みんカラ マツダ 3。 マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 上品革命

MAZDA3(マツダ3)専用カスタム カスタムパーツ・アクセサリー

みんカラ マツダ 3

マツダの米国部門、北米マツダとマツダモータースポーツは10月2日、新型『マツダ3』のレーシングカー『マツダ3 TCR』(Mazda3 TCR)を発表した。 国際ツーリングカーレース「TCR」規格に適合 同車は新型マツダ3をベースに、「TCR」規格に適合させたレーシングカーだ。 TCRは2015年春に開始された新たな国際ツーリングカーレース。 現在では、世界各地で36のレースが開催されている。 例えば欧州では、ホンダ、SUBARU(スバル)、フォルクスワーゲン、アウディ、プジョー、ルノー、アルファロメオなどの車両が、TCRに参戦している。 マツダ3 TCRは、『ロードスター』ベースのレースシリーズ、「グローバルマツダMX-5カップ」の参戦車両を手がける米国ノースカロライナ州のロングロードレーシングとマツダモータースポーツが、共同で開発を担当した。 マツダ3 TCRは、世界中の36のTCR公認のレースシリーズに参戦することを視野に入れている。 マツダモータースポーツによると、新しいツーリングカーのマツダ3 TCRによって、カスタマーレーシングプログラムを強化するという。 専用エアロパーツを装着 新型マツダ3のハッチバック(日本名:「ファストバック」)をベースにしたマツダ3 TCRでは、ブランドを象徴する「魂動」デザインの最新バージョンを導入する。 カリフォルニア州アーバインのマツダ・デザイン・アメリカのデザイナーは、マツダ 3 TCRのエアロダイナミクス性能をTCR規格に適合させるために、多くの時間を費やした。 その結果、フロントリップスポイラーやサイドスカート、大型リアウィング、ディフューザーなどの専用エアロパーツが装備された。 全幅は1950mmにワイド化されており、拡幅されたフェンダーに大径タイヤを収める。 専用のシングルターボで過給することにより、最大出力は350hp、最大トルクは50kgmを獲得する。 エンジンの最大許容回転数は、7000rpmとした。 エンジンマネジメントはマニエッティ・マレリだ。 駆動方式は、FFとなる。 トランスミッションはSADEV製の6速シーケンシャルで、パドルシフトで操作を行う。 オプションでXTRAC製のシーケンシャルトランスミッションが選択できる。 また、ダンパーはビルシュタイン製が標準で、オーリンズ製はオプションだ。 ブレーキはブレンボ製を装着する。 ホイールはレイズ製の18インチで、ミシュラン製の「パイロット」タイヤを組み合わせる。 シートはスパルコ製のバケットだ。 ペダルはTilton 製で、ドライバーの体格に合わせて調整できる。 ステアリングホイールは、MPi製とした。 データロガーは、Motec の「L180」を採用する。 2020年1月に実戦デビューへ マツダ3 TCRは2020年1月、米国フロリダ州のデイトナスピードウェイで開幕する「2020 IMSAミシュラン・パイロット・チャレンジ」シリーズにおいて、実戦デビューを果たす予定だ。 ドライバーには、2019年のグローバルMX-5カップチャンピオンのブライアン・オルティス選手を起用する。 なお、マツダモータースポーツは2020年内に、世界各地のTCRレースに参戦するプライベーターに対して、ロングロードレーシングを通じてマツダ3 TCRの販売を始める計画を掲げている。 《森脇稔》.

