天元 セリフ。 勇気とドリルと根性を!天元突破グレンラガンのはなし

カミナ(天元突破グレンラガン)の名言・名セリフまとめ

天元 セリフ

カミナとはGAINAX制作のロボットアニメ「天元突破グレンラガン」、及びそれを原作とした作品に登場するキャラクター。 主人公であるシモンの兄貴分として登場した。 物語の序盤では未熟なシモンや仲間たちを牽引した。 目の前に壁が立ちふさがっても根性論でどうにかしてしまう。 それは仲間に対しても同じで、仲間が弱音を吐くと「根性」という単語をよく口にする。 無計画で豪快な発言・行動を取るが、カリスマ性がある。 それ故、多くの人間が彼の元に集まり「大グレン団」という組織を作ることになった。 しかし、「ダイガンザン強奪作戦」で敵であるチミフルトヴィラルの攻撃を受けて命を落としてしまう。 主人公シモンに大いに影響を与えた。 また、漢らしい生き様、セリフの格好良さからファンからも人気を博した。 『カミナ(天元突破グレンラガン)』の名言・名セリフまとめ おやじ、悪いけど、おれは先に進むぜ。 この大地の先の先まで。 あんたの代わりに見てやるよ。 一度、故郷を離れたからにゃ、負けねぇ、引かねぇ、悔やまねぇ、前しか向かねぇ、振り向かねぇ、ねぇづくしの男意地。 シモンはやるよ。 理屈じゃねんだよなぁ。 てめぇを信じるからあいつを信じる、あいつを信じられるからてめぇを信じられる。 おんなじなんだ、おれにとっちゃ。 それがつまり、相棒なんだよ。 あのマギンって野郎、ガンメンを動せるだけの気合を持ってた。 オレたちを追ってきたガンメン野郎と戦えるだけの気合を持っていた。 だったら、それを使えばいいじゃねぇか。 (カミナ) 余計なことなんか考えねぇで、自分が「こう」と思ったことをしてみろよ!気持ち良いもんだぜ! 俺にはさっぱりわからねぇ…。 頭でどんなにわかっても、身体で納得できぬこと。 体が勝手に動いても、頭で思う別のこと。 どうにもこうにもそれだけは! 無茶で無謀と笑われようと意地が支えの喧嘩道!!壁があったら殴って壊す!道がなければ、この手でつくる! 「もし」とか「たら」とか「れば」とか、そんな想いに惑わされんな!自分が選んだ一つのことが、おまえの宇宙の真実だ。 歯ぁ食いしばれ!! お前が迷ったら、俺が必ず、殴りに来る。 だから安心しろ!お前のそばには俺がいる!お前を信じろ!俺が信じるお前を信じろ! いい月だなぁ。 俺はあれが見れただけでも、地上に出てきて良かったと思ってるよ。 無茶で無謀と笑われようと 意地が支えのケンカ道 壁があったら殴って壊す 道がなければ この手で作る!おれを!おれたちを誰だと思っていやがる!.

次の

宇髄天元 (うずいてんげん)とは【ピクシブ百科事典】

天元 セリフ

「音柱」の二つ名を持つの剣士。 身長はには珍しい六尺(約180センチメートル)以上という長身で筋骨隆々という、恵まれた体躯を持った伊達男。 輝石をあしらったを着け、ファッション風の化粧をした派手好きな性格で、「 派手に」が口癖。 更に自らを 「派手を司る神」(=祭りの神)と豪語する。 また、彼の語彙においては 「地味」は罵倒の範疇に入る(本編中でも敵に対して「地味に死ね!」と罵っている)。 その徹底した派手好きぶりから、 一部の読者からは「派手柱」とも呼ばれる。 しかしその実、部下の命を無下に扱うような行いをするようなことは絶対になく、任務の中で善逸からの連絡が途絶えた際には直ちに私情を優先して下級隊士である炭治郎たち三人を巻き込んだ事を謝罪し、炭治郎と伊之助に 生き延びる為に逃げる様に命令している。 "上弦の陸"との戦いにおいて、炭治郎達の働きがその勝利に貢献した事との力で体内に打ち込まれた毒を除去してもらったおかげで一命を取り留める事ができた事から、以降は二人を自分のということにして彼らを擁護し、その後炭治郎と再会した時には大いに喜んでいた。 なお、素顔(化粧を落として装飾を取る)は非常に整っており、色町の女将が思わず顔を赤らめる程のである(ただし本人曰く 「地味なので不本意」)。 その姿は平時の宇髄からは想像もつかない程であり、つまるところ忍者の 隠行の術の効果を発揮している(通常の忍は潜伏時に『口に綿を含んで顔の輪郭を変える』『付けホクロ』『眉を剃って描く』などによって顔の印象を変えることで隠行を成す)。 だが、わざとやったのか 炭治郎たちを女装させて遊郭に潜入させる際に施した白粉はかなり下手くそで、仲居さん達から「不細工に見える」と酷評された。 (これに関しては 「素材が良すぎて普通にやると任務に支障が出るレベルの美人になりかねないと思い、意図的にやったのでは?」とも言われている) (素顔が)美形な妻を三人娶っており、階級も高い事から善逸は全力で嫉妬している。 ちなみに妻が三人いるのは、別に女好きというわけではなく、忍の里では一夫多妻が風習で、十五になると、里長から三人の妻を相性を考えて宛がわれるからという理由がある(ファンブックより)。 能力 才能という面で見ると、実は他の柱ほど恵まれているわけではない。 そのことは後述する通りに宇髄自身が深く自覚しており、実際、""を相手に一人の死者も出さず""を相手にしてあと一歩で頚を斬れていたに比べて、"上弦の陸"を相手に一人では押されていたことから、単身の実力で言えば他の柱には劣ると思われる。 身体能力 鍛え抜かれ選び抜かれた鬼殺隊士の身体能力は常人の比ではなく、更に後述の「法」により瞬間的なブーストをかける事で鬼と渡り合えるほどの身体能力を得ることが可能となる。 反面元・忍として屈強な体躯に裏打ちされた身軽さや素早さにおいては、炭治郎ら下級隊士では太刀打ちできない程である。 更には歩くたびに揺れて音を立てる装飾を全身に身に着けているにもかかわらず、同じく炭治郎たちは声をかけられるまで接近に気づく事すらできなかった。 指揮能力 忍者の 頭領として訓練を受けた経験も相まって前線においては 極めて優秀な戦術指揮官としての能力を有している。 この指揮官としての能力を駆使して三人のくノ一を通常サポート要員としつつ、若輩の剣士であっても実力が相応であれば、彼らを巧みに促し実力以上の戦闘力を引き出しながら小隊~中隊を即時編成してとも互角以上に渡り合う。 元・忍者として様々な特殊技能を有しており、世事にも明るい。 鬼との戦闘においては薬物知識から調合した毒薬や爆薬を用いる。 また、長年の訓練によって自身の薬物耐性も通常の隊士より遥かに優れる。 なお毒薬の効果についてはあくまでも対人用の知識をベースとしているため、鬼殺専門で研究を行っている程ではないようである。 聴覚 音の反響を聞いただけで上階の構造、人間や物体の立体配置を正確に把握できる程に 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも優れる。 その他、持ち。 譜面 聴覚と指揮官能力を統合した戦闘計算式。 鬼の行動動作の律動を読み、音に変換する事で攻撃・防御の癖を正確に把握し、唄に相の手を入れるが如く、自小隊(中隊)の反撃を織り込む。 隊の攻防両面を底上げできるため、格上の鬼が相手であっても勝機を見出せるが、律動の把握に時間がかかるのが難点。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 宇髄は恵まれた体躯・太い二の腕に合わせた袖なしの特別な形状の隊服を着用している。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 宇髄のカラスは 超オシャレ。 カラス界のファッションリーダー。 とにかく派手。 9巻で三人の妻共々設定が公開されている。 担当教科は美術。 生徒に付けられたあだ名は 「輩先生」。 「芸術は爆発だ」と叫び、 ダイナマイトで美術室を破壊した。 歌舞伎町の抗争の際に現場で目撃された、高校時代は番長をしていて、めちゃくちゃ喧嘩が強いらしいなどの噂が流れている模様。 三人の妻達はそれぞれ売店(須磨)と食堂(雛鶴&まきを)に勤務しており、 「売店と食堂に降臨する魅惑のくのいち」というあだ名を男子生徒から付けられている。 本編と同様にモテモテなようで、公式ファンブックに掲載された特別描き下ろし漫画では、バレンタインのチョコ獲得数は 57個だと表記されている。 モテるための秘訣を訊きに来た善逸に対して、 「幼稚園から小・中・高までは足が速けりゃいい」「大学からは金さえ持ってりゃ女が群がってくる」とある意味一番現実的なアドバイスを返していた(しかし炭治郎からは 「そんな方法じゃ真実の愛は見つからないと思います」と言い返されている)。 学生バンド「」の担当。 唯一の教師メンバーである。 余談 上述したようにとても身長が高いためか、柱のアクリルスタンドで悲鳴嶼と宇髄以外の価格は一律 800円であるのに対し、宇髄のアクリルスタンドの価格は 900円となっている(悲鳴嶼は1000円)。 また197話にて失ったはずの左腕が描かれ「鬼化説」や「新上弦の伍が入れ替わった」などと騒がれたが、普通に 作画ミスであることが後に判明した。 関連イラスト.

次の

天元突破グレンラガン 名言TOP15!男を滾らせる台詞を感じろ!【天元突破グレンラガン】

天元 セリフ

キャラ: ヨーコ・リットナー Yoko Littner 声優:井上麻里奈 アニメ: 原作: ジャンル:、、 制作: 放送局: 放送時期: 【プロフィール】 グレンラガンに登場する2人のヒロインのうちの1人。 ジーハ村の隣にある地上集落・リットナー村の出身者で、グレン団一のスナイパー。 抜群のプロポーションに上半身ビキニをまとう容姿端麗な女性。 獣人のガンメンに対抗するために作られた身の丈ほどもある超電導ライフルを常に所持しており、一行の狙撃手としての役割を担っていた。 基本的に優しくて世話好きな性格だが、過酷な地上を生きてきたせいか気丈でシビアな面もある。 名言・名台詞 いい女に秘密はつきものでしょ? 自分の面倒も見れない奴に、居場所なんか無いのよ。 あんまりシモンを甘やかさないでよね。 あいつが自分で立ち直んなきゃ、意味ないのよ あんたがいたから大グレン団はここまでこれた。 シモンが上から引っ張って、あんたが下から押し上げてそうやってここまでここまでこれた。 私はそう思うよ。 それも立派な男の仕事じゃない ご心配なく ブランクは人生経験で埋めるから 好きでやってるんでしょ?止められない… いざってときどうするの!?食べるのも仕事のうちよ! 今さら私らがどうこう言って 止まる男じゃないからね 後は私が… まったく、めんどくさい男よ 行って、シモン、そのためにみんな必死でやってきたんだから。 あんたの言うとおりよ、いくら悲しんでも、カミナが帰ってくるわけじゃない。 そんなのわかってるわよ。 忘れられたら、楽なのかもしれない。 だけど、そんな簡単に忘れられるわけ無いじゃない! よしなさい 今は 何を言ってもムダ ただ、心の穴を大きくするだけよ みんなが倒れても、ここから先は私が一歩も入れない あたしらには、ここしか無いから、 逃げる場所なんて無いから! 資材は乏しいからね、どんなものでも使わないと! グレンラガン名言一覧へ キャラクター 一覧•

次の