ダイヤモンド スマイル 歌詞。 なにわ男子『ダイヤモンドスマイル』という神曲を知ってほしい話

ダイヤモンドスマイル / なにわ男子 歌詞 パート割

ダイヤモンド スマイル 歌詞

正確には、恒星のプラズマのなかで、音の放出によく似た物理的メズムが生じる。 内のユニットであるなにわ男子に贈られた2曲目のオリジナルソング「ダイヤモンドスマイル」の最初のフレーズだ。 甘く繊細なささやきと共に、ステージに青い光が差す。 今日は、ヒロインへ歌うラブソングであり、夢を追う人の背中を支える歌でもある「ダイヤモンドスマイル」、この曲の話をしたい。 私は「ダイヤモンドスマイル」が好きだ。 コンサートでイントロが流れた途端に泣き始めるくらいには好きだ。 生まれたてほやほやのなにわ男子に差し込んだ未来へ続く光であって、彼らに「なにわ男子らしさ」を授けてくれた曲であると思っている。 これはあくまで私の解釈で、これから記すこともすべて個人的な感動である。 このブログを書いた意図は、感情を押し付けたいということではなく、むしろ、みんなのダイヤモンドスマイル鑑賞文が読みたい、というところにある。 みんな鑑賞文書いて。 ここからは歌詞をなぞりながら、好きなポイントをあげていこうと思う。 ダイヤモンドスマイルを知っている人は思い出しながら、知らない人は聞きながら読んでほしい。 (私個人の意見としてはMUSIC FAIRに出演した際の演出が傑作なので、近くの親切ななにわ担に頼んで見せてもらってほしい。 ああなぜなにわ男子のパフォーマンスはこれほど美しいのに手軽に見られないのか……) 冒頭でもふれたように、ダイヤモンドスマイルは甘いささやきから始まる。 まずこれが良い。 とても良い。 大抵の音楽番組では「なにわ男子で『ダイヤモンドスマイル』です」と曲紹介をされて、やたらと顔の良いかわいらしい青年たちが王子様のようなブルーの衣装をまとってステージへ歩いていく。 視聴者は「なにわ」の言葉のイメージと「ダイヤモンドスマイル」のもつ透明な響きをもてあそぶ。 完全に物語の始まり。 グリム兄弟も思わず生き返って執筆すると思う、私は。 西畑くんが繰り返す「もっと」も良い。 完璧なアイドルの顔で歌っているときも良いし、秘めた決意を残さず注ぐように歌うときも良い。 (後者では犬歯が見えるなどしてかなり良い。 ) 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More いいよ。 愛してる。 なにわ男子らぶゆー 大橋くんの歌う「特別なそのSmile」は真実の重さがあって良い。 大橋くんの笑顔は、46億年を見てきた赤ちゃんのような笑顔だと思う。 すべてを知っている生まれたての笑顔。 特別でしかない。 ここから道枝くんと高橋くんのパートへ続くのだが、この2人は存在が。 顔の良い2人が向かい合って歌う図、ジャニオタとかジャニオタじゃないとか男とか女とか関係なく人類皆平等に好きだからみんな見て。 道枝くんと高橋くんの共通点はたぶん真っ直ぐなところで、それが本当にひしひしと伝わってくる。 同じ魅力をもった正反対の2人とか無敵すぎませんか?幼馴染の道枝くんと高橋くんに手を引かれるヒロインの図が毎回毎回浮かぶ。 お願い、ドラマ化して。 長尾くんの「の瞳」も良い。 私は長尾くんのが好きだ。 ステージの光を集めてタピオカのようにきゅるきゅるしているのもいいし、陰のある役を演じているときの底の知れない深さのある瞳も好きだ。 あともう一つ、私は長尾くんの衣装についている白いモフモフの襟が好きだ。 みたいでかわいい。 かわいい。 長尾くんはかわいい。 「覗き込めば 吸い込まれそうさ ぎゅっと」は大西くんのパートである。 彼は努力と経験によってその技を得たカメラアピールの申し子であるから、「覗き込めば」ではカメラを見つめ、「ぎゅっと」では手を伸ばしてテレビのこちら側にいる私たちをぎゅっとしてくれる。 そのあまりの求心力に、今まで「ダイヤモンドスマイル」を披露したほとんどの番組では、カメラが「吸い込まれそうさ」に合わせてズームをしている。 カメラマンさんさえも魅了する大西くんをみんな見てくれ。 そして一緒に吸い込まれよう。 