アクサダイレクトの定期保険2。 9.3点:アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの定期保険2」を解説

アクサダイレクトの定期保険2【アクサダイレクト生命】の評判とシュミレーション

アクサダイレクトの定期保険2

総合評価 : 9. 3 点 2018 年 7 月に保険料の割引を行って以降、アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトの定期保険2」は、健康割引を提供していない商品の中では最安値商品の一つになっています。 とは言っても、どの会社も誤差のような差なのであまり気にするポイントではありません。 さらに、細かく見ていくとアクサダイレクト生命には他にメリットがあります。 アクサダイレクト生命のメリットを二つを見ていきましょう。 メリットの一つ目は、契約者であれば無料の医師によるセカンドオピニオンを電話で受けられる、という付帯サービスがついてくることです。 通常であれば、セカンドオピニオンは病院に行って自分でお金を払って受ける必要があります。 また、セカンドオピニオンは治療ではないので健康保険の適用対象外となります。 このような高価な相談サービスを無料で受けられるのは大きなメリットがあります。 なお、アクサダイレクト生命と同様の契約者サービスがメットライフ生命と楽天生命の商品にも付いてきます。 もう一つ目のメリットは、アクサダイレクト生命は収入保障保険も取り扱っているため、定期型死亡保険と一緒に収入保障保険を一社にまとめることができます。 当サイトでは、定期型死亡保険を子供の大学教育費などまとまったお金が必要な費用を備えるために使い、生活費を収入保障保険で備えることをおすすめしています。 そのため、二種類の死亡保険に加入することになりますが、両方を一社でまとめて加入すると、あなたが亡くなったときに家族が保険金請求が簡単で便利です。 また、この商品の総合評価を下げたポイントはアクサダイレクト生命が設立から一貫して赤字が続いている点です。 もっとも、世界のアクサグループの子会社なので何かあっても親会社が救済するため問題はないと考えていますが、不安要素ではあるので評価を少し下げました。 保険料評価 : 8 点 他社と比べるとあまり変わらないような保険料ではあるものの、アクサダイレクト生命は一番安い商品の一つになっています。 下の表は各社の定期型死亡保険を比べた表です。 1,000 万円の死亡保険金を目の前にすると、健康割引のない会社の間では保険料には大した違いがありません。 また、保険料は年齢、性別、保険金額により大きく変わります。 条件を変えると安い商品の順序も変わります。 <補足:健康チャレンジについて>アクサダイレクトの定期保険2には、以前健康チャレンジという制度がありましたが現在はなくなっています。 この制度は更新のタイミングで再度健康に関する質問をアクサダイレクト生命にされ、もし 10 年後も健康であれば少々保険料が安くなるもののもし健康でないと判断されれば大幅に保険料を引き上げられるという内容でした。 制度があまり公平でないという声がインターネット上で多く上がり、2017 年 4 月 1 日以降に申し込みした契約者には適用されなくなりました。 この制度がある時には当サイトとしてアクサダイレクトの定期保険2はお勧めできない商品でしたが、今は選んでも悪くない商品になっています。 保障内容評価 : 10 点 保障内容は、ネットで申し込めるタイプの定期型死亡保険は各社どこも大きくは変わりません。 基本的に契約者が死ぬ、もしくは高度障害状態になれば保険金が払われるという条件です。 違いがあるとすれば 2 点でリビングニーズ特約があるか、災害割増特約があるかといった細かい違い程度になります。 アクサダイレクト生命の商品にはこの二つの特約がついています。 この項目の評価では、リビングニーズ特約がある商品は 10 点、無い会社は 9 点をつけています。 リビングニーズ特約とは、契約者が余命半年宣言を受けた時に保険金を受け取れるようにする無料の特約です。 治療で予想以上にお金がかかる場合や、人生最後の楽しみのためにお金が必要な場合などに役に立つ特約です。 生命保険はあくまでも家族のために入るものなので、自分でも保険を使えるようにするこの特約は必須では無いのですが、無料ならとりあえずつけておきたい特約です。 実際に生前にお金を受け取るか受け取らないかは、余命宣告を受けた時に考えればいいので、選択肢として持っていれば便利です。 アクサダイレクトの定期保険2には無料でこのリビングニーズ特約が付けられます。 細かな保障内容は下の通りです。 これは、もしあなたが事故で亡くなった場合には、病気で亡くなる場合よりも多めの保険金を受け取れるようになるという特約です。 ただ、あなたが亡くなった時に必要な金額はどちらにしても基本の保障から受け取れるので、割増でもらう必要性は特にありません。 特にこの特約は安いとは言えど、追加で保険料を払う必要があるので基本的にお勧めできない特約です。

次の

アクサダイレクトのはいりやすい定期の特長と5つのメリットを解説!

