が増えるはずです。 したがって、笑顔で仕事をするように心がけてください。• 4-3.自らスキルアップの勉強をする 自分の待遇や給料などの評価に不満があるときは、 スキルアップの勉強をしましょう。 看護師としてスキルアップしたい — さんちゃん endxt 看護師としての能力を高めたいと思っている人は多いです。 スキルアップすることによって、転職したいと思った原因が解決する可能性があります。 しかし、看護師は忙しいので、現場での勉強しかできていないということになりやすいでしょう。 そうは言っても、医療は日々発達していきます。 たまには 家でゆっくり本やインターネットで新しい情報を学ぶのも大切です。 休みの日には、自らスキルアップの勉強をするようにしてみてください。 以上が、看護師が転職を考える前に行うべきことでした。 3つのことを行えば、心に余裕ができて転職しなくても済むかもしれません。 ちなみに、今は余裕があるから「なんやかんや、看護師の仕事が好きなんだよな」とかほざいてるけど、余裕ない時は、「くっそ。 こんな職場すぐ辞めてやる。 なんだあのくそばばあ。 」とか思ってる。 だって人間だもの。 ご紹介した3つすべてを行っても 考えが変わらないようなら、転職への行動を進めていきましょう。 具体的な転職時期を慎重に考えたい方は、『』を読んでみてください。 ここからは、看護師が転職する際の計画の練り方を見ていきます。 5.看護師が転職をするなら計画を練ろう! 看護師が転職をするなら計画を練る必要があります。 いくら今の職場が嫌だからといって、 急に辞めてしまうと次の職場探しも大変です。 看護師の募集自体は少なくありません。 しかし、準備もなしに転職を始めても、 あなたの求める職場を見つけることは難しいです。 転職を成功させるためには、自分が何を求めて転職するのかを明確にするところから始めてください。 今の職場で働きながら、不満な点や改善できそうな点を考えるのです。 自分が求めているものがわかったら、 希望を叶えられる適切な転職先を探しましょう。• 5-1.転職先を探すためには? 看護師が転職先を探すためには、 さまざまな転職サイトを利用することができます。 転職サイトに登録すると、転職エージェントの方から連絡がくるので、転職理由や希望条件など転職相談を行います。 そこであなたの希望に合った転職先を紹介してもらう流れになります。 複数転職サイトがありますが、転職サイトごとに大きな特徴というのは無く、転職エージェントである担当者に依存する事が多いのが実情です。 そのため転職を考えている段階で複数サイトを登録して、じっくり求人情報や担当者を見極める方が良いでしょう。 退職間近で余裕が無くなってから転職活動を始めると良い案件に巡り合えず、転職後に後悔する方も多いので、早めに準備していきましょう。 どんな転職サイトが良いのかは、複数ある転職サイトを調査した『』で紹介しております。 もし、あなたが看護師以外の職業を考えているなら『』も参考にしてください。 「希望の転職先を見つけたけれど、履歴書はどうしたら良いのだろう。。 」なんて、お悩みの人もいると考えられます。 ここで、看護師が転職するときの履歴書のポイントを見ておきます。 6.看護師が転職するときの履歴書での3つのポイント 看護師が転職するときの履歴書でのポイントは、大きく3つあります。 3つのポイントをおさえることが、履歴書選考突破への鍵です。 それぞれのポイントについて、簡単に見ておきましょう。 6-1.手書きでていねいに書く 履歴書は、手書きでていねいに書くべきです。 パソコンで作成してほしいという指定がない限りは、手書きにしたほうが良いでしょう。 手書きは書いている人の感情が文字に表れます。 ていねいに書いて、 あなたの誠実さや真面目さをアピールしてください。 6-2.空白は少なく熱意をアピールする 履歴書の空白は、最小限にするべきです。 空白が目立つと、熱意も少ないと思われてしまいます。 