このアプリは現在の地域では。 NHKニュース・防災アプリの設定と使い方!無料で災害情報を見るには?

この曲は現在、この国または地域では入手…

このアプリは現在の地域では

少し詳しく説明しましょう。 1の場合は、 言い換えるとアップ主が指定した以外の国(この場合は日本)では見れないようにしたということです。 特に商業放送の場合、 権利者は国ごとで異なることが少なくないため、限られた国向けのライセンスしか持たないアップ主であれば、 権利の及ばない国には動画を配信できないことになります。 また権利関係の怪しい動画の場合、 C国で違法とは言えない動画がJ国では著作権違反になり訴えられる可能性があります。 そんな 危険を避けるためにJ国では動画を見れないように指定する場合でしょう。 2の場合は、たとえば A国では適法な桃色めいた動画はJ国では違法となるため、アップ主があえて指定していなくても YouTubeのほうで気を利かせて 動画を見れないようにする、ということが考えられます。 見れないYouTube動画を見られる国があることはわかりました。 しかし、わざわざ数分の動画を見るためだけに韓国や台湾に旅行するのは現実的ではありません。 そこで 利用するのがIPアドレスの偽装です。 「偽装」というのはいささか人聞きが悪い言葉ですが、たとえば日本に直接通販してくれない荷物を代わりに購入して転送してくれる通販代行業者のように、 視聴制限のない国のIPアドレスを経由して動画のデータを転送する方法です。 YouTubeの視聴制限は、どこからのアクセスなのかを、動画データのリクエストのIPアドレスから得られる地域データによって行われています。 したがってYouTubeの手に渡るIPアドレスが視聴可能な地域のものでありさえすれば、ブロックされることなく動画を見られるようになるというわけです。 スマホでYouTubeの 地域制限を解除して動画を見るには、やはり プロキシサーバを利用することになります。 お勧めはiPhoneでもAndroidでも利用できる TunnelBear VPNです。 無料で使えるのは月に500MBまでという制限はありますが、月に数回程度YouTubeの ブロック動画を見るために利用するだけなら十分なデータ量でしょう。 また、全面的に無料だったり格安だったりするプロキシサービスでは、ユーザーデータを他者に販売される可能性がありますが、 TunnelBear VPNは個人情報のデータを取らないことをポリシーに謳っており、これらのプロキシサービスに比べると 比較的安心できます。 YouTube動画が地域制限によって見れない場合の対応方法は以上です。 プロキシを利用してIPアドレスを偽装することで地域制限を回避して動画を見られますし、プロキシを上手に利用することで、なんらかの危険を感じるサイトへのアクセスの際に、あなたのIPアドレスを隠蔽することも可能です。 ですが プロキシの利用はいいことばかりでもありません。 プロキシサーバ経由でデータをやりとりする以上、どうしても 接続速度は遲くなってしまいます。 またプロキシサービス側で、 プロクシ経由のデータを収集される危険性もあります。 そこまでいかずとも、あなたの IPアドレスなどの情報を第三者に販売されることも考えられます。 こうした メリット、デメリットを考え合わせ、うまくプロキシと付き合って、 楽しいYouTubeライフをお送りください。

次の

テンセントクラウド会議アプリ国際版緊急開通、100の国と地域を結ぶ 中国 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

このアプリは現在の地域では

もくじ• ニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』とは? 速報通知が最も早いニュースアプリ このアプリの特徴として「プッシュ通知のタイミングが一番早い」ことが挙げられます。 そのスピードの速さは筆者測定で 「ヤフーニュース」や「スマートニュース」よりも早く、しかも通知本文内に要件が短くまとめられているため、1回の通知で内容を素早く理解することができます。 新型コロナ感染マップ等、新型肺炎関連の情報が充実 また、昨今ほぼすべてのニュースを埋め尽くしている「新型コロナウィルス」に関するニュースも網羅する中で、NewsDigestオリジナルの 「新型コロナ感染マップ」が、「どこで」「どのような」感染が発生しているかを知るのに非常に役立ちます。 地域設定で身近な情報をこまめに通知してくれる また、アプリインストール直後に自動的に設定される自分の住居地域に応じた個別通知配信は、目まぐるしく変化する今回のウィルス騒動に対して、地域ごとの速報をいち早く伝えてくれます。 行動範囲が著しく制限される今回のコロナ禍において、 「身近などの場所で何が起こったのか」を伝えてくれるツールとして非常に重宝することができます。 こちらはそもそもこのアプリから通知を受け取るために必要な承認になりますので 許可をタップします。 この設定にて、NewsDigestより継続的な速報通知を受け取ることができます。 『新型コロナウィルス最新感染状況マップ』の見方 このアプリの現時点ではメインに機能と言っても過言ではない、 「新型コロナウィルス最新感染状況マップ」では、 Googleマップのような操作感で感染発生場所とその詳細を確認することができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の細かい通知設定 このアプリの最大の特徴である「速報通知」ですが、その設定を細かく変更することが可能です。 もしこの「NewsDigest」のアプリを「コロナ感染に関する情報収集」のためにインストールした場合は、スポーツ・芸能・エンタメ関連のニュースはオフにしておくことで、余計な情報をシャットアウトすることができます。 基本的には見られた回数が多かったニュースを最大1日4回受け取ることができます。 受け取る必要が無い時間帯があるようでしたら、こちらの任意の時間帯をオフにしておきましょう。 iPhoneに表示させるNewsDigest通知の設定を変更する方法 通知の内容についてはNewsDigestの設定内で変更することができますが、iPhoneの画面上に情報を出す、という方法は端末設定を変更する必要があります。 この設定にて、通知受信時に記事タイトルが画面上に表示されるようになります。 『NewsDigest』の地域設定 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」における地域設定はアプリ起動当初に行うことになります。 この設定にてNewsDigestから現在地点の速報を随時受け取ることができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の画面解説 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」では主に「ヘッドライン」「速報」「ライフライン」の3つのページが存在しています。 それらの画面内表記や使い方をそれぞれ解説します。 各ニュースのカテゴリはタブで分けられており、表示されている以外のジャンルのニュースを閲覧するにはタブ表示部分を右方向にスワイプすることで確認することができます。 このページではコロナ関連のニュースの他にその他エンタメなどの速報も含まれて表示されます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、コロナ危機で存在感を増す、ニュースアプリの中で、爆速の通知を速報として送ってくれるニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の詳細・使い方・設定変更方法をご紹介させていただきました。 まだまだ余談を許さない状況。 正しい情報を素早く取得して、自らの行動に反映させてくださいませ!.

