インフルエンザ 予防 接種 副作用。 インフルエンザ予防接種の副作用は?要注意の症状と確率は?

インフルエンザの予防接種の効果は?副作用はあるの?

インフルエンザ 予防 接種 副作用

予防接種の副作用とは? あなたは、インフルエンザの予防接種を受けたときに、 注射したところが 赤く腫れた事はないですか? あれは、 予防接種の副作用 副反応 だと言われています。 私が予防接種を受けた時にも赤く腫れました。 注射跡が赤くなったり、腫れたり、痛くなるのは、 副作用の代表的な症状です。 このような症状は、インフルエンザワクチンに対して、 体がちゃんと反応して起こるもので、 抗体が作らている証拠です。 どの症状も軽いものがほとんどで、2、3日で治ります。 その他には、発熱、頭痛、全身がだるくなるなども 副作用の症状として言われてます。 これらの症状は、ワクチンとは関係ない風邪の場合もあるので、 一概には副作用とは言えないですが2、3日で収まることが多いです。 一般的にインフルエンザの予防接種の副作が出る確率は、 10~20%だと言われています。 10人に注射すれば1人か2人は副作用が 出ることになります。 殆どの副作用が先程説明したような軽度で、 3日程度で収まる様な症状ばかりです。 予防接種の効果についてはこちらを参照してください。 なので、予防接種をした事が原因で、インフルエンザを、 発症することはないです。 大抵は、ある意味正常な反応で軽度な副作用がでるくらいですが、 ごく稀に 重度の副作用が出る時があります。 こんな症状が出たときは注意が必要です。 スポンサーリンク 注射跡の腫れが広範囲 通常は、注射跡が赤くなったり、腫れたりするのは、 ごく狭い範囲です。 しかし、稀に広範囲で腫れる人がいます。 腫れが 肘や肩を超える場合は、ワクチンに対して、 過剰なアレルギー反応の可能性があるので、 すぐにお 医者さんで受診してください。 呼吸が苦しくなった 呼吸が苦しくなったり、じんましんが出たり、 意識がレベルが下がる、嘔吐や吐き気などの症状が、 出たら 要注意です。 アナフィラキシーの可能性があります。 アレルギー反応が原因で起こる症状で、予防接種の、 直後から30分以内で急激に進行します。 アナフィラキシーはインフルエンザワクチンだけではなく、 ほとんどの薬の副作用に書かれています。 アナフィラキシーとは、 アレルギーの過剰反応が原因です。 スズメバチに2回刺されると命に関わると 聞いたことないでしょうか? あれはスズメバチの毒に対して抗体が出来て、2回目刺された時に、 過剰反応して、最悪の場合は死に至ります。 これがアナフィラキシーです。 インフルエンザワクチンでも同じ様に、 アナフィラキシーが出ることがあります。 特に危険なのが 卵アレルギーの人です。 ワクチンを作る過程で鶏の卵を使いますので、 成分に鶏卵のタンパク成分が残っています。 卵の成分で以前に アナフィラキシーショックを 起こしたことがある人は 予防接種を受けない方が、 良いでしょう。 スポンサーリンク 両手両足に力が入らない 手足に力が入らなかったり、呼吸ができなくなると、 ギランバレー症候群の可能性があります。 接種後 1~3週間経ってから症状が出ます。 ギランバレー症候群になると、手足がしびれて感覚がなくなり、 呼吸がしにくくなり呼吸困難になることもあります。 時間をかければ回復する事が多い病気ですが、 神経内科などの専門医療で治療が大事です。 予防接種後1~3週間後に手足のしびれを感じたら、 神経内科で受診しましょう。 最後に どんなワクチンや薬には多少の副作用があるようです。 インフルエンザの予防接種も例外ではなく、副作用はありますが、 軽度の症状がほとんどですね。 しかし、重度の副作用が起きることも事実で、 実際に 死亡例もあります。 副作用が嫌で予防接種を受けたくない人は、こちらを参考にしてくださいね。 初めまして、こんばんわ。 2日前の夜にインフルエンザの予防接種をしました。 ワクチン接種後、2~3時間あたりでフラフラして気分が悪くなりました。 吐き気がある訳ではなく、なんとなく気持ちが悪い感じです。 あまり動き回らず座って過ごすと症状が治まりました。 次の日は休みだったのもあり出歩かず家でゆっくり過ごしました。 そして今日、夕方位からまたふらつきが出てきて気持ち悪くなりました。 座ってるのもつらく、文字を読み書きするのが苦痛です。 7年ほど前から予防接種受けてますが、今回のようなのは初めてです。 こういった症状も副作用でしょうか? ちなみに毎度のことですが、接種部位は赤く腫れあがり熱を帯びています。 喘息持ちですが、今までワクチンによって喘息がでたことはありません。 って言う事はありません。 また、予防接種をしなくても、かからない人はかかりません。 そして、最近では、予防接種に効果がないという意見まであり、正直、どうすれば良いのかと悩みますよね。 あくまでも自己責任でお願いしたいのですが、私が過去に副作用で入院したとしたら、おそらく受けないと思います。 ただ、私は、医療関係者では無いので、医学的にどうこうは言える立場ではありませんし、受けた方がいいか、受けない方がいいのか?さらに、過去の入院が副作用が原因かも判断できないと言うのが本音です。 なにとぞ、ご自愛ください。

