横須賀 市 コロナ 情報。 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための駐車場閉鎖

新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

横須賀 市 コロナ 情報

新型コロナウイルス感染症に関する情報提供について 2020年4月4日) 11~14例目の横須賀市内に居住の新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 濃厚接触者の把握と健康観察等を実施し、感染拡大の防止を図ります。 1 新型コロナウイルス感染症による市内の患者確認について(11~14例目) 患者A概要(11例目) (1)性別:男性 (2)年齢:30代 (3)職業:米海軍横須賀基地従業員 (4)同居人:なし (5)症状、経過 3月30日から 嗅覚障害が出現 4月3日 本人から、帰国者・接触者相談センターに連絡があり、受診調整し、PCR検査実施 4月4日 PCR検査の結果、陽性が判明 現在も、嗅覚障害のみ (6)渡航歴:なし (7)感染経路:3月23日に陽性者 鎌倉保健福祉事務所管内 と市内の飲食店で飲食したことが感染経路と思われる。 (8)行動歴:3月28日まで出勤し、3月29日から自宅待機 (9)その他:通勤は、自転車を利用 4月4日に入院 日米の衛生当局間で、緊密に連携し、感染拡大防止に努めます。 患者B概要(12例目) (1)性別:男性 (2)年齢:30代 (3)職業:横浜市内に勤務する会社員 (4)同居人:有り (5)症状、経過 3月30日から 38度の発熱 4月1日 下痢症状が出現 4月2日 3月23日に患者A(11例目)と市内で飲食を一緒にしていたため、鎌倉保健福祉事務所から帰国者・接触者相談センターに連絡があり、受診調整し、PCR検査実施 4月4日 PCR検査の結果、陽性が判明 現在は、下痢と微熱があるが、軽症 (6)渡航歴:なし (7)感染経路:患者A(11例目)と同様 (8)行動歴:3月30日まで出勤し、3月31日から自宅待機 (9)その他:通勤は、自家用車を使用 勤務地の横浜市に情報提供予定 入院調整中 患者C概要(13例目) (1)性別:女性 (2)年齢:40代 (3)職業:東京都内のスーパー店員 (4)同居人:有り 14例目の患者Dと同居 (5)症状、経過 3月29日から 咳症状と微熱 4月2日 本人から帰国者・接触者相談センターに連絡があり、受診調整 4月3日 PCR検査実施 4月4日 PCR検査の結果、陽性が判明 現在は、腹痛があるが、軽症 (6)渡航歴:なし (7)感染経路:3月20日にすでに陽性者が発生している東京都渋谷区のライブハウス「ロフトヘブン」で感染した疑い (8)行動歴:4月2日まで出勤し、4月3日から自宅待機 (9)その他:通勤は、公共交通機関 勤務先及びライブハウス所在地の東京都に情報提供予定 入院調整中 患者D概要(14例目) (1)性別:女性 (2)年齢:60代 (3)職業:無職 (4)同居人:有り 13例目の患者Cと同居 (5)症状、経過 3月30日から 咳症状、倦怠感、関節痛と37度5分の発熱 4月3日 本人から帰国者・接触者相談センターに連絡があり、受診調整し、PCR検査実施 4月4日 PCR検査の結果、陽性が判明 現在は、微熱があるも軽症 (6)渡航歴:なし (7)感染経路:同居の13例目の患者Cから感染した疑い (8)その他:入院調整中 ご本人・ご家族のプライバシーの保護と人権の尊重にご理解と格段のご配慮をお願いします。 2 横須賀市立市民病院感染症病棟の再開について 市民病院感染症病棟の再開について、第3者機関である横浜市立大学付属病院の専門家に意見を求めたところ、同病棟の再開は可能との意見をいただきましたので、保健所も同様の判断をしました。 よって、4月4日から、同病棟を再開します。 3 市民の皆さまへのお願い 通常の感染予防対策(手洗い、うがい、咳エチケットなど)を励行してください。 換気が悪く人が密に集まって過ごす空間に集まることはできるだけ避けてください。 発熱などの風邪の症状がみられるときは、外出はできるだけひかえてください。 検索: 最近の記事• ブログバックナンバー• 3 モバイルサイトQRコード.

次の

新型コロナウイルス関連情報

横須賀 市 コロナ 情報

主要ニュース• 緊急事態宣言解除後の神奈川ビジョン・対処方針• - 神奈川県• - 神奈川県• - 神奈川県• - 神奈川県 公式情報• - 神奈川県• - 神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト• - 神奈川県教育委員会• - Kanagawa Prefectural Government 支援情報や各相談窓口• - 神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト• - 厚生労働省 神奈川労働局• - 神奈川県• - 神奈川県• - 神奈川県• - 神奈川県 オンライン診療に対応している医療機関• - Yahoo! 地図 診療については電話または医療機関のウェブサイトからお問い合わせください。 - 神奈川県 自治体からの情報 地域 選択.

