慈しみの意味。 慈しみとはどういう意味?

「慈しみ」の意味と使い方とは?類語表現も解説【例文つき】

慈しみの意味

「慈しむ」の意味と由来は? 「慈しむ」の意味は「愛情を注いで可愛がること」 「慈しむ」とは「愛情を注いで可愛がること」を意味します。 「慈しむ」とは弱い人や自分より立場が下の者を大切にすることを表す言葉で、大事大事に思い愛情をもって深くいとおしむことを指しています。 また、相手を いたわり育てるという意味も持ち合わせています。 たとえば、両親が子供を大切に大事に育てるさまや、幼稚園の先生が幼児に対して愛情をもった優しいまなざしで接することなどを「慈しむ」と言います。 「慈しむ」の由来は平安時代の「うつくしむ」 「慈しむ」は平安時代に使われていた言葉「うつくしむ」が、時代の影響で「大切に祭る」という意味の「いつく(斎く)」へと連想され、結果として「いつくしむ」へ語形変化して生まれた言葉だと言われています。 「慈しむ」の読み方と別の表記 「慈しむ」の読み方は「いつくしむ」です。 音読みが「ジ」なので「じしむ」などと誤読しまわないようにして下さい。 また「慈しむ」は「愛しむ」とも書きます。 どちらも正しい使い方で、同じ読み方と意味を持つ同音同義語となります。 「慈しむ」の使い方と例文 「慈しむ」は目上の人には使わない 「慈しむ」は目下の人やかよわい人など、一般的に「自分より弱い人」に対して使われる言葉です。 そのため、自分より立場が上にいる人に対して「慈しむ」という表現を使うのは不適切になります。 例として、職場では上司や先輩、プライベートでは両親や祖父母などに「慈しむ」という表現を使うのは適切ではなく、相手の解釈の仕方によってはむしろ失礼にあたる場合があります。 もちろん、目上の人でも高齢者の方や身体が弱い方もいらっしゃいます。 この場合は状況によって「慈しむ」を使うことは無きにしも非ずです。 基本的に「慈しむ」は弱い人を大事に愛情を注いでかわいがる」となりますが、軸の意味を明確に理解して、正しいシチュエーションを取捨選択するようにしましょう。 「慈しむ」を使った例文• 同僚は子供を愛しむ素晴らしい父親である。 人を慈しむ気持ちがあれば、誰にでも優しくできるものだ。 祖父母は我が子を慈しむように、他人の私たちを可愛がってくれた。 部下を育てるには厳しいばかりではなく、むしろ慈しむ気持ちをもって育てていくことが大切である。 子供にとって他人を思いやり、他人を慈しむ心を持つことは大切なことだ。 慈しむ心を育てながら、自立心も養っていこう。 息子を愛おしむ気持ちは、成人してからも変わらない。 単身赴任で家族と離れていることもあり、子供たちを愛おしむ気持ちが倍増した。 まとめ 「慈しむ(いつくしむ)」とは「弱い人や自分より立場が下の者を大切に可愛がる、愛情を注いで大切にする」という意味を持ちます。 「慈しむ」は「愛しむ」とも表記することができ、同じ意味で使われています。 同音同義語となるため、メールや文書をタイプする時に迷いがちですが、文章の性質や内容を考えてしっくりくる方を選ぶようにすると良いでしょう。 また、「慈しむ」は目上の人や自分より強い立場にいる人に対して使うことはありません。 うっかり目上の人に使ってしまい、相手に誤解を与えないように気を付けましょう。

