首 を 斬ら ねば わかる まい。 首を斬らねば分かるまい(1) (ヤングマガジンコミックス)

首を斬らねば分かるまい(1) (ヤングマガジンコミックス)

首 を 斬ら ねば わかる まい

首を斬らねば分かるまい16話のあらすじネタバレ 明治六年二月。 八ヶ月のアメリカ滞在後、更に七ヶ月かけて欧州各国を周っていました。 アメリカでは委任状の為にとんぼ帰りまでしたのに交渉決裂。 英国ではヴィクトリア女王に会う為に何か月も待ち、パリではフランスの財力に驚くばかりの視察に、何のために外国まで来たのかと一行はすっかり意気消沈していました。 条約改正の困難さだけではなく、倒幕という偉業を成し遂げた大久保さえこんな進歩の世には通じないとこぼすほど、日本と各国の格差は歴然でした。 しかし大久保はまだ帰れないと言います。 かつては散り散りになった小国の一つに過ぎなかったものの、数年後には圧倒的国力で世界の列強に肩を並べる大国になったドイツ帝国。 そこにいるある人物に会う為に一行はベルリンに向かう途中、ドイツ1の工業都市エッセンを視察します。 米英に比べれば後進国とされているドイツにある、巨大な軍事工場に驚く大久保たち一行。 ドイツは元々三十五の君主国と四つの都市からなる連邦でしたが、ある人物がこれらを一つの国にまとめ上げたと大久保は言います。 徹底的な軍備増強で数多くの戦争を勝ち、領土拡張のためにナポレオンの率いるフランス軍さえ破ったのが、ドイツ帝国宰相のオットー・フォン・ビスマルクです。 一行はビスマルクのいるベルリンへ向かいます。 物々しい空気の兵に案内された先にあったのは、ギロチン台でした。 『苦痛を伴わない死刑』を目指して18世紀にフランスで誕生した断頭台で、19世紀になって改良型がドイツにも持ち込まれました。 目の前で実行されたギロチン台を使った斬首刑に、一行は驚くほかありません。 脱走・敵前逃亡はもれなく死刑に処すと、ビスマルクの体制の軍法は大変厳しいものです。 転がった頭部を踏みつけて潰す男がいました。 その巨体と威圧感に一行は驚愕しますが、この男こそが会いに来たビスマルク本人です。 大久保一行をか弱き小国の客人と呼ぶビスマルク。 その姿に幸乃助は天啓をもたらされた様子です。 大久保がビスマルクに会いに来た目的は一体何か。 首を斬らねば分かるまい16話の感想と考察 やはり史実通りの展開だったようで、前に調べた時に見た記事通り委任状の為にとんぼ帰りしたようです。 チキンランチの一件がどう片付けられたのか非常に気になる所ではあります。 チャールズの行いは非人道的ではありましたが、それは向こうの国では日常である事で恐らくチャールズも初めての事ではないと思われます。 少なくとも下に見ていた日本人が剣を向けたのだから、外交特権を振りかざしたとはいえ、何事も問題無く終わったとは思えません。 そこをゴタゴタすると話が進まないので前回の沙夜の話で数か月分飛ばしたのかもしれません。 そして数か月欧州を周っている間に晴美をどうあしらって来たのかも気になる所です。 本筋では無い所が諸々気になりますが、描きたいのはそこではないのでしょう。 七か月かけて欧州を周った一行は、倒幕し近代国家の仲間入りを果たしたと思っていた自国との格差を知ってしまいます。 現代はネットやこうした先人たちのおかげで外国の情報が入って来ますが、この頃の人達が事前に情報も無く西洋の街並みとかを見たら驚愕とか言うレベルでは無いと思います。 最後に出て来たビスマルクや欧州の人の大きな体格など、無知なまま見聞きしたら対等に話し合おうとすら出来ないと思います。 ビスマルクを見た反応が、完全にモンスターを見るような顔になっていました。 今のこの時代があるのは、こうした先人たちが恐れず怯まず外国と立ち向かっていったからだと思わされました。 このビスマルクに会いに来た理由も、恐らくこの視察を調べたら記事が出て来ると思いますが、ネタバレは嫌なので調べません。 幸乃助が何か閃いたような感じのコマが最後にありましたが、このギロチンを日本にも導入し、人による斬首刑を終わらせようという狙いかもしれません。 しかし、それでは沙夜の『人を斬らずにどうやって生きて行くのか』という答えには辿り着けません。 首切り家業として生きて来た家系から急に生業を奪うだけでは、解決にはなりません。 それが今後の課題かもしれません。 次回17話は完全に後れを取ってしまった大久保達視察団とビスマルクにどんな話を切り出すのか楽しみです。 ちなみに、昔のドイツというとヒトラーくらいしか知識がありませんでした。 調べてみるとヒトラーは1889年生まれで、この明治六年は西暦で1873年なのでもっとヒトラーが生まれてもいない古いドイツの話でした。 色々と歴史の勉強になる作品です。

