加工 モデル の ご 依頼 は こちら。 加工モデルのご依頼はこちら【SNSに凍てつく女たち】ネタバレ!勘違い女がモデルデビュー!?

ネタバレ!SNSに凍てつく女たち|加工モデルのご依頼はこちら

加工 モデル の ご 依頼 は こちら

「自分にはモデル級の魅力がある」と自惚れている女が、写真加工アプリを使って容姿を美化し、加工しまくりの写真でモデルの仕事を引き受け、大変なことになるお話デス💧 本人は完全に自分は憧れのモデルにも匹敵する美貌だと思い込んでいるところが空恐ろしい内容・・・ 加工アプリで自称モデル気分になってしまった女の末路は如何に! というわけですね。 「うわー、こんなことしちゃって どうなるんやろこの人」と思いながらグイグイ引き込まれました😲 BookLive! さっそく見どころをご紹介していきます! もくじ• 『加工モデルのご依頼はこちら』あらすじ マキはSNSの人気モデル RIKOに憧れるOL。 RIKOに心酔し、ファッションもメイクもライフスタイルも RIKOを真似して、そんな自分の姿をSNSにアップしています。 といっても正直なところ、 マキはそれほどの器量良しではないです。 本人だけが、RIKOと自分は重なると思っている、イタイ状態。 「そろそろレベルアップしちゃう?」 などと言って、なんと マキはプロフィール欄に モデルの仕事募集まで載せはじめます。 「意識高いですよね〜」 なんて同僚のOLたちに皮肉を言われても、 「当然でしょ」と受け取り意に介しません(というか、皮肉にも気づかないほどの自惚れ屋)。 暴走のはじまり そんなある日、 マキは憧れの RIKOが愛用しているという 写真加工アプリの存在を知ります。 さっそく試してみる マキ。 自分の容姿を、 現実とは似ても似つかないRICOのような顔に加工しテンション爆上げ。 あげく、迷うことなくSNSにアップします。 するとこれが、たくさんの「いいね!」を集めました。 自分の魅力にやっとみんな気づいたかとご満悦の マキは、過去にアップした写真を一掃して、新しい(加工まみれの)自分をどんどん発信します。 ある時、たまたまそれを目にしたアパレルブランドから、なんと ほんとにモデル依頼の連絡が来てしまいました。 もちろん マキは依頼を受けます。 スタジオを訪れると、そこには憧れの RIKOの姿も。 ついに自分も RIKOと同じステージに立ったと自信を深める マキ。 どこまでナルシスト&自信家なのか・・・😩 しかし加工とごまかしの嘘に塗れているので当然、 すぐにボロがでます。 あまりにSNSの写真と実物がかけ離れているので、 撮影スタッフは失笑。 自分のスリーサイズをごまかしていたので衣装も合いません。 どこまでも虚飾にまみれた マキですが、撮影はどうにか終了します。 しかしここで終わらないのが マキのヤバいところ。 撮影データを自分で加工したいからデータをよこせと撮影スタッフに要求し、カメラマンを困らせます。 そして受け取ったデータを 自宅でガンガン加工。 加速する暴走 マキの勝手なふるまいはそれだけにとどまらず、ダメだって言われてるのに ゴテゴテに加工したデータをSNSにアップしてしまいます。 SNSでフォロワーに対して、自分の晴れの姿が掲載される日への期待を煽る マキ。 加工した自信作が、アパレルのWEBサイトに載るのをウキウキしながら待ちます。 ところが、 リリース日にWEBを確認してもマキの写真はありません (当然だよ!)。 SNSに投稿してはいけないという規約に違反した上、加工しまくった写真だったことから掲載されないのは当たり前なのですが、 マキはひるまないどころか、カメラマンを攻めます。 ここから、逆上したマキは アパレルブランドのスタッフに執拗にクレームを飛ばすモンスターと化していくのです・・・。 『加工モデルのご依頼はこちら』感想 このあと マキは、 勘違いした自称モデル、イタイ女としてネット上で吊し上げにあい、 精神崩壊に至るまでの壮絶な大立ち回りを演じます。 なんとも業の深いこって。 「自称モデル」の人って、いますよね~。 どこまでも自分を疑わないメンタリティ。 ありえない話のようでいて、案外、 事実に近いんじゃないかなと思わせるリアリティがありました。 写真加工アプリがもつ闇もよく出ていたと思います。 ちょっと修正すると「more! more!」になって歯止めが効かなくなるのは整形と一緒。 そうやってエスカレートしていく気持ちはあやころもわかるので、いたたまれない気持ちにもさせられた作品でした。

