犬夜叉 かごめ キス。 『犬夜叉』かごめは最終回でどうなる?犬夜叉との気になる関係もネタバレ!

#犬夜叉 #かごめ ファーストキス

犬夜叉 かごめ キス

Contents• 。oO え、今さら「 」? そう思った方、今だからです。 あー犬夜叉好きすぎる。 久々に見ると余計に…… 原作はもちろんなんですが、アニメの147、8話がほんまにグッとくる。 アニメオリジナルなのも良い。 漫画は「」です。 そこだけでもいいので見てほしい。 そこまで思ってしまいます。 言うならば 「初恋の人」。 それも 死に別れの初恋。 犬夜叉も、桔梗とかごめの気持ちを考えて苦しんで、桔梗を選んだこともあった。 憎しみに囚われていたこともあった桔梗ですが、それでも 最期は笑ってあの世へ行った。 それだけで、桔梗は救われたのでしょうね。 かごめは「太陽のような」女性 自分にも矢印を向けられる優しい女性 出会った当初の犬夜叉は奈落に騙されて、桔梗と仲違いしたまま封印されてしまった。 大好きだった人と死に別れた挙句、そっくりさんが目の前にいるのですから、戸惑って当然ですよね。 犬夜叉を好きだと思いはじめてからも、犬夜叉の気持ちが桔梗にあることがわかっているから 「犬夜叉がそれで幸せなら」と身を引こうとした。 でも違うんですよね。 まがい物なんです。 蘇ったとしても、同じ形だとしても。 「おれは楽しんだり笑ったりしちゃいけねぇんだ。 」 桔梗はおれの後を追って死んだ。 「おれは桔梗に命がけで答えなくちゃいけないーーー」 「うん・・・ 私は桔梗にかなわない だって私は・・・ 生きてるから・・・」 蘇った桔梗に対して 「嫉妬する気持ち」でさえも 「私ってなんて嫌な女なだったんだ。 」と自分自身に矢印を向けられる女性です。 さらに、桔梗のことで苦しんでいる犬夜叉にこんな言葉をかけられる。 だから犬夜叉も 安心して自分の心をさらけ出すことができたのでしょうね。 どんな人でも包み込む包容力 当時、思いませんでしたか? 「なんっっっっって、いい子!!!!!」 こんな聖人みたいな中学生いませんよね。

