埼玉 県 高校 野球 速報。 埼玉県高校野球情報

埼玉県、夏の高校野球2019予選地方大会、組み合わせ日程、結果速報など

埼玉 県 高校 野球 速報

埼玉県高野連は17日、夏季埼玉県高校野球大会(8月8~23日)の地区優勝校4校による県トーナメントの準決勝と決勝をメットライフドーム(埼玉県所沢市)で実施すると発表した。 準決勝は22日、決勝は23日。 これにより、今大会で使用する球場は計13会場となる。 選手権埼玉大会の決勝は例年、県営大宮で行われているが、1982年~91年の決勝は旧西武球場で実施した例がある。 同球場は改修され、99年にドームとなってから、高校野球の公式戦で会場に使われるのは初めて。 メットライフドームを本拠地とするプロ野球・埼玉西武ライオンズの提案で実現した。 西武の辻発彦監督は「甲子園が中止となって、高校球児が活躍する場ができればいいと思っていた。 この球場で、ぜひ楽しんで、いい思い出を作ってもらえればうれしい」と、球団を通じてコメントを出した。 選手会長の森友哉選手もコメントで「今年の夏、皆さんの頑張りや、やってきたことに大きな自信をもって腕を振り、バットを振って下さい。 今年は、メットライフドームを甲子園だと思って、目指してみてください。 スタジアムで皆さんの元気なプレーが見られること、僕は楽しみ」と球児らにエールを送った。 県高野連の坂上節(たかし)会長は「選手たちの記憶に残る大会にしたいという思いがあった」と西武側の申し出を受け入れた理由を記者団に説明した。 「甲子園を目指すのと同等の気持ちで大会に臨んでほしい」と熱戦への期待を語った。 (宮脇稜平).

次の

埼玉県、夏の高校野球2019予選地方大会、組み合わせ日程、結果速報など

埼玉 県 高校 野球 速報

新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動を休止していた花咲徳栄(加須市)の野球部が22日、約4カ月ぶりに全体練習を再開した。 選手たちは仲間との再会を喜びつつ、8… (2020年06月23日 12:30)• 県高野連は17日、全国高校野球選手権大会中止を受けた独自の県大会について、8月22日の準決勝2試合と同23日の決勝を、埼玉西武ライオンズの本拠地・メットライフ… (2020年6月18日 11:35)• 県高野連は12日、運営委員会を開き、全国高校野球選手権大会が中止になったことを受けた独自の県大会開催を正式に決定した。 日程は8月8~23日で、県内4地区に分か… (2020年6月13日 12:32)• 日本高校野球連盟は、第92回選抜高校野球大会に選ばれた32校を8月に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)に招待し、交流試合を開催すると発表した。 県内からは4年ぶり5… (2020年6月11日 12:34)• 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、夏の全国高校野球選手権大会と地方大会が中止となったことを受け、県高野連は27日、独自の県大会を8月にも開催する意向を示した… (2020年5月28日 14:07)• 地方大会も含めた全国高校野球選手権大会の中止決定を受け、県高野連は20日、独自の県大会を開催する方向で検討していることを明らかにした。 新型コロナウイルス感染防… (2020年5月21日 13:04)• 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕、阪神甲子園球場)が地方大会も含めて中止されることになった。 「覚悟はし… (2020年05月21日 13:04)• 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、県高野連は31日、4月10日に地区予選が開幕する予定だった春季高校野球大会の中止を決定した。 県大会も行わない。 県高野連… (2020年4月1日 12:33)• <センバツ高校野球> 新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止された第92回選抜高校野球大会に出場する予定だった花咲徳栄は、開幕予定日だった19日、加須市の同校… (2020年03月20日 13:17)• <センバツ高校野球> 「こんにちは」。 加須市の花咲徳栄グラウンドを訪れると、女子マネジャー12人の笑顔に出迎えられる。 道具の調達、来客対応を任され、グラウンド… (2020年03月17日 12:54).

次の

埼玉県の高校野球強豪校ランキング!成績などの情報まとめ!

埼玉 県 高校 野球 速報

埼玉県高野連は17日、夏季埼玉県高校野球大会(8月8~23日)の地区優勝校4校による県トーナメントの準決勝と決勝をメットライフドーム(埼玉県所沢市)で実施すると発表した。 準決勝は22日、決勝は23日。 これにより、今大会で使用する球場は計13会場となる。 選手権埼玉大会の決勝は例年、県営大宮で行われているが、1982年~91年の決勝は旧西武球場で実施した例がある。 同球場は改修され、99年にドームとなってから、高校野球の公式戦で会場に使われるのは初めて。 メットライフドームを本拠地とするプロ野球・埼玉西武ライオンズの提案で実現した。 西武の辻発彦監督は「甲子園が中止となって、高校球児が活躍する場ができればいいと思っていた。 この球場で、ぜひ楽しんで、いい思い出を作ってもらえればうれしい」と、球団を通じてコメントを出した。 選手会長の森友哉選手もコメントで「今年の夏、皆さんの頑張りや、やってきたことに大きな自信をもって腕を振り、バットを振って下さい。 今年は、メットライフドームを甲子園だと思って、目指してみてください。 スタジアムで皆さんの元気なプレーが見られること、僕は楽しみ」と球児らにエールを送った。 県高野連の坂上節(たかし)会長は「選手たちの記憶に残る大会にしたいという思いがあった」と西武側の申し出を受け入れた理由を記者団に説明した。 「甲子園を目指すのと同等の気持ちで大会に臨んでほしい」と熱戦への期待を語った。 (宮脇稜平).

次の