鬼滅の刃夢小説。 嫌われ者の涙柱【鬼滅の刃】

鬼 滅の刃 夢小説 BL

鬼滅の刃夢小説

『鬼滅の刃』の小説版の表紙(上段2冊)とマンガ 『』シリーズは、集英社のJUMP j BOOKSから小説版も刊行されている。 第1弾『』、第2弾『』の合計で累計116万部を突破した。 レーベル史上最速の売れ行きだ。 「人気マンガの小説版なのだから売れて当然だろう」と思う人もいるかもしれない。 だが、それは違う。 そもそもノベライズが1巻で数十万部も売れるのはまれだ。 マンガのノベライズはアニメ化や映画化に合わせて1冊出すだけで、原作マンガが何百万部売れていても小説版の売上は良くて数万部といったものが大半だからだ。 ところが『週刊少年ジャンプ』からのノベライズを中心とするJUMP j BOOKSは違う。 小説版第1巻が原作マンガ第1巻の約3~4割の売上を占めるタイトルもある。 なぜ売れているのだろうか。

次の

鬼 滅の刃 夢小説 BL

鬼滅の刃夢小説

週間ベストセラー【コミックス】ランキング(7月7日トーハン調べ) 1位『鬼滅の刃』(21) 吾峠呼世晴 集英社 2位『鬼滅の刃』(21)シールセット付き特装版 吾峠呼世晴 集英社 3位『約束のネバーランド』(19) 白井カイウ(原作)/出水ぽすか(作画) 集英社 4位『僕のヒーローアカデミア』(27) 堀越耕平 集英社 5位『空母いぶき』(13) かわぐちかいじ/惠谷治(原案協力) 小学館 6位『鬼滅の刃』(20) 吾峠呼世晴 集英社 7位『Dr. STONE』(16) 稲垣理一郎(原作)/Boichi(作画) 集英社 8位『ブラッククローバー』(25) 田畠裕基 集英社 9位『空母いぶき GREAT GAME』(1) かわぐちかいじ/八木勝大、潮匡人(協力)/惠谷治(原案協力) 小学館 10位『キングダム』(58) 原泰久 集英社 よくも悪くも今回の結果は見る前からわかっていたともいえるのだが、7月7日トーハン調べの週間ベストセラーランキング、「コミックス」のジャンルの1位・2位は、ご覧のとおりの『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)21巻の通常版と特装版である(いずれも7月3日発売)。 なんでも同書の特装版を含めた初版発行部数は300万部で、電子版を含めたシリーズ累計発行部数は8000万部を突破したのだという。 この勢いを持続できれば(するだろう)、最終巻となる23巻が出る頃には、累計1億部突破も夢ではないかもしれない。 また、同日に発表された「ノベルス」のランキングでは、『鬼滅の刃 風の道しるべ』(吾峠呼世晴[原作]/矢島綾/集英社)が1位、「児童書」のランキングでは、『鬼滅の刃 ノベライズ〜炭治郎と襧豆子、運命のはじまり編〜』(吾峠呼世晴[原作]/松田朱夏/集英社)が同じく1位と、他のジャンルでも「鬼滅ブランド」の強さをあらためて世に知らしめる結果となった(「総合」ランキングでも前者は1位、後者は7位である)。 前巻までは珠世によって動きを封じられていた彼が、ついに今巻では解き放たれる。 そして無限城の一角で、主人公の竈門炭治郎と「水柱」の冨岡義勇にこんなことをいうのだった。 「お前たちは 生き残ったのだから それで充分だろう(中略)私に殺されることは 大災に遭ったのと 同じだと思え」と。 つまり、自分は天変地異のようなものであり、地震や台風によって身内が殺されたとしても、それを恨む人間などいないだろうというわけである。 これはかなり強引な「悪の論理」ではあるが、一理ある、といえないこともない。 そして、無惨はさらにこんな言葉を炭治郎たちに突きつけるのだった。 「鬼狩り(鬼殺隊)は異常者の集まり」であると。

次の

鬼 滅の刃 夢小説 BL

鬼滅の刃夢小説

『鬼滅の刃』の小説版の表紙(上段2冊)とマンガ 『』シリーズは、集英社のJUMP j BOOKSから小説版も刊行されている。 第1弾『』、第2弾『』の合計で累計116万部を突破した。 レーベル史上最速の売れ行きだ。 「人気マンガの小説版なのだから売れて当然だろう」と思う人もいるかもしれない。 だが、それは違う。 そもそもノベライズが1巻で数十万部も売れるのはまれだ。 マンガのノベライズはアニメ化や映画化に合わせて1冊出すだけで、原作マンガが何百万部売れていても小説版の売上は良くて数万部といったものが大半だからだ。 ところが『週刊少年ジャンプ』からのノベライズを中心とするJUMP j BOOKSは違う。 小説版第1巻が原作マンガ第1巻の約3~4割の売上を占めるタイトルもある。 なぜ売れているのだろうか。

次の