ブレイン アウト 41。 【フォールアウト76】Fallout76 攻略Wiki : ヘイグ攻略まとめWiki

ダークブレイン

ブレイン アウト 41

BidSwitchを活用し、マーケターの皆様に、プログラマティックを通じてネイティブ広告を拡大するソリューションを提供 ユーザーに新たなディスカバリー体験を提供するプレミアム・ディスカバリー・プラットフォームのリーディング・カンパニー、アウトブレイン ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:嶋瀬 宏)は本日、Googleが運用するDSPディスプレイ&ビデオ 360との接続が完了したことを発表いたしました。 この接続により、マーケターの皆様はアウトブレインのネイティブインベントリを最大限活用することができるようになります。 Outbrain Inc. 戦略担当上席副社長のGilad de Vries(ギラッド・デ・ブリーズ)は次のようにコメントしています。 「ディスプレイ&ビデオ360との接続により、広告主/広告代理店の皆様はアウトブレインのプレミアムネイティブインベントリをより効率的にバイイングできるようになりました。 弊社によるマーケターの皆様に向けたプログラマティックスペースと革新的なネイティブソリューションの両方へのさらなる投資となります。 」 BidSwitch経由でディスプレイ&ビデオ 360と接続することによって、広告主/広告代理店の皆様にプレミアム広告体験を大規模に、効率的かつダイレクトなルートで提供できるようになります。 2017年にZemantaを買収して以来、マーケターの皆様がアウトブレインのプレミアムインベントリ全体で、柔軟なバイイング戦略を立てられるように、プログラマティックの取り組みを強化し続けてまいりました。 アウトブレインのクライアントのひとつ、TradeLab社のAdex and Programmatic Partnerships責任者であるPhilippe Imbert(フィリップ・アンベール)氏は次のようにコメントしています。 「私たちはクライアントがプレミアムパブリッシャーに訪問するターゲットにリーチできるよう、またクライアントのデジタル戦略のパフォーマンスを向上させるために、ディスプレイ&ビデオ360に接続されたアウトブレインをスタートしました。 」 BidSwitchのジェネラルマネージャーBarry Adams(バリー・アダムス)氏は、「質の高いネイティブインベントリへのアクセスを確保することは、BidSwitchのパートナーにとって常に最優先するべきことです。 アウトブレインと協力して、プレミアムネイティブ提供の新しい可能性を開拓し、広告主の皆様がBidSwitch上でGoogleのディスプレイ&ビデオ360プラットフォームを使ってバイイングができるようになることをとても嬉しく思います。 」と述べました。 アウトブレインのGilad de Vries(ギラッド・デ・ブリーズ)はさらに、「私たちのプラットフォームと提供するサービスは、現代の広告主/広告代理店・媒体社の皆様のニーズに応えるべく絶えず進化しており、ユニークなディールへの継続的な投資とインベントリパッケージはそのひとつの現れといえます。 」とコメントしております。 Googleのディスプレイ&ビデオ360 と接続されたアウトブレインプログラマティックについての詳細は、こちらよりご覧ください。 戦略担当上席副社長 Gilad de Vries(ギラッド・ド・ブリーズ) [] 【アウトブレインジャパンについて】 アウトブレインジャパン株式会社は米国ニューヨークに本社を持つOutbrain社の日本法人です。 Outbrainはサイト読者個人の興味・関心に応じて最適化された、オンライン、モバイル、動画コンテンツを提供し、パブリッシャーが読者を理解することでトラフィックを増加させる手助けをする、世界のリーディング・ディスカバリー・プラットフォームです。 OutbrainはCNN、Time Inc. 、Fox News、Le Monde、The Guardian、Slate、The Telegraph、New York Postをはじめとする世界中のリーディングパブリッシャーで採用されており、月間10億人以上のユーザーがOutbrainを利用、月間2750億回以上のコンテンツ・レコメンデーションを提供しています。 日本でも2014年4月にサービスを開始して以降、多くのリーディングパブリッシャーがOutbrainを採用しています。 Outbrainは2006年にニューヨークで設立し、米国、イギリス、イスラエル、日本、シンガポール、オーストラリアなどの国にオフィスを構えています。