次の

首を斬らねば分かるまい16話ネタバレ考察感想あらすじ!世界を知り、自国を知った一行

首 を 斬ら ねば わかる まい

〜もくじ〜• 首を斬らねば分かるまいのあらすじ 愛州家は特権階級「 華族」。 その御曹司である 幸乃助は、将来を嘱望されていました。 しかし彼は一度も勃ったことがなく、このままでは世継ぎを残せない重圧に苦しんでいます。 妾の子である 兄・達臣は、あの手この手で幸乃助を勃たせようとしますが、まったく効果がありません。 そんな中、 首斬り家の女当主・沙夜が、罪人の処刑を行う所を目にした幸乃助。 返り血を浴びた沙夜の姿に、幸乃助の中でどす黒い何かがうめき出し・・・! 首を斬らねば分かるまい のネタバレと感想(途中まで) 特権階級である愛洲家とは対象的に、 代々首斬りを生業としてきた洞門家。 処刑を請け負うことで政府からお金を貰い、人の肝を原料にした薬「人丹」を販売して食い扶持を稼ぐ、いわば闇の家業です。 その8代目当主で、死神と恐れられている洞門沙夜。 あれほど勃たないと苦しんでいた幸乃助が、沙夜に出会って暴走しはじめるよ 夜更けに洞門家を訪ね「 君を抱きたい」とどストレートに告白し、当然玉砕。 兄・達臣に連れられ、吉原で発散します。 初めてのお相手・ 朝霧の身の上に同情し高価な万年筆をプレゼントするも、彼女を救うことはできず、朝霧は吉原を去るのでした。 華族としての体面を重んじる幸乃助の父は、 五稜家の令嬢・晴美との縁談を進めます。 晴美は幸乃助が10歳の頃会ったことがあり、たびたび手紙を貰っていましたが、自身の不甲斐なさから返事を出せずにいた相手です。 幸乃助の子を生むのに自分ほどふさわしい相手はいないと、女を使って迫る晴美。 幸乃助は家を飛び出し、達臣の助けを借りて沙夜に会いますが、 2人の道は決して交わることはないと突き放されてしまいます。 想いを止められず沙夜にキスをする幸乃助。 人を斬ることを恐れ、かつ刀を振らないことも恐れている。 人を斬らずに生きていけるのか・・・と思いを吐露し、沙夜は去っていきました。 なんとしても既成事実を作りたいのか、またしても全裸で迫る晴美だよ 一行は安政五ヵ国条約条約の不平等を改正する目的でアメリカに向かい、8ヶ月滞在するも条約改正は果たせませんでした。 その後欧州を7ヶ月かけて回りますが、世界との格差を見せつけられて意気消沈するばかり。 最後にドイツを訪れ、 オットー・フォン・ビスマルクに、 日本に足りないのは国力だと指摘されます。 鉄と血、つまり工業と改革が解決をもたらすと説き、協力を約束してくれるビスマルク。 このとき幸乃助は、ビスマルクの元で見た ギロチン台に惹きつけられていました。 それから3ヶ月後の日本では、絞首刑に処されようとしている沙夜の姿が・・・? 首を斬らねば分かるまいの最終回や結末はどうなる? 「首を斬らねば分かるまい」はまだ完結していません。 なので、幸乃助が帰国した後のネタバレとともに、最終回の予想をしていきます! 絞首刑の導入を進める政府に協力し、自ら実験台になっていた沙夜。 これはなんというめぐり合わせ・・・! 阿片売買の阻止が目的の幸乃助に、沙夜は斬りかかります。 斬首刑の執行数は激減し、人丹の販売も禁止されて、洞門家の財政は逼迫していました。 それでも、これまで通り貧者への施しや供養を続ける沙夜は、新たな商売として阿片を選んだのです。 罪のない女が阿片のせいで死んだと訴えても、自分は数え切れないほどの罪のない人々を斬ってきた、と返す沙夜。 善良な人々から搾取するだけの「特権階級」という現実を突きつけられ、愕然とした幸乃助は、沙夜に斬られてしまいます。 沙夜がわざと致命傷にならないように斬ったこと、父の逆鱗に触れた彼女は絞首刑になることを、達臣に聞かされた幸乃助。 刑が執行されようとしたまさにその時、宮内卿が1通の手紙を携え阻止します。 手紙は幸乃助からの嘆願書で、そこには「 沙夜を妻として娶る」と書かれていたのです! 死神を妻にするなど絶対に許さん、と息巻く両親。 幸乃助のもとに連れてこられ縄を解かれた沙夜は、情けをかけられたことに怒りをあらわにし、幸乃助に平手打ちを食らわします。 しかし幸乃助は指輪を差し出し、本気で求婚。 「 君が刀を捨てるなら、僕は華族を捨てる」 堂々と宣言し、「 2人で駆け落ちよう」と用意した馬を見せる幸乃助。 沙夜は思わず頬を染め、嬉しさを滲ませます。 なんて間の悪い・・・ 気づいた幸乃助が沙夜を追って飛び出しますが、沙夜は幸乃助に刀を渡し、いつまた狙われるかわからないからと、 晴美を斬るように言うのです。 幸乃助が振り下ろした刀は晴美の横の地面に。 できないと嘆く幸乃助に、 甘く弱すぎる幸乃助とでは、明治の世は生き残れない、と言い残して去っていく沙夜。 華族を捨てた自分は、愛する女一人守ることもできないと、幸乃助は泣き崩れるのでした。 今度の別れはかなり決定的なものとなってしまいそうですが、今後、幸乃助と沙夜の道が交わることはないのでしょうか!? 晴美は愛し方を間違っているだけで、幸乃助への想いは本物だったんですね。 彼女が今後どうなるのかも気になります。 事あるごとに幸乃助を導いてきた達臣ですが、兄がいなくてもひとり立ちできるかどうかが、重要なポイントになりそうですね。 music. jpやU-NEXTは 登録後すぐにポイントが使えるから、今すぐ読みたい人におすすめだよ。 まずはそれぞれの無料お試し期間を利用して、ご自身に合うサイトを見つけてみてくださいね。 ちなみに2020年6月現在、各サイトでの「首を斬らねば分かるまい」の取り扱いはこのようになっています。 こちらの3サイトは登録時に動画配信サービスのようなポイントはもらえませんが、 月額料金がかからないので、会員登録しておけば 無料漫画もたくさん読めますよ。 まとめ いかがでしたでしょうか? 大きな時代のうねりの中で、人の価値とは何かを考え続ける幸乃助。

