大阪 マスターズ 陸上。 マスターズ陸上の魅力・始め方・費用・芸能人

マスターズ陸上の魅力・始め方・費用・芸能人

大阪 マスターズ 陸上

NPO法人 東京マスターズ陸上競技連盟(以後、東京マスターズ)が主催、主管する競技会のスケジュール表を見るには要項・日程・記録ボタンをクリックします。 この表から各大会の要項及び記録を参照することができます。 詳細はスケジュール表をご覧ください。 2018年度以前の記録を見るにはボタンをクリックして下さい。 開催されるいろいろな大会に参加するには、先ず会員登録が必要になります。 新規会員登録される方はをご覧ください。 継続、再登録登録される方はをご覧ください。 既に登録済みの方は、大会参加申し込みの手順(登録申込案内)を参照していただくとともに大会要項で申し込み方法をご確認ください。 大会申込用紙は、郵便局の「払込取扱票」に直接お申し込み内容を記入して頂きます。 詳しくは各大会の大会要項をご覧ください。 NPO東京マスターズ指定の振込用紙をお持ちで無い方は、郵便局備え付けの用紙(青色)を用いて納入してください。 口座番号及び加入者名は、次の通りです。 口座番号 00150-8-177406 加入者名 NPO法人東京マスターズ陸上競技連盟 なお、用紙の通信欄に 会員登録の場合は「会員登録」と記入し、 競技会参加の場合は参加する競技会名を 記入して下さい。 会員サービス向上の一環としてランキング表を作成します。 東京マスターズ陸上競技連盟が主催する、陸上競技会の競技種目を掲載しています。 掲載されている競技種目で、他の競技会の記録は応募された方の記録を掲載します。 ランキング表に掲載を希望する方は応募方法に従い応募してください。 多くの方の応募をお待ちしています。

次の

京都マスターズ

大阪 マスターズ 陸上

宮根誠司が2015年の目標として、大阪で 100m走 1位になることを宣言! 2月6日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」の中で宣言してました。 さすがに街頭で聞かされた待ちゆく人たちも失笑。 1位を取るといっても、同年代で競うマスターズでの話だが、それでも自分も陸上をやっているだけにその無謀さは分かる。 宮根誠司は、現在51歳。 マスターズで言うと、M50に分類されるのだが、M50世代のトップは12秒中盤から後半あたりのタイムで走る。 しかし、宮根誠司と言えば、自分のタイムを把握していない、「15秒くらい?」と言っていた。 本当に15秒台であれば、3秒程度縮めなくてはならない。 短距離をやっている選手であれば、この3秒がどれほどのものか直ぐに分かるだろう。 距離にすると25mくらいにはなる。 フルマラソンで25m分のタイムを縮めるのは簡単だが、100m走で25m分のタイムを1年以内に縮めるのは不可能に近い。 100mのタイムを15秒半から12秒半に縮めるのは、フルマラソン4時間半の人が3時間半まで縮めるのに匹敵する。 むしろそれ以上だと思う。 更にそれを約半年でやらなければなない。 半年というのは、下記にも書いているがマスターズの日程があるからだ。 ただ、短距離素人の方が現状のタイムを縮める可能性を秘めているのも間違いない。 また、宮根誠司は昨年2014年の目標は、東京マラソン4時間半切りを目標とし、結果4時間16分5秒で走っている。 陸上経験の無い人がこのタイムで走れるのは、素晴らしいと思う。 目標を持ってチャレンジすることは良いことで、否定はしないし、むしろ応援する。 本当に1位取ることができたのなら周囲を見返せるのは間違いない。 他府県参加の人も含めると更に上のタイムになる。 第63回大阪マスターズ記録会では、世界記録にチャレンジと称して武井壮もリレーで参加していた大会ですね。 大阪マスターズ陸上競技選手権大会の方は、5月開催なので今からでは確実に間に合わない。 よって、必然的に大阪マスターズ記録会の方で、宮根誠司は狙ってくる? 私も、大阪マラソン、神戸マラソンの抽選にはずれれば、大阪マスターズ記録会にでるつもりだが。 それから色々な種目に手を出し今に至っています。 高校生に混じって走ることもあり、冷ややかな視線を感じることもありますが、若さを吸い取っていい刺激になります。 上記のような平凡なタイムでも十分楽しめるので同世代のおやじさん達も一緒にどうですか?.

次の

今年度の競技会案内

大阪 マスターズ 陸上

宮根誠司が2015年の目標として、大阪で 100m走 1位になることを宣言! 2月6日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」の中で宣言してました。 さすがに街頭で聞かされた待ちゆく人たちも失笑。 1位を取るといっても、同年代で競うマスターズでの話だが、それでも自分も陸上をやっているだけにその無謀さは分かる。 宮根誠司は、現在51歳。 マスターズで言うと、M50に分類されるのだが、M50世代のトップは12秒中盤から後半あたりのタイムで走る。 しかし、宮根誠司と言えば、自分のタイムを把握していない、「15秒くらい?」と言っていた。 本当に15秒台であれば、3秒程度縮めなくてはならない。 短距離をやっている選手であれば、この3秒がどれほどのものか直ぐに分かるだろう。 距離にすると25mくらいにはなる。 フルマラソンで25m分のタイムを縮めるのは簡単だが、100m走で25m分のタイムを1年以内に縮めるのは不可能に近い。 100mのタイムを15秒半から12秒半に縮めるのは、フルマラソン4時間半の人が3時間半まで縮めるのに匹敵する。 むしろそれ以上だと思う。 更にそれを約半年でやらなければなない。 半年というのは、下記にも書いているがマスターズの日程があるからだ。 ただ、短距離素人の方が現状のタイムを縮める可能性を秘めているのも間違いない。 また、宮根誠司は昨年2014年の目標は、東京マラソン4時間半切りを目標とし、結果4時間16分5秒で走っている。 陸上経験の無い人がこのタイムで走れるのは、素晴らしいと思う。 目標を持ってチャレンジすることは良いことで、否定はしないし、むしろ応援する。 本当に1位取ることができたのなら周囲を見返せるのは間違いない。 他府県参加の人も含めると更に上のタイムになる。 第63回大阪マスターズ記録会では、世界記録にチャレンジと称して武井壮もリレーで参加していた大会ですね。 大阪マスターズ陸上競技選手権大会の方は、5月開催なので今からでは確実に間に合わない。 よって、必然的に大阪マスターズ記録会の方で、宮根誠司は狙ってくる? 私も、大阪マラソン、神戸マラソンの抽選にはずれれば、大阪マスターズ記録会にでるつもりだが。 それから色々な種目に手を出し今に至っています。 高校生に混じって走ることもあり、冷ややかな視線を感じることもありますが、若さを吸い取っていい刺激になります。 上記のような平凡なタイムでも十分楽しめるので同世代のおやじさん達も一緒にどうですか?.

次の