次の

アウトブレイン、リガタスの買収を完了し、欧州の新しい経営陣を発表

ブレイン アウト 41

封入特典 解説歌詞対訳付 収録曲目 1• ムーヴィン・アウト featuring ブレイン、サム&ニュー・ディレクションズ• 3:10• ピアノ・マン featuring ブレイン、スポットライト・ダイナー常連客&従業員• 3:16• マイ・ライフ featuring ジェイク&ニュー・ディレクションズ女子• 3:34• オネスティ featuring アーティ• 3:09• イノセント・マン featuring ライダー• 3:41• 素顔のままで featuring カート、ブレイン、レイチェル、サム&サンタナ• 2:50• ガラスのニューヨーク featuring ウィル、アーティ、キティ、ライダー、ジェイク、ニュー・ディ• 3:31• 若死にするのは善人だけ featuring パック (シーズン2 第3話より) (ボーナス・トラック• 3:45• アップタウン・ガール featuring ダルトン・アカデミー・ウォーブラーズ (シーズン3 第5話• 3:01• ニューヨークの想い featuring レイチェル&マーリー (シーズン4 第1話より) (ボーナス• 3:41• ロンゲスト・タイム featuring アーティ、キティ、サム、マーリー、ライダー、ジェイク&ニュー• 3:21.

次の

新しい広告フォーマット「スマートフィード(SmartFeed)」は、何を変えるのか?

