キンミヤ 割り方。 レモンサワー・レモン酎ハイに合う甲類の焼酎おすすめ銘柄6選

レモンサワー・レモン酎ハイに合う甲類の焼酎おすすめ銘柄6選

キンミヤ 割り方

ホッピーの基本的な飲み方 ホッピーは、今から70年以上も前から製造・販売されている、ビール風味の清涼飲料です。 ホッピーにはアルコールがほとんど入っていないため、主に他のお酒の割り材として使われています。 始めにもっとも基本的な、焼酎を使った飲み方について見ていきましょう。 ホッピーは焼酎割りが基本 ホッピーを飲むときは、『焼酎で割るのが基本』です。 ほとんどの居酒屋では、ホッピーと注文すると、ジョッキに入った焼酎も一緒に運ばれてくるでしょう。 ビールがまだ高価だった時代に、安いホッピーの焼酎割りをビールの代わりに飲む人が多かったため、今もこのスタイルが定番となっています。 焼酎の量や割合は? ホッピーの製造元、『ホッピービバレッジ株式会社』によれば、焼酎1に対して、ホッピー5がおすすめの割合です。 ホッピー1瓶は330mlなので、『焼酎は60ml程度』あれば充分でしょう。 基本的に氷は入れず、ジョッキやグラスを冷やしておくとおいしく飲めます。 ただし居酒屋などでは、ジョッキに氷が入っているうえに、店によって焼酎の量が違うこともあります。 このため焼酎1に対して、ホッピー2~3の割合で飲むことがほとんどです。 焼酎割りのカロリーの目安 ホッピーは、『低カロリー・低糖質・プリン体ゼロ』という、健康を気遣う人にとって大変嬉しい特性を持った飲料です。 焼酎もまた、カロリーが低めで、糖質やプリン体がゼロであることが知られています。 このためホッピーの焼酎割りも、ビールに比べてカロリーが低く抑えられます。 100ml当たりのカロリーは、ビールが約40kcal、ホッピーが約10kcalで、焼酎で割っても『約30kcal程度』です。 糖質もビールの半分程度しかなく、プリン体は完全にゼロなので、カロリー以外の点でも、健康面において優れていると言えるでしょう。 おすすめのホッピー焼酎割り 次に、ホッピーにもっとも合うと言われている焼酎、『キンミヤ焼酎』について、特徴やおすすめの飲み方を解説します。 相性抜群はキンミヤ焼酎 『キンミヤ焼酎』とは、三重県四日市にある蔵元『宮崎本店』が製造・販売している『亀甲宮(きっこうみや)焼酎』の通称です。 粒子の細かい鈴鹿山系の超軟水で仕込んだキンミヤ焼酎は、まろやかな口当たりとほのかな甘みが特徴です。 アルコールのきつさを感じさせないため、どんな割り材にもよく馴染み、風味を引き立てます。 サワーなどのベースとして大変人気があり、特にホッピーとの相性は絶品と言われています。 