逆に、空白がほとんどないくらいギッシリと文字を書いていれば、志望度の高さを感じてもらいやすいです。 できるだけ空白が少なくなるように、 事前に文章を推敲してから清書してください。 特に、志望動機の欄はびっしりと埋めるくらいの気持ちが大切です。 志望動機について悩むようなら、『』を読んでみてください。 6-3.写真は明るい印象のものを選ぶ 履歴書の写真は、明るい印象のものを選ぶべきです。 少し笑顔で微笑んでいる写真なら、優しく仕事をしてくれそうな雰囲気を与えられます。 また、明るいところで撮った写真なら、性格も明るく、コミュニケーション能力が高い印象を与えやすいです。 写真はプロに撮ってもらった方が安心なので、 写真館で撮るようにしてください。 以上が、看護師が転職するときの履歴書での3つのポイントでした。 3つのポイントをおさえるだけでも、履歴書選考突破の可能性は高くなるはずです。 もっと多くの履歴書のポイントを知りたいなら、『』を読んでみてください。 履歴書で合格したら、次は面接が行われます。 面接は履歴書よりも緊張するという人も多いはずです。 続いて、看護師で転職するときの面接でのポイントを見ておきましょう。 7.看護師が転職するときの面接でのポイント 看護師が転職するときの面接でのポイントは、 事前によくある質問への対策をしておくことです。 例えば、以下のような質問がよく聞かれます。 志望した理由はなんですか?• なぜ転職したのですか?• 当院に来てから何をしたいですか?• 残業や夜勤はできますか?• 何か質問はありませんか? 以上のようなよくある質問については、事前に答えを用意しておくべきです。 そして、頭の中だけではなく、口に出して話す練習をしておきましょう。 イメージトレーニングも大切ですが、 実際に言葉を発しておけば身体でも答えを覚えることができます。 積極的に口を動かして面接練習をしてください。 以上が、看護師が転職するときの面接でのポイントでした。 面接は緊張するかもしれませんが、落ち着いて練習の成果を発揮すれば問題ありません。 いつも通りにやれば、きっと 面接も突破できるでしょう。 面接についてもっと詳しく知りたいという人は、『』を読んでみてください。 しかし、「転職について、まだ上司に伝えれていない。。 」という人も多いはずです。 最後に、看護師の転職理由を上司に伝えるコツを見ておきます。 8.看護師の転職理由を上司に伝えるコツ 看護師の転職理由を上司に伝えるコツは、 今までの感謝の気持ちを全面に出し、建前を伝えることです。 職場を離れる際には、単に退職届を書けば良いだけではありません。 お世話になってきた直属の上司に転職することを伝える必要があるのです。 伝えたときに、退職予定日についても話し合い、退職届を提出します。 今思い返せば転職の火つけにもなってたのかも。 辛かったのは上司に伝える一瞬で、ちょっとの勇気と行動でずーっと嫌だ嫌だ死にたいって思ってた原因をなくせたんだ — りり bmylfvr 伝えにくいかもしれませんが、 伝えるのは一瞬なので、勇気を出して頑張るべきです。 その際に使う建前は、既にご紹介した以下からあなたが使いやすいものを選んでください。 結婚や出産、育児をするため• 体調が悪いため• 親族の介護があるため• 引っ越しをするため• 別の分野に移るため 退職届を受け取った上司があなたを気持ちよく送り出せるように、とにかく 感謝している態度で転職理由を伝えましょう。 そうすれば、 他の職場のスタッフも笑顔で見送ってくれるはずです。 まとめ 看護師が転職を考える理由は、人それぞれです。 多くの看護師は、 過酷な労働環境や職場の人間関係に不満を抱いたことによって転職します。 転職をするなら、転職理由である本音と建前をうまく使い分けながら、後悔しない転職を行いましょう。

次の

看護師の面接必勝マニュアル(よくある質問と模範解答例)

看護師 転職 面接 質問