次の

インフルエンザワクチンの水銀・チメロサールの影響 [予防接種・ワクチン] All About

インフルエンザ 予防 接種 副作用

インフルエンザの予防接種を赤ちゃんが受けることについて インフルエンザは、一度かかっても同じシーズンにまた違う型にかかったり、 毎年かかったりすることもありますが、脳炎や肺炎をおこしやすいため、 予防接種を受ける事で重症化を防ぐことが出来ると聞くと安心ですよね。 だからといって生後間もない赤ちゃんにとっても 同じかと言うとそうではありません。 1歳未満の赤ちゃんは母親からの免疫が期待できるということ、 また、厚生労働省によると予防接種によって免疫をつけることが難しいので、 赤ちゃんではなく、その保護者が予防接種を受けることが望ましいのだとか。 生後6か月未満の赤ちゃんは予防接種を受けられませんが、 6か月以上過ぎると受けられます。 欧米では6か月から24か月未満の乳幼児は インフルエンザの重症化率が高いと報告されていて、 ワクチン接種による予防が望ましいと考えられています。 米国などでは1歳未満の赤ちゃんにも接種を勧めています。 インフルエンザの予防接種って赤ちゃんが受けて効果があるの? 「インフルエンザの予防接種を受ければ、100%インフルエンザにかからない。 」と言う物ではありません。 インフルエンザワクチンは、感染を防ぐことはできません。 インフルエンザへの免疫をつけることで予防したり、 かかっても重症化するのを防いだりすることができますが、 予防効果はほかのワクチンと比べるとそれほど高くなく、 ・子どもの場合は、A型が30~50%程度で、B型はさらに低くなります。 ・6歳未満の子は20~30%、1歳未満ではさらに効果が低く10%未満になります。 これほど効果が低いのに他の予防接種とのタイミング・間隔の開け方・副作用の心配をしながら 受けるべきなのでしょうか?疑問に思いますよね。 ・1歳~6歳の乳幼児に関しては、ワクチンの有効率が20~30%と低かったようです。 ということは、1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けたからといって、 完全に防げるというわけではないってことですよね・・・ しかしよく考えると、大人だってインフルエンザは、 新型やA型、B型、C型など毎年流行する型が違っているから、 予防接種を受けたからと言って必ずしもからないというわけではないですよね。 予防のために任意で打っているのですから。 赤ちゃんにとって100%予防できなくても、 予防接種はインフルエンザの感染を少なくする効果があることが認められています。 また、インフルエンザは老人と乳児がかかると重症になることも明らかになっています。 そして、インフルエンザは自然発生的に赤ちゃんが発症するものでは決してないのです。 いつから受けられる? インフルエンザの感染が心配なお母さんにとって、 いつ頃から赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けられるか、 気がかりなところではないでしょうか。 インフルエンザの予防接種を受けられるのは、 赤ちゃんが生後6ヶ月を過ぎてからになります。 ちょうどその頃にインフルエンザが流行するようなら、 念のため受けさせておいた方が安心かもしれません。 ただインフルエンザの予防接種が任意接種となっている理由として、 1歳未満の赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせても、 免疫をつけることが難しいため、 充分に効果が発揮されない可能性があるということがあります。 これは、厚生労働省の新型インフルエンザ対策推進本部事務局が発表している見解で、 1歳を過ぎてからの接種でも充分だと言えるでしょう。 生後6ヶ月~1歳までの間に、 赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまうのではないかと心配になる方もいらっしゃいますが、 実際に予防接種を受けていなくてもインフルエンザにかかる赤ちゃんはとても少ないのです。 