味はもちろん、レトロな雰囲気のパッケージデザインが、視覚的にもホッピーに良く似合っています。 キンミヤを凍らせる通な飲み方も キンミヤ焼酎では、冷凍庫でシャーベット状に凍らせる、少し変わった飲み方も人気です。 『シャリシャリに凍らせたキンミヤ』という意味で、『シャリキン』と呼ばれています。 焼酎を凍らせるため、氷を入れずに済み、最後まで薄まらずおいしく飲めるのがポイントです。 シャリキンにホッピーを注いで飲む『シャリキンホッピー』は、ホッピー愛好者の間では定番となっています。 ホッピーのキンミヤ以外の飲み方は? ホッピーはキンミヤ以外の焼酎や、ほかのお酒と合わせてもおいしく飲めます。 もちろんそのまま飲んだり、ジュースなどと合わせるのもおすすめです。 最後にホッピーの色々な飲み方を紹介します。 焼酎はいいちこなどの乙類より甲類がベター 焼酎には、『乙類』と『甲類』の2タイプがあります。 乙類は、芋や麦、米などの原料を使い、一度だけ蒸留させて作ります。 このため原料の味や香りが、強く残っているのが特徴です。 乙類の代表的な銘柄には、『いいちこ』や『黒霧島』などがあります。 何かで割るというよりも、ストレートやロックで原料の風味を堪能するのが基本的な飲み方です。 一方の甲類は、糖蜜を発酵させたものを、何度も蒸留してアルコールの純度を高めて作ります。 クセがないため、主にチューハイのベースや、梅酒の仕込みなどに利用されることの多い種類です。 ホッピーで割る場合も、乙類より、『クセのない甲類』のほうが適しています。 ちなみにキンミヤ焼酎も、甲類の代表的な銘柄です。 焼酎以外にカクテルもおすすめ ホッピーを炭酸水やコーラのように、カクテルに使うのもおすすめです。 たとえば白ワインに同量のホッピーを入れると、スパークリングワインのようになります。 梅酒やジン、ウイスキー、フルーツ系のリキュールなどにも合うので、色々な組み合わせを試してみると良いでしょう。 また、ビールにトマトジュースを加える『レッドアイ』をホッピーで作れば、ほぼノンアルコールで楽しめます。 お酒が弱い人はハーフ&ハーフ ホッピーには淡色の白ホッピーと、色が濃い黒ホッピーがあります。 淡色ビールと黒ビールを合わせた『ハーフ&ハーフ』のように、ホッピーでもハーフ&ハーフができます。 あまりお酒が飲めない人も、これなら安心して飲めるでしょう。 好みのホッピーとの組み合わせを探してみよう ホッピーは焼酎にも、他のお酒やジュースにも合います。 色々な焼酎やドリンクを使って、自分好みの組み合わせを探してみてはいかがでしょうか。

