カムリ trd。 【トヨタ秘蔵のスポーツセダン現る!?】新型カムリTRD 発進!! GR顔負け305馬力のド迫力!!!

北米トヨタのカムリにTRDチューニングバージョンが登場!日本には設定のない3.5リッターV6エンジンの300馬力仕様!

カムリ trd

トヨタは2019年9月、カムリ初のスポーツ仕様となるカムリ TRDを北米市場に投入した。 従来から乗用車として人気のカムリだが、TRDはほかのグレードの倍以上のスピードで売れる勢いとなっている。 専用のデザイン、足回りの強化、最大305馬力のパワーにより、個性あふれる魅力的な一台へと飛躍を遂げた。 これまでもボディキットは販売されていたがカタログモデルとしての登場は昨秋からとなる。 今年2月には、シカゴモーターショー2020にも出展され注目を集めた。 スポーティな性能を取り入れたTRDは、高出力の3. 5L V-6エンジン、専用のエアロパーツ、ブラックのホイールなどを備える。 米(3月12日)は、見た目にきまりが良く売れ行きも絶好調だと述べている。 さらに「いま存在するカムリのなかでベストなルックスだと言えそうだが、価格は最も高価というわけではない」と、デザインと価格のバランスの良さを歓迎している。 (3月8日)も、コストパフォーマンスの良さに言及している。 価格設定は配送手数料込みで3万2125ドル(約345万円)からと、既存のスポーティーグレードである「SE」に50万円強を足せば手が届く設定だ。 V-6エンジンを搭載したグレードを求めている人々にとっては、最も廉価な選択肢となる。 トヨタの広報はカムリ TRDが「ほかのカムリのグレードよりも2倍以上のスピードで売れている」と述べ、同モデルが成功を収めていると自信を示す。 需要が高いため、ディーラーが在庫を確保することが難しくなっているほどだという。