時間厳守• 待っている時の姿勢・態度 時間厳守 時間厳守は社会人としてのマナーです。 時間10分前には必ず到着するようにしましょう。 そして、遅れる時は電話連絡をします。 遅刻したくない気持ちから、面接の時間よりもずいぶん早くに到着する方もおられますが、担当者が面接の用意をしながら、対応しなければならない状況になります。 早く着きすぎてしまった場合は、近隣で時間を潰しましょう。 服装・・・清潔な印象を大切です。 ベーシックスーツを着ていきましょう。 靴・・・かかとがあるパンプスがベター。 アクセサリー・・・派手なものやたくさんつけるなどは厳禁です。 化粧・・・ナチュラルメイクで、健康な印象になるように心がけましょう。 マニュキュア・・・職業上、良く思われませんので事前に取っておきます。 髪型・・・長い髪はまとめます。 派手なカラーリングの場合はトーンダウンしましょう。 待っている時の姿勢・態度 面接に行くと、担当者が来るまで会議室などで待たされることも少なくありません。 待っている間も気を抜かず、 マイナスな印象を与えないようにすることが大切です。 楽天リサーチのアンケート結果によると、しぐさや態度は一番採用担当者が重視していると言われています。 担当者が会議室に入ってきたら、 起立して、相手の顔を見て挨拶をしてから名前をハキハキと伝えましょう。 顔が担当者のほうを向いていなかったり、声が小さいと、やる気を疑われてしまいます。 看護師面接で決まって聞かれるテーマ対策• 志望動機:なぜ弊社に応募したのか• 看護観:なぜ看護師になろうとしたのかなど• 実務経験:看護師としての経歴• 勤務開始時期:いつから働きたいか• 質問:最後に質問はないか 志望動機 志望動機は、 応募先についてリサーチをしっかりと行い、どんなことがしたいのか、どんなところに魅力を感じて応募したのか、どんな風に貢献したいのかを具体的に答えると良いでしょう。 こんな 志望動機はNGです。 勉強したいから 企業は学校ではありません。 スキルアップよりも働く意欲• 待遇がいいから ウチより待遇がいいところがあったら辞めちゃうの?と思われます• 志望動機が漠然としすぎてる 面接の準備が全くできていない• 家から近いから 近ければどこでもいいのかと思われます• 面接官が応募者に対してチェックしているのは以下の点です。 周りの人と良い関係を保ちながら仕事ができるか• すぐにやめてしまわないか• 人のせいにしたり、不平不満を言いがちな性格でないか• 仕事に対して、甘い考えをもっていないか このようなことを事前にチェックするために、退職理由が聞かれますので、 ネガティブなことや愚痴になってしまうようなことは極力言わずに、やむを得ない理由をあげましょう。 看護観 特殊な職業なので、看護観はよく聞かれます。 看護観で聞かれるのは、「なぜ看護師になりたかったのか」とか、「看護師として大切にしていることは何か?」です。 これらの質問を通して、 あなたの看護師という仕事に対する思いや信念を見ています。 「なぜ看護師になりたかったのか」は、きっかけをまず簡単に答えましょう。 大きなことを言う必要はなく、本当のことを言ったらいいです。 ポイントは、そこから話を膨らませ、看護師の勉強を進めてきた過程で努力したことや苦労したこと、辛かったことを話し、それに対しあなたがどのように立ち向かってきたかを話すことです。 「看護師として大切にしていることは何か?」については、あなたが今まで病院のスタッフや患者さんと向き合ってきた結果どう思ったのか、具体的なエピソードをまじえながら話すようにするといいでしょう。 実務経験 前職での仕事内容がおもに聞かれます。 キャリアが長い場合は、前職だけでなく、今まで経験したことについて聞かれますので、あらかじめ、仕事でやってきたことや、できることを 質問されたら答えられるようにしておきましょう。 今までの仕事の成果、職場で果たしてきた役割、学んだことを具体的に話すことができるといいですね。 勤務開始時期 勤務開始時期は最後に聞かれることが多いです。 