次の

【ポケモンGO】現在実装されている地域限定ポケモン一覧。今年の夏イベントでも出現か?

このアプリは現在の地域では

もくじ• ニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』とは? 速報通知が最も早いニュースアプリ このアプリの特徴として「プッシュ通知のタイミングが一番早い」ことが挙げられます。 そのスピードの速さは筆者測定で 「ヤフーニュース」や「スマートニュース」よりも早く、しかも通知本文内に要件が短くまとめられているため、1回の通知で内容を素早く理解することができます。 新型コロナ感染マップ等、新型肺炎関連の情報が充実 また、昨今ほぼすべてのニュースを埋め尽くしている「新型コロナウィルス」に関するニュースも網羅する中で、NewsDigestオリジナルの 「新型コロナ感染マップ」が、「どこで」「どのような」感染が発生しているかを知るのに非常に役立ちます。 地域設定で身近な情報をこまめに通知してくれる また、アプリインストール直後に自動的に設定される自分の住居地域に応じた個別通知配信は、目まぐるしく変化する今回のウィルス騒動に対して、地域ごとの速報をいち早く伝えてくれます。 行動範囲が著しく制限される今回のコロナ禍において、 「身近などの場所で何が起こったのか」を伝えてくれるツールとして非常に重宝することができます。 こちらはそもそもこのアプリから通知を受け取るために必要な承認になりますので 許可をタップします。 この設定にて、NewsDigestより継続的な速報通知を受け取ることができます。 『新型コロナウィルス最新感染状況マップ』の見方 このアプリの現時点ではメインに機能と言っても過言ではない、 「新型コロナウィルス最新感染状況マップ」では、 Googleマップのような操作感で感染発生場所とその詳細を確認することができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の細かい通知設定 このアプリの最大の特徴である「速報通知」ですが、その設定を細かく変更することが可能です。 もしこの「NewsDigest」のアプリを「コロナ感染に関する情報収集」のためにインストールした場合は、スポーツ・芸能・エンタメ関連のニュースはオフにしておくことで、余計な情報をシャットアウトすることができます。 基本的には見られた回数が多かったニュースを最大1日4回受け取ることができます。 受け取る必要が無い時間帯があるようでしたら、こちらの任意の時間帯をオフにしておきましょう。 iPhoneに表示させるNewsDigest通知の設定を変更する方法 通知の内容についてはNewsDigestの設定内で変更することができますが、iPhoneの画面上に情報を出す、という方法は端末設定を変更する必要があります。 この設定にて、通知受信時に記事タイトルが画面上に表示されるようになります。 『NewsDigest』の地域設定 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」における地域設定はアプリ起動当初に行うことになります。 この設定にてNewsDigestから現在地点の速報を随時受け取ることができます。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の画面解説 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」では主に「ヘッドライン」「速報」「ライフライン」の3つのページが存在しています。 それらの画面内表記や使い方をそれぞれ解説します。 各ニュースのカテゴリはタブで分けられており、表示されている以外のジャンルのニュースを閲覧するにはタブ表示部分を右方向にスワイプすることで確認することができます。 このページではコロナ関連のニュースの他にその他エンタメなどの速報も含まれて表示されます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、コロナ危機で存在感を増す、ニュースアプリの中で、爆速の通知を速報として送ってくれるニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の詳細・使い方・設定変更方法をご紹介させていただきました。 まだまだ余談を許さない状況。 正しい情報を素早く取得して、自らの行動に反映させてくださいませ!.

次の