プラチナのジェットにのって 気まぐれな奇跡に酔って 瞬きが終わる頃 僕だけの君でいてね このパート、良い。 すごく良い。 藤原くんの甘い声で届く「気まぐれな奇跡に酔って」が良すぎる。 気まぐれな奇跡ってなんだろう、「気まぐれな(彼女が自分の方を向いてくれている)奇跡(のような時間)」ということか。 それとも、「気まぐれな(先の見えないこの世界で)奇跡(のように充実している時間)」ということなのか。 でもそのあとすぐに「瞬きが終わる頃 僕だけの君でいてね」と歌う。 奇跡は気まぐれなのに、その存在をこの場にとどめようとする。 瞬きが終わる頃とは、いつなのだろう。 眠りにつくときなのか、命が終わるときなのか、はたまた永遠を言っているのか・・・ ね、このパートすごく良い。 お兄さんな3人が歌っているのも良い。 3人のソロパートはそれぞれが違った表情をしていることが多いけれど(その中でも私はとりわけ藤原くんのおどけたような表情が好き)、声が重なる「僕だけの君でいてね」では一瞬目を合わせた3人が同じ顔をする。 魔法の合言葉。 私はこの瞬間が大好き。 と、ここまで散々好きを散らかしておいて、ここで満を持してのサビの登場である。 Oh ダイヤモンドSmile Shine Your ダイヤモンドSmile Dream 1秒先はもっともっともっと輝く キラいな自分 好きな自分 素直に言えたらイイね そう星屑も Shine とろけるほど Dream 甘い運命感じて 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More 永遠に煌めけ 良い。 すごく良い。 めっちゃ良い。 「1秒先はもっともっともっと輝く」の大西くんがすごく良い表情をするんだ。 歌っているときももちろんだけど、フレーズを歌い切ったあとの満足そうな顔。 素晴らしい。 君のその顔が見たくて、私はコンサートに行くんだよ。 キライな自分 好きな自分 素直に言えたらいいね キライな自分をキライなままでいてもいいということ、キライな自分を無理に好きにならなくてもいいということ。 なんて、なんて美しい歌なんだろうね。 笑顔がダイヤモンドのようだと、まばゆい魔法のようだと歌ってくれる7人が、自分のキライなところをキライなままで肯定してくれる。 優しくて強い歌詞。 そう星屑も とろけるほど 甘い運命感じて かわいいよね。 ここの歌詞ほんとうにかわいい。 鉄の融点が何度とか、そういう話ではない。 そして、大橋くんの「甘い運命感じて」は言うまでもなく最高。 大橋くんの声帯、いつもありがとうね。 ここのパートを任された時の心境とか、いつか聞いてみたいな。 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More いいよ。 愛してる。 なにわ男子らぶゆー(2回目) 永久に煌めけ ここのパートを任された時の心境も聞きたいな。 すごく強い歌詞だよね。 「永久に」も強いし、「煌めけ」だって歌詞全体を見たときに浮き上がるような漢字表記で、おまけに命令形。 西畑くんだからこそ、歌える歌詞だと思う。 決意の歌詞。 ここでまた冒頭の囁きがやって来るわけです。 Your sparking smile is so sweet stone, Bright illusion そして極めつけの 今以上の君が 確かに見えるよ 見える。 見えた。 数えきれない光の海を前にする7人の姿が見えたよ。 君たちは関西で生まれた宝で、これからはみんなの希望になっていく。 「ダイヤモンドスマイル」は、きっとずっと君たちに寄り添ってくれる。 素晴らしい歌をいただいたね。 と、ここまで書いてオチがない恐ろしさと向き合う時間が来てしまった。 一介の関西担として、オチのない話は許されない。 だがそもそもこのの内容はタイトルの26文字で収まっているし、かの有名なだってぶつ切りで終わっているし。 このを通して伝えたいことは次の2つだけ。 ・私は「ダイヤモンドスマイル」が好き ・みんなのダイヤモンドスマイル鑑賞文が読みたい 「好き」の2文字だけでもいいからさ、みんなダイヤモンドスマイル鑑賞文書こう? #ダイヤモンドスマイル鑑賞文ってタグでもつけてさ。 やも子 yamotional.