次の

個人向け加工事例

加工 モデル の ご 依頼 は こちら

縛先生が描く『SNSに凍てつく女たち#加工モデルの依頼はこちら』です。 この「SNSに凍てつく女たち#加工モデルの依頼はこちら」 は加工した自撮り写真をSNSに投稿。 その写真を見て、 モデルにスカウトされる話です。 今は写真を加工することは普通になっていますよね? 風景写真だったり、自撮り写真だったり…。 加工するのは悪いとは思いませんが、 やり過ぎは良くないかな…。 と感じます。 写真を簡単に加工できる今だからこそ、 そんなスカウトのやり方もあるのか? と考えてしまいました。 (偽りの自分はいくらでもつくれちゃうから) しかし、この漫画の面白い所は、 加工した写真が本来の自分と主人公は 思い込んでしまうこと。 つまり、実物とは全然違うのに、 加工されて綺麗に映る自分を本当の自分と 思い込んでいたのです。 RICOは飾らない美しさを持った女性で、 髪はボブで斜め姿の写真が写っていました。 その写真を見て、媚びない感じが良い! そう思っていたマキなのでした。 そんなマキの見た目は、 RICOを意識した髪型をしていました。 しかし、顔はお世辞にも綺麗と 言える女性ではなかったのです。 「いい線いってる…」 自撮写真をSNSにアップしていたマキ。 その写真を見て、 自分はいい線いっている! そのうち、モデルにスカウトされるかも? そんな風に思っていました。 そして、プロフィールに モデルのお仕事の依頼はDMでお願いします。 と書き込むのでした。 加工写真で偽りの自分に惚れる女? 「モデル始められたって…」 翌日、会社に行くと、 マキのSNSを見た同僚から モデルを始めたみたいで…。 と言われます。 マキはその質問に得意げに答える。 しかし、その話を聞いていた会社の同僚は 「意識高いですね…」 と話すが、 何かが違うと思うのでした。 そんな中、 マキはRICOが愛用している、 写真の加工アプリの存在を雑誌で知ります。 「使ってみよう…」 マキは早速アプリをダウンロードし、 自撮りした写真を加工する。 「こんなもんかな!」 そういって自分の写真を加工。 すると、 実物とは全然違う顔になっていました。 その写真を見てニヤニヤするマキ。 「いいじゃん!」 そういって加工した写真をSNS に投稿するのでした。 加工モデルの依頼はこちら(SNSに凍てつく女たち)の結末 加工したマキの写真をSNSに投稿する…。 いつもより反応が滅茶苦茶上がります。 味をしめたマキは、 加工アプリを活用し、 実物とは違う 写真を毎回投稿し続けていました。 モデルのようにサングラスを少しずらした顔の写真。 ファッションを見せるように 全体を映した写真など…。 加工されたマキの写真は、 まるでモデルのようになっていました。 「アパレルブランドの…」 そして、ついにマキはアパレルブランドの広報部から モデルスカウトのDMが届きます。 「やるやる~」 マキはそのDMを見て、 即決し、モデルをやると返信。 そして、撮影当日。 マキは撮影するスタジオの受付に行きます。 すると…。 加工モデルの依頼はこちら(SNSに凍てつく女たち)の感想 美意識の高いマキ。 そして、自分はいい線いっている。 モデルにスカウトされるかも? そう思っていました。 ある日、マキが憧れるRICOが愛用する写真加工アプリの 存在を知ります。 その写真加工アプリを使い、 偽りの自分をSNSに投稿するのでした。 そしてマキは、 加工した写真にもかかわらず、 美しくなったその写真を本来の自分と思い込む。 その結果、結末はマキは精神的に壊れてしまうことに なるのです。 加工写真のやり過ぎにも注意が必要ですね…。 『SNSに凍てつく女たち』はBookLive!で 分別版 150円で読むことが出来ます。 新規のみ1冊半額、無料お試し読みをしています。 登録無料で継続課金もありません。 良かったら読んでください。 BookLive! は です。 『SNSに凍てつく女たち』と検索してください。

