ポケモン剣盾タルップル育成論。 タルップルの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ダブル】ミロカロスの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾タルップル育成論

今回の解説はタルップルです。 基本データ No. 4m 重さ 13. からだから あまい においを だして エサの むしを ひきよせる。 シールド あまい みつで からだが おおわれ せなかの かわは とくに あまく むかしは こどもの おやつだった。 モチーフは恐らくに次いでタラスク。 ちなみに、アダムとイブに強引にりんごを食べさせた蛇はと言われており、タラスクはその息子だと伝承されている。 色違いのタルップルは頭の皮が青リンゴ色になるためほぼ緑になる。 進化しても高さは0. 4mと結構小さめ。 概要 初登場は『剣盾』。 体を覆う甘い蜜で熟成された背中の皮は食べられる。 昔は子供達のおやつとして食されていたようで、ポピュラーな食材だったようである。 タルップルの目 耳が垂れているように見えるがこれは目。 リンゴのヘルメットらしきものを被っている影響で垂れてしまったようだ。 このヘルメットは、ボールから出た瞬間や攻撃を受けた瞬間など大きな動きをすると一時的に脱げる。 動画やスクショにして一時停止にしないと殆どその瞬間は見えないが、本来目のあるであろう部分になにもないのでパット見のっぺらぼうに見えて中々に異質。 このペラペラの目は一応自力で立ち上げることが可能。 ダメージを受けたときや攻撃の瞬間にはちゃんと相手を見ている。 ゲームのタルップル あまーいりんごはシールド限定で、ワイルドエリアでの拾得とイベント入手ができる。 レイドバトルでもシールド限定で登場する。 こもれび林• キバ湖の瞳• ハシノマ原っぱ• 巨人の りんごさん 専用技。 おそらく漢字にすると「リンゴ酸」。 アップリューの専用技「Gのちから」と比較すると、特殊技か物理技かという違いと、追加効果が「防御低下」と「特防低下」という点で異なる。 キョックス タルップルがキョックスした姿。 巨大化したカジッチュのような外見。 くさタイプの技が『キョダンロ』に変化。 攻撃を与えると同時に、自分の状態異常を治す。 アップリューの物と姿形は全く同じ。 対戦のタルップル 能力 分岐進化のアップリューと比べると、あちらが物理型なのに対してこちらは鈍足特殊アタッカー。 氷4倍ドラゴンなのが痛いが、特性が優秀。 鈍足ながらタマゴ技で「ふいうち」も使える。 攻撃も85とそこそこ。 特性 「じゅくせい」は持っている『きのみ』を使う時、効果が2倍になる。 「くいしんぼう」は通常より早く、HPが最大HPの半分以下になると『きのみ』を使う。 は「」。 『ほのお』『こおり』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。 素の火力は低いが、専用技りんごさんの追加効果で特殊耐久を削られる。 型の場合、ほのおタイプのメイン・サブを軒並み半減以下に抑えられる危険がある。 対策方法 耐久型のとしては素の耐久値が低い。 弱点は多いので上から素早く処理してしまいたい。 やアーマーガアといった浮いている鋼や草耐性のあるフェアリーに対してはほとんど有効打がなく、これらなら流しやすい。 猛毒状態にしてしまえるならそれが一番手っ取り早いが、キョックス解禁ルールではキョダンロで復帰される可能性に注意。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ラプラスとミロカロスでダブルもマスターボール級へ