ブレイン アウト 41

Facebookは、3か月以上前の記事をシェアする際に通知画面を表示させる新機能を追加したと発表しました。 今回追加された機能では、90日以上前に公開された記事をシェアしようとした際に画面上に通知が表示され、ユーザーはその情報を元にシェアするかどうかの判断が可能になります。 同社によると、人々がFacebook上で見たいと考えている情報は「タイムリーかつ正確な」情報です。 時間の経過は人々が記事を読むか否かを判断するうえで重要な基準になっていると調査結果を明らかにしました。 一方のパブリッシャーも、特にニュースを配信しているパブリッシャーでは、古い情報が最新の情報としてシェアされることは誤報の拡散につながると懸念を示しています。 さらに今後数か月の間に、新型コロナウイルス(COVID-19)に関して類似した通知画面の導入を検討していると言います。 新型コロナウイルスに言及しているリンクがシェアされる際に、同様の通知画面を使用し信頼できる情報源へ人々を誘導するとのことです。 2020年6月19日で6周年を迎えた日本酒専門WEBメディアの「SAKETIMES」。 2019年12月に開始したオンラインサロン「SAKETIMESサロン」の会員数は100名を突破。 6周年を迎えるタイミングで月間100万PVを達成し、メディアとして順調に成長を続けるSAKETIMESの小池潤編集長に、媒体運営、オンラインサロン、今後の展望についてオンラインでお話を伺いました。 以前の記事で記事本数を減らしクオリティ向上に努めた、とありますが、具体的にはどのような方法や体制を取られたのでしょうか? 記事の本数を大きく減らしてクオリティ向上に注力し始めたのは2019年からですね。 それまでは毎月80~90本ほど記事を掲載していたのですが、配信スケジュールに追われ記事のクオリティをキープするのが難しい、という事態に陥りました。 動画配信クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc. は、2020年第1四半期のBrightcove Global Video Index ブライトコーブ・グローバル・ビデオ・インデックス レポートを発行しました。 同インデックスレポートでは、世界各地のブライトコーブの顧客に由来する最近の数億データを分析し、動画コンテンツ視聴実態を報告しています。 今回発行した第1四半期のデータからは、COVID-19 新型コロナウイルス感染症 のパンデミックが世界規模で急拡大する中、国内外や地域のニュースを常時把握するために、動画配信の視聴者がさらに増加したことが読み取れます。 今回の2020年第1四半期のブライトコーブ・グローバル・ビデオ・インデックスレポートで、米国に関する注目すべきデータは以下のとおりです。 グーグルは、ニュースメディア支援の新たなプログラムを導入すると発表しました。 既に世界の主要なパブリッシャーと議論を始めていて、今年後半にリリースされる予定。 新たなプログラムは、ペイウォールを設置してサブスクリプションなどで有料コンテンツを提供しているパブリッシャーが、Google NewsやGoogle Discover経由でアクセスした際に、ペイウォールなしに無料で閲覧できることを許可する代わりに、グーグルがパブリッシャーに費用を支払うというもの。 ユーザーからの購読収入を得るサブスクリプションのモデルはパブリッシャーにとって重要なビジネスモデルになる一方、ユーザーとしては情報へのアクセスが限られる事になり、情報流通を担うグーグルにとっても見逃せない変化だと考えられます。 パブリッシャーとしても、この施策に乗ることで、新たな読者に、高品質な課金コンテンツを試してもらう機会が得られ、読者拡大に繋げる事ができそうです。 もちろん収益が得られるというのも大きなメリットです。 ドイツのSPIEGLEグループの代表であるStefan Ottlitz氏は「私達は常に高品質なコンテンツで読者を惹き付ける革新的な方法を模索しています」とコメント。 同社では数ヶ月に渡ってグーグルと協議をしてきていて、グーグルの巨大なリーチを活用してユーザー層を拡大し、信頼できるニュースを届ける事を嬉しく思っているようです。 またオーストラリアのローカルメディアであるInQueenslandやInDailyなどを運営するNewsTitleのPaul Hamra代表も「ローカルニュースは圧迫されていて、安全で厳選された環境でプレミアムコンテンツを提供し、新たなユーザーを見つけるというのは最優先事項です。 この取り組みでは、新しい市場にアクセスし、ビジネス的なメリットが得られます」と述べています。 機能強化の背景 昨今、生活者へのプライバシー保護に対する配慮が企業の重要課題となっています。 欧州における一般データ保護規則(GDPR)や米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)に続き、日本においても2020年6月5日に改正個人情報保護法が成立し、個人情報やCookieを扱う際の倫理性や適切性が強く求められています。 すでに複数のWebブラウザでは、3rdパーティCookieと呼ばれるインターネットのターゲティング広告に使われてきた技術を制限する動きが進んでいます。 そのため、今後のデジタルマーケティングにおける、広告効果の向上とユーザーへのプライバシー配慮の両立が課題となっています。 DACの取り組み MIの6月特集「メディアのサブスクリプション戦略2020」では、メディアの新しいビジネスモデルとして世界的にチャレンジが続くサブスクリプションについて取り上げます。 6月30日 火 にはオンラインセミナーも開催。 サブスクリプションに挑戦するメディアの話を直接聞けるチャンスです。 ぜひご参加ください。 サブスクリプションプラットフォームを提供する米国のPIANO Softwareと、データマネジメントプラットフォーム DMP を提供するノルウェーのCXENSEが2019年10月に経営統合しました。 