次の

トヨタ「カムリ」ベースの2020年モデル・新型フラッグシップセダン「アバロンTRD」が遂に発売へ!価格は約457万円から

カムリ trd

カムリがフルモデルチェンジ後初めての特別仕様車が2020年8月5日に追加 カムリに専用エクステリアとフルレザーインテリアが特徴の特別仕様車を2020年8月5日に追加するという情報があります。 フルモデルチェンジ後初めての特別仕様車でレッドを基調にしたよりスポーティなインテリアになるようです。 安全装備のトヨタセーフティセンスもアップグレードするということで、運転して楽しい安全なスポーツセダンになるでしょう。 トヨタ・カムリTRDがシカゴモーターショー2020に出展 トヨタ・カムリTRDのエクステリア トヨタ・カムリのカスタマイズモデル「カムリTRD」が、2020年2月6日より開幕するシカゴモーターショー2020に出展することが明らかとなりました。 カムリTRDは、トランクリッドスポイラーやディフューザー、サイドスカート、フロントリップスポイラーなどで構成されるボディキットを装備。 TRDエンブレムやブレーキキャリパー、ピンストライプにはスポーティーなレッドを採用します。 フロントグリルはメッシュインサートデザインで、黒塗装とすることで精悍なスタイルを演出。 ボディカラーは「ウィンドチルパール」「セレスティアルシルバーメタリック」「スーパーソニックレッド」「ミッドナイトブラックメタリック」の4色です。 フロントシートにはソフテックス素材を使用し、レッドステッチをあしらったステアリングホイール、レッドカラーのシートベルトなどを採用。 フロアマットやトランクマット、シフトノブもTRD専用デザインとなります。 パワートレインは最大出力301hpの3. 5リットルV型6気筒ガソリンエンジンに8速AT(パドルシフト付き)。 ボディは車高を15mm低くして重心を抑えています。 トヨタ・カムリが一部改良を実施 2019年12月にはE-Four(電気式4WDシステム)搭載車を新設定 カムリWS レザーパッケージのエクステリア カムリWS(E-Four)のエクステリア トヨタのカムリが2019年9月30日に一部改良を発表しました。 新型カムリの発売は2019年10月1日から、さらに2019年12月16日より電気式4WDシステム「E-Four」搭載車を全グレードに新設定することがわかっています。 カムリに搭載される車載DA(ディスプレイオーディオ) 車載通信機とディスプレイオーディオを標準装備化し、スマートフォンとの連携を実現。 全ユーザーがナビやラジオ、音楽などのアプリをディスプレイ上に表示することで、スマホ感覚で操作することができるようになりました。 もちろんAndroid AutoやApple Car Playにも対応しています。 5Lダイナミックフォースエンジン) 駆動 2WD E-Four 2WD E-Four 価格 (消費税10%込み) 3,728,000円 3,926,000円 4,334,000円 4,532,000円 ついに新型「カムリTRD」が2019年秋に発売へ!気になる価格は? 新型「カムリTRD」のエクステリア トヨタが2019年秋に、新型「カムリTRD」が発売するということで、画像と価格が公開されました! 固定式のスポーティなリヤウイング エクステリアでは、フロントグリルがこれまでとは違ってグロスブラック仕上げとなっており、固定式のリヤウイングとスポーティなボディキットでを装備しているほか、19インチのアルミホイールはマットブラック仕上げで、よりアグレッシブさを強調しています。 車高もローダウンされていて、ハードな足回りを実現するために、スポーツサスペンションをインストールしてハンドリングも向上。 新型「カムリTRD」のインテリア ブラックを基調にしたインテリアには落ち着きがありつつ、フロアマットやシフトノブにレッドのステッチがアクセントに施されていて、スポーティさも演出しつつ、シートは合成皮革を用いて高級感も忘れていません。 スポーティさとラグジュアリー感が満載の1台になるでしょう。 車両本体価格は税抜6,500,000円です。 静粛性に優れ、快適な乗り心地と力強い加速感を実現しています。 インテリアシートには手触り・座り心地のよいシートヒーター付き本革シートを採用。 運転席・助手席にはパワーシートが搭載されています。 オプションではリアルカーボンとパンチングレザーを融合したステアリングに変更可能です。 それぞれチタン、カーボンを採用したエキゾーストもオプションで装備可能 オプションのエキゾーストは、 「EX. いずれも耐久性に優れ、心躍るサウンドを響かせます。 5L 最高出力 221. 0(37. カムリTRDはエクステリアに専用のフルエアロを装備して19インチのホイールを装着するスポーツモデルで3. 5LのV6型6気筒ガソリンエンジンを搭載する最高出力は305psで8速ATを組み合わせたTRDのハイパフォーマンスコンプリートモデルです。 カムリTRDの専用装備• TRDエンブレム付きフロントブレーキ• TRDフロントリップスポイラー• TRDサイドスカート• TRDトランクリッドスポイラー• TRDディフューザー• 専用スタビライザー• マットブラック専用19インチアルミホイール• レッドカラーのステッチ革巻きステアリングホイール• レッドカラーのシートベルト カムリTRDの足回りは専用ダンパーやスプリングやスタビライザーでロール剛性が前44%・後67%向上、サーキット走行はもちろん日常使いでも実感できる粘り強くスポーティな運動性能を発揮します。 カムリTRDは北米で2019年に発売されることが明言されていますが、日本発売については言及されていません。 しかし2018年に導入されたスポーツグレードのWSが日本に逆輸入された経緯を考えると、今回発表されたカムリTRDも北米で販売された後に日本導入される可能性があると考えます。 カムリは2018年マイナーチェンジでインテリジェントクリアランスソナーを標準装備 2018年のマイナーチェンジではカムリの安全装備に「インテリジェントクリアランスソナー」が標準装備された 2018年8月1日のカムリの年次改良で第2世代のトヨタセーフティセンスにバージョンアップすると噂されていましたが、オート電動格納ドアミラーとインテリジェントクリアランスソナーを標準装備するだけにとどまりました。 インテリジェントクリアランスソナーを標準装備することで、アクセルとブレーキの踏み間違いで急発進した時など障害物への接触の可能性を下げてくれます。 10代目カムリに搭載されている安全装備パッケージのトヨタセーフティセンスは、第1世代のトヨタセーフティセンスPと呼ばれるもので、上位モデルに搭載されているパッケージですが自動ブレーキは夜間歩行者に対応していないなど、第2世代のトヨタセーフティセンスに比べると足りない機能があります。 