トーヨー タイヤ トランパス mpz。 トーヨー トランパスMPZ(T51007600)

TRANPATH mpZ

トーヨー タイヤ トランパス mpz

サイズ タイヤ幅 mm 偏平率 リム径 荷重指数 強度 速度記号 適応リム幅 前 195 60 16 89 H 5. 5-7 後 195 60 16 89 H 5. 5-7 店舗 中川店 展示場No. T06-019 程度 本数 4本セット 状態 1本パターン少々ヒビありますが、現状走行上問題ありません。 4本パターン少々段べりの為ロードノイズが大きくなりますので、ハイブリッド車や乗り心地重視の方はご遠慮下さい。 0 7. 5 7. 5 7. 0 6. 0 7. 5 8. 0 8. 0 7. 0 7. 5 7. 5 7. 0 6. 5 7. 0 7. 5 7. 5 7.

次の

トーヨー TRANPATH mpZ の特徴

トーヨー タイヤ トランパス mpz

トーヨータイヤのタイヤ「トランパス」は、1995年に世界初のミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP」として産声をあげました。 当時はセダンが主流で、ミニバン専用のタイヤを開発するという発想はタイヤ業界でもあまり取り上げられていませんでしたが、ミニバンの性能に感銘を受けたトーヨータイヤ社員の努力によって開発・発売されました。 90年代後半になると、もともとアウトドア・レジャー用途をメインに使用されていたミニバンが、街乗り用としても使われるようになります。 そうした潮流を受けて、居住性能を高めた「TRANPATH MP plus」が発売されました。 その後もさらなる研究がすすめられ、2014年には「TRANPATH mpZ」が開発されます。 「究極のミニバン専用タイヤ」を目指し、安定性・低燃費性にこだわって商品開発が行われました。 新規領域への投資も積極的に行われ、2000年代なかばにはミニバン専用のスタッドレスタイヤとして「ウィンタートランパス」も開発・発売されます。 本タイヤは、トーヨータイヤ商品企画担当の蓮見氏が、自ら経験した雪道での横滑りへの恐怖を原点に開発されており、現在ではミニバン用スタッドレスタイヤの定番となっています。 また2014年には、軽自動車専用タイヤ「トランパスLuK」を開発。 ミニバン用タイヤの開発で培ったノウハウを活かし、安定性を重視した軽自動車用タイヤがつくられました。 トランパスタイヤの製造技術 ナノバランステクノロジー スリップの原因となる、路面とタイヤの間にできるミクロの水膜に打ち勝つための技術です。 「瞬間スタッドレス」は従来のナノゲルよりも粒子を大きくして吸水力をアップさせたNEO吸水カーボニックセルを配合した、NEO吸着ナノゲルゴムを採用しています。 これのおかげで、NEO吸水カーボニックセルによる「吸水」と、ナノゲルの配合によって路面の凹凸に密着するしなやかなゴムが実現しました。 また、密着した路面の氷をひっかいてグリップ力を得るために、トーヨータイヤが20年以上にわたって培ってきた独自の技術「鬼クルミの殻」も配合されています。 これにより、ミラーバーン・ブラックアイスバーンといった過酷な条件下でもしっかりと路面を捉えて走行できるようになりました。 3Dダブルウェ-ブグリップサイプ.

次の

【タイヤレビュー】開通直後の圏央道をトーヨータイヤ「トランパス mpZ」で走ってみた 6人乗車想定のミニバン「セレナ」でミニバン専用タイヤを試す

トーヨー タイヤ トランパス mpz

トーヨータイヤのタイヤ「トランパス」は、1995年に世界初のミニバン専用タイヤ「TRANPATH MP」として産声をあげました。 当時はセダンが主流で、ミニバン専用のタイヤを開発するという発想はタイヤ業界でもあまり取り上げられていませんでしたが、ミニバンの性能に感銘を受けたトーヨータイヤ社員の努力によって開発・発売されました。 90年代後半になると、もともとアウトドア・レジャー用途をメインに使用されていたミニバンが、街乗り用としても使われるようになります。 そうした潮流を受けて、居住性能を高めた「TRANPATH MP plus」が発売されました。 その後もさらなる研究がすすめられ、2014年には「TRANPATH mpZ」が開発されます。 「究極のミニバン専用タイヤ」を目指し、安定性・低燃費性にこだわって商品開発が行われました。 新規領域への投資も積極的に行われ、2000年代なかばにはミニバン専用のスタッドレスタイヤとして「ウィンタートランパス」も開発・発売されます。 本タイヤは、トーヨータイヤ商品企画担当の蓮見氏が、自ら経験した雪道での横滑りへの恐怖を原点に開発されており、現在ではミニバン用スタッドレスタイヤの定番となっています。 また2014年には、軽自動車専用タイヤ「トランパスLuK」を開発。 ミニバン用タイヤの開発で培ったノウハウを活かし、安定性を重視した軽自動車用タイヤがつくられました。 トランパスタイヤの製造技術 ナノバランステクノロジー スリップの原因となる、路面とタイヤの間にできるミクロの水膜に打ち勝つための技術です。 「瞬間スタッドレス」は従来のナノゲルよりも粒子を大きくして吸水力をアップさせたNEO吸水カーボニックセルを配合した、NEO吸着ナノゲルゴムを採用しています。 これのおかげで、NEO吸水カーボニックセルによる「吸水」と、ナノゲルの配合によって路面の凹凸に密着するしなやかなゴムが実現しました。 また、密着した路面の氷をひっかいてグリップ力を得るために、トーヨータイヤが20年以上にわたって培ってきた独自の技術「鬼クルミの殻」も配合されています。 これにより、ミラーバーン・ブラックアイスバーンといった過酷な条件下でもしっかりと路面を捉えて走行できるようになりました。 3Dダブルウェ-ブグリップサイプ.

次の