次の

オール☆ジュエルアイドルズ ダイヤモンドスマイル 歌詞&動画視聴

ダイヤモンド スマイル 歌詞

作詞:古屋真 作曲:加藤裕介 とびきりの舞台が 待ってる ドキドキ 飛び出そうよ 胸張って ワンツースリージャンプ 新しいアクセと キメ顔フォロチケ ゆうき げんき 準備オーケー? トビラからこぼれだす キラキラの向こう側 出会える 始まる オーディション 未来へ ココロきらめきナンバーワン 夢と笑顔がダイヤモンド 胸のジュエル 世界に光れ 私めざめるプリチャン 流れ星より翔け抜けよう どんな 願いだって 奇跡だって 叶うよ コーデチェンジスタート 空へFly Fly Fly ずっと彼方へ だって最高潮 ときめく気持ちで 強く羽ばたける ジュエルチャンス チャンス チャンス 信じてるからきっとスーパースター 超えて見せるから 輝いたステージを咲かそう 憧れのサイズが膨らむ そわそわ 怖いくらい 少しだけ アイ マイ ミー スランプ? 素敵なライバル 可愛いフォロトモ ほんき よわき 私ドンマイ カッコつけずに踏み出そう きっと自分の言葉で 見つかる 描ける 誰も知らないスタイル 瞳プリズムオンリーワン いつか涙はプラチナ ラブはエナジー 宇宙よ染まれ ひとりひとりのメロディ 虹の果てまで響かせよう どんな 景色だって 遥かだって 目指せる We are ジュエルアイドル ツバサ広がるワンダーランド もう離さないファンタジー この宝石 ワクワク 伝えたい どこまでも届け ココロきらめきナンバーワン 夢と笑顔がダイヤモンド 胸のジュエル 世界に光れ 私めざめるプリチャン 流れ星より翔け抜けよう どんな 願いだって 奇跡だって 叶うよ コーデチェンジスタート 空へFly Fly Fly ずっと彼方へ だって最高潮 ときめく気持ちで 強く羽ばたける ジュエルチャンス チャンス チャンス 信じてるからきっとスーパースター 超えて見せるから 輝いたステージを咲かそう 歌詞(かし、英 : Lyrics) 歌詞が先に作られ、後から旋律がつけられる場合(詞先)と、旋律が先に作られて、後から歌詞が作られる場合(曲先)、あるいはその二つが複合した作られ方がある。 なお、現在のJ-POP(日本の歌謡曲)を始めとする東アジアの商業音楽においては、曲先(作曲された曲に詞を当てはめる)で作られる事が多い。 これは東アジアの商業音楽業界が長いあいだ分業制であったためである(欧米のポピュラー音楽において、作曲専門で仕事をする人間はいるが、「作詞家」専門で生活できるほどの年収がある人間は稀である。 これはビルボードチャートなどの9割以上の音楽が、歌唱者または作曲者が歌詞を付けていることから明白である)。 しかし近年では、J-POPの世界においても過去に実績のある作詞家や、プロデューサー業務を兼ねる者をのぞいて、欧米同様の流れになりつつある。 作曲のコンペティションは楽曲以外にもテレビやラジオ番組のテーマ音楽やパチンコなどを含めて多数あるが、作詞のコンペは殆ど無いといっていいほど案件が少なく、作詞家志望の新人が入り込む余地が無い。 — 有名な作詞家 秋元 康のプロフィール プロフィール 名前:秋元 康(あきもと やすし) 生年月日:1958年5月2日 秋元 康とは何者か? 音楽プロデューサーとして、日本作家・作詞家・映画監督とさまざまな顔を持つ秋元氏。 女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」や、「AKB48」を世に送り出した名プロデューサーとしても広く知られています。 