退職している人は、勤務が開始できる希望日を伝えます。 一方、今現在はほかで働いている場合は退職時期を伝えます。 勤務開始時期の目安は、 内定が出てから約1か月後ぐらいです。 勤務開始まで時間が空く場合には、健康保険・年金・税金の手続きに注意する必要があります。 必要な書類や自分で行わなければならないもの、手続きが遅れると損をするものもありますので、以下を参考に手続きを済ませてください。 <失業期間がある場合の注意点> 質問:最後に質問はないか 「最後に質問はないですか?」と聞かれます。 質問するとしたら、業務に関連することを質問しましょう。 事前に聞いておきたいことをまとめておくとスムーズです。 無理に質問事項をひねり出す必要はありません。 面接必勝マニュアルまとめ 一般的な看護師の面接について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?面接は 面接官がどういう人を採用したいのかを考えることが大切です。 「なぜこの質問をされるのだろうか?」と考えると、どんな人を採用したいのかがわかってきます。 でも、なかなか自分をうまくアピールできない人も少なくないですよね。 周りの人にとっては長所と言えるのに、それが自分では普通なので、自分の良さに気がついていなくて損をしている人も多いです。 面接指導を少し受けるだけでも、希望の企業に行くことができる可能性がグンと上がります。 面接指導は、看護師転職サイトで無料で受けることができます。 企業に合った受け答えや履歴書の書き方などの対策方法を知って、他の人よりも有利に転職を進めましょう。 [ , ] 当サイトでお申し込み数の多い転職サイト 看護のお仕事 病院との交渉お任せもありで、忙しい看護師さんにとって本当に嬉しいサービス。 当サイトお申し込み数1位。 対応エリアは全国。 看護師バイト・パート・派遣ならMCナースネット 看護師バイトや派遣系のお仕事であれば、ここで間違いなしです。

次の

【厳選13問】看護師の面接でよくある質問・回答例(解説付)|看護roo! 転職

看護師 転職 面接 質問

気になる項目をクリック• 1.【みんなの本音】看護師の転職理由10選 看護師の本音の転職理由は、以下のようなものがあります。 あなたも 看護師の転職をお考えなら、本音の理由があるはずです。 実は、転職を考えている看護師はあなただけではありません。 働いている看護師にも、 労働環境が悪いと悩んでいる人は多いです。 明日からまた仕事、しかも嫌いな日勤とリーダー続きだから行きたくない🙄人間関係がほんっとめんどくさくて職場の看護師と関わりたくないし早く辞めたい。 職場で信頼して相談できる人いないからずっともやもや — 水彩 suisai37 辞めたい理由を整理してみた。 ・キツイ、汚い ・不規則な生活 ・ナースコール多すぎ ・人工呼吸器多い ・コミュニケーションが難しい ・4年看護師してて、なんもできない ・疲れた。 ・仕事中の動悸、気分不快 ・休みの日も仕事のこと考えると鬱 ・ラダー教育が面倒 ・休みの日も仕事 — 愚痴垢 9oS2bprxuhWyup8 看護師しんどい。 辞めたい。 働くってこんなに辛いのかと思う。 私や他の新人がミスすると、ナースステーション行って大声でこんなことがあった、あり得ないよね~!とか言うのやめてほしいし、睨み付けないでほしいし、これだからゆとりは~とか私に言われても困るし、挨拶くらい返してほし(文字数 — 黒瀬まほ kuuurose 実際に看護師の労働環境は悪いケースが多いと考えられます。 さらに多くの看護師の悩みを知りたいなら、『』を読んでみてください。 「本当に職場が悪いのなら、そのまま理由として伝えても良いのかな?」なんて、思った人もいるかもしれません。 しかし、 本音の理由をそのまま伝えると、退職を拒まれるなどトラブルになりやすいです。 転職のためには建前の理由も知っておいたほうが良いでしょう。 