山形 女医 殺人 動機。 山大生加藤紘貴の殺人事件

茨城女子大生殺人事件は援交だった?!真相がヤバイ!

山形 女医 殺人 動機

スポンサーリンク 山形女医殺害事件の概要 この事件は、矢口智恵美さんが住む自室内で、上記時刻に矢口さんの弟(40歳代)が室内で倒れている人が居ると110番通報し、その後の捜査で遺体の身元が矢口智恵美さん本人であった事が分かったという内容です。 また、死因については司法解剖を実施し、『打撲による頭蓋内損傷』であった事が分かりました。 これを受けて山形県警は、何者かが矢口智恵美さんの自宅に侵入した後、なにかで矢口智恵美さんの頭部を強打した上、殺害したと見ていて、殺人事件を視野に入れて捜査を開始しています。 なお事件前から、矢口さんからの警察への生活に対する相談を受け付けた経歴はないとの事です。 おぞましい事件内容に衝撃を覚えますが、亡くなられた矢口智恵美さんについてもう少し詳しく見て行こうと思います。 スポンサーリンク 矢口智恵美さんのクリニックを特定! 今回矢口さんが女医であった事、そして医者という職業の中でも眼科の専門医であった事などから、クリニックを割り当てる事が出来ました。 矢口智恵美さんが勤めるクリニックの名前は 『矢口眼科クリニック』さんです。 こちらが矢口眼科クリニックの位置と、実際の写真です。 そしてこちらが実際の写真です。 診療内容と主な治療内容は、白内障をメインに治療しているクリニックで、医師は矢口智恵美さんただ一人だということです。 また、矢口智恵美さんの身元が特定されるまでの間、事件の事を知らない受診患者は予定通りクリニックに足を運んでいたという事です。 また、女性医師という事もあり、口コミでは 『子供の診察をお任せする際に、女性の先生だから子供が怖がらないで診察を受けてくれます。 』 『本当に優しい先生で、いつも親切に診察してくれます。 』 と患者からの信頼は厚かったようです。 それだけに、今回の事件は本当に残念で仕方ありませんね。 スポンサーリンク 矢口智恵美さんのTwitterやFacebookは 矢口智恵美さんのお名前でTwitterやFacebookを検索してみましたが、同姓同名の方のアカウントが複数あり、特定する事は出来ませんでした。 今後捜査の進捗により、報道機関を通じて顔写真などの公開がされる可能性はありますので、引き続き追って見ていきたいと思います。 また、Twitter上では、矢口智恵美さんのご冥福をお祈りする声が多数投稿されていました。 まとめ 犯人が逮捕されていないだけに、とても怖いニュースですよね。 また、第一発見者である弟さんが、その姿を見て実の姉である事を把握出来なかったとの事ですから、遺体は相当に損傷されていたのか、はたまた死後かなりの時間経過があったのか、いずれにしても、ご家族のお気持ちもお察しし、謹んでご冥福をお祈り致します。 それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

山形県女医殺人事件 山形大加藤紘貴を逮捕 矢口智恵美さんを殺害

山形 女医 殺人 動機

加藤紘貴の動機 50歳で1人暮らしの眼科医の女性が自宅マンションで何者かにより殺害された山形女性医師殺人事件ですが、事件発覚から約3週間後に意外な人物が犯人として逮捕されました。 犯人の名は加藤紘貴。 山形大学の4年生で23歳の男性です。 被害者の自宅マンションから直線で約20㎞ほど離れた地域に1人で住んでおり、犯行当日も電車で犯行現場に行き来していたことが明らかになっています。 現時点では被害者が経営する眼科医の患者名簿にも加藤紘貴の名前はなく、二人の接点が見つかっていないとの事ですが、犯行の動機は一体何だったのでしょうか? こちらが彼の顔画像です。 これまでの捜査で明らかになっている加藤紘貴の行動は以下の通りです。 2019年5月19日 日 の早朝午前5時 彼は電車で自宅から約20㎞離れた被害者の住むマンションに向かいました。 そしてマンションに着いた彼は3階に上がり、廊下をうろつき、 複数の部屋のインターホンを鳴らすなど怪しい行動をとったあと、そのまま被害者の部屋がある2階に下ります。 2階でも同様に他の部屋のドアを開けようとしたり室内を覗くなどしてうろついた後、被害者の部屋に入っていったそうです。 このとき ドアをこじ開けるような素振りはしていませんでした。 鍵がかかってなかった? そしてほどなくして、彼は被害者の部屋から立ち去り、また電車で自宅に帰宅。 この一部始終が防犯カメラの映像に残されていたため、彼の存在が捜査線上にあがり逮捕に至ります。 被害者は 部屋に置いてあったゴルフクラブのパターで頭部を複数回殴られ、頭蓋内損傷で死亡していたとのことですが、加藤紘貴の動機はどのようなものなのでしょうか? 被害者の部屋だけでなく、マンションの他の部屋にも侵入を試みていたということは、 空き巣や強盗目的だったのでしょうか? それにしては殺害に使った凶器も自ら用意していたわけでもありませんし、日曜の朝5時に空き巣や強盗をしようと思うのも不可解です。 その時間帯なら普通は、部屋で寝ている人が多いでしょうから、彼は最初から金品が目的じゃなくて女性に乱暴することが目的で、部屋を物色していた可能性もあります。 どっちにしても、普通なら下見するなり何なりして襲う部屋とターゲットを事前に決めると思うのですが、どうなのでしょう? それと一部では、 被害者がママ活をしていたのではないか?と推測している人もいます。 ママ活とは、女性側が若い男に金銭を援助して色々してもらうような行為ですが、二人はこういう間柄だったのでしょうか? 確かに、もし万が一、ママ活の間柄だったのなら、「 朝5時に玄関の鍵をあけておくから入ってきていいよ」というやり取りがあったとしても不思議ではありません。 ですが、それならそれで警察は二人の接点を携帯やパソコンなどから簡単に見つけることが出来るでしょうから、 被害者がママ活をしていた可能性はかなり低いと思うのですがどうなのでしょう? 加藤紘貴は現時点は動機について何も供述しておらず、彼は容疑を否認しているとのことです。 いくら容疑を否認しているからといって、被害者が前日の夜に元気だった時から翌日遺体で発見されるまでの間に、ベランダ含め部屋に入ったのが加藤紘貴だけなら状況的に彼が犯人なのは間違いないですよね。。。 山形大学の人文学部に通う彼は、事件翌日の5月20日も平然と大学の授業に出席しており、その後もパッと見は普通通り過ごしていたとのことですから驚きです。 加藤紘貴は今後どうなるのでしょうか。 加藤紘貴の今後 山形女性医師殺人事件の犯人として逮捕された加藤紘貴ですが、 現時点では被害者との接点も不明で動機も明らかになっていません。 彼は容疑を否認しているとのことですが、今後どうなるのでしょうか? 被害者の室内に金品などが奪われた形跡がなかったため 強盗殺人の罪ではなく、殺人と住居侵入容疑とのことです。 3週間も経って満を持して警察が逮捕に踏み切ったということは、容疑を裏付けるような物的証拠もおそらく既にあるのではないでしょうか? 現時点ではまだ色々と不可解なことが多い、この事件ですが、加藤紘貴の動機が判明次第、また追記したいと思います。 被害者のご冥福をお祈りいたします。

