アラジン ジーニー の 歌。 歌・サントラ|アラジン|ディズニー公式

ディズニーのアラジンの曲で ジーニーが歌っている,『ワハッハーどう...

アラジン ジーニー の 歌

タップできるもくじ• 実写版アラジン劇中で流れる曲を全て紹介 Arabian Nights アラビアンナイツ アラビアの夜を表現した一曲です。 歌は ジーニー役のウィルスミス(日本語吹き替えは山寺宏一)が歌っています。 映画の冒頭のシーンで、船に乗るジーニーが過去を回想する際に流れ始めました。 ここのシーンは個人的にすごくお気に入りでしたね。 アグラバーの町の様子をあたかも自分がそこにいるかのように見渡すことができるので、アニメ版から見ていた人にとってはちゃんと実写化されていることに感動を覚えたのではないでしょうか? ウィルスミスが歌うバージョンでは Arabian の発音を「アラビア」ではなく、 「 アレイビア」とネイティブに発音しており、 アレイビアーナーーーイッ という歌詞のフレーズがめちゃめちゃ癖になりました。 映画の始まりにふさわしい曲で、最初からクオリティーの高さにテンションが上がった方も多いことでしょう。 One jump ahead ワンジャンプアヘッド) アラジンが町で盗みを働き、兵隊から逃げる際に流れる曲です。 字幕版ではメナ・マスード、吹き替え版では中村倫也が歌っています。 One jump aheadとは日本語で「 先手を打つ」という意味になり、兵隊なんかには捕まらないよという少し煽り要素の含まれる曲になっています。 アラジンの少年っぽさがうまく表現されている一曲ですね。 アニメ版アラジンでは少年アラジンが家から家へと飛び越えたり、大きくジャンプをして危険を恐れない姿が印象的でした。 もちろん実写版のアラジンもそのような姿を見せてくれましたよ。 屋根を飛び移ったり• ロープを使って兵士から逃げ切ったり• 壁を蹴りながら登ったり と期待通りのアクションを見ることができ満足です。 めちゃめちゃ練習したんだろうな〜〜。 Friend like me(フレンドライクミー) この曲はランプの精霊ジーニーが、 3つの願い事を叶える方法をアラジンに紹介する曲です。 字幕版はウィル・スミス、吹き替え版は山寺宏一が歌っています。 ジーニーがいればどんなことができるのか、何を手に入れられるのかをコミカルに歌い上げています。 実写版アラジンではウィルスミスの動き1つ1つがおもしろいので、アニメ版に負けないくらい気分が上がる一曲にです。 劇中でジーニーの言葉にあったのですが、ご主人様に対して友達だと言ったのはアラジンが初めてだと話していました。 なのでこの「Friend like me」も ジーニーが初めて歌った曲だということがわかりますね。 テンションの高さとノリのよさで歌い上げたと思うと、さすが宇宙一の魔人だということを改めて思い知らされました。 歌い始める前にあるアブーのシーンはシアター内爆笑でしたね。 (笑) Prince Ali(プリンスアリ) アラジンがジーニーのおかげで王子になり、アグラバーの宮殿へ行進するシーンで流れる曲です。 アラジンとジーニーの2人によって歌われており、 字幕版ではメナ・マスードとウィル・スミス、吹き替え版では中村倫也と山寺宏一が歌っています。 巨大な像に変身させられてしまった猿のアブーをはじめ、ダチョウやラクダなどの様々な動物を引き連れて大行進するシーンは迫力満点です。 歌詞の内容ですが、とにかくアリ王子(アラジン)はお金持ちで力持ちですごいんだぞというジャスミン王女に対するアピールの曲になっています。 これが残念ながら、逆効果になってしまうんですがね。 「動物をたくさん飼っているんだぞ!動物園のような感じだ!!」 と、ひたすら動物の数をアピールするのですが、当時の世界観では動物をたくさん持っている人間がすごいという認識だったのでしょうか? あるいは私の考えですが、アピールしていた動物が皆、人やモノを運ぶのに優れていたので移動手段となる動物が貴重な存在だったのですかね? A whole new world(アホールニューワールド) アラジンといえばこの曲と答える人が多いのではないでしょうか? 作曲したアランメンケン本人も、 これは売れると自信を持って送り出した一曲です。 アラジンとジャスミンのデュエット曲となっています。 字幕版ではメナ・マスードとナオミ スコット、吹き替え版では中村倫也と木下晴香が歌っています。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って、見たことのない新しい世界を見に行きます。 きっかけは 本や地図だけを見て実際には世の中を見たことがないジャスミンに、アラジンが世の中を見せてあげたいと思ったことからでした。 空高くまで飛んで行ったり、滝ツボぎりぎりまで突っ込んでいったり、アグラバー全体を外側から見たり......。 さすが現代の発達した技術と言うべきでしょうか、綺麗な映像とともにアニメ版が忠実に再現されていました。 ですが残念な点もありました。 期待度が大きかっただけに、 鳥肌が立つような感動を覚えなかったという点です。 確かに映像が綺麗で、魔法の絨毯で空を飛ぶシーンはよくできているとは思いました。 しかしそれを再現するための CG感が、なんとも言えない違和感を生んでいたのです。 背後の景色に2人がうまく溶けきっていないため、見ている方もその世界観に入りきることができませんでした。 Speechless(スピーチレス) アニメ版にはなかったジャスミンによるソロ曲です。 字幕版ではナオミ スコット、吹き替え版では木下晴香が歌っています。 Speechlessとは日本語訳で「 無音、心の声」という意味です。 この時代は女性という理由だけで言葉に影響力がなく、政治にも参加することができませんでした。 過去 1000年間の中でも女性が王になった例はないと、劇中でも触れられていましたね。 そんな自分の境遇を歌にしたジャスミンの強さが垣間見える一曲になっています。 歌詞の内容を簡単に解説すると、「 どれだけ自分の言葉が封じられようとも、私は決して諦めずに言葉を発し続けるわ」と伝えています。 映画の前半で歌われるPart1バージョンと後半で歌われるPart2バージョンに分かれており、それぞれでジャスミンの歌い方や感情の込め方が大きく異なります。 特にPart2の方は鳥肌もので、 ここまで感情を込めるか!! といった印象を受けました。 実写版アラジン劇中で流れる曲を全て聴く方法 実写版アラジンで流れた名曲たちをもう一度聴きたいという方も多いでしょう。 そんなあなたにおすすめの方法が に登録して、快適に聴くという方法です。 今なら 31日間の無料お試し期間が用意されており、気に入らなければ退会することもできます。 また、今回紹介した曲以外にも劇中で流れていたバックサウンドなど全てサントラで楽しむことができます。 にはアラジン以外の数多くのディズニー音楽も用意されており、ディズニーランドやシーのテーマ曲なども聴くことができますよ。 もちろんYouTubeで再生することも可能なのですが、 広告が必ず挟まれるので快適に聴くことができないし、何より通信料が大きいので外出先で聴くことができません。 なので私はそんなデメリットのない をおすすめします。 中でも私の1番のお気に入り曲は「」です。 また、登場するキャラクターの中でもお気に入りが存在します。 それは「」という召使いです。 映画を観た人なら記憶に残っている人も多いはず。 ハキームとはどんな人物なのか、「 」という別記事で紹介していますのでぜひ見てみてください。 また繰り返しになるのですが、実写版アラジンの劇中歌をサントラで聴くなら をおすすめします。 通学中や通勤中にもう一度アラジンの世界に入り込むことができるため、ぜひ試して見てください。