2.【建前として使える】転職理由5選 看護師の建前の転職理由は、以下のようなものがあります。 5つの転職理由は、本音とは違うかもしれませんが 面接や履歴書で使いやすいものです。 建前の理由を使えば、周りと揉めずに転職しやすくなります。 実際に、 建前の理由を使ってやめている人は少なくありません。 ちょい古データだけど退職理由の1. 2位が出産、育児、結婚。 これ見ると看護師がどれだけ気を使ってるのかがわかる。 この理由は建前で、本音は下の人間関係や労働環境が原因でしょ。 根拠は退職してしまうというところ。 これがすべてを物語ってる。 魅力ある職場なら休暇をとりまた戻ってくるはずだから。 — ナースマンびび nursemanvivi 本音ではなく建前の理由で転職をするのは、周りの印象を良くするためです。 どうせ転職をするなら、 背中を押して応援してもらえるような転職を目指しましょう。 そのために、建前の理由を知っておけば必ず役に立ちます。 5つから自分で使えそうなものを選んで、覚えておいてください。 ただ、あなたの考えている転職理由はおかしいものではないので安心して大丈夫です。• 3.あなたの考えている転職理由はおかしくない! 「本音の転職理由を言ったらダメなんて、やっぱり自分が悪いのかな。。 」なんて、思った人もいるはずです。 しかし、建前の理由を言わなければならないのがおかしいくらい、あなたの転職理由は正当だと言えます。 なぜなら、客観的なデータとして 看護師の過酷な状況が示されているためです。 (引用:) 図のように、退勤して帰宅してから、ほとんど仮眠すらとれないまま再度出勤している人も多いです。 仮眠時間とれないとか、ありえないわ。 忙しいから当たり前とか、 昭和な考えやめてほしい。 — ばっこちゃん ナース pc82OylgBnvpqWw ここまでの過酷な状況が続くと、心身ともに壊れてしまいます。 そこで、さまざまな本音な理由が出てくるのです。 仮眠すら取れない職場で今後ずっと働き続けるのは難しいと考えられます。 したがって、 あなたが転職しようと思うのは間違いではありません。 「転職してもおかしくないなら、少しでも早く職場を変えよう!」と、思った人も少なくないでしょう。 しかし、すぐに転職するのではなく、 今の職場を離れる前に試しておいたほうが良いことがあるので見ておきます。 4.看護師が転職する前に試すべき3つのこと 看護師が転職する前に、以下の3つのことを試すべきです。 3つのことを試すことによって、転職をしたいと思っていた原因が解消される可能性があります。 そうすれば、 転職をせずとも悩みの解決が可能です。 それぞれについて、順番に確認していきましょう。• 4-1.ストレス発散をして冷静になる まずは、 ストレス発散をして冷静になりましょう。 看護師の休みは少ないですが、家で寝ているだけで休みが終わるということを繰り返しているのは良くありません。 何か自分のしたいことをしなければ、 ストレスは溜まっていく一方です。 もう看護師なんてやめたいなー。 不規則、残業、責任、 疲労とストレスにしかなんない。 自分なりのストレス発散を行い、 一度冷静な考えを取り戻してください。 4-2.笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試す 転職の原因に職場環境が少しでも関わっているなら、 笑顔で仕事をして人間関係が改善されないかを試しましょう。 看護師の仕事は忙しいので、ついつい無愛想なコミュニケーションになってしまいがちです。 相手のことを考えて笑顔で接する余裕がなければ、医療ミスの可能性も高まり心配事も増えます。 病院って、 何かがあって行くところだから、 受付の人や看護師さんがやさしかったら、 ホッとする😊 その笑顔とやさしい話し方 患者さんにとっては、 すっごい安心する😊 そんな人たくさんいると思う。 