豚丼 いまい。 旨い店はタクシー運転手に訊け! 『豚丼いまい』の“熟成豚丼”にどハマりする理由

【豚丼レシピ】プロ直伝「調味料の黄金比」で外さない!

豚丼 いまい

豚肉をご飯に乗っけるだけ! シンプルにして豪快な料理・豚丼。 私(中澤)は、ほぼ吉野家か松屋くらいでしか豚丼を食べたことがない。 手軽さや気軽さが豚丼の魅力だと思うからだ。 とある昼下がり。 フラッと『大阪王将』に入ったところ、メニューに「豚丼」の文字が! 大阪王将の豚丼とは一体……? 不審に思いながらも注文してみたところ、コイツがとんだ食わせもの。 そう、 ご飯を無限に食わせてきやがったのである! ・大阪王将での豚丼のポジショニング 入った店は、新宿2丁目にある大阪王将新宿店。 職場に近いため、よく行く店である。 だがしかし、豚丼があるなんて知らなかった。 なぜなら、王将に行く時はチャーハンや餃子など、 食べるものが決まっていることが多い。 そのため、他のメニューは無意識にスルーしがちである。 豚丼を発見した時も、注文しようかどうか迷いに迷った。 だって、チャーハンとか餃子食べに来てるし……。 ・燃え上がる記者魂 いや、私は仮にもロケットニュース24の記者である。 ここは、 同様の理由で一歩を踏み出せない人たちに豚丼の味をお伝えするべきではないだろうか? というわけで、注文してみた。 ・キター! すぐに運ばれてくる『王将豚丼(税込680円)』。 大阪王将の大きめの丼に盛られた 肉・肉・肉の山……見た目のスタミナ感は十分であり、かつ 王将らしい豪快さも醸し出している。 味はやっぱり中華風味なんだろうか? 食べてみたところ…… 肉、柔らかッ! 噛むたびに「ジュワ……」とあふれ出す肉汁が口に広がる。 さらに、タレの味は甘辛いにもかかわらず、吉野家や松屋より引き締まった味で、思わずご飯をかき込んでしまう。 ウメェ! だが、本当の衝撃はこの先にあった。 米の粒が立ちまくっているのである。 総立ちだ。 全校集会だ! 1人も「やすめ」をしていない!! これは米の種類だろうか? それとも炊き加減だろうか? それとも気持ちだろうか? いずれにしても、白飯が他の店より格段にウマい。 ・丼ものの命 べチャッとした米が苦手な私にとって、 丼ものの命は米の粒立ちである。 そういった意味で、この『王将豚丼』のタレ、肉、米のバランスは絶品だ。 肉とご飯、バッツリ大きめのネギとご飯、そして、タレとご飯……全ての組み合わせでご飯が止まらねーーーーーーーーー! ガツガツとご飯を食わされてしまった。 とんだ食わせものである。 なお、後で知ったのだが、 この豚丼はどうやら店舗限定メニューのようだ。 メニューにない店も多いため、もし気になった方は、まず最寄りの大阪王将で展開されているかを確認してみよう。

次の

豚丼 いまい

豚丼 いまい

今までにないタイプの「豚丼」とは? 「豚丼」(特)1,050円。 サイズは3つで、並は750円、大は900円 店内に入ると券売機があります。 メニューは「豚丼」と「豚丼マントル」という2種類のみ。 豚丼への情熱が伝わってくるシンプルなラインナップです。 まずは基本となる「豚丼」を注文することにしました。 卓上にあった説明書きを見ると、「いまいの豚丼は、1杯の中に、ヒレ、肩ロース、バラ、モモロースなどさまざまな部位が入っている」「飛騨高山の味噌と北海道産の醤油を使った特製ダレで豚肉を熟成させている」とのこと。 出来上がるまでご主人の調理の様子を眺めて過ごします。 味噌が焼ける香りが店内に立ち込め、しばらくすると私の「豚丼」(特・1,050円)が登場しました。 しつこくなりがちな豚丼を、軽く感じさせるタイプです 肉を一切れつまむと、それは豚バラ肉。 脂もほどよく抜けていて旨みがじわり! 続いてもう一切れ。 こちらはヒレ肉。 分厚くて、噛むとサックリ柔らかく噛み切れます。 さらに肩ロースも厚めで、タレがよく沁み込んでいて、こちらもふんわり。 といった具合に、つまむたびに肉の部位が違い、食感も脂の旨み具合も違って、飽きがこないんです。 また、照り焼き風の甘いタレとは一線を画し、甘すぎず、味噌や醤油の絶妙なコク、熟成による深み、そして少し焦げた部分の香ばしさが際立ちます。 肉とごはん、ごはんと肉といった具合に食べ進んで、特盛りもあっという間に完食。 もう1杯食べられそうなくらいです。 今年32歳になるというご主人の関盛尋斗(ひろと)さんに声をかけてみると、「1つの丼でいろいろな部位を味わえるようにするため、千葉県産の豚を一頭買いしているんです」とのこと。 また、それぞれの部位を一番美味しく、あっさり食べられるようにと、ミリ単位で大きさを変えて手切りしているんだそうです。 特製ダレと豚肉を合わせ、約3日熟成させているそうです。 お肉の柔らかさの秘密は、鉄板で蒸し焼きのようにふっくら焼き上げるから いやはや、まだお若いご主人ですが、非常に計算された味で、最後まで飽きのこないように作られている。 「素晴らしい!」と拍手したくなるような気持ちになってしまいました。 そこで日を置かずに再訪したんです。 「豚丼 マントル」(並)880円。 唐辛子、ニンニク、くるみ、カシュナッツやピーナッツなど13種類の食材を、それぞれ適度な塩梅にフレーク状にして、調味料を加えて乾煎りしているんだそう。 素材の大きさも変えてあるので、食感が楽しい マントルが熟成ダレで焼き上げた豚肉と組み合わさると、まさにマンモス級の美味しさです。 豚丼といい、マントルといい、これまで全く食べたことのないタイプの豚丼に出会って、すっかりお気に入り店になってしまいました。 ご主人の関盛さん。 前職はイタリアンの料理人だったそうです。 だから飛騨高山のお味噌を使用しているんですね。 ともあれ、人生を賭けた至極の「豚丼」、ぜひ食べてみてください。

次の

【豚丼レシピ】プロ直伝「調味料の黄金比」で外さない!

豚丼 いまい

【当店看板メニュー】豚丼マントル• 並 880 円 大 1,030 円 特 1,180 円• 並 750 円 大 900 円 特 1,050 円• 放し飼い玉子 卵黄分け機は、スタッフまでお申し出ください• 1個 100 円 2個 200 円• 特製豚汁 季節野菜入り• 180 円• 豚汁3点セット• 330 円• 飯増し• 60 円• お新香盛り• 100 円• 味噌汁• 50 円• 3点セット (玉子、味噌汁、お新香)• 200 円• お飲物メニュー.

次の