どちらもメディアに特化したプロダクトに特徴があり、特にCXENSEは以前から日本法人が活動していたこともあり、日本のパブリッシャーでも多数の採用実績があります。 PIANO Japan株式会社 2月にシーセンス株式会社から社名変更 の江川亮一代表取締役は「統合によってメディアがユーザーと関係を構築するサポートを統合的に行うプラットフォームを提供できるようになった」と話します。 同社のプロダクトが実現するもの、メディアが向かうべき方向性について江川氏にお話を聞きました。 江川亮一氏1997年に日本オラクル株式会社に入社。 コンサルタントとして大手企業向けウェブシステム構築やERP導入に従事。 その後、日本IBMを経て検索エンジン大手のオートノミー、ファストサーチ&トランスファーにてディレクターとして数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を担当。... アップルが23日に発表したiOS14は様々な新機能を含んでいますが、これまで広告のターゲティングなどに幅広く用いられてきた端末固有のID、IDFA Identifier for Advertisers の取得がユーザーからの明示的なオプトインが必須となります。 これによって広告の精度や単価に大きな影響を与えるのは必至です。 これまで、アプリ面で展開する広告ネットワークや広告計測システムは、端末に固有なIDであるIDFAをベースに、アプリを超えて、ユーザーの行動をトラッキングし、趣味趣向に合わせた広告の配信、成果の測定を行ってきました。 IDFAは端末固有なため、Cookieよりも正確にユーザーを特定できるという特徴もありました。 iOS14では、開発者はAppTrackingTransparencyフレームワークを用いて、ユーザーから明示的なオプトインを受けなければIDFAにアクセスできなくなります。 オプトインはアプリ単位で行う必要があります。 ユーザーには以下のようなダイアログが表示されるということですが、許可を出すユーザーは限られそうです。 これが大きく割合が増える事は避けられ無さそうです。 eMarketerは、同社がGoogleの広告収益の予測を開始して以降初めて、デジタル広告収入が減少すると発表しました。 同社はGoogleのデジタル広告収入は5. 3%減少して395億8000万ドルになると予想。 これによりGoogleが2020年のアメリカのデジタル広告市場に占める割合は、2019年の31. 6%から29. 4%まで減少すると予測されています。 eMarketerのNicole Perrin氏は「成長を続けるアメリカのデジタル広告市場において、Googleは2016年以降成長率の面で後れを取っている。 それゆえ、今年も市場シェアを失う傾向が続くだろう」と述べています。 同社の発表によると、Googleのデジタル広告収入の減少は、これまで検索広告の主要な収入源となっていた旅行事業者が広告の出稿を控えていることにあるそうです。 Googleの検索広告収入は7. 2%減少し、市場におけるシェアも約3%減少しました。 本記事は5月18日に開催したメディアと広告主のマッチングイベント「Media Innovation Connect 1 コロナに負けないメディア施策特集」に登壇したエキサイトの広告事業統括、大野貴子氏のセッションのショートレポートです。 当日の模様のレポート動画と講演資料も記事の末尾で紹介しています。 エキサイト株式会社は、ウェブメディア「ローリエプレス」「エキサイトニュース」の運営や、占いサービス「エキサイト電話占い」、ブロードバンド事業「エキサイト光」など幅広く事業を行う企業です。 エキサイトからは大野貴子氏にご登壇頂きました。 エキサイトではママ向けメディア「ウーマンエキサイト」を展開、中でもコミックライターによるコミックエッセイが人気だと大野氏は語ります。 コミックエッセイのポイントは、すでに数十万のフォロワーを有するライターが執筆し、、読者が親しみやすい形で掲載するため、拡散が期待できるそうです。 また、このコミックライターを起用した「コミックプロモーション」も展開。 複雑な商品でも、コミックにすることによりわかりやすく訴求できるといいます。 またコミック記事広告とSNSプロモーションを併用したプランでは、コミックとSNSの相性の良さから、CTRが3倍~10倍になったと大野氏はアピールします。 トラベルブック株式会社が、全画面ストーリー形式のインタラクティブWEB広告「Visual Story Promotion」の提供を開始しました。 企業や自治体は「Visual Story Promotion」を活用することで、自身が保有するブランド資産の魅力を余すことなく、ビジュアル的に表現し、旅行関心ユーザーとの新しいコミュニケーションが可能になります。 「Visual Story Promotion」は、Instagramの「ストーリーズ Stories 」のようにユーザーの画面いっぱいに表示される、高品質のビジュアルで、没入感のあるクリエイティブが特徴の編集タイアップコンテンツです。 同コンテンツはWeb Stories 旧称AMP Stories フォーマットで構成されており、ユーザーは簡単なタップ操作でページを読み進めることができます。 また各ページではスワイプ操作でサブページを表示することができ、メインビジュアルのみでは表現しきれない細部の情報について、画像やテキスト、リンク要素等を用いて補足することが可能です。 全てのページは、PCおよびモバイルデバイスにそれぞれ最適化されたレイアウトで表示されます。 なお活用事例の第一弾として、2020年4月1日より、タイ国政府観光庁「創設60周年記念キャンペーン」にて「Visual Story Promotion」を実施されています。 Web Storiesフォーマットで公開されたタイアップ広告事例は、国内初となります。 アイティメディア株式会社は、新たな勤務制度「スマートワーク制度」を7月1日から導入すると発表。 