次の

実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

アラジン ジーニー の 歌

ディズニーの人気長編アニメーションを実写化した映画「アラジン」(ガイ・リッチー監督、6月7日公開)で、俳優のウィル・スミスさんが演じるランプの魔人ジーニーが名曲「フレンド・ライク・ミー」を歌う映像が28日、公開された。 ジーニーが、三つの願いをかなえる魔法のランプの使い方を同曲に合わせてノリノリで解説する姿が収められている。 公開された映像は、アラジンとジーニーの初めての出会いが映し出される。 ジーニーはアラジンに魔法のランプについて歌を交えてノリノリで説明するが、清い心を持ち、欲望とは縁遠いアラジンは「どう願えばいいの?」と一言。 あまりのアラジンの私利私欲のなさに、さすがの魔人も「今の歌で全部説明したろ!?」と頭を抱えてしまう……という内容。 2人のコミカルな掛け合いが収録されている。 ジーニーを演じたスミスさんは「今作に入っていく時、僕の心には恐れがあったんだ。 ロビン・ウィリアムスが素晴らしい演技をしたからね。 続けて、「この音楽の奥底に、クラシックなヒップホップのビートを感じた時、『これぞ、自分の曲だ!』と感じられたんだ。 そんなふうに、ヒップホップと遊んでいるうちに、ジーニーが生まれていったんだよ。 「フレンド・ライク・ミー」の制作を担当したアラン・メンケンさんは、スミスさんが歌う同曲を初めて聴いた時のことを「ホッとしましたよ。 とても素晴らしかったからです。 私から何も指示を出す必要はありませんでした」と振り返り、「彼のパフォーマンスはロビン・ウィリアムスとはまた別のもので、独創的。 そしてあのエネルギーね! 彼が自分の歌を歌い、大いに気に入ってくれているのですから。 もう最高ですよ!」と絶賛した。 「アラジン」は、人生を変えるチャンスを待つ青年・アラジンと、新しい世界に飛び出したい王女・ジャスミンの身分違いのロマンスと、三つの願いをかなえる魔法のランプをめぐる冒険を描いた物語。 劇場版アニメが1993年に日本で公開された。 実写映画では、アラジンをメナ・マスードさん、ジャスミンをナオミ・スコットさん、ランプの魔人・ジーニーをスミスさんが演じる。 日本語吹き替え版では、アラジンの声を俳優の中村倫也さん、ジャスミンの声をミュージカル女優の木下晴香さんがそれぞれ担当する。

