サツマイモ 土作り。 農家が教えるサツマイモの栽培方法 大きいイモがゴロゴロとれる育て方とは?

サツマイモの育て方!栽培時期や苗の選び方・土作り・植え付け方のコツを紹介

サツマイモ 土作り

タグ 100均 アイデア アガベ アガベ・アテナータ アスパラガス アテナータ アデニウム アラビカム アルテシマ アレンジ アロエ アンスリウム インテリア インリア ウンベラータ オーガスタ おしゃれ おすすめ オベスム オリーブルッカ ガーベラ ガジュマル カバー カビ カポック かわいい グッズ コツ コンシンネ サボテン サンスベリア サンスベリアスタッキー シマネトリコ ストック ストレリチア セローム タイミング デリシオーサ ドラセナ トリミング ナギ ナス ハーブ パキラ パリー ひまわり フィカス フィカス・ウンベラータ フェニックス プミラ プランター ブルースター プレゼント ベンジャミン ポイント ポトス ポニーテール ポポラス ホヤ メダカ メリット モンステラ やり方 ユーカリ ユッカ リメイク レイアウト ロストラータ 一番花 不夜城 乾燥 予防 作り方 使い方 便利 保存方法 冬 冷蔵庫 処分 切り戻し 初心者 判断方法 別れ・旅立ち 剪定 原因 収穫 土 地植え 増やし方 変色 多年草 多肉植物 天日干し 失敗 失敗しないコツ 室内 害虫対策 害虫策 家庭菜園 対処 対処法 対処法・対策 対策 尊敬 幸福の木 庭 恋愛 感謝 手作り 手入れ方法 手順 挿し木 掃除 支柱 支柱の立て方 新芽 方法 方法・手順 日光 時期 本物 枯れる 枯れる原因 栄養素 株分け 根腐れ 栽培 栽培方法 植え方 植え替え 植木 植物 業者 気根 水やり 水槽 水温 水耕栽培 水草 水草トリートメント 水草の役割 注意点 温度 準備するもの 特徴 玉ねぎ 理由 環境 生ゴミ 畑 留守 目安 種 種まき 種類 種類や特徴 稲 穴がない 米 繁殖 置き場所 肥料 育て方 育て植え方 花 花を咲かすコツ 花壇 花束 花柄摘み 花粉 茄子 落ち葉 落とし方 葉 葉が茶色 葉っぱ 葉挿し 薬剤 虫 観葉植物 迷惑 追肥 造花 道具 違い 選び方 金鯱 鉢 鉢植え 長持ち 風水 飾り方 黄色• ベランダなどで手軽に出来るプランター栽培が人気ですが、どんな野菜が栽培出来るのでしょう。 実はサツマイモもプランターで栽培出来るのをご存知でしょうか? サツマイモといえば、日が当たる広くて通気性のよい土地で育つというイメージがあると思いますが、プランターでの栽培も出来るのです。 しかもサツマイモの栽培にはあまり手がかからないといいます。 是非プランターで栽培してみませんか? 早速プランターでの栽培のやり方を紹介します。 プランターの大きさや土、良いサツマイモ苗の選び方をご覧ください。 サツマイモ苗の植え付けの方法や水やりなども確認しておきましょう。 自分で育てたサツマイモは格別美味しく感じることでしょう。 サツマイモはプランターでも栽培できます。 苗の選び方から確認 秋になると食べたくなるのは、サツマイモですよね。 自然な優しい甘みがとても魅力的で、スイーツにも料理にも使いやすい食材です。 そんなサツマイモを自分で育ててみたいなと思った事はありませんか? 根菜なのでお庭が無いと無理だと思われる方も多いのですが、サツマイモもプランターで栽培することができますよ。 ここではサツマイモをプランターで育てる方を順を追ってご紹介しましょう。 まずは、苗選びからです。 サツマイモは5~6月が植え付け時期ですから、お店によって多少異なると思いますが、4月頃から店頭に並びます。 サツマイモの苗を初めて見るとびっくりすると思います。 一般的な苗はポットに植えられていますが、サツマイモの苗は「さし苗」と言われる苗から切った弦を切り取ったものです。 サツマイモの苗を購入する時に最も重要なのは、「ウイルスフリー」と記載されている苗を購入することです。 サツマイモはウイルスに感染すると収穫量が減ってしまうので、ウイルスにかかりにくい苗を選びましょう。 また、サツマイモは節から出る根が大きくなって芋になるので、節の多い苗のほうが収穫が期待できます。 サツマイモのプランター栽培に最適な大きさと土作り サツマイモは根菜類ですから、プランターで栽培する時には、幅が60cm以上ある大型のタイプで深さのあるものを選びましょう。 また、大型で深型であれば、鉢でも栽培が可能ですよ。 