次の

慈しみとは?慈しみ深い人の特徴と慈しみ深い名言集

慈しみの意味

聞き上手な人が多いのが慈しむ心を持つ人の特徴としてまず挙げられます。 人に対して真剣に向き合うことができ、誰かの相談役としての役割を担うことが多いです。 人の話を親身になって聞くことができ、ときにはアドバイスができる人を指します。 人に真剣に向き合うことはとても難しいです。 ですが聞き上手で慈しむ心を持っている人は、人に対して真剣に相談事にも乗ってあげることができます。 そうした理由から、慈しむ心の持ち主の特徴として周りに自然と人が集まることが挙げられます。 また、そうした理由から異性にモテる人も多いです。 人に対して誰にでも平等に接して、他人のことを自分のことのように思いやり愛情を持って接することができる慈しむ心を持っているからこそ、聞き上手な人が多いことがその特徴として言えます。 また、いつでも思いやりに満ちた行動をとることができる人も慈しむ心の持ち主として挙げることができます。 思いやりの気持ちを持っており、周りの人の立場になって状況を冷静に見ることができることがその特徴として挙げられます。 思いやりのある優しい人という側面だけではありません。 慈しむ心を持っている人はただ優しいだけでなく本当に人のためになることをするという特徴も挙げられます。 なので時には人に注意をしたり、叱ることもあるなど、悪いことがあればちゃんと指摘もします。 その人が本当に人として成長できるようはからうことができるからこそ、思いやりに満ちた行動を取ることができます。 なので親心を表す時に「慈しむ」という言葉の使い方をすることが多いということがその理由として挙げられます。 他者に怒りを向けないことも慈しむ心を持っている人の特徴として挙げられます。 人は誰しも怒りや悲しみといった感情を感じる時は現れます。 ですが、他者に対してその気持ちをあからさまに出したりはせず、そっと心の内にしまってしまいます。 例えば仕事でミスをしてしまったとき、そのミスを犯した人を責める人がいます。 ですが慈しむ心の持ち主は決してその人を責めたりはせず、注意はすれど起きたことは仕方がないと一緒にそのミスを補填するための手助けをしてくれるなどの行動をとります。 なので仕事においても人から慕われることが多く、良い先輩、良い上司として見られる人が多いのが慈しむ心を持つ人の特徴です。 怒りや悲しみなど自分のネガティブな感情は出しませんが嬉しい気持ちなどは素直に出すという人が多いのも特徴です。 そして、最終的に一緒にいて安らぎを感じることができるのが慈しむ心を持っている人の大きな特徴と言えるでしょう。 聞き上手で人のための行動ができる慈しむ心を持っている人は、どんな愛情表現よりも強く愛情や優しさを感じることができます。 自分はこの人に愛されている、この人に悪く思われてはいないと信頼を感じやすいことが慈しむ心を持っている人の大きな印象のひとつと言えます。 だからこそ、一緒にいると安らぎを感じられ、もっと一緒にいたいと思う人が多いことが挙げられます。 いつでも他人に対して真剣に向き合うことができる人は信頼も厚く、人から慕われる人としての側面を持ちます。 いつでも自分のためよりも他人のための行動を取ることができる心の余裕があることが、慈しむ心の持ち主の大きな特徴です。 慈しむ気持ちを持つためには他人に真剣に向き合うことが必要です。 なので、その時々の状況に応じて、人はどのような気持ちを抱くのかを知る必要があります。 人の気持ちを知るためには、まず自分の気持ちを知ることから始める必要があります。 この状況で自分がどんな気持ちを感じているかが自分でわからないことには慈しみの心を持つことはできません。 まずは自分の気持ちを理解することから始めましょう。 何かをしている時、映画やドラマを見た時自分はどう感じたか明確に考えましょう。 そうすることで、冷静に自分の気持ちを把握することができます。 もちろん人によって気持ちの捉え方や感じ方はそれぞれです。 なので、合わせて自分はこう感じたけれど他の人はまた違う考え方、捉え方をするという気持ちの違いがあることも知りましょう。 自分の気持ちがちゃんとわかるようになったら次のステップです。 次は相手の気持ちについて考えてみましょう。 人の話を聞いている時に、自分がその人の立場だったらどう感じるのか、どんな行動を取るのかを想像してみましょう。 自分がどんな行動を取るのか想像することで、他人の気持ちを慮ることができます。 人は相談を受けた時、その答えとして正しい行動を思いついても、実際その立場になったらできないということもあります。 なので最善策が必ずしも解決策ではありません。 相手の気持ちを思いやり、その人の立場になって想像してアドバイスができる人になることが、慈しむ心の持ち主になるための一歩です。 そうすることが相手と真剣に向き合うということにつながるので、常日頃相手の気持ちを考えてみましょう。 そして、慈しみの心を持つ上で、相手を思いやる気持ちはとても大切です。 人のネガティブな感情は見せられている側もネガティブな印象を持ちます。 だからこそ、怒りや悲しみといったネガティブな感情は感じても表に出さないことを心がけましょう。 もちろん人に対して注意をしたり叱ることはあって当然です。 ですが自分のネガティブな気持ちをぶつけることとはまた意味が異なります。 逆に相手への思いやりとともに素直に楽しい、嬉しい気持ちを出すことは相手もポジティブな気持ちにさせます。 人を明るい気持ちにさせることもひとつの思いやりや優しさとしての意味を持ちます。 ポジティブな気持ちを素直に表に出しましょう。 そうすることが優しさのひとつです。

次の

「慈しむ」とは?意味や使い方を解説!