アクサダイレクトの定期保険2

男性の保険料(月額):1,050円 女性の保険料(月額):830円 (30歳、保険金額1,000万円、保険期間10年) アクサダイレクト生命の[定期保険2(旧カチッと定期2)]はインターネット専用(ネット生保)の商品のため、人件費などを極力削っています。 なのでかなり安い保険料を実現している保険商品です。 保険金額は1億円までとなかなかの高額保障が用意でき、さらに少しの保険料の上乗せで「災害割増特約」を付与することができます(最高2,000万円まで)。 災害や交通事故などの不慮の事故に限りますが、合計1億2,000万円の保険金額で契約できるのは見逃せません。 また、「健康チャレンジ」で更新時の保険料を抑えられたり、ティーペック社の健康相談・メディカルコンサルテーションを無料で受けられるというメリットも持っています。 非喫煙者割引はありませんが、全体的にかなり安い保険料となっています。 タバコを吸わない方にはちょっと割高な保険料に感じられますが、喫煙者にとってはとても安い保険料で契約できるため、要チェックの定期保険と言えるでしょう。 以下、詳しい説明に入りますので、興味がある方は読み進めてもらえればと思います。 ネット専用なので保険料は安いです。 他の非喫煙者割引があるところと比べても見劣りしないくらいの安さとなっています。 主契約と同額まで設定可能 【リビング・ニーズ】 余命6ヶ月と判断された場合、死亡保険金額の全部または一部に相当する金額を生存中に受け取れる(この特約は無料で付加できる) 払込回数 月払いのみ 払込方法 ・口座振替 ・クレジットカード払 保険料の 払込免除 被保険者が責任開始期以後に発生した所定の不慮の事故を直接の原因としてその日を含めて180日以内に所定の障害状態に該当したときにその後の保険料の払込みが免除される 診査 告知扱い (医師の診断は不要だが、健康診断結果等を提出する場合もあり) 非喫煙者割引 なし 公式サイト メリット部分 健康割引がないところの中では特に安い保険料 定期保険2は健康割引(非喫煙者割引)が用意されていません。 そのため、タバコを吸わない方には少し割高になってしまいます。 ですが、タバコを吸わない方にとってはこの商品はかなり安い保険料となっています。 健康割引なしの定期保険の中ではトップクラスの安さとなっているため、タバコを吸う、または血圧値に自信がない方はチェックしておくべき商品と言えるでしょう。 ちなみに、女性であれば若いうち(40代くらいまで)なら健康割引があるところよりも安く加入できるため、そのあたりまでの死亡保障が欲しいという女性にはこの商品はタバコを吸っていなくてもお勧めとなります。 最高1億年の保険金額に加え、さらに2,000万円上乗せ保障も可能! ネット生保、そして解約返戻金がない定期保険ということで保険料はかなり割安になっていますが、保険金額は最高1億円まで設定することが出来ます。 ネット生保の中ではかなり幅広い保険金額で契約できる商品となっています。 また、災害や交通事故などの不慮の事故による死亡・高度障害状態に備えるために「災害割増特約」を付与することが出来ます。 これは主契約と同額まで保障を上乗せでき、最高で2,000万円まで保険金額をプラスすることが出来ます。 この特約は災害や交通事故に限りますが、最大で1億2,000万円の保険金額はかなり魅力的と言えますね。 ちなみに、30歳の男性が保険期間10年で2,000万円の保険金額に加入する場合は月々1,850円の保険料になりますが、「災害割増特約」を付与してさらに2,000万円上乗せする場合、月々の保険料は2,610円になります。 保険金額と保険期間を自由にカスタマイズできる 保険金額と保険期間を私たちのニーズに合わせて自由にカスタマイズできます。 保険金額は500万円から最高1億円まで100万円単位で設定できます。 保険期間は10年更新タイプ(10年)と、年齢満了タイプ(55歳、60歳、65歳、70歳)から選べます。 【10年更新タイプの特徴】 ・10年ごとに更新・再加入ができる ・更新時に保障内容の見直しが出来る ・若い時の保険料を安く抑えられる ・更新ごとに保険料の見直しがある ・ 当面の保険料負担を抑えたい方にお勧め 【年齢満了タイプの特徴】 ・加入時のまま、保険料はずっと上がらない ・若い時の保険料が高くなる ・ 10年超の保障が必要で、保険料が一定の方が良い方にお勧め 【支払い保険料総額の例】 ・男性、保険金額1,000万円 10年更新タイプ 60歳満了タイプ 30歳加入時 からの10年間 月々1,050円 30歳加入時 からの30年間 月々2,080円 40歳加入時 からの10年間 月々1,910円 50歳加入時 からの10年間 月々4,160円 30年間の払込総額 854,400円 748,800円 保険金額が高いほど保険料が割安になる 定期保険2(旧カチッと定期2)では保険金額が高いほど保険料が割安になる「高額割引制度」を適用しています。 例えば保険金額が500万円の時の100万円あたりの単価は130円ですが、保険金額4,000万円の時の100万円あたりの単価は86. 25円になります。 