現在の大活躍に至るまで、一体どんな道のりを歩んできたのか。 秋元氏についてご紹介していきましょう。 放送作家として活躍し始めるまで 東京都のサラリーマン家庭に生まれた秋元氏。 もともと官僚志望であり東大を目指すものの、中央大学附属高等学校に入学しなかなか勉強に集中できない日々を送っていました。 そんな高校2年生の冬、ニッポン放送『せんだみつおの足かけ二日大進撃!』の番組内コーナーに、20枚にわたって書き上げたパロディ作品を同級生の薦めを受け送ります。 すると社員の亀渕昭信氏(のちに社長)と、放送作家グループに所属していた奥山侊伸氏、二人の目に留まり「ニッポン放送へ遊びに来るように」と声をかけられたのです。 その後出入りするようになってからは奥山氏の弟子となり同グループに所属するようになります。 中央大学文学部入学後は放送作家として活動を始めていましたが、秋元氏にとって「放送作家をアルバイト」でしかなかったそうです。 しかし当時のサラリーマンの4倍近い収入を放送作家業によって得ていたのですから、若い頃から才能あふれる人物であったことは確かでしょう。 こうして秋元氏はごく自然な流れで、放送作家としての道を歩き始めます。 作詞家、プロデューサーとして その後も続けていた放送作家業ですが、次第に物足りなさを感じていきます。 そして職業の将来性に不安を感じていたところ、作詞を手掛けるきっかけを得ます。 1981年、フジテレビ系で放送されたアニメ『とんでも戦士ムテキング』の挿入歌「タコローダンシング」で初めて作詞家としてクレジットされデビューを果たします。 アーティストに初めて提供した作品は、Alfeeの「言葉にしたくない天気」で、これ以降は作詞家としても本格的な活動を始めます。 稲垣潤一や長渕剛の楽曲を作詞し、作詞家としての知名度もどんどん上がる一方で『ザ・ベストテン』、『夕やけニャンニャン』などの構成を担当して高視聴率を連発します。 もちろん楽曲の作詞を手掛け、多くの曲をヒットさせながら1985年からは女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」の楽曲を手掛けメンバーを次々とソロデビューさせます。 その際に全楽曲の作詞・プロデュースを担当し、これがのちのAKB48のプロデュースへと繋がっていきます。 そして歌姫・美空ひばりの遺作となった「川の流れのように」の作詞を担当。 これにより、秋元氏は作詞家としての地位を不動のものにするのです。 プロデューサーとしての活躍 東京・秋葉原で女性アイドルグループ「AKB48」を立ち上げ、総合プロデューサーに就任。 AKB48は専用劇場で毎日公演を行う「会いに行けるアイドル」を目指し成功、多くのファンを集めます。 国内外にAKB48の姉妹グループを設立し、いずれのグループも個性あふれる面々が所属しています。 作詞家歴として30年以上を過ごし、シングルのミリオンセラーを連発、多数の賞を受賞するなど華々しい経歴はここには書ききれないほどです。 現在は2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事に就任しており、きたる東京オリンピックに向けて慌ただしい日々を送る秋元氏。 今後も秋元氏の描く世界観や新たな試みなど、どんなものが飛び出してくるのか。 これからもますます進化し続けていく秋元氏の活躍に期待です。