次の

個人向け加工事例

加工 モデル の ご 依頼 は こちら

加工モデルのご依頼はこちら【SNSに凍てつく女たち】ネタバレ フォトスタグラマーのRIKO(以下、リコ)に憧れる一人の女性、マキ。 彼女はファッションもメイクも生き方もリコをお手本にしてきた女性。 妙に自分に自信を持っている。 そして、こう言ってはなんだが顔は中の下といった具合だろうか…。 そんな彼女…何を勘違いしたのかフォトスタのプロフィール欄にモデルのお仕事依頼の連絡先を表示していく。 ここで勘違い女の自称モデルが出来上がっていく。 マキのフォトスタを見ている同僚からモデルの件に聞かれて、何故か優越感を得ていくマキ。 言っておくが彼女はモデルの仕事依頼もなければ、モデル業をした事もない、ただの自称モデルのOLである。 ただ意識だけはそこらの女性より高い(笑) おすすめ加工写真アプリで別人へ! 意識高い系女子であるマキ。 雑誌を見ていると憧れの人物であるリコが紹介している加工アプリが目に入ってくる。 早速試してみる事へ。 加工後、元の顔から4倍マシ程になった自分を見てニンマリとしていくマキ。 加工写真は『いいね』が今までにない程付けられてご満悦。 この加工アプリに依存していく。 そして古い写真は削除。 加工アプリを利用して別人になった自分でSNS投稿を開始。 これがアパレルブランドの広報の目に止まって本当のモデルデビューを果たしていく事へ。 当然、モデル依頼を快く承諾していくマキ。 撮影で招かれたビルには憧れの人物であったリコも訪れていた。 リコと同じステージまで昇りつめたと勘違いしていくマキ。 所詮は加工女なのですぐにボロが出始めていく。 撮影スタッフにはフォトスタと実物に差があり過ぎた為、失笑を受ける。 さらに用意してもらった衣装が入らないといったトラブルまで続出。 撮影側は伝えられたスリーサイズで準備していたのでマキがサイズを盛っていた事を疑っていく。 なんだかんだトラブルもありながら無事に撮影は終了。 ドヤ顔報告虚しく…大炎上へ ここで考えられない行動を起こしていくマキ。 カメラマンから撮影データを預かり、自分でレタッチして掲載用に納品したいとか言い出す。 呆れてマキの言う通りに撮影データを渡していくカメラマン。 撮影スタッフのマキに対する印象はただ一つ…地雷女であった。 自宅で加工に嗜む中、マキは禁止されていたSNSへの投稿をしてしまう。 衣装部分は加工で隠していたのでOKだろうといった判断だ。 フォロワーに注目させつつ、掲載日を向かえていく。 ブランドのWEBサイトも更新されて続々と新作アパレルと共にモデルも写し出されていくがマキの写真は一枚もなかったのだ。 カメラマンに連絡してクレーム。 ブランド側の言い分はSNS投稿禁止の約束を破った事。 そして納品された写真データが加工まみれだったからである。 そしてフォロワーから続々とコメントが入ってくるマキ。 完全にマキを馬鹿にする冷やかしメッセージの数々。 炎上を鎮めるため被害者のフリをしていくが思わぬ伏兵が現れる。 リコである。 カメラマンを悪者に仕立て上げていたマキであったが、影響力の強いリコがカメラマンの人は誠実な人であると呟いていく。 世間がどちらを信じるかは明白であった。 再びマキのSNSは大炎上。 自称モデルの勘違い女と称されて、遂にはアカウント停止まで追い込まれていく。 精神崩壊した勘違い女はイタイ女へ… 生き甲斐であったフォトスタのアカウント停止を食らったマキ。 呆然と街中を歩いていた。 ストリートスナップのスカウトに声をかけ、自分はプロのモデルだから撮影して欲しいと自分から懇願。 完全にヤバイ女と化していく。 そんなマキの様子は『痛い女』と称してまとめサイトで取り上げられていく。 最後はマキの憧れ人物であったリコ。 SNSで拡散されるマキの写真を見て鼻で笑っていく。 加工モデルのご依頼はこちら【SNSに凍てつく女たち】感想 リアルのSNSを見ていれば自称モデルの人達は腐る程いますよね。 そんな氷山の一角を描いたようなエピソード。 マキさんは見ていて本当に 痛々しい女でした(笑) 加工して得た美貌は直ぐにボロが出るといった典型的な例ではないでしょうか。

次の