サツマイモを育てるときの土は、初心者なら市販の培養土が手軽でおすすめです。 袋を開けたらすぐに使うことが出来ますよ。 自分で作る時には、赤玉土、堆肥、腐葉土、バーミキュライトを4:3. 5:1. 5:1の割合で配合します。 そこに石灰と化学肥料も混ぜ合わせます。 サツマイモは窒素が多いとつるボケすると言われ、カリウムが芋の肥大に関わると言われます。 窒素・リン酸・カリウムをサツマイモに合わせて配合された肥料を使うのもおすすめです。 土作りの作業は植えつける2週間以上前に行ってくださいね。 早速プランターにサツマイモを植え付け。 栽培方法を紹介 必要なものが揃ったら、早速植え付けです。 ですがその前に、サツマイモのさし苗の植え方は3つあります。 水平植え…大きいさし穂に向いています。 活着は少し難しいですが、芋は付きやすいです。 斜め植え…マルチ栽培に向いています。 芋の数は少ないですが、活着は良いです。 垂直植え…小さいさし穂に向いています。 形の良い芋を早く収穫出来ます。 プランターの場合には、水平植えか斜め植えがおすすめです。 サツマイモの植え付け手順• バケツに水をはり、さし苗を入れて2時間以上浸して吸水させます。 プランターに培養土を入れ、上部3~5cmに小粒赤玉土を入れます。 短い棒などを使い、土に押し当てて3~5cmの溝を作ります。 苗の先をプランターの縁にのせ、2~3節が土から出るように、溝に苗を寝かせます。 土をかけて、軽く押さえましょう。 その上に、小粒赤玉土を3cm程被せて、葉っぱの付け根が土に着くようにします。 土の上部を小粒赤玉土にすると、通気性が良くなるので発芽しやすくなりますよ。 また、植え付け前に2~3日程度日陰で萎れるまで放置して乾燥させてから、水を吸わせると、さし苗が親弦から離れたことを自覚して発根しやすくなります。 プランターでのサツマイモ栽培の時の水やりについて プランターにサツマイモの苗を植え付けたら、次は管理が大切になります。 植物の管理でもっとも重要なのは水やりです。 サツマイモは、メキシコ原産の野菜なので、乾燥を好みます。 そのため、あまり水やりは必要なく、露地栽培なら雨だけで十分なくらいです。 苗を植え付けたら、はじめの1~2週間は水を必要とするので、毎日水やりを行いましょう。 2週間ほどすると根がしっかりとしてくるで、根付いて成長が活発になったら水やりは控えて乾燥気味に育てるようにしましょう。 水の与えすぎると病気になってしまうので、注意してくださいね。 プランターで育てる時には、弦返しを行うようにしましょう。 弦返しは根を張り始めた弦を持ち上げて、株元以外の根を引き剥がすことです。 弦を放置していると、節々から発根してして根付いてしまい、必要以上の養分を吸い上げてしまうのです。 弦返しは水やりの時など、気づいたときに行いましょう。 サツマイモの植え付けや収穫の時期 どの様な植物でも、グングンと成長する時期があります。 サツマイモの品種や地域によって少し異なりますが、気温が暖かくなってくる5月~9月くらいです。 そのため、サツマイモの植え付けは霜の危険のない5月上旬~6月末頃が良いでしょう。 苗が活着するとサツマイモはグングンと成長します。 そして、収穫時期が近づくと葉っぱが黄色く枯れてきます。 収穫は植え付けから約4ヶ月後が目安ですが、あまり焦る必要は無く10月~11月くらいまで様子を見ても大丈夫です。 ただし、霜が降りるとサツマイモが傷んで腐ってしまうので、その前に収穫しましょう。 サツマイモの育てやすい品種を紹介します サツマイモをプランターで育てる方法は、想像出来ましたか? 初めてサツマイモのを育てる場合には、できるだけ育てやすい品種が良いですよね。 育てやすいサツマイモの種類 育てやすく食味が良いと言わるのは「高系14号」という品種です。 耳慣れない名前ですよね。 鳴門金時• 紅さつま• 土佐紅• ことぶき• 千葉紅• 五郎島金時 など 販売される時には、この様な名前で並んでいます。 鳴門金時などはとても有名ですから、ご存知の方も多いのではありませんか? サツマイモには他にも沢山の種類があり、最近では実が黄色い物や、皮の白いものなどもあります。 どの品種のサツマイモを選んでも、比較育てやすいので安心です。 好みの品種があれば、そのサツマイモで栽培してみましょう。 サツマイモは初心者でも失敗の少ない野菜ですから、ぜひ挑戦してみてくださいね。