次の

「犬夜叉」続編アニメが秋から放送開始 殺生丸の娘たちがメインの物語

犬夜叉 かごめ キス

『犬夜叉』かごめは最終回でどうなる? 犬夜叉の女子たちは本当にかわいい。 神楽もかわいいんだよ。 犬夜叉と仲間たちから攻撃を受け、奈落は体力を削られていきますがなかなか倒れません。 その時、弓の使い手であるかごめが撃った矢が、奈落が取り込んだ四魂の玉を壊し、奈落がついに討ち取られました。 しかし、奈落の分身である白夜が、冥道を開く技「冥道残月破(めいどうざんげつは)」で、 かごめを冥道の闇の中へと連れ去っていきました。 四魂の玉は、巫女の力を持っているかごめを怖がっていて、永遠に玉の中でかごめと玉の邪念とを戦わせようと計画していたのです! 四魂の玉はかごめに、「帰りたいか?」「犬夜叉に会いたいか?」などと、囁いてきます。 しかし、かごめは四魂の玉が本当に願いを叶える気はないと悟っているので答える気がありません。 真っ暗な闇の中で孤独と恐怖に戦うかごめは、とても芯が強いですね。 私が真っ暗闇の中に引きずり込まれたら「出してくれ!」と願ってしまいそうです。 犬夜叉は、冥道にいるかごめを追いかけます。 四魂の玉に「私は願わない」と言ったかごめの元へ犬夜叉がたどり着きます。 かごめは「四魂の玉消えなさい。 永遠に」と願いを言います。 四魂の玉は砕け散りこの世から完全に消え去りました…。 すべてが終わり、かごめは犬夜叉と共に家族が待つ現代へと戻ります。 かごめを送り届けると、犬夜叉は戦国時代へ戻り、「骨喰いの井戸」も繋がらなくなってしまいました。 想い合っていた、かごめと犬夜叉は離れ離れに。 えーっですよ。 2人が想い合っているのがわかっているから、余計に胸が締め付けられる展開に!好きな人と会えないなんて苦しすぎます。 それから3年が経ち、高校を卒業したかごめ。 会えないまま日数が経ちます…。 苦しすぎる。 3年ですよ?!犬夜叉に会えないのは自分の気持ちが原因なんだと気づいたかごめは 「 犬夜叉に会いたい」 と願います。 するとどうでしょう!井戸が戦国時代へと繋がり、かごめは犬夜叉と会えることができました。 かごめは、現代ではなく戦国時代で愛する人と一緒に生きることを決めました。 スポンサーリンク 日暮かごめってどんな人物なの? 住んでいる家が「日暮神社」を営んでいる「日暮かごめ」。 15歳、中学生で受験を控えている身です。 戦国時代を生きた巫女・桔梗の生まれ変わりなんです。 15歳の誕生日に神社に古くから伝わる「骨喰いの井戸」から戦国時代にタイムスリップしてしまいます。 そこで出会ったのは、父親が妖怪、母親が人間の「半妖」と言われている「犬夜叉」でした。 ひょんなことから、犬夜叉・かごめの2人で全国に散らばってしまった「あらゆる野望が叶う力を持つ四魂の玉」を探す旅に出ることに。 <かごめの技> 破魔の矢…霊力のこもった矢を妖怪に飛ばし滅する。 怒りで本気になると敵を粉砕するほどの力を持つ。 戦闘経験がないので、的を外すことも多々あったけれど、霊山にある梓山の弓を手に入れてからはパワーアップし、障害物をすり抜けて標的を打ち抜く。 破魔の霊力…敵の身体に直接手で触れ、霊力を発し相手を追い払う技。 呪い返し(霊力返し)…相手が放ってきた霊力をそのまま相手に返す技。 邪気払い…高い霊力をもつかごめは、常人では耐えられない邪気・瘴気(悪い気)を浄化させる技。 言霊の念珠…犬夜叉にのみ通用する技。 かごめが「おすわり」というと犬夜叉は大地に引き倒される。 かごめの前世・桔梗って何者? かごめの前世・桔梗って誰なのか気になりますよね。 桔梗は、かつて犬夜叉と想いあっていた仲です。 桔梗は妹・楓と一緒に諸国を旅している巫女でした。 故郷の村で、「四魂の玉を鎮めてほしい」と依頼を受け、その後村にやってきた犬夜叉と出会いました。 妖怪に襲われかけた妹を犬夜叉に助けられてから、2人は想いあいます。 しかし、仇・奈落の策により犬夜叉は村を襲って四魂の玉を奪い、桔梗は犬夜叉を封印して自らも命を落とします。 かつての恋人同士だった桔梗と犬夜叉は罠とも知らずにお互いを憎しみあいました。 そして、その桔梗の生まれ変わりであるかごめが犬夜叉の封印を解くことになるのです。 それが、一緒に旅をしていく中でいろいろな出来事があり、お互いの新たな一面を見ることで恋に発展していってしまう…あるあるだけどドキドキしてしまう展開なんですよね。 2人の関係が確かなものになったのが、奈落との最終決戦前の出来事。 決戦前に現代に帰ってきたかごめと犬夜叉が奈落との戦いについて話し合っています。 戦いに参加すると決意したかごめの手を握り、犬夜叉は「命を懸けてお前を守る」と約束します。 じれったいような関係からやっと進歩して、やった!このままキスしちゃえ!と願ったファンもいるのではないでしょうか? ドキドキしてかごめと犬夜叉がキスしちゃうのか?と待っていると、そこはお決まりの「家族が帰ってくるパターン」です。 でも、この出来事で2人の関係はより確かなものになりましたよね。 そして、アニメ最後のシーンでは、かごめと犬夜叉のキスシーンが描かれています!やっとです。 しかし、原作ではキスシーンはありません。 これは今後の展開も含めて、あえて発展途上のように描かれているのかもしれませんね。 かごめは犬夜叉と共に戦国時代に生きると決めましたが、物語の中では犬夜叉とかごめが「結婚している」ということは誰も明言していません。 しかし、気になる表現が…それは、かごめの弟・草太。 「かごめは嫁に行って、家にはいない」と言っているのです。 これって遠回しでも「結婚」したんだよって言ってますよね?! スポンサーリンク その後が気になる…2人に進展はあるの? 覚悟を決めて犬夜叉がいる戦国時代に生きることを決めたかごめですが、これで終わり?と思ったファンもいるのではないでしょうか? 実は、戦国時代に生きる2人を描いた作品があります。 この作品は、漫画家・細野不二彦さんの呼びかけで東日本大震災復興支援を目的に企画されました。 賛同した高橋留美子さんも犬夜叉の新作を発表。 それが犬夜叉とかごめが再会してから半年後のお話「犬夜叉 ワイド版」として販売されています。

次の

恋に悩みはつきもの。「犬夜叉」から学ぶ、男の恋心について考えてみた|あいまいみーのきたろぐ

犬夜叉 かごめ キス

Contents• 。oO え、今さら「 」? そう思った方、今だからです。 あー犬夜叉好きすぎる。 久々に見ると余計に…… 原作はもちろんなんですが、アニメの147、8話がほんまにグッとくる。 アニメオリジナルなのも良い。 漫画は「」です。 そこだけでもいいので見てほしい。 そこまで思ってしまいます。 言うならば 「初恋の人」。 それも 死に別れの初恋。 犬夜叉も、桔梗とかごめの気持ちを考えて苦しんで、桔梗を選んだこともあった。 憎しみに囚われていたこともあった桔梗ですが、それでも 最期は笑ってあの世へ行った。 それだけで、桔梗は救われたのでしょうね。 かごめは「太陽のような」女性 自分にも矢印を向けられる優しい女性 出会った当初の犬夜叉は奈落に騙されて、桔梗と仲違いしたまま封印されてしまった。 大好きだった人と死に別れた挙句、そっくりさんが目の前にいるのですから、戸惑って当然ですよね。 犬夜叉を好きだと思いはじめてからも、犬夜叉の気持ちが桔梗にあることがわかっているから 「犬夜叉がそれで幸せなら」と身を引こうとした。 でも違うんですよね。 まがい物なんです。 蘇ったとしても、同じ形だとしても。 「おれは楽しんだり笑ったりしちゃいけねぇんだ。 」 桔梗はおれの後を追って死んだ。 「おれは桔梗に命がけで答えなくちゃいけないーーー」 「うん・・・ 私は桔梗にかなわない だって私は・・・ 生きてるから・・・」 蘇った桔梗に対して 「嫉妬する気持ち」でさえも 「私ってなんて嫌な女なだったんだ。 」と自分自身に矢印を向けられる女性です。 さらに、桔梗のことで苦しんでいる犬夜叉にこんな言葉をかけられる。 だから犬夜叉も 安心して自分の心をさらけ出すことができたのでしょうね。 どんな人でも包み込む包容力 当時、思いませんでしたか? 「なんっっっっって、いい子!!!!!」 こんな聖人みたいな中学生いませんよね。

次の