ありがとうございます🌸 — ぴよ piyoPIYO6I86l8 笑顔で優しく仕事をしていれば、患者さんはホッとします。 安心した患者さんばかりの 和やかな雰囲気なら、職場の他の看護師にも笑顔が増えるはずです。 したがって、笑顔で仕事をするように心がけてください。• 4-3.自らスキルアップの勉強をする 自分の待遇や給料などの評価に不満があるときは、 スキルアップの勉強をしましょう。 看護師としてスキルアップしたい — さんちゃん endxt 看護師としての能力を高めたいと思っている人は多いです。 スキルアップすることによって、転職したいと思った原因が解決する可能性があります。 しかし、看護師は忙しいので、現場での勉強しかできていないということになりやすいでしょう。 そうは言っても、医療は日々発達していきます。 たまには 家でゆっくり本やインターネットで新しい情報を学ぶのも大切です。 休みの日には、自らスキルアップの勉強をするようにしてみてください。 以上が、看護師が転職を考える前に行うべきことでした。 3つのことを行えば、心に余裕ができて転職しなくても済むかもしれません。 ちなみに、今は余裕があるから「なんやかんや、看護師の仕事が好きなんだよな」とかほざいてるけど、余裕ない時は、「くっそ。 こんな職場すぐ辞めてやる。 なんだあのくそばばあ。 」とか思ってる。 だって人間だもの。 ご紹介した3つすべてを行っても 考えが変わらないようなら、転職への行動を進めていきましょう。 具体的な転職時期を慎重に考えたい方は、『』を読んでみてください。 ここからは、看護師が転職する際の計画の練り方を見ていきます。 5.看護師が転職をするなら計画を練ろう! 看護師が転職をするなら計画を練る必要があります。 いくら今の職場が嫌だからといって、 急に辞めてしまうと次の職場探しも大変です。 看護師の募集自体は少なくありません。 しかし、準備もなしに転職を始めても、 あなたの求める職場を見つけることは難しいです。 転職を成功させるためには、自分が何を求めて転職するのかを明確にするところから始めてください。 今の職場で働きながら、不満な点や改善できそうな点を考えるのです。 自分が求めているものがわかったら、 希望を叶えられる適切な転職先を探しましょう。• 5-1.転職先を探すためには? 看護師が転職先を探すためには、 さまざまな転職サイトを利用することができます。 転職サイトに登録すると、転職エージェントの方から連絡がくるので、転職理由や希望条件など転職相談を行います。 そこであなたの希望に合った転職先を紹介してもらう流れになります。 複数転職サイトがありますが、転職サイトごとに大きな特徴というのは無く、転職エージェントである担当者に依存する事が多いのが実情です。 そのため転職を考えている段階で複数サイトを登録して、じっくり求人情報や担当者を見極める方が良いでしょう。 退職間近で余裕が無くなってから転職活動を始めると良い案件に巡り合えず、転職後に後悔する方も多いので、早めに準備していきましょう。 どんな転職サイトが良いのかは、複数ある転職サイトを調査した『』で紹介しております。 もし、あなたが看護師以外の職業を考えているなら『』も参考にしてください。 「希望の転職先を見つけたけれど、履歴書はどうしたら良いのだろう。。 」なんて、お悩みの人もいると考えられます。 ここで、看護師が転職するときの履歴書のポイントを見ておきます。 6.看護師が転職するときの履歴書での3つのポイント 看護師が転職するときの履歴書でのポイントは、大きく3つあります。 3つのポイントをおさえることが、履歴書選考突破への鍵です。 それぞれのポイントについて、簡単に見ておきましょう。 6-1.手書きでていねいに書く 履歴書は、手書きでていねいに書くべきです。 パソコンで作成してほしいという指定がない限りは、手書きにしたほうが良いでしょう。 手書きは書いている人の感情が文字に表れます。 ていねいに書いて、 あなたの誠実さや真面目さをアピールしてください。 