羽鳥慎一モーニングショーライブ配信中。 モーニングショー|デマ疑惑まとめ!厚生労働省の名指し注意がブチギレと話題に|ヒトトキ#

羽鳥慎一モーニングショー今日 関連動画

羽鳥慎一モーニングショーライブ配信中

ここでメインMCの羽鳥慎一から話を振られた岡田教授は「どのみちこれから夏ですから、このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大っ嫌いですから、下火にはなってくると思うんですね」とコメント。 ただ、クラスターの発生には要注意だと語り、「これから秋冬に向けて対策ということに意識を集中していくべきかなと思っております」との持論を明かした。 このコメントが大問題だというのである。 「一般論として、インフルエンザを含むコロナウイルスが高温多湿に弱いというのはよく知られた話。 ただ、新型コロナウイルスもそうなのかどうかはまだ検証が済んでいないのが実情です。 東南アジアは現在、暑気と呼ばれる一年で最も暑くなる時期ですが、シンガポールやインドネシアは日本よりも感染者数が多く、とくにシンガポールは人口が570万人と日本の5%にも満たないにもかかわらず感染者数は1. 7倍ほどに及んでいます。 それゆえ岡田教授が安易に『高温多湿と紫外線が大っ嫌い』と公言するのは、とても専門家とは思えないほどに根拠の薄い発言ではないでしょうか」(医療系ライター) 5月2日付の朝日新聞デジタルでは、シンガポールの医師が「ある環境においては機能する期間が短くなるというだけ」と説明する記事を掲載。 ウイルスの寿命が短くなっても、生きている間は「十分に人を死に追いやるだけの力がある」と警告している。 また紫外線に関しても「ウイルスがほこりの下についているような状態なら、効果はありません」と明言しているのだ。 「この説明を聞けば、岡田教授の言う『大っ嫌い』というのが実情に合わない表現で、いかに素人じみているかがわかるというもの。 果たして岡田教授は高温多湿になったら、自身のコロナ対策をゆるめるおつもりなのだろうか。 (北野大知).

次の

モーニングショー|デマ疑惑まとめ!厚生労働省の名指し注意がブチギレと話題に|ヒトトキ#

羽鳥慎一モーニングショーライブ配信中

ここでメインMCの羽鳥慎一から話を振られた岡田教授は「どのみちこれから夏ですから、このコロナウイルス、高温多湿と紫外線が大っ嫌いですから、下火にはなってくると思うんですね」とコメント。 ただ、クラスターの発生には要注意だと語り、「これから秋冬に向けて対策ということに意識を集中していくべきかなと思っております」との持論を明かした。 このコメントが大問題だというのである。 「一般論として、インフルエンザを含むコロナウイルスが高温多湿に弱いというのはよく知られた話。 ただ、新型コロナウイルスもそうなのかどうかはまだ検証が済んでいないのが実情です。 東南アジアは現在、暑気と呼ばれる一年で最も暑くなる時期ですが、シンガポールやインドネシアは日本よりも感染者数が多く、とくにシンガポールは人口が570万人と日本の5%にも満たないにもかかわらず感染者数は1. 7倍ほどに及んでいます。 それゆえ岡田教授が安易に『高温多湿と紫外線が大っ嫌い』と公言するのは、とても専門家とは思えないほどに根拠の薄い発言ではないでしょうか」(医療系ライター) 5月2日付の朝日新聞デジタルでは、シンガポールの医師が「ある環境においては機能する期間が短くなるというだけ」と説明する記事を掲載。 ウイルスの寿命が短くなっても、生きている間は「十分に人を死に追いやるだけの力がある」と警告している。 また紫外線に関しても「ウイルスがほこりの下についているような状態なら、効果はありません」と明言しているのだ。 「この説明を聞けば、岡田教授の言う『大っ嫌い』というのが実情に合わない表現で、いかに素人じみているかがわかるというもの。 果たして岡田教授は高温多湿になったら、自身のコロナ対策をゆるめるおつもりなのだろうか。 (北野大知).

次の

モーニングショー「撮り鉄集結」写真を誤紹介 実は2カ月前でした...放送中に訂正・謝罪: J

羽鳥慎一モーニングショーライブ配信中

リフォーム専門店もトイレやキッチンが中国から届かず、入居者も困惑。 朝日新聞の世論調査で、五輪について「延期がよい」が63%。 (同社が21、22両日で行った世論調査では、73%に増加した) 家庭内で1人が感染すると、別の部屋に隔離しなければいけないのだが、実際には難しい。 埼玉県越谷市の6人家族のケースでは、高校生の娘が発症して、みんなが感染してしまったという。 身近で感染者が出たらどうするか。 実際には、受け入れ先もなく、自宅に一緒にいれば、感染は避けられない。 だが、政府も、厚労省も、何ら手を打っていない。 どうするんだ! 思わずテレビに向かって、そう叫んだ。 3月18日、水曜日。 アメリカではコロナ蔓延で、銃がバカ売れ。 韓国の宗教団体が、口に入れた容器を使いまわして、感染拡大。 国内の若者たちは、オンライン呑み会開催。 SNSで、コロナのために解雇されたという書き込みが増えている。 イギリスの対策は「抗体を持つ人がバリアとなって終息させる」 8時26分。 岡田氏、淡い春色のセーターで登場。 この女性、毎日、洋服を替えとるな。 疲れが顔に出ている。 休んだらいいのに。 一度休んだら、二度と出られないなんて心配しているのかな。 テレビとは離れて、日本とは違うイギリスの対応の仕方を、週刊新潮(3/26号)から紹介する。 日本とは対照的な政策をとっていると、新潮が報じている。 ジョンソン首相は、今後さらにみなさんの愛する人を失うことになるだろうと、国民に覚悟を求めた。 だが同時に、医療専門家などを同席させ、「科学に基づき、適切なことを、適切なタイミングでやる」と、国民に安心も植え付けたというのである。 さらに、政府の首席科学アドバイザーが、「全ての人の感染防止は不可能であるし、望ましいことでもない。 なぜなら、人口の何割かの人々がウイルスに対して免疫を持つことが、将来、我々自身を守るために必要だからである」と語った。 この意味は、「抗体保持者が60%を超えたあたりから彼ら自身がバリアとなり、感染を終息させるという考え方」(在英国際ジャーナリストの木村正人)だそうだ。 政府や専門家というのは、こうした科学的な説明をして、国民に安心感を与えなくてはいけないと、私は思う。 現金給付vs消費税減税で激論 後半に、片山さつき参院議員と藤井聡京大教授が登場。 片山氏は、経済対策には現金給付が先。 藤井氏は、消費税減税を絶対にやれと主張。 片山氏は、1人5万円、それに貸し付け、家賃などの延納を認める。 藤井氏は、それだけではダメ。 6月から消費税をゼロにしろ。 片山氏、そんなに速くはできない。 藤井氏、最短2カ月でできる。 再び上げるときは、自動的に上げられる法案を通しておけばいい。 玉川氏、膵炎などの治療薬であるナファモスタットというのが、コロナウイルスに効くといいだす。 効くのか効かないのかという段階ではないようだが。 ここでも、発熱外来、ドライブスルーをやれという話に。

次の