次の

茨城女子大生殺人事件は援交だった?!真相がヤバイ!

山形 女医 殺人 動機

<加藤紘貴>についてわかっていること• 年齢:23歳• 職業:大学生(山形大学人文学部4年生)• 住所:山形市東原町1丁目 加藤紘貴は2018年の10月から2019年3月まで大学を休学していたといいます。 そして4月から復学、その1ヶ月後に今回の事件があったわけです。 半年の休学は何のためだったのでしょうか。 そして復学後1ヶ月で彼はなぜこのような事件を起こさなければならなかったのでしょう。 被害者の眼科医<矢口智恵美さん>とは接点なし?! 報道では殺害された眼科医の矢口智恵美さんと加藤紘貴は接点がなかったと言われています。 ですが本当にそうでしょうか? 学生で、住んでいる山形市からわざわざ30キロ離れた東根市に行き、たまたま矢口さんの住んでいたマンションを選び、たまたま矢口さんの部屋を選んで侵入し、ゴルフのパターで激しく殴り、殺害したのでしょうか。 金に困って、留守だと思って強盗目的で侵入したら実は在宅で騒がれたからそうなってしまったのでしょうか。 それとも室内を物色しているところに矢口さんが帰宅したからパニックになり殺害したのでしょうか。 テレビの報道でパターで殴っているので怨恨ではない、と誰かが言っていたのですが、「え?」と思いました。 むしろ素手で首を絞めて殺害した方がパニックになってやってしまった感がある、のではないでしょうか。 パターで頭蓋骨が陥没するほど殴った、これは怨恨以外のなにものでもないのではないでしょうか。 警察の所見では矢口さんは頭蓋骨以外に手の指も激しく損傷していたということで、殴られながら頭をかばおうと必死に手で頭を覆っていたのだと思われます。 頭をかばっている相手を執拗に何度もゴルフのパターで殴り続ける加藤紘貴の姿を思い浮かべると、強い殺意しか浮かんできません。 本当に怖いです。 けれども全く接点がなかったのだとしたら、加藤紘貴は、場当たり的な、やけっぱちとも言えることをしただけだったのでしょうか。 金に困って、人生を投げていたのでしょうか。 または、精神疾患があって、突発的に人を殺したくなり、殺害する相手は誰でも良かったのでしょうか。 矢口智恵美さんは独身貴族? 被害者の矢口智恵美さんは50歳の眼科の開業医です。 患者さんからの評判も良く、明るくテキパキ仕事をこなす有能な女医さんだったということでした。 開業医ということで、生活にはある程度余裕があったと思われます。 以下は想像です。 矢口さんは医師としての仕事に邁進し、充実した生活を送ってきたけれども、出会い系で出会いを求めてもいた。 そしてたまたま出会ったのが加藤紘貴だった。 いわゆるママ活という、あれですね。 あるいは たまたま居酒屋で近くに居合わせた加藤紘貴と何気なく言葉を交わしたのが縁でそこから付き合いが始まった。 といっても親子ほど年が離れていますので、矢口さんは軽い気持ちで付き合っていたのかもしれません。 それに反して加藤紘貴は本気になり、のめり込んでいった。 困った矢口さんに軽くあしらわれ加藤紘貴が逆上し犯行に至った。 いわゆるストーカー殺人の線です。 または とにかく何かしらの出会いのあと、お互い了承の上での金でつながる類いの関係が始まり、金に困っていた加藤紘貴が矢口さんの自宅を訪れ金の無心をしたが断られ、逆上して犯行に至った。 または あまり考えられないと思いますが、ふたりの付き合いの中で矢口さんが2浪して山形大学に入った加藤紘貴を軽く見ていた。 バカにされていると思っていた加藤紘貴がある日ついにキレて犯行に至った。 想像ここまで。

次の