次の

MAZDA CX

みんカラ マツダ 3

この項目では、2019年以降発売のモデルについて説明しています。 それ以前のモデルについては「」をご覧ください。 2003年から日本国内で「」の名称で販売されていた車種の後継モデルであるが、本モデルよりグローバルでのモデルネームである「Mazda3」の名称を世界共通で用いることになった。 このため本項では2019年発売モデルを便宜上「日本国内初代」と表現するが、グローバル向けつまりアクセラからの通算としては「4代目」に当たることに留意。 製造国 販売期間 2019年- 設計統括 別府耕太 土田廉剛 5人 4ドア 5ドア P5-VPS型: 1,496cc PE-VPS型: 1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC HF-VPH型: 1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC S8-DPTS型: 1. 8kW 6. アクセラのラインナップを踏襲しているが、それまで「スポーツ」として販売されていたモデルは「」と称されることとなった。 さらにファストバックとセダンではデザインの方向性が異なっており、ファストバックは「色気のある塊」というデザインテーマに基づき、曲面の抑揚だけで動物が持っている下半身の大きな塊を表現したものとなった一方で、セダンは「凛とした伸びやかさ」というデザインテーマに基づき、前後フェンダーにキャラクターラインを入れるなど、水平基調を強めたデザインとなっている。 走行性能・乗り心地を向上させた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー 」を初めて全面採用し、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求し、シート、ボディ、シャーシを基本から徹底的に改善したとしている。 日本向けのパワートレーンは大きく分けて4種類となり、3代目アクセラにも使用された1. 5Lガソリンエンジン「 1. 5」 P5-VPS 、に搭載されているものと同型となる2. 0L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 0」 PE-VPS 、同じくに搭載されているものと同型となる直列4気筒直噴DOHCディーゼルターボ「 1. 8」 S8-DPTS をラインナップ。 また、火花点火制御圧縮着火 SPCCI を実用化したガソリンエンジンである「 2. 0」 HF-VPH もラインナップされ、の「SCiB」を採用したシステム「M Hybrid」(エムハイブリッド) を採用することが明らかになっている が、マイルドハイブリッド車は遅れて2019年12月5日に投入された。 なお、「M Hybrid」はAT車だけでなく、MT車にも搭載される。 セダンにおいては販売開始時点では「SKYACTIV-G 2. 0」と「SKYACTIV-D 1. 8」の2種類のみであった(2019年12月5日に「SKYACTIV-X 2. 0」モデルが、2020年5月21日に「SKYACTIV-G 1. 5」モデルが順次追加)。 なお、日本国外向けには2. 5L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 5」のモデルも用意される。 トランスミッションは、全車とも6速オートマチックの「」が搭載され、ファストバックの1. 5Lガソリンと2. 0Lマイルドハイブリッドには6速マニュアルの「」も設定される。 セダンは全グレードAT車のみである。 サスペンションはフロントは先代に引き続きマクファーソンストラット式を採用するが、リアは自然な運転感覚を重視してトーションビーム式を採用した。 日本向けのグレード構成は、2. 0Lガソリンエンジン車「20S」、1. 8Lディーゼルターボ車「XD」(クロスディー)、1. 5Lガソリンエンジン車は「15S」と「15S Touring」の2グレード、2. 0Lマイルドハイブリッド車「X」においては「PROACTIVE」、「PROACTIVE Touring Selection」、「L Package」の3グレードが基本となっており、ファストバック車のみ、赤レザーを採用した専用の最上級グレード「Burgundy Selection」 が設定される。 また、前身の3代目アクセラから引き続き装着されるSKYACTIV専用エンブレムが、MAZDA3では新デザインとなり、ガソリン車は「SKYACTIV G」、マイルドハイブリッド車は「SKYACTIV X」、ディーゼル車は「SKYACTIV D」と表記される。 全車WLTCモードによる・排出ガスに対応しており、1. セダン(ジュネーブモーターショー2019にて) 年表 [ ]• - ロサンゼルス・モーターショーにて、Mazda3を世界初公開。 - 独「2019年レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞。 - 日本での販売を開始。 - の日本訪問に際し、広島県内での移動用車両として使用される。 - 日本で「SKYACTIV-X」搭載車(マイルドハイブリッド車)の追加が発表された(12月5日発売)。 マツダ車での同賞受賞は2016年に受賞した以来3年ぶり、通算3回目の受賞となった。 - 日本でガソリン車にAWD(i-ACTIV AWD)の追加設定を発表(3月12日発売)。 これにより、全てのエンジンでAWDの選択が可能となった。 - 日本でマツダ創立100周年を記念した「100周年特別記念車」を発表し、予約受注が開始された(6月以降発売、2021年3月31日までの期間限定受注)。 「15S Touring(発表当初はファストバックのみ)」、「20S L Package」、「XD L Package」、「X L Package」をベースに、バーガンディのフロアカーペットを装備し、ボディカラーには「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を採用。 フロアマットとフロントフェンダー部には創立100周年記念バッジが装着され、マツダの前身となる東洋工業が創業した際に使用されていた「丸工マーク」と現在のマツダのブランドシンボルマークを重ね合わせた創立100周年スペシャルロゴをヘッドレストやキーフォブ(キーフォブは100周年専用化粧箱入り)の刻印、センターホイールキャップのロゴに採用した。 - 「」を受賞。 マツダ車としては2016年のロードスターに続いて2度目の受賞となった。 - 日本でセダンに「SKYACTIV-G 1. 