ポケモン剣盾タルップル育成論

ミロカロスの基本データ HP 95 タイプ みず こうげき 60 ぼうぎょ 79 特性 ふしぎなうろこ とくこう 100 かちき とくぼう 125 夢特性 メロメロボディ すばやさ 81 ミロカロスの特徴 特性「かちき」で能力ダウンをけん制 「かちき」は相手からの能力ダウンを受けた時に自身のとくこうを2段階上げる特性です。 効果が発動すれば高火力で攻撃できるのはもちろん、 場にいるだけで相手の「いかく」やダイマックス技の能力ダウンを打たせづらくできます。 味方の「じならし」など自発的な能力ダウンでは発動しないので注意が必要です。 さいみんじゅつが強力 「さいみんじゅつ」が相手に当たれば、状況を有利にすることができます。 ダイマックス状態の相手に当てることができれば 、相手のダイマックスターンを消費させられるため非常に強力です。 「とぐろをまく」を使用し命中率を上昇させたり、「からぶりほけん」で外しても次のターンに先制でもう一度「さいみんじゅつ」を打ち込むなど工夫が必要です。 からぶりほけん:ワザを外した時にすばやさを2段階上昇させるもちもの。 ミロカロスの技 有用な攻撃技 ねっとう タイプ一致技。 命中安定。 だくりゅう タイプ一致技。 命中不安ではあるが相手全体に当たり命中率を下げることができる。 ハイドロポンプ タイプ一致技。 一番高火力。 こごえるかぜ 相手2体のすばやさを下げることができる。 れいとうビーム 単体技。 こごえるかぜより火力が出る。 ふぶき バイバニラと組む以外でもダイアイスであられ状態にすることで必中にできる。 マッドショット ダイアースのベース技。 ジュラルドンなど本来不利な相手に勝てるようになる チャームボイス ダイフェアリーのベース技。 ミストフィールドを展開し催眠対策として使用する。 ワイドブレイカー 相手全体の攻撃ランクを下げるサポート技。 ドラゴンテール トリックルーム対策に。 有用な変化技 じこさいせい HPを半分回復。 高いとくぼうとあわせて粘り強く戦える。 とぐろをまく こうげき、ぼうぎょ、命中率を1段階上昇させる。 「だくりゅう」や「さいみんじゅつ」とセットで。 さいみんじゅつ 強力な催眠技。 「とぐろをまく」や「からぶりほけん」と組み合わせて使う。 まもる 大事に扱いたいときや相手のダイマックスターンを消費させたい場合に。 てだすけ 味方の火力を上げたい場合に。 この型はダイマックスするパターンが多いです。 マッドショットをベースとしたダイアースでジュラルドンにも強く出ることができます。 また、ダイアイスを打ったあとのふぶきはあられ状態で必中となります。 2体でふぶきを連打することで氷等倍以上の相手に高い圧力がかかるうえに、こおりづけの追加効果も期待できます。 サマヨール サマヨールを倒そうと飛んでくる「ダイアーク」や「ダイホロウ」をけん制できます。 弱点を突かずにサマヨールを突破するのは至難のため、安定してトリックルームを展開することができます。 ナットレイ ナットレイはほのおタイプのポケモンが苦手ですが、ミロカロスが特性「いかく」のウインディやガオガエンに強いので、 相性補完の良い並びとなっています。 ミロカロスの対策 ジュラルドン ダイサンダーにより弱点を突きながらさいみんじゅつを対策することができます。 ミロカロス側がマッドショットを持っていた場合は弱点の突きあいになるため、「うそなき」を打ち「かちき」を発動させてしまうと返り討ちに合うため注意が必要です。 ウォッシュロトム ミロカロスからの攻撃は半減に抑えられるうえ、「わるだくみ」+「10まんボルト」で一気にミロカロスを倒すことができます。 ダイサンダーの恩恵を自身は受けられませんが、隣のポケモンをさいみんじゅつからまもることも可能です。 ローブシン 「かえんだま」を発動させてやけど状態になることでさいみんじゅつを防ぎます。 特性「こんじょう」を発動させた「かみなりパンチ」で大ダメージを期待できます。 さいごに ダブルバトルにおけるミロカロスの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 世界に行きたい男。 WCS 世界大会 に3年連続で観戦に行ったり、海外大会に出場したり。 現在お仕事募集中。 ポケモンカードのほうが得意だが、本人はゲーム部門で世界大会に出場したいらしい。 <主な実績> Anaheim Open 2017 海外大会 ゲーム部門 優勝 、 Oceania International Championships 2018 海外大会 ゲーム部門 73位、 ウェルカムフェスタ ほんきをだすバトル 3位、 ポケモンカード2017全国大会 41位、 ポケモンカード シティリーグ シーズン3 大阪 優勝、 PJCS2019 全国大会 カードゲーム部門 ベスト32 関連する記事• 2020. 03 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. シーズン7で使用率が上昇した […][…]• 2020. 05 レンタルチームID:0000 0002 J2P1 DV 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 21 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. ピックアップ3. エルフ […][…]• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0006 2539 6N 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 20 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. トゲキッス3. ドラパルト3. ドリュ […][…].

次の

【ポケモン剣盾】タルップルの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾タルップル育成論

7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! じゅくせいポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるタルップルの育成論と対策について掲載しています。 タルップルのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 目次• 特性と合わせた耐久戦ができる きのみによってHPの回復や能力の上昇が自由自在なため、 耐久型で使うことにも適しています。 てっぺきやドわすれなど自身の耐久を底上げする技を多く覚えるため、きのみで足りない部分を補いながら自身の能力を上昇させて相手を詰ませることができます。 現環境に物理ポケモンが多いことから物理に強く育成をしています。 オボンのみを不採用とする場合には回復手段がなくなるため、じこさいせいを覚えさせることで耐久をしていきましょう。 タラプのみやアッキのみを持たせる場合には、きのみが発動するまで、受けきれていなくてもじこさいせいを連発することができるようになります。 てっぺきとタラプのみを合わせることで、物理技、特殊技ともに突破できない要塞を作り上げることができます。 きのみによるステータス上昇が2段階で充分な場合にはリサイクルを技から抜くことも検討できます。 リサイクルによりヤタピのみの回収ができるため、受動的ではありますが、わるだくみのように使用する ことができます。 じこさいせいとリサイクルを使いながら相手の攻撃でヤタピのみを発動させることで特攻を上昇させ、タイプ一致の特殊技で相手に大ダメージを与えることができます。 くさタイプの一致技であるりんごさんは、相手の特防を下げる効果を持つ優秀なわざで、受けようと後出してくる相手に対して予想外のダメージを与えることができ、有利に立ち回ることができるようになります。 攻撃が等倍や半減のポケモンでは一気に耐久上昇技を積まれ起点にされてしまうことがあるため注意しましょう。 対策方法 的確に弱点を突こう 4倍弱点のこおりタイプやくさ、ドラゴンわざを両方軽減できるタイプで対面するのがおすすめです。 長期戦は積み技で相手は耐久を高め、りんごさんでこちらは耐久を下げられるため、長引けば長引くほど相手に有利になるので短期決戦を意識しましょう。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V良いでしょう。 しかし、ふいうち採用時には高い方が望ましいです。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の