次の

下町の焼酎といえば「キンミヤ」焼酎!定番〜マニアな飲み方まで10選紹介

キンミヤ 割り方

ホッピーの基本的な飲み方 ホッピーは、今から70年以上も前から製造・販売されている、ビール風味の清涼飲料です。 ホッピーにはアルコールがほとんど入っていないため、主に他のお酒の割り材として使われています。 始めにもっとも基本的な、焼酎を使った飲み方について見ていきましょう。 ホッピーは焼酎割りが基本 ホッピーを飲むときは、『焼酎で割るのが基本』です。 ほとんどの居酒屋では、ホッピーと注文すると、ジョッキに入った焼酎も一緒に運ばれてくるでしょう。 ビールがまだ高価だった時代に、安いホッピーの焼酎割りをビールの代わりに飲む人が多かったため、今もこのスタイルが定番となっています。 焼酎の量や割合は? ホッピーの製造元、『ホッピービバレッジ株式会社』によれば、焼酎1に対して、ホッピー5がおすすめの割合です。 ホッピー1瓶は330mlなので、『焼酎は60ml程度』あれば充分でしょう。 基本的に氷は入れず、ジョッキやグラスを冷やしておくとおいしく飲めます。 ただし居酒屋などでは、ジョッキに氷が入っているうえに、店によって焼酎の量が違うこともあります。 このため焼酎1に対して、ホッピー2~3の割合で飲むことがほとんどです。 焼酎割りのカロリーの目安 ホッピーは、『低カロリー・低糖質・プリン体ゼロ』という、健康を気遣う人にとって大変嬉しい特性を持った飲料です。 焼酎もまた、カロリーが低めで、糖質やプリン体がゼロであることが知られています。 このためホッピーの焼酎割りも、ビールに比べてカロリーが低く抑えられます。 100ml当たりのカロリーは、ビールが約40kcal、ホッピーが約10kcalで、焼酎で割っても『約30kcal程度』です。 糖質もビールの半分程度しかなく、プリン体は完全にゼロなので、カロリー以外の点でも、健康面において優れていると言えるでしょう。 おすすめのホッピー焼酎割り 次に、ホッピーにもっとも合うと言われている焼酎、『キンミヤ焼酎』について、特徴やおすすめの飲み方を解説します。 相性抜群はキンミヤ焼酎 『キンミヤ焼酎』とは、三重県四日市にある蔵元『宮崎本店』が製造・販売している『亀甲宮(きっこうみや)焼酎』の通称です。 粒子の細かい鈴鹿山系の超軟水で仕込んだキンミヤ焼酎は、まろやかな口当たりとほのかな甘みが特徴です。 アルコールのきつさを感じさせないため、どんな割り材にもよく馴染み、風味を引き立てます。 サワーなどのベースとして大変人気があり、特にホッピーとの相性は絶品と言われています。 味はもちろん、レトロな雰囲気のパッケージデザインが、視覚的にもホッピーに良く似合っています。 キンミヤを凍らせる通な飲み方も キンミヤ焼酎では、冷凍庫でシャーベット状に凍らせる、少し変わった飲み方も人気です。 『シャリシャリに凍らせたキンミヤ』という意味で、『シャリキン』と呼ばれています。 焼酎を凍らせるため、氷を入れずに済み、最後まで薄まらずおいしく飲めるのがポイントです。 シャリキンにホッピーを注いで飲む『シャリキンホッピー』は、ホッピー愛好者の間では定番となっています。 ホッピーのキンミヤ以外の飲み方は? ホッピーはキンミヤ以外の焼酎や、ほかのお酒と合わせてもおいしく飲めます。 もちろんそのまま飲んだり、ジュースなどと合わせるのもおすすめです。 最後にホッピーの色々な飲み方を紹介します。 焼酎はいいちこなどの乙類より甲類がベター 焼酎には、『乙類』と『甲類』の2タイプがあります。 乙類は、芋や麦、米などの原料を使い、一度だけ蒸留させて作ります。 このため原料の味や香りが、強く残っているのが特徴です。 乙類の代表的な銘柄には、『いいちこ』や『黒霧島』などがあります。 何かで割るというよりも、ストレートやロックで原料の風味を堪能するのが基本的な飲み方です。 一方の甲類は、糖蜜を発酵させたものを、何度も蒸留してアルコールの純度を高めて作ります。 クセがないため、主にチューハイのベースや、梅酒の仕込みなどに利用されることの多い種類です。 ホッピーで割る場合も、乙類より、『クセのない甲類』のほうが適しています。 ちなみにキンミヤ焼酎も、甲類の代表的な銘柄です。 焼酎以外にカクテルもおすすめ ホッピーを炭酸水やコーラのように、カクテルに使うのもおすすめです。 たとえば白ワインに同量のホッピーを入れると、スパークリングワインのようになります。 梅酒やジン、ウイスキー、フルーツ系のリキュールなどにも合うので、色々な組み合わせを試してみると良いでしょう。 また、ビールにトマトジュースを加える『レッドアイ』をホッピーで作れば、ほぼノンアルコールで楽しめます。 お酒が弱い人はハーフ&ハーフ ホッピーには淡色の白ホッピーと、色が濃い黒ホッピーがあります。 淡色ビールと黒ビールを合わせた『ハーフ&ハーフ』のように、ホッピーでもハーフ&ハーフができます。 あまりお酒が飲めない人も、これなら安心して飲めるでしょう。 好みのホッピーとの組み合わせを探してみよう ホッピーは焼酎にも、他のお酒やジュースにも合います。 色々な焼酎やドリンクを使って、自分好みの組み合わせを探してみてはいかがでしょうか。