【高額割引制度の一例】 ・30歳男性 ・保険料払込期間:10年 ・保険金額500万円の場合と比較した割引率 保険金額 100万円あたりの 単価 割引率 500万円 130円 - 1,000万円 105円 約19. 2% お得になる 2,000万円 92. 5円 約28. 8% お得になる 4,000万円 86. 25円 約33. 6% お得になる 1億円 82. 5円 約36. 5% お得になる 健康チャレンジで更新時の保険料が抑えられる場合も(2017年3月31日以前に申し込んだ方のみ) 2017年3月31日以前に申し込んだ方のみの限定になりますが、定期保険2には「健康チャレンジ」という再加入制度があります。 これは10年更新タイプに加入していて、10年満了時に自動更新をするのではなく、更新時に改めて告知をすることで保険料が安い状態で再加入できるかもしれないという制度です。 アクサダイレクト生命の基準を満たす必要がありますが、無事満たした場合は少し保険料が安くなります。 当然その後の10年間はその保険料のままなので、トータルの支払い保険料でけっこうな差が出てくるのです。 ただし、基準を満たせなかった場合に更新する保険料は、何故か同年齢で新規加入する場合よりもかなり高いという不思議な設定になっているため、「健康には全く問題ないので、絶対通るだろう!」という確信がない限りは健康チャレンジはやらない方が賢明かも知れません。 これに関して、詳しくはデメリットのところでも解説しています。 病気・事故・災害でも死亡保障が同額 定期保険2では病気・事故・災害による死亡・高度障害の保障が同額となっています。 保険会社によっては、事故死亡の保険金額だけを高くし、そこをアピールして「ここは保険金額が高いんですよ!」というところもありますが、病気死亡の保険金額が異様に安かったりするので注意が必要なのです。 定期保険2はその点では心配する必要はありません。 無料の健康相談、メディカルサポート付き アクサダイレクト生命の保険の中には、ティーペック社のメディカルコールサポート24(健康相談・メディカルコンサルテーション)が無料で受けられる商品がいくつもあります。 定期保険2もそのサポートの対象保険商品となっているため、契約後は健康や医療に関する電話相談を無料でやってもらえます。 これは小さい子供が家庭にいて病院にいく時間がないお母さんや、仕事が忙しくて病院にいけない人達にとってはかなりありがたいサービスです。 また、健康に不安があって相談相手が欲しいけど、病院だと診察だけでお金が取られるよなぁ・・という方にも最適なサービスとなっています。 メディカルコールサポート24は2種類のサービスで構成されていますので、状況に合わせて使い分けていくことが出来ます。 喫煙者も非喫煙者も同じ保険料となっています。 非喫煙者割引が付いている他会社の定期保険の場合、非喫煙者は保険料が安くなるというメリットがありますが、定期保険2ではその恩恵が受けられないのです。 そのため、非喫煙者は少し損をした気分になってしまうでしょう。 タバコを吸わない方にとって、少々納得がいかない保険料と言えます。 ただし、女性の場合は40代くらいまでは非喫煙者割引があるところよりも安い傾向にあるので、その時期だけ加入するという場合はお勧めとなります。 健康に自信のない方は健康チャレンジはやるべきではない? 健康チャレンジはアクサダイレクト生命の基準を満たせば更新時よりも安い保険料になるため、一見すると損のない制度に見えます。 しかしながら1点落とし穴というか、知っておかなければいけないことがあります。 それは、例えば40歳の更新時に健康チャレンジを行い、もし基準を満たせなかった場合は、40歳で新規加入するよりもかなり高い保険料になってしまうという点です。 つまり、健康状態が良好で、健康診断が何も問題ない場合は健康チャレンジをすれば確かに保険料は安くなります。 それについては確かにメリットです。 文句はありません。 ですが、健康状態に不安があり、もし健康チャレンジに通らなかった場合の月々の保険料は5,550円になります。 健康チャレンジに通った場合の保険料は4,125円なので、その差は歴然です。 そして一番気になる点は、40歳で新規契約する場合は4,510円の保険料だということです。 健康チャレンジが通らなかった場合はそれよりも1,000円以上も高くなるのです。 なので、もし「健康チャレンジに通らなそうだな・・」という健康診断の結果だった場合、あえて40歳の時点で一度解約し、新たに新規で契約した方が保険料が安くなります。 ちなみに健康チャレンジに落ちてから解約し、新たに新規契約するという手もありますが、保険会社的に心証が良くないと思いますし、もしかしたら新規契約できないという事態も起きてしまうかも知れません(出来るかも知れませんが、これはやってみないと分かりません・・) この健康チャレンジのせいで「結構面倒な保険だな」という印象を受けてしまった・・というのが、管理人の正直な意見です。 ちょっと残念ですね。 ただし、健康に自信がある方にとっては健康チャレンジは保険料が安くなるチャンスでもありますので、そのような人にとってはかなりお得になるでしょう。