慈しみの意味

人の死に直面した時や病気の人と接する時に、その人が元気であった時の事を想って過去の戻れない時を想って慈しむ事ができます。 例えば、夫婦である場合には旦那さんがもうすぐ死ぬという場面で、過去にもう少し優しくしてあげれば良かった、もっと色々な場所に出掛けたかったという風に相手の事を想いながら思い出します。 その時というのは、自然と相手の事を想いながらあれこれ思い出すものです。 人は、人を愛するという事に限界を感じにくいものです。 どれだけ愛しても愛しきれないという言葉があるように、過去の戻れない日々を想って慈しみ、相手を想うという事に限界はありません。 もっと愛してあげれば良かったという風に感じる時こそ、過去の戻れない日々に思いを馳せているという時に慈しみを感じるという事なのかもしれませんね。 愛し合うと混同してしまう事もあるかもしれませんが、愛し合うよりももっとお互いの事を心から想い、自分よりも相手を優先するような気持ちが心情に表れているという事も言えます。 また、「慈しみ」というのは、古来から日本らしい奥ゆかしい心情を表現する表現法として使用されてきました。 その為、この言葉を使った俳句や歌などが多く残されています。 愛する相手に対して贈る歌を作る際には、必要不可欠な言葉であった事がこの事からもわかりますよね。 そして、その歌を受け取った相手もまた、相手の事を想い、慈しみという言葉を使って歌を返すというやり取りがなんとも、奥ゆかしいですよね。 相手の事を大切に想う気持ちが、込められた言葉であると言えます。 しかし、慈しみの心を持った人というのは、他者を責めるという事はまず、しません。 子供が何か悪い事をした時に、親は叱る事はあっても責めるという事はしませんよね。 それは、親が子供に対して惜しげもない慈しみの心を持って接している事が関係しています。 親は、子供の為を想っての気持ちが子を叱るという事に繋がっているのです。 この感情を他人に対して持つという事は、容易な事ではありません。 しかし、この気持ちを他人に対して持つ事ができれば、自然と相手の事を慈しみ接していく事で、自然と相手もあなたに対してそうしたいという風に感じてくるという可能性もあります。 血のつながりがあったとしても、子供も一人の人間です。 その為、自分と全く同じ価値観を持っているという事はまず、あり得ません。 自分とは違う人間の考えをそのまま受け入れようとするには、まず相手の話をよく聞く事です。 相手と懇意になってくると、自然と相手の事を理解しようとしなくても理解できているかのような錯覚に陥ってしまうので、そういう意味でも意見の食い違いが起こってしまうという事も否めません。 その為、どんなに親しくなった間柄であっても、必ず面と向かって話し合うという事は大事な事です。 相手の本音を聞こうとする姿勢こそが、相手にもあなたが本当に自分の事を理解しようとしているんだという風に思わせる第一歩です。 もし、仲の良い相手と最近、イマイチ理解し合っていないような感じがあるのであれば、一度話し合ってみるというのもおすすめです。 他者の本音が、必ずしもあなたの考えていたものだとは限りませんよね。 その為、あなたが聞きたくなかった事も聞く事になってしまう事もあるでしょう。 慈しみというのは、相手のそのままを受け入れる事です。 そして、その事を聞いたうえで相手を受け入れながらも愛すという事になります。 これは、子供と親の間でのやり取りでも多く見られますよね。 しかし、子供も一人の人間として認識し、自分の思い通りに動かないという事であっても頭ごなしに怒っては相手も余計に話を聞いてくれません。 そういう意味でも、一人の人間としてしっかりと見つめ、「この子はこういう性格なんだ」という風に理解しましょう。 そして、それも一つの個性として認める事も大事な事です。 相手の個性を認めるという事は、案外難しい事ですが、その事で相手とも意思疎通ができるようになる事も少なくありません。 ぜひ、お互いの事を認め合うという事を意識した行動を心掛けましょう。 それは、あなたの事を想って言ってくれているという風に感じているからです。 中には、そうは思わないという人もいると思いますが、その場合には理不尽な怒り方をされたり、自分の感情のまま怒りをぶつけられた事があるからではないでしょうか?そうなれば、あなたに対しての愛情を感じる事もなく、疑念しか残りません。 そうではなく、愛情を感じる叱り方はしっかりとあなたに残ります。 慈しみを感じる怒り方で育てられた子供は、親に対して安心感を感じて育つという事です。 両親の愛情を感じながら育った子供は、自分の子供に対しても同様に慈しみを持って接する事ができるのです。 慈しみという言葉は、一見すると特別な人しか身に着ける事ができない精神であるという風に感じる人もいると思いますが、ちょっとした意識を変えるだけで身に着ける事もできるんです。 相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手に対してしてあげたいという気持ちが強くなりますよね。 そういう意味でも、慈しみの精神を身に着けるという事は、難しいようで実は簡単な場合もあります。 子供を産むと考え方が変わるとよく言いますが、それと同じで守るべきものができると途端にできるようになる事もあります。 もし、慈しみの気持ちを持って相手と接したいという場合には、まずは自分自身の考え方を改める事が大事な事です。 そうする事で、相手に対して無償の愛を注ぐ事ができるはずです。

次の