次の

焼酎の飲み方講座【水割り編】焼酎の割合や作り方について

キンミヤ 割り方

ホッピーの基本的な飲み方 ホッピーは、今から70年以上も前から製造・販売されている、ビール風味の清涼飲料です。 ホッピーにはアルコールがほとんど入っていないため、主に他のお酒の割り材として使われています。 始めにもっとも基本的な、焼酎を使った飲み方について見ていきましょう。 ホッピーは焼酎割りが基本 ホッピーを飲むときは、『焼酎で割るのが基本』です。 ほとんどの居酒屋では、ホッピーと注文すると、ジョッキに入った焼酎も一緒に運ばれてくるでしょう。 ビールがまだ高価だった時代に、安いホッピーの焼酎割りをビールの代わりに飲む人が多かったため、今もこのスタイルが定番となっています。 焼酎の量や割合は? ホッピーの製造元、『ホッピービバレッジ株式会社』によれば、焼酎1に対して、ホッピー5がおすすめの割合です。 ホッピー1瓶は330mlなので、『焼酎は60ml程度』あれば充分でしょう。 基本的に氷は入れず、ジョッキやグラスを冷やしておくとおいしく飲めます。 ただし居酒屋などでは、ジョッキに氷が入っているうえに、店によって焼酎の量が違うこともあります。 このため焼酎1に対して、ホッピー2~3の割合で飲むことがほとんどです。 焼酎割りのカロリーの目安 ホッピーは、『低カロリー・低糖質・プリン体ゼロ』という、健康を気遣う人にとって大変嬉しい特性を持った飲料です。 焼酎もまた、カロリーが低めで、糖質やプリン体がゼロであることが知られています。 このためホッピーの焼酎割りも、ビールに比べてカロリーが低く抑えられます。 100ml当たりのカロリーは、ビールが約40kcal、ホッピーが約10kcalで、焼酎で割っても『約30kcal程度』です。 糖質もビールの半分程度しかなく、プリン体は完全にゼロなので、カロリー以外の点でも、健康面において優れていると言えるでしょう。 おすすめのホッピー焼酎割り 次に、ホッピーにもっとも合うと言われている焼酎、『キンミヤ焼酎』について、特徴やおすすめの飲み方を解説します。 相性抜群はキンミヤ焼酎 『キンミヤ焼酎』とは、三重県四日市にある蔵元『宮崎本店』が製造・販売している『亀甲宮(きっこうみや)焼酎』の通称です。 粒子の細かい鈴鹿山系の超軟水で仕込んだキンミヤ焼酎は、まろやかな口当たりとほのかな甘みが特徴です。 アルコールのきつさを感じさせないため、どんな割り材にもよく馴染み、風味を引き立てます。 サワーなどのベースとして大変人気があり、特にホッピーとの相性は絶品と言われています。 味はもちろん、レトロな雰囲気のパッケージデザインが、視覚的にもホッピーに良く似合っています。 キンミヤを凍らせる通な飲み方も キンミヤ焼酎では、冷凍庫でシャーベット状に凍らせる、少し変わった飲み方も人気です。 『シャリシャリに凍らせたキンミヤ』という意味で、『シャリキン』と呼ばれています。 焼酎を凍らせるため、氷を入れずに済み、最後まで薄まらずおいしく飲めるのがポイントです。 シャリキンにホッピーを注いで飲む『シャリキンホッピー』は、ホッピー愛好者の間では定番となっています。 ホッピーのキンミヤ以外の飲み方は? ホッピーはキンミヤ以外の焼酎や、ほかのお酒と合わせてもおいしく飲めます。 もちろんそのまま飲んだり、ジュースなどと合わせるのもおすすめです。 最後にホッピーの色々な飲み方を紹介します。 焼酎はいいちこなどの乙類より甲類がベター 焼酎には、『乙類』と『甲類』の2タイプがあります。 乙類は、芋や麦、米などの原料を使い、一度だけ蒸留させて作ります。 このため原料の味や香りが、強く残っているのが特徴です。 乙類の代表的な銘柄には、『いいちこ』や『黒霧島』などがあります。 何かで割るというよりも、ストレートやロックで原料の風味を堪能するのが基本的な飲み方です。 一方の甲類は、糖蜜を発酵させたものを、何度も蒸留してアルコールの純度を高めて作ります。 クセがないため、主にチューハイのベースや、梅酒の仕込みなどに利用されることの多い種類です。 ホッピーで割る場合も、乙類より、『クセのない甲類』のほうが適しています。 ちなみにキンミヤ焼酎も、甲類の代表的な銘柄です。 焼酎以外にカクテルもおすすめ ホッピーを炭酸水やコーラのように、カクテルに使うのもおすすめです。 たとえば白ワインに同量のホッピーを入れると、スパークリングワインのようになります。 梅酒やジン、ウイスキー、フルーツ系のリキュールなどにも合うので、色々な組み合わせを試してみると良いでしょう。 また、ビールにトマトジュースを加える『レッドアイ』をホッピーで作れば、ほぼノンアルコールで楽しめます。 お酒が弱い人はハーフ&ハーフ ホッピーには淡色の白ホッピーと、色が濃い黒ホッピーがあります。 淡色ビールと黒ビールを合わせた『ハーフ&ハーフ』のように、ホッピーでもハーフ&ハーフができます。 あまりお酒が飲めない人も、これなら安心して飲めるでしょう。 好みのホッピーとの組み合わせを探してみよう ホッピーは焼酎にも、他のお酒やジュースにも合います。 色々な焼酎やドリンクを使って、自分好みの組み合わせを探してみてはいかがでしょうか。

次の