次の

映画『アラジン』オリジナル・サウンドトラック

アラジン ジーニー の 歌

この記事の目次• 実写映画「アラジン」ジーニーとダリアは結婚した? 実写版アラジン、ジーニーがウィル・スミス過ぎるだろ — 堀口 貴也 Takayahoriguchi 実写映画「アラジン」では、アニメ版には描かれていない、もう一つの結末がありました。 それは、ジーニーとダリアが恋に落ちて、物語の最後で結婚するというエピソードです。 ジーニーはアラジンの最後の願いで人間となりましたので、ダリアと結婚をすることができたのでしょう。 作中では正式に「結婚した」とは明記されていませんでしたが、あらゆるシーンから推測すことが可能であり、結婚は間違いないものだと思われます。 アニメ版では、アラジンの最後の願いは「ジーニーに自由を与える」ものでしたが、実写版では自由になることに加えて、ランプの精霊の姿から人間へと変わっていきました。 そして、ジーニーに恋心を強く抱いていた、ダリアが駆け寄り、 ・一緒に世界を旅をする ・結婚をする ・子供は2人欲しい このように言葉をまくし立てて、2人は正式に結ばれることになりました。 実写映画「アラジン」ジーニーとダリアの恋愛関係はオリジナル? ジーニーとダリアの恋については作中から多くの伏線がはられていました。 ジーニーは実写版でもアニメ版同様にランプの精霊として登場しますが、アラジンが「プリセンス・アーリー」の間はアラジンの仕えとしての役割を果たします。 その間は自分の魔法で人間の姿になっており、事情の知らない人からすれば本物の仕えだと思うでしょう。 人間の姿に変身したジーニーは、アグラバーの街から宮殿前までの大通りでパレードのような行進を指揮しており、かなり目立っていましため。 他にも、アラジンとともに宮殿内でサルタン、ジャスミン、ジャファーたちと対面をしており、後ろから細かく指示を出していました。 ダリアはジーニーの容姿に一目惚れてしまい、ジャスミンに対して「かなり魅力的」と伝えていましたね。 ダリアはジーニーと恋に落ちたいため、アラジンとジャスミンをくっつけようと計画していた節もありました。 アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で「ホール・ニュー・ワールド」を歌うシーンの直前、ジーニーがダリアを誘い出すシーンがあります。 ダリアは興味がないそぶりを見せながらも、裏ではジャスミンにガッツポーズを送っていましたね。 そして、演じていたナシム・ペドラドの表情も役になりきっており、アニメ版にはない非常に印象的なシーンでした。 映画を鑑賞する前は、「なぜダリアという新キャラが登場するのだろう」と思いましたが、その理由が物語を通して徐々に明らかになっていきました。 実写映画「アラジン」ジーニーとダリアのその後は? 実写映画「アラジン」ジーニーとダリアのその後について記載していきます。 実は、2人のその後の生活については、映画の冒頭シーンに描かれています。 このシーンは、ジーニーとダリアの恋の結末が描かれおり、作中での2人の関係への伏線にもなっています。 冒頭シーンではある家族が船で旅を続けており、そこから物語が始まっていきます。 船に乗っているのは、 ウィル・スミス ナシム・ペドラド 女の子1人 男の子1人 この4人でした。 あとは数名の船員が操縦をしていました。 すでにお分かりだと多いますが、冒頭シーンに登場しているこの4人は家族です。 父親のウィル・スミスが最後の願いで人間になったジーニーで、母親のナシム・ペドラドはダリアです。 そして、子供2人は彼らの子供であり、作中最後ででダリアが言っていた「子供2人」というわけです。 セリフから名前は姉がリアン、弟がオマールで年齢は3歳差ということまでわかりました。 作中では、子供2人が隣に航送する大きな客船を見ながら、 「豪華な世界があるんだね」 と発する言葉に対して、ジーニー(ウィル・スミス)が下記の言葉を返します。 「そろそろ話してもいい頃かな」 そして、ジーニーが自身の過去を回想をする形でアラジンの本編がスタートします。 船に乗っているのは、もちろん、アニメ版と同じくジーニーが世界旅行を希望したからに他なりません。 すでに人間になったジーニ〜は魔法を使うことができないため、船での移動となったわけです。 アニメ版ではジーニーは魔法で空を飛んで世界旅行へ出かけます。 先ほども記載しましたが、 ・一緒に世界を旅をする ・結婚をする ・子供は2人欲しい これを冒頭シーンで描いており、作中への大きな伏線としているわけですね。 アラジンからジーニーへの最後の願いについて、詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

次の