次の

なにわ男子『ダイヤモンドスマイル』という神曲を知ってほしい話

ダイヤモンド スマイル 歌詞

正確には、恒星のプラズマのなかで、音の放出によく似た物理的メズムが生じる。 内のユニットであるなにわ男子に贈られた2曲目のオリジナルソング「ダイヤモンドスマイル」の最初のフレーズだ。 甘く繊細なささやきと共に、ステージに青い光が差す。 今日は、ヒロインへ歌うラブソングであり、夢を追う人の背中を支える歌でもある「ダイヤモンドスマイル」、この曲の話をしたい。 私は「ダイヤモンドスマイル」が好きだ。 コンサートでイントロが流れた途端に泣き始めるくらいには好きだ。 生まれたてほやほやのなにわ男子に差し込んだ未来へ続く光であって、彼らに「なにわ男子らしさ」を授けてくれた曲であると思っている。 これはあくまで私の解釈で、これから記すこともすべて個人的な感動である。 このブログを書いた意図は、感情を押し付けたいということではなく、むしろ、みんなのダイヤモンドスマイル鑑賞文が読みたい、というところにある。 みんな鑑賞文書いて。 ここからは歌詞をなぞりながら、好きなポイントをあげていこうと思う。 ダイヤモンドスマイルを知っている人は思い出しながら、知らない人は聞きながら読んでほしい。 (私個人の意見としてはMUSIC FAIRに出演した際の演出が傑作なので、近くの親切ななにわ担に頼んで見せてもらってほしい。 ああなぜなにわ男子のパフォーマンスはこれほど美しいのに手軽に見られないのか……) 冒頭でもふれたように、ダイヤモンドスマイルは甘いささやきから始まる。 まずこれが良い。 とても良い。 大抵の音楽番組では「なにわ男子で『ダイヤモンドスマイル』です」と曲紹介をされて、やたらと顔の良いかわいらしい青年たちが王子様のようなブルーの衣装をまとってステージへ歩いていく。 視聴者は「なにわ」の言葉のイメージと「ダイヤモンドスマイル」のもつ透明な響きをもてあそぶ。 完全に物語の始まり。 グリム兄弟も思わず生き返って執筆すると思う、私は。 西畑くんが繰り返す「もっと」も良い。 完璧なアイドルの顔で歌っているときも良いし、秘めた決意を残さず注ぐように歌うときも良い。 (後者では犬歯が見えるなどしてかなり良い。 ) 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More いいよ。 愛してる。 なにわ男子らぶゆー 大橋くんの歌う「特別なそのSmile」は真実の重さがあって良い。 大橋くんの笑顔は、46億年を見てきた赤ちゃんのような笑顔だと思う。 すべてを知っている生まれたての笑顔。 特別でしかない。 ここから道枝くんと高橋くんのパートへ続くのだが、この2人は存在が。 顔の良い2人が向かい合って歌う図、ジャニオタとかジャニオタじゃないとか男とか女とか関係なく人類皆平等に好きだからみんな見て。 道枝くんと高橋くんの共通点はたぶん真っ直ぐなところで、それが本当にひしひしと伝わってくる。 同じ魅力をもった正反対の2人とか無敵すぎませんか?幼馴染の道枝くんと高橋くんに手を引かれるヒロインの図が毎回毎回浮かぶ。 お願い、ドラマ化して。 長尾くんの「の瞳」も良い。 私は長尾くんのが好きだ。 ステージの光を集めてタピオカのようにきゅるきゅるしているのもいいし、陰のある役を演じているときの底の知れない深さのある瞳も好きだ。 あともう一つ、私は長尾くんの衣装についている白いモフモフの襟が好きだ。 みたいでかわいい。 かわいい。 長尾くんはかわいい。 「覗き込めば 吸い込まれそうさ ぎゅっと」は大西くんのパートである。 彼は努力と経験によってその技を得たカメラアピールの申し子であるから、「覗き込めば」ではカメラを見つめ、「ぎゅっと」では手を伸ばしてテレビのこちら側にいる私たちをぎゅっとしてくれる。 そのあまりの求心力に、今まで「ダイヤモンドスマイル」を披露したほとんどの番組では、カメラが「吸い込まれそうさ」に合わせてズームをしている。 カメラマンさんさえも魅了する大西くんをみんな見てくれ。 そして一緒に吸い込まれよう。 