6-2.空白は少なく熱意をアピールする 履歴書の空白は、最小限にするべきです。 空白が目立つと、熱意も少ないと思われてしまいます。 逆に、空白がほとんどないくらいギッシリと文字を書いていれば、志望度の高さを感じてもらいやすいです。 できるだけ空白が少なくなるように、 事前に文章を推敲してから清書してください。 特に、志望動機の欄はびっしりと埋めるくらいの気持ちが大切です。 志望動機について悩むようなら、『』を読んでみてください。 6-3.写真は明るい印象のものを選ぶ 履歴書の写真は、明るい印象のものを選ぶべきです。 少し笑顔で微笑んでいる写真なら、優しく仕事をしてくれそうな雰囲気を与えられます。 また、明るいところで撮った写真なら、性格も明るく、コミュニケーション能力が高い印象を与えやすいです。 写真はプロに撮ってもらった方が安心なので、 写真館で撮るようにしてください。 以上が、看護師が転職するときの履歴書での3つのポイントでした。 3つのポイントをおさえるだけでも、履歴書選考突破の可能性は高くなるはずです。 もっと多くの履歴書のポイントを知りたいなら、『』を読んでみてください。 履歴書で合格したら、次は面接が行われます。 面接は履歴書よりも緊張するという人も多いはずです。 続いて、看護師で転職するときの面接でのポイントを見ておきましょう。 7.看護師が転職するときの面接でのポイント 看護師が転職するときの面接でのポイントは、 事前によくある質問への対策をしておくことです。 例えば、以下のような質問がよく聞かれます。 志望した理由はなんですか?• なぜ転職したのですか?• 当院に来てから何をしたいですか?• 残業や夜勤はできますか?• 何か質問はありませんか? 以上のようなよくある質問については、事前に答えを用意しておくべきです。 そして、頭の中だけではなく、口に出して話す練習をしておきましょう。 イメージトレーニングも大切ですが、 実際に言葉を発しておけば身体でも答えを覚えることができます。 積極的に口を動かして面接練習をしてください。 以上が、看護師が転職するときの面接でのポイントでした。 面接は緊張するかもしれませんが、落ち着いて練習の成果を発揮すれば問題ありません。 いつも通りにやれば、きっと 面接も突破できるでしょう。 面接についてもっと詳しく知りたいという人は、『』を読んでみてください。 しかし、「転職について、まだ上司に伝えれていない。。 」という人も多いはずです。 最後に、看護師の転職理由を上司に伝えるコツを見ておきます。 8.看護師の転職理由を上司に伝えるコツ 看護師の転職理由を上司に伝えるコツは、 今までの感謝の気持ちを全面に出し、建前を伝えることです。 職場を離れる際には、単に退職届を書けば良いだけではありません。 お世話になってきた直属の上司に転職することを伝える必要があるのです。 伝えたときに、退職予定日についても話し合い、退職届を提出します。 今思い返せば転職の火つけにもなってたのかも。 辛かったのは上司に伝える一瞬で、ちょっとの勇気と行動でずーっと嫌だ嫌だ死にたいって思ってた原因をなくせたんだ — りり bmylfvr 伝えにくいかもしれませんが、 伝えるのは一瞬なので、勇気を出して頑張るべきです。 その際に使う建前は、既にご紹介した以下からあなたが使いやすいものを選んでください。 結婚や出産、育児をするため• 体調が悪いため• 親族の介護があるため• 引っ越しをするため• 別の分野に移るため 退職届を受け取った上司があなたを気持ちよく送り出せるように、とにかく 感謝している態度で転職理由を伝えましょう。 そうすれば、 他の職場のスタッフも笑顔で見送ってくれるはずです。 まとめ 看護師が転職を考える理由は、人それぞれです。 多くの看護師は、 過酷な労働環境や職場の人間関係に不満を抱いたことによって転職します。 転職をするなら、転職理由である本音と建前をうまく使い分けながら、後悔しない転職を行いましょう。

次の