次の

藤田智監修・サツマイモの育て方

サツマイモ 土作り

土づくり 植え付けの1週間前まで 栽培スペースは今回60cmの畝幅で作業します。 サツマイモは酸性の土壌を好むので 不要に苦土石灰などをまく必要はありません。 土壌酸度によって苦土石灰の量を調節をします。 pH5. 0未満 100g• pH5~6. 0 50g• pH6. 0以上 不要 の苦土石灰を1平方メートルあたり、まきよくたがやす。 植え付け当日 栽培スペース全体に• 完熟牛ふん堆肥 3L• 化成肥料 30g• 草木灰 100g を1平方メートルあたりまき良く耕します。 化成肥料をまきすぎると「つるぼけ」がおこり つるや葉ばかりが育ってしまいます。 ですがカリ分が不足するとイモが太らないので それを補うために草木灰をまきましょう。 良く耕したら、高さ30cm程度の かまぼこ型の畝を立てます。 サツマイモは乾燥には強いですが 加湿には弱いため 畝の高さを高くして、通気性を良くします。 畝を立てたら黒マルチを張りましょう。 地温が上がることで初期育成が良くなります。 マルチを張ったら支柱などを使って 30cm間隔で植穴をあけていきます。 地面に対して45度程度の角度をつけ 深さ約30cm程度まで支柱をさして植穴をあけます。 植え付け サツマイモは挿し苗から育てます。 植穴に差し苗をさし込みます。 葉っぱはすべて外に出るように差し込み 苗の4分の3程度植えます。 植え付け後、ハス口を付けたジョウロで たっぷりと水をやります。 つる返し サツマイモのつると葉は 気温が上がっていくにつれてどんどんと 茂っていきます。 他の野菜の栽培スペースへ 邪魔をするようであれば つるを地面から引きはがし 畝の上へまとめておきましょう。 収穫 葉っぱが黄色くなったら収穫の目安 霜が降る前に収穫しましょう。 つるの生え際をつかむ部分(約10cm)を残して切り取ります。 マルチをはがしてから 畝の外側からスコップなどで掘り起こし 残しておいたつるを持ち、イモを引き出します。 土中にイモが残っていないかよく探しましょう! 掘り出したサツマイモはそのまま2時間程度乾燥させてから 保存しましょう。 収穫してから2~3週間たつと でんぷんが糖にかわり、甘味が増します!.

次の

サツマイモの栽培方法!家庭菜園やプランターでもできる簡単美味しい作り方!