部門ごとに設定する週1日の出社日以外、全従業員が自ら働く場所を選択できるようにし、新型コロナウイルスによる環境変化を、デジタル・トランスフォーメーションを加速させる大きな転換点と捉え、従業員が価値発揮を最大化できる「安心・挑戦・主体性」を生み出す環境を整えて行くとしています。 同社はこれまでも、メディア企業にとっての一番の資産は「人」であり、従業員一人一人の成長が、企業価値向上につながるものと考え、従業員が裁量をもって主体的に働き、成長につながる仕事に挑戦できる環境づくりを進めて来たといいます。 これからのwithコロナの時代に、従業員が主体的に働ける環境、安心して働ける環境の整備が必要と考え、「スマートワーク制度」を導入しました。 この精度を通じて、安心して働ける環境のために、従業員とその家族の安心安全、事業継続性の担保、挑戦して進化できる環境のためのDXによる働き方の新様式創出、経営・業務の効率化、主体的に取り組める環境のために働く時間と場所の自己裁量を高め主体性を引き出すことを目指しています。 広告業界のメディアやイベントを運営するアドウィーク Adweek を、プライベート・エクイティ・ファンドののShamrock Capitalが同業のBeringer Capitalから買収することが発表されました。 取引条件は明らかにされていません。 引き続きJeffrey Litvack CEOが経営に当たるとのこと。 アドウィークは1979年に設立され、Beringer Capitalは2016年に買収しました。 デジタルメディアでは毎月600万人に利用されていて、雑誌は15万人に購読されているとのこと。 ウェブサイト、雑誌、イベントと様々なフォーマットでマーケティング業界をリードするAdweek 「アドウィークは何十年に渡ってマーケティングや広告業界にとって最重要の情報源であり、示唆を与えてくれる場となっています。 経験豊かな経営陣は素晴らしいブランドを打ち立てただけでなく、業界を広げたり、新しいプロダクトを生み出して、より強力なポジションを築いてきました。 私達はアドウィークを更に自律的な成長と買収の両方を通じて加速させていくことを楽しみにしています」とShamrock CapitalのパートナーであるLaura Held氏は述べています。 メディア事業を展開するポートは、複数の買収を通じて展開してきた、スモールバーティカル戦略を転換し、主軸である就活、カードローン、新規事業に注力していくと明らかにしました。 これまでに実績があり、勝算のある就活とカードローン領域に絞り、メディカルは新規事業として継続していく方針を打ち出しています。 また、これに当たって中期的に柱にならない小規模サービスからの撤退や売却を進めるとしていて、キャリア領域の「キャリアパーク転職」「エージェントBOX」、ファイナンス領域の「ミツカル保険」、メディカル領域の「オンラインクリニック」「Doctor's Diet」、リーガル領域の「債務整理の森」「交通事故示談交渉の森」を整理対象としています。 マイケルは2016年設立で、代表は「ソーシャルランチ」「MixChannel」などを手掛けた福山誠氏。 「CARTUNE」は自動車のカスタムやドレスアップなどをテーマにしたコミュニティで、アプリとウェブで月間300万人以上に利用されているといいます。 メルカリは2018年に同社を約15億円で子会社化し、「メルカリ」のマーケットプレイスとの連携を模索していましたが、切り離す事が最善と判断したとのこと。 対するイードは自動車ニュースメディア「レスポンス」や燃費管理サービス「e燃費」などのメディアを運営するほか、自動車特化型アクセラレーターの「iid 5G Mobility」などを展開。 「CARTUNE」が加わることで、自動車業界に向けた360度のメディアビジネスをより強化していく方針。 福山氏は福山誠氏は「日本最大級の自動車メディア『レスポンス』を運営されているイード様へ CARTUNE の事業運営を引き継げることを大変うれしく思います。 車好きな方々のひとつの文化として、今後も発展し続けることを応援させていただきます。 」とコメントしています。 これにより、グローバル広告主・パブリッシャー・広告代理店向けの位置情報マーケティング関連技術及びデータ提供領域における、グローバルの独立系No. 1事業者が誕生することになりました。 FoursquareとFactualが合併することで、世界20ヵ国以上でサービス展開、売上は150億円以上の事業規模になります。 そしてMicrosoft・Uber・Samsung・Snap・Twitter等のFortune100企業の半数以上を含む、幅広い業界・規模の数千にも及ぶ企業から信頼され、利用されることになります。 両社は既に以下のような多数の顧客で使用実績、それを可能とするエコシステムを用意しています。 MIの6月特集「メディアのサブスクリプション戦略2020」では、メディアの新しいビジネスモデルとして世界的にチャレンジが続くサブスクリプションについて取り上げます。 6月30日 火 には7社がサブスクを語るオンラインセミナーも開催。 サブスクに挑戦するメディアの話を直接聞けるチャンスです。 ぜひご参加ください。 「経済情報で、世界を変える」を掲げるユーザベースは、2018年に米国のQuartz Mediaを買収。 グローバルブランドの経済メディアとして認知が高まっていた「Quartz」を有する同社を買収したことは衝撃を持って迎えられました。 そして2019年秋に日本版となるQuartz Japanが誕生しました。 ユーザベースの母国市場である日本で、既にスマホ時代の経済メディアとして確たる地位を築いたNewsPicksに次ぐ経済メディアという事を注目されましたが、注目の要因は別にもありました。 それが、ウェブサイトはなく、ニュースレターだけで展開をしていくサブスクリプション型のメディアだったということです。 Quartzはニュースレターを再発明して、メディアに欠かせない重要な読者接点に昇華した事で知られます。 そんなQuartzが日本展開で目指す将来像について、Quartz Japan編集長の年吉聡太氏、ディレクターの小西悠介氏にお話を伺いました。

次の