第2世代トヨタセーフティセンスで追加された機能• 夜間歩行者・昼間自転車の自動ブレーキ• アダプティブハイビームシステム• レーントレーシングアシスト• ロードサインアシスト• 先行車発進告知 第1世代のトヨタセーフティセンスPでは車両のほかに昼間の歩行者のみに対応していましたが、第2世代では夜間の歩行者と昼間の自転車にも対応するなど幅が広がっています。 ほかにも、道路標識を読み取る機能や車線を読み取り追従する機能など、ドライバーを支援する能力がアップしています。 アダプティブハイビームシステムは、ただ単に前方をハイビームで照らすだけではなく対向車や先行車がいる場所はロービームや消灯で眩しくないように調整するもので、対向車や先行車がいるたびにハイビームを調整する必要がなくなります。 レーントレーシングアシストは、車両が車線を把握し中央を走っていない・はみ出しそうになると警告をしたりハンドル操作を行って逸脱を防いでくれる機能で、ふらつきを検知したときは休憩するように促したりしてくれます。 ロードサインアシストは、認識した標識をディスプレイ内に表示してくれる機能で、制限速度表示を検知して数値以上のスピードが出ている場合は点滅させて表示するなどの警告も行ってくれます。 新型カムリの販売価格一覧 グレード 販売価格 X 3,298,320円~ G 3,531,600円~ G レザーパッケージ 4,228,200円~ WS 3,672,000円~ WS レザーパッケージ 4,341,600円~ 北米のカムリでラインナップしているスポーツグレードのXSEが日本仕様でWSとしてラインナップされた 北米トヨタのカムリにラインナップしているスポーツグレードの「XSE」が「WS」として日本市場へ導入された 北米トヨタでラインナップしているスポーツグレードのXSEが日本仕様でもラインナップするという噂があります。 アメリカ仕様のカムリXSEは3. 5LのV型6気筒エンジンを搭載して、最高出力は305PS・最大トルクは361Nmを発揮します。 マイナーチェンジで追加された日本仕様のWSでは、既存のカムリにも搭載されている2. 5LダイナミックフォースエンジンとTHS2のハイブリッドシステムになり、エクステリアだけXSEの専用パーツを採用しています。 マイナーチェンジ(一部改良)で追加されたスポーツモデルの「WS」は左右に2本ずつ出したマフラーエンドが特徴 リアビューから見てみると切れ長のテールランプ、トランクスポイラー風のデザインは変わっていませんが、マフラーエンドがデュアルマフラーになっているのが分かります。 WSレザーパッケージの本革シート シフト周りも高級感がある WSグレードにはレザーパッケージも用意されていて、本革のレザーシートがフロントシートに装備されます。 WS・WSレザーパッケージ専用の2トーンボディカラーが3色ラインナップ マイナーチェンジで追加されたWS専用ボディカラーとして、ルーフカラーが「アティチュードブラックマイカ」の2トーンカラーが3色ラインナップしています。 今までのカムリにはない2トーンカラーで、スポーティなWSを華やかに彩ります。 マイナーチェンジでJBLプレミアムサウンドシステムをメーカーオプションに新規設定 9スピーカーの臨場感あるプレミアムサウンドを楽しめるJBLシステム JBLプレミアムサウンドシステム• A インパネ 8cm ワイドディスパージョン・スピーカー• B フロントピラー 2. 5cm ホーンツィーター• D リヤドア 15cm フルレンジスピーカー• E リヤ 26. 5cm サブウーハー アルファードなどの高級車に設定されているJBLプレミアムサウンドシステムが、2018年8月1日のマイナーチェンジでカムリにも追加されました。 アルファードを例にあげると、ミッドレンジ・ツィーター・ウーハー・サブウーハーの4種類のスピーカーを合わせて17個配置し5. 1chサラウンドにも対応する音響を組んでいます。 カムリでもトランクにサブウーハーを搭載して、フロントドアやリヤドアはもちろんダッシュボードやルーフに9つのスピーカーを配置したオーディオシステムを組んだ豪華な音響システムです。 カムリはマイナーチェンジで通信機(DCM)を使ったナビ連動の機能でコネクティッドカーになると考えられていたが見送られた 新型クラウンやカローラスポーツに搭載されているコネクティッドカーサービスがカムリにも追加され、AIとの会話やオペレーターサービスなど様々な「繋がるサービス」がカムリに搭載されると予想されていましたが残念ながら搭載されませんでした。 トヨタのコネクティッドカー機能• eケア走行アドバイス• eケアヘルスチェックレポート• ヘルプネット• 走行データ連動型自動車保険プラン• AI音声エージェント• LINEマイカーアカウント• ハイブリッドナビ eケアは車両情報を通信で診断して故障が起きる前に整備を促すサービスで、バッテリーの残量が少ない時などに充電や交換を勧めバッテリー上がりでエンジン始動できないトラブルを事前に防ぐことができます。 ヘルプネットはエアバッグが開くような事故が起きたときに、車両の状態やセンサーでの状況を判断し救急車やドクターヘリを要請するサービスです。 LINEマイカーアカウントでは自分の車を友達登録することができ、目的地を教えておくとあらかじめ車載のナビに案内地を設定しておくことができ、ガソリン残量なども計算し足りなさそうなら途中で給油を提案してくれるなど、自分の車と会話しながら便利に使うことができるサービスです。 カムリのマイナーチェンジではWSグレードの拡充と安全面の標準装備化が行われた 2018年8月1日に行われたカムリのマイナーチェンジ(一部改良)は、トヨタセーフティセンスが第2世代へアップデートされることや、カローラスポーツに搭載されているコネクティッドカーの機能を搭載する可能性が予想されていましたが、WSグレードと呼ばれるスポーツグレードの拡充とインテリジェントクリアランスソナーの標準装備が行われました。 エクステリアでは、アメリカ仕様にラインナップしているXSEと呼ばれるスポーツグレードの見た目が日本仕様にも導入され、マフラーエンドがデュアルマフラーの2本出しになるなど更にカッコよくなりますが、エンジンはV6エンジンではなく従来から導入されている2. 5Lハイブリッドエンジンとなりました。

次の

カムリ(トヨタ)の中古車

カムリ trd

トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(モデリスタ)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• トヨタ新型カムリ(TRD)• 左:モデリスタ 右:TRD.

次の