サツマイモ 土作り

サツマイモ畑の様子。 苗(ツル)は、大きなホームセンターなどで購入することができます。 手に入らない場合は、種イモから自分で苗を作ることも可能です。 小さめのコンテナに種イモを1つ植え付けると、ツルが何本も伸びてきますので、ある程度の長さになったら、先端から5~6節あたりの長さで切り取って苗とします。 植え付けの際には、元肥などの肥料は必要ありません。 肥料が効きすぎると葉ばかりが繁ってしまい、イモが育たなくなってしまうからです。 前に何か作物を育てていた後に植え付ける場合は、そのときの肥料が残っている場合もありますので、注意しましょう。 土をよく耕し、風通しの良い高畝を作っておけばOKです。 サツマイモ栽培1【植え付け】 サツマイモは、1株でも広範囲に広がる作物です。 地植えの場合:畝の高さは30cm程度、株間は30~40cm、畝と畝の間は70cm~1mほどとります。 鉢植えの場合:深めのプランターを準備。 長方形のプランターなら1~2株、直径30cm程度の円形プランターなら1株が適量です。 植え付けは、ツルの茎の部分を土にさすだけでOK。 植え付け直後と、2~3日後の2回、水をたっぷり撒くと、活着率が高まります。 サツマイモ栽培2【手入れ】(基本放任でOK) しっかりと根付けば、植えつけてから数日後にはツルが伸び始めます。 根が活着しさえすれば、水やりは必要なく、放任でOKです。 こうなると、葉の生育は旺盛になるのですが、葉が過剰に茂りすぎて、肝心のイモに養分が行かなくなってしまうという弊害もあります。 そこで、伸びたツルの先端に生えはじめた根を見つけたら、随時、引っこ抜くようにしましょう。 これを「ツル返し」といいます。 サツマイモ栽培3【収穫時期】 収穫時期のサツマイモの様子。 実際には、試掘りをして、大きさを確かめてみましょう ツルの茎が紫色になってきたら、収穫時期です。 試し掘りをしてみて時期を見極めるか、少しずつ収穫しながら生育を楽しんで、10月後半になったら、一気に掘り上げるという方法もあります。 掘り上げる際には、イモに傷がつかないよう、手で掘るようにします。 プランターで育てている場合は、シートなどの上にひっくり返して、余分な根や土を取り分けます。 サツマイモ栽培4【貯蔵方法】 サツマイモは、収穫したてよりも1カ月ほど寝かせたほうが、甘味が増しておいしくなります。 また、傷や水がついていると傷みやすいです。 傷がついているものは、早めに食べるようにしましょう。 それ以外のものも水洗いはせず、土を落とした状態で風通しの良い場所に置き、1日ほど乾かします。 乾いたイモは、1つ1つ新聞紙で包みます。 そして通気口をあけた段ボールか発泡スチロールの箱に入れ、冷暗所に置いておくと、長期保存が可能です。 サツマイモ栽培5【病害虫とその予防法】 ほとんど手のかからないサツマイモですが、病害虫の被害に遭うこともあります。 代表的なものを以下にまとめてみました。 また、茎やイモに黒い斑点が出る場合もあります。 <予防法> 立枯病の病原菌は、「糸状菌」といってカビの一種です。 被害部をみつけたらなるべく早く切除し、枯れ落ちた葉や蕾も拾い集めて処分することで、それ以上菌が広がることをおさえられます。 また、ネギ科植物の根に共生する拮抗菌が「立枯病」の病原菌を抑える効果があるので、コンパニオンプランツとして、近くにニンニクやネギを植えるのもおすすめです。 <予防法> 植え付け前に、畑の土を天地返しし、これらの虫がいないことを確認します。 発見した場合は、その場で駆除します。 また、これらの害虫は、水はけの悪い土に発生しやすい傾向にあるので、植え付け前に土の水はけを良くしておきます。 さらに、マリーゴールドにはセンチュウを抑制する効果があるので、コンパニオンプランツとして近くに植えておくのもおすすめです。 人気のサツマイモ、安納芋を栽培することも可能! ねっとりとした独特な触感と甘味が特徴の安納芋 「安納芋」というサツマイモの品種、聞いたことがありますか? 糖度が高く、焼き芋にすると、ねっとりとした独特の触感があり、スイーツにも加工されるなど、とても人気があります。 これは種子島を代表するサツマイモの品種で、「幻の品種」と言われたりすることも。 この安納芋、個人で栽培することは可能なのでしょうか? 答えは、イエス。 「安納芋」は、平成25年までは登録品種苗として、種子島でのみ栽培が認められていて、他の地域で栽培することはできませんでした。 ですから、以前は手に入りづらかったのですね。 しかし現在では、大きなホームセンターや通販で、わりと手軽に苗を手に入れることができるようになりました。 ただし、「安納芋は種子島産が一番おいしい」という意見もあります。 その理由は、種子島の特有のミネラル豊富な土壌にあるようです。 自宅で育てた安納芋と、種子島産の安納芋を食べ比べてみるのも面白いかもしれません。 国内で生産されているサツマイモには、40あまりの品種があります。 代表的な「鳴門金時」や「紅あずま」の他に、カロチンが豊富な「ハマコマチ」や「隼人芋」、スイーツなどにも使われる、紫いも系の「アケムラサキ」や「パープルスウィートロード」など、通常の野菜売り場では見かけない品種の苗も、最近はネット通販などで少量から手に入れることが可能になってきました。 水やりも必要なく、ほとんど手間いらずのサツマイモ。 屋上菜園や自宅から離れた市民農園などでの栽培にも向いていますね。 作りやすく収穫量も多いため、初心者にもおすすめです。 【関連情報】•

次の