次の

新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

横須賀 市 コロナ 情報

新たな客層を狙い、サブカルチャーなどを取り入れた観光振興 アズールレーン(以下アズレン)は、艦船 かんせん を擬人化した女性キャラクターを編成して敵と戦うRPGゲーム。 2017年5月に中国で開発され、日本ではYostarが同年9月から配信している。 Google Play 2017年ベストゲームにノミネートを果たし、2019年には同タイトルのアニメが日本で制作されTOKYO MXなどで放映されるなど、人気のアプリゲームだ。 Yostarは5月22日、アズレンと横須賀とのコラボレーションイベント「三笠大先輩のおうちで横須賀散策」をオンライン開催に変更して実施すると発表した。 期間は7月4日~8月31日の間、詳細は順次アズレン公式ツイッターより発表される。 アズレンと横須賀市のコラボイベントは、ことしで2回目。 1回目は、2019年4月6日~5月26日に「三笠大先輩の横須賀散策」を開催した。 企画を実施するにあたり、どういった背景・経緯があったのか。 J-CASTニュースは横須賀市にメールで取材した。 観光課の担当者はアズレンとのコラボの経緯について、 「横須賀市では、かねてより歴史や自然といった観光資源を目当てに来ていただく方が多いため、中高年の観光客が多いという事情がありました。 そこで、新たな客層の来訪を目的とした、サブカルチャーなどを取り入れた観光振興をかねてより実施しておりました。 『アズールレーン』については、艦船を擬人化したゲームであるとともに、日本遺産でもある世界三大記念艦『三笠』が横須賀市に現存していることをきっかけに、昨年度よりコラボすることとなりました」 と答えた。 横須賀市は海に面し自然豊かであるだけでなく、「ペリー来航の地」、「海軍航空発祥の地」といった歴史がある。 「三笠」は、横須賀市三笠公園に保存されている世界最古の鋼鉄戦艦。 1902年にイギリスで建造され、日露戦争で東郷平八郎司令長官が乗艦する連合艦隊の旗艦として活躍したことなどで知られる。 アズレンにも三笠を基にした同名キャラクターが存在し、ゲーム内では第二次世界大戦ごろの戦艦が多いため「三笠大先輩」として活躍する。 横須賀市「ここまで感謝されたイベントはなかった」 昨年イベントは、横須賀市の商店街などの街の人々からも好評だった。 横須賀市は、 「今までさまざまなイベントを実施してきましたが、ここまで感謝されたイベントはなかったと思います。 ファンとのコミュニケーションなど、各店舗も一緒になって楽しめたと思いますし、イベント終了後も足を運んでくださるファンの方々も多くいらっしゃいました」 とコメント。 さらに、「昨年ハロウィンの時期には商店街が主催となり、独自にコラボイベントを実施したりと、自発的なイベントも発生し、とても良い流れだったと考えています」と述べる。 三笠ビル商店街協同組合が主催となり、コスプレイヤーの誘致やキャラクターパネルの設置、声優などのトークショーが行われた。 しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、多くのイベントの自粛が求められた。 横須賀市は、「最後までオフラインでの実施を検討してきました」と明かす。 だが、「不安な気持ちを抱えながらのイベントは誰も楽しめないと思い、主催者であるYostarの担当者様と何度もオンライン会議を重ね、今回の実施が決定いたしました」と、多くの人々が楽しめるようにオンラインでの開催を決定した。 そして、 「オンラインになることで、『横須賀らしさ』をどのように打ち出していくかが課題ですが、それぞれの店舗で鋭意作成中ですので、楽しみにしていてほしいと思います」 と意気込みを語る。 「イベントに関わる全ての人たちと前向きに取り組めている」 今年のオンライン開催では、トークイベントのオンライン配信の、販売予定だった横須賀コラボグッズを期間限定でのオンライン販売、ユーザー参加型のコンテストイベントなどを開催予定だ。 コラボグッズの一部は、5月20日に協力店舗のウェブサイトで発売された。 販売されているのは、「横須賀三笠商店街カレー」2個と「三笠大先輩 光るソフトストラップ」がついた、三笠大先輩カレーセット。 カレーは記念艦三笠の力強さをイメージした黒に仕上げ、あさりを具材として採用している。 この三笠大先輩カレーセットは現在、菊秀刃物店、ミリタリーショップ横須賀三笠本店、Colette by miuraでオンライン販売されている。 商店街などの街の人々からは感謝の声も届いていると、横須賀市は述べる。 「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ここ数ヶ月は我慢の時が続いており、そんな時にこのイベントの話がありました。 今回は、主催のYostar様が負担してくださる部分が多く、商店街の皆様からは感謝の声が届いています。 『オンライン』という新しいステージでのイベントに向けて、各店舗や商店街の皆さまにも様々な準備を頂いております。

次の