次の

定期保険の徹底比較とランキング

アクサダイレクトの定期保険2

【インターネット申込専用】お求めやすい保険料でお申し込み手続きはWebで。 高額割引制度により、保険金額が高いほど保険料が割安に。 健康状態等についてもネットで質問に答えるだけ!医師の診査は不要です。 (健康診断結果等をご提出いただく場合があります。 特長1 医師の診査なしで万が一のときの「死亡保険金」は最大1億円まで選択可能 インターネットでのお申込みだけで死亡・高度障害時に1億円の高額保障が可能。 医師の診査は不要です。 特長2 おもとめやすい保険料にこだわりました インターネットを駆使した販売により、人件費など従来の保険販売にかかる経費を削減。 特長3 高額割引制度で保険料が割引に! 高額割引制度により、保険金額が高いほど保険料が割安になります! 高額割引制度は、「アクサダイレクトの定期保険2」の保険料を保険金額100万円あたりの単価で比較したとき、高額な保障ほど保険料の単価が割安になるしくみです。 なお、災害割増特約には高額割引制度の適用はありません。 特長4 加入手続きはインターネットで! 申込書の郵送などの手間がなく、インターネットで手続きができます。 <保険期間について> 期間で選択の場合:10年 年齢で選択の場合:55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了 ご注意事項 ・上記の保険料は2018年7月2日時点の保険料率により計算しております。 ・当サイトは、商品の概要を記載しております。 商品の詳細につきましては「重要事項説明書/ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。 ・既往症(過去の病気)や健康状態および職業、既契約状況などによっては、ご契約のお引き受けを制限させていただく場合がございます。 また、ご加入時の被保険者の年齢によっては、入院給付金日額等に制限がございますので、あらかじめご了承ください。 ・アクサダイレクト生命ではご契約者さまと被保険者さまが同一の場合のみ、お取扱をしております。 ・当募集代理店(生命保険募集人)はお客さまとアクサダイレクト生命の保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権および告知受領権はありません。 したがいまして、保険契約は、お客さまからの保険契約のお申込みに対してアクサダイレクト生命が承諾したときに有効に成立します。 ・当募集代理店および当募集代理店の特定関係法人*の役職員の方は、このサイトではお申込みをお受けできません。 (医療保険・がん保険は除く) *特定関係法人とは、出資関係や人的関係等により募集代理店と密接な関係がある法人を指し、当該法人に勤務する役職員に対して募集代理店が保険募集を行うことは法令により禁止されております。 当社が取扱う生命保険商品、損害保険商品、少額短期保険商品について、一定の項目のみを示したものであって保険商品間の優劣を意味するものではありません。 また、保険商品の内容の全てが記載されているものではありません。 表示の保険料は一例であり、年齢・性別・保障内容などの前提条件によって異なります。 各保険商品の保障内容・保険料等の商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき、「パンフレット」や「ご契約に際しての重要事項(注意喚起情報・契約概要)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご確認ください。 当募集代理店(生命保険募集人、損害保険募集人、少額短期保険募集人)は、お客様と保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。 (一部の損害保険商品および少額短期保険商品を除く)したがいまして、保険契約はお客様からの保険契約のお申込みに対して保険会社が承諾したときに有効に成立します。 保険募集については以下のようになっております。 資料を請求されて(または、オンラインで)申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社• 保険相談・あんしん保険相談をされて申し込まれた場合: ニフティ株式会社と以下のいずれかの募集代理店・取扱保険代理店との共同募集の取扱いになり(一部の損害保険商品および少額短期保険商品を除く)、詳細はお電話または書面にてお知らせ致します。 マイコミュニケーション株式会社、ブロードマインド株式会社• 保険の無料アドバイスを申し込まれた場合: 募集代理店・取扱保険代理店 ニフティ株式会社・ブロードマインド株式会社• 取扱代理店 : ニフティ株式会社 〒169-8333 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー.

次の