プラチナのジェットにのって 気まぐれな奇跡に酔って 瞬きが終わる頃 僕だけの君でいてね このパート、良い。 すごく良い。 藤原くんの甘い声で届く「気まぐれな奇跡に酔って」が良すぎる。 気まぐれな奇跡ってなんだろう、「気まぐれな(彼女が自分の方を向いてくれている)奇跡(のような時間)」ということか。 それとも、「気まぐれな(先の見えないこの世界で)奇跡(のように充実している時間)」ということなのか。 でもそのあとすぐに「瞬きが終わる頃 僕だけの君でいてね」と歌う。 奇跡は気まぐれなのに、その存在をこの場にとどめようとする。 瞬きが終わる頃とは、いつなのだろう。 眠りにつくときなのか、命が終わるときなのか、はたまた永遠を言っているのか・・・ ね、このパートすごく良い。 お兄さんな3人が歌っているのも良い。 3人のソロパートはそれぞれが違った表情をしていることが多いけれど(その中でも私はとりわけ藤原くんのおどけたような表情が好き)、声が重なる「僕だけの君でいてね」では一瞬目を合わせた3人が同じ顔をする。 魔法の合言葉。 私はこの瞬間が大好き。 と、ここまで散々好きを散らかしておいて、ここで満を持してのサビの登場である。 Oh ダイヤモンドSmile Shine Your ダイヤモンドSmile Dream 1秒先はもっともっともっと輝く キラいな自分 好きな自分 素直に言えたらイイね そう星屑も Shine とろけるほど Dream 甘い運命感じて 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More 永遠に煌めけ 良い。 すごく良い。 めっちゃ良い。 「1秒先はもっともっともっと輝く」の大西くんがすごく良い表情をするんだ。 歌っているときももちろんだけど、フレーズを歌い切ったあとの満足そうな顔。 素晴らしい。 君のその顔が見たくて、私はコンサートに行くんだよ。 キライな自分 好きな自分 素直に言えたらいいね キライな自分をキライなままでいてもいいということ、キライな自分を無理に好きにならなくてもいいということ。 なんて、なんて美しい歌なんだろうね。 笑顔がダイヤモンドのようだと、まばゆい魔法のようだと歌ってくれる7人が、自分のキライなところをキライなままで肯定してくれる。 優しくて強い歌詞。 そう星屑も とろけるほど 甘い運命感じて かわいいよね。 ここの歌詞ほんとうにかわいい。 鉄の融点が何度とか、そういう話ではない。 そして、大橋くんの「甘い運命感じて」は言うまでもなく最高。 大橋くんの声帯、いつもありがとうね。 ここのパートを任された時の心境とか、いつか聞いてみたいな。 愛しちゃって 愛しちゃって 愛しちゃって いいじゃないか More いいよ。 愛してる。 なにわ男子らぶゆー(2回目) 永久に煌めけ ここのパートを任された時の心境も聞きたいな。 すごく強い歌詞だよね。 「永久に」も強いし、「煌めけ」だって歌詞全体を見たときに浮き上がるような漢字表記で、おまけに命令形。 西畑くんだからこそ、歌える歌詞だと思う。 決意の歌詞。 ここでまた冒頭の囁きがやって来るわけです。 Your sparking smile is so sweet stone, Bright illusion そして極めつけの 今以上の君が 確かに見えるよ 見える。 見えた。 数えきれない光の海を前にする7人の姿が見えたよ。 君たちは関西で生まれた宝で、これからはみんなの希望になっていく。 「ダイヤモンドスマイル」は、きっとずっと君たちに寄り添ってくれる。 素晴らしい歌をいただいたね。 と、ここまで書いてオチがない恐ろしさと向き合う時間が来てしまった。 一介の関西担として、オチのない話は許されない。 だがそもそもこのの内容はタイトルの26文字で収まっているし、かの有名なだってぶつ切りで終わっているし。 このを通して伝えたいことは次の2つだけ。 ・私は「ダイヤモンドスマイル」が好き ・みんなのダイヤモンドスマイル鑑賞文が読みたい 「好き」の2文字だけでもいいからさ、みんなダイヤモンドスマイル鑑賞文書こう? #ダイヤモンドスマイル鑑賞文ってタグでもつけてさ。 やも子 yamotional.

次の