次の

首を斬らねば分かるまい16話ネタバレ考察感想あらすじ!世界を知り、自国を知った一行

首 を 斬ら ねば わかる まい

〜もくじ〜• 首を斬らねば分かるまいのあらすじ 愛州家は特権階級「 華族」。 その御曹司である 幸乃助は、将来を嘱望されていました。 しかし彼は一度も勃ったことがなく、このままでは世継ぎを残せない重圧に苦しんでいます。 妾の子である 兄・達臣は、あの手この手で幸乃助を勃たせようとしますが、まったく効果がありません。 そんな中、 首斬り家の女当主・沙夜が、罪人の処刑を行う所を目にした幸乃助。 返り血を浴びた沙夜の姿に、幸乃助の中でどす黒い何かがうめき出し・・・! 首を斬らねば分かるまい のネタバレと感想(途中まで) 特権階級である愛洲家とは対象的に、 代々首斬りを生業としてきた洞門家。 処刑を請け負うことで政府からお金を貰い、人の肝を原料にした薬「人丹」を販売して食い扶持を稼ぐ、いわば闇の家業です。 その8代目当主で、死神と恐れられている洞門沙夜。 あれほど勃たないと苦しんでいた幸乃助が、沙夜に出会って暴走しはじめるよ 夜更けに洞門家を訪ね「 君を抱きたい」とどストレートに告白し、当然玉砕。 兄・達臣に連れられ、吉原で発散します。 初めてのお相手・ 朝霧の身の上に同情し高価な万年筆をプレゼントするも、彼女を救うことはできず、朝霧は吉原を去るのでした。 華族としての体面を重んじる幸乃助の父は、 五稜家の令嬢・晴美との縁談を進めます。 晴美は幸乃助が10歳の頃会ったことがあり、たびたび手紙を貰っていましたが、自身の不甲斐なさから返事を出せずにいた相手です。 幸乃助の子を生むのに自分ほどふさわしい相手はいないと、女を使って迫る晴美。 幸乃助は家を飛び出し、達臣の助けを借りて沙夜に会いますが、 2人の道は決して交わることはないと突き放されてしまいます。 想いを止められず沙夜にキスをする幸乃助。 人を斬ることを恐れ、かつ刀を振らないことも恐れている。 人を斬らずに生きていけるのか・・・と思いを吐露し、沙夜は去っていきました。 なんとしても既成事実を作りたいのか、またしても全裸で迫る晴美だよ 一行は安政五ヵ国条約条約の不平等を改正する目的でアメリカに向かい、8ヶ月滞在するも条約改正は果たせませんでした。 その後欧州を7ヶ月かけて回りますが、世界との格差を見せつけられて意気消沈するばかり。 最後にドイツを訪れ、 オットー・フォン・ビスマルクに、 日本に足りないのは国力だと指摘されます。 鉄と血、つまり工業と改革が解決をもたらすと説き、協力を約束してくれるビスマルク。 このとき幸乃助は、ビスマルクの元で見た ギロチン台に惹きつけられていました。 それから3ヶ月後の日本では、絞首刑に処されようとしている沙夜の姿が・・・? 首を斬らねば分かるまいの最終回や結末はどうなる? 「首を斬らねば分かるまい」はまだ完結していません。 なので、幸乃助が帰国した後のネタバレとともに、最終回の予想をしていきます! 