それは、お母さんからたくさんの免疫をもらっていることが関係しています。 母乳で育てられている赤ちゃんの場合、 お母さんから毎日免疫や抗体を栄養と一緒に受け取っているため、 風邪やインフルエンザにかかりにくくなっているのです。 しかし、 離乳食がスタートすると母乳を飲む機会は減っていきますし、 ミルクで育てられている赤ちゃんは免疫が少ないため、感染が心配になります。 感染が不安で、赤ちゃんがまだ生後6ヶ月を過ぎていない時期なら、 家族が予防接種を受けると良いでしょう。 一緒に住んでいる家族がきちんとインフルエンザを予防しておくことで、 赤ちゃんへの感染の危険性を少しでも減らすことができます。 予防接種の内容、回数 赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受ける場合、 具体的にどのような流れで接種していくのでしょうか。 大人の場合、インフルエンザの予防接種は1回で終わりますが、 赤ちゃんの場合2回に分けられて行われます。 赤ちゃんは、まだいろんなウィルスに触れている経験がないため、 1回の接種では不十分になるからです。 1回目の予防接種から4週間前後の間隔をあけて、 2回目の予防接種を受けることで、初めて効果が得られるのです。 インフルエンザの予防接種を受けると、他の予防接種を受けられないこともあるため、 お医者さんと一緒に予防接種のスケジュールをしっかり立ててから、実行するようにしましょう。 一緒に受けられない予防接種 インフルエンザの予防接種は不活化ワクチンと呼ばれる種類なので、 接種後1週間が経過すれば、他の予防接種も受けることができます。 ただ、麻疹や風疹など生ワクチンと呼ばれる種類は注意が必要です。 生ワクチンの場合、 インフルエンザの予防接種後、少なくとも4週間の間は他の予防接種を受けられなくなります。 生後1歳を過ぎて予防接種を受ける場合は、 麻疹や風疹と、インフルエンザのどちらが流行しているか調べ、 予防接種の優先順位を決めるようにしましょう。 どれを優先すべきかわからない場合は、 お医者さんに相談するとその時期に流行している病気を調べてくれます。 予防接種はタイミングが重要ですので、感染する前に終えておくようにしましょう。 気になる副作用について 赤ちゃんがインフルエンザに感染しないために 予防接種を受けることは大切ですが、忘れてはいけないのが副作用の存在です。 予防接種を受けることで副作用が強く出て、逆に体調を悪くさせてしまうこともあります。 インフルエンザのワクチンには 鶏卵が含まれているため、 卵アレルギーがある赤ちゃんは副作用が強く出る可能性があるので注意が必要です。 もし赤ちゃんに卵アレルギーがあった場合、 アナフィラキシーショックの副作用が出てくることがあります。 具体的な症状としては、 蕁麻疹、発疹、口腔の痺れ、脳炎、脳症、痙攣、運動障害などが現れるでしょう。 離乳食がまだスタートしていない時期の赤ちゃんは、 どんな食べ物にアレルギー反応が出るかわかりません。 もし、お父さんやお母さんが卵アレルギーを持っている場合、 赤ちゃんにも遺伝している可能性があるので、 予防接種を受ける前にチェックしておいた方が良いでしょう。 また、生後6ヶ月くらいの赤ちゃんだと、 離乳食をまだスタートしていない場合もあります。 母乳やミルク以外の食べ物を口にしていない場合は、 お医者さんと充分話し合い、アレルギー検査を行ってから接種を決めるようにしましょう。 まとめ このように、赤ちゃんのインフルエンザ予防接種についてさまざまな情報をご紹介しました。 予防接種は生後6ヶ月から受けることができますが、 アレルギーや免疫の効率を考えると1歳を過ぎてからでも充分です。 また、インフルエンザの予防接種には副作用もありますので、 赤ちゃんが卵アレルギーを持ってないか 事前にチェックしておくと安心でしょう。 インフルエンザの予防接種に関する知識を深め、 赤ちゃんの健康を第一に守ってあげてくださいね。

次の

インフルエンザ予防接種の副作用は大人も?症状は?対処法は?

インフルエンザ 予防 接種 副作用

もくじ• 予防接種の副作用の症状は? 比較的よくあらわれる副作用 接種した部位(局所)の発赤(赤み)・腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)発熱、頭痛、悪寒(寒気)、下痢、倦怠感(だるさ)などがあらわれる場合があります。 インフルエンザワクチンは副作用の少ないワクチンではありますが、ワクチンに対するアレルギー反応で、じんましんやかゆみといった症状が現れる場合もあります。 じんましんは、通常数時間でおさまり他の症状も2〜3日でほぼなくなります。 また、めまい・嘔吐・吐き気・一時的な意識障害・動悸・けいれん・筋力低下などが現れたという報告もありますので、インフルエンザの予防接種後にこのような体調に変化があった場合は、病院を受診しましょう。 インフルエンザワクチンの副作用は、多くが24時間以内に現れます。 この期間の体調には気をつけるようにしてください。 非常に重い副反応として、ギランバレー症候群や急性脳症、脳脊髄炎、肝機能障害の報告もありますが、ワクチン接種との因果関係は必ずしも明らかではありません。 すぐに病院に行くべき重篤な症状 インフルエンザの予防接種後に 意識障害や意識混濁、しびれ、けいれん発作がでた場合は、検査を受けましょう。 また、38度以上の発熱が2日たっても下がらないといった場合にも病院を受診してください。 体調の変化で受診した際には、インフルエンザの予防接種を何日前に受けたと医師に必ず伝えましょう。 副作用はいつから出るの? 多くは24時間以内に症状が出る すぐに出る場合もありますので、接種後30分以内は、予防接種を受けた病院のそば、もしくは連絡の取れる場所で安静にしましょう。 その後、多くは24時間以内にあらわれます。 また、数日、数週間後にあらわれたという報告もあります。 特に自分で症状を伝えられない年齢の小さいお子さんの保護者の方は、体調に変わったことがないか、様子をみてください。 副作用が出る確率は大人と子供で違いますか? 子供だから副作用が多いという報告はありませんが、子供、高齢者は体力がなかったり、体調が万全でなかったりすると接種後に疲れが出て、発熱や体調不良を訴える場合もあります。 また、インフルエンザの予防接種を受けた後に子供の具合が悪い・発熱したなどいう話も聞きますが、それは多くの場合、予防接種を受ける前の親の様子や病院の環境で子供が緊張し、その後、疲労から発熱したとも考えられます。 他にも、高熱が出たという場合は、すでにインフルエンザや風邪に感染していた可能性もあります。 しかし、乳児や小さなお子さんが初めて接種する場合は、急性のアレルギー反応が出ないか確認の意味も含め、接種後30分程度は院内で様子を見て、体調に急変があった場合はすぐに診察が受けられるようにしてください。 できるだけ副作用が出ないようにするには? インフルエンザワクチンに限らず、予防接種を受ける前は、睡眠不足や体調不良がないように体調を整えましょう。 体調が良くない時に予防接種を受けると腫れやじんましんといった反応が出る可能性もあります。 最後に インフルエンザは、妊婦や赤ちゃんが感染すると悪化する可能性が高く、脳症や肺炎を引き起こす場合もありますので、ワクチン接種が推奨されています。 予防接種は、十分に研究され提供されています。 避けられる病気は、予防接種を受けて家族を守りましょう。 <参考> 厚生労働省 新型インフルエンザ予防接種後の症状について 東京都総合組合保健施設復興協会 インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会:厚生労働省:啓発資料抜粋.

次の