絞首刑の導入を進める政府に協力し、自ら実験台になっていた沙夜。 これはなんというめぐり合わせ・・・! 阿片売買の阻止が目的の幸乃助に、沙夜は斬りかかります。 斬首刑の執行数は激減し、人丹の販売も禁止されて、洞門家の財政は逼迫していました。 それでも、これまで通り貧者への施しや供養を続ける沙夜は、新たな商売として阿片を選んだのです。 罪のない女が阿片のせいで死んだと訴えても、自分は数え切れないほどの罪のない人々を斬ってきた、と返す沙夜。 善良な人々から搾取するだけの「特権階級」という現実を突きつけられ、愕然とした幸乃助は、沙夜に斬られてしまいます。 沙夜がわざと致命傷にならないように斬ったこと、父の逆鱗に触れた彼女は絞首刑になることを、達臣に聞かされた幸乃助。 刑が執行されようとしたまさにその時、宮内卿が1通の手紙を携え阻止します。 手紙は幸乃助からの嘆願書で、そこには「 沙夜を妻として娶る」と書かれていたのです! 死神を妻にするなど絶対に許さん、と息巻く両親。 幸乃助のもとに連れてこられ縄を解かれた沙夜は、情けをかけられたことに怒りをあらわにし、幸乃助に平手打ちを食らわします。 しかし幸乃助は指輪を差し出し、本気で求婚。 「 君が刀を捨てるなら、僕は華族を捨てる」 堂々と宣言し、「 2人で駆け落ちよう」と用意した馬を見せる幸乃助。 沙夜は思わず頬を染め、嬉しさを滲ませます。 なんて間の悪い・・・ 気づいた幸乃助が沙夜を追って飛び出しますが、沙夜は幸乃助に刀を渡し、いつまた狙われるかわからないからと、 晴美を斬るように言うのです。 幸乃助が振り下ろした刀は晴美の横の地面に。 できないと嘆く幸乃助に、 甘く弱すぎる幸乃助とでは、明治の世は生き残れない、と言い残して去っていく沙夜。 華族を捨てた自分は、愛する女一人守ることもできないと、幸乃助は泣き崩れるのでした。 今度の別れはかなり決定的なものとなってしまいそうですが、今後、幸乃助と沙夜の道が交わることはないのでしょうか!? 晴美は愛し方を間違っているだけで、幸乃助への想いは本物だったんですね。 彼女が今後どうなるのかも気になります。 事あるごとに幸乃助を導いてきた達臣ですが、兄がいなくてもひとり立ちできるかどうかが、重要なポイントになりそうですね。 music. jpやU-NEXTは 登録後すぐにポイントが使えるから、今すぐ読みたい人におすすめだよ。 まずはそれぞれの無料お試し期間を利用して、ご自身に合うサイトを見つけてみてくださいね。 ちなみに2020年6月現在、各サイトでの「首を斬らねば分かるまい」の取り扱いはこのようになっています。 こちらの3サイトは登録時に動画配信サービスのようなポイントはもらえませんが、 月額料金がかからないので、会員登録しておけば 無料漫画もたくさん読めますよ。 まとめ いかがでしたでしょうか? 大きな時代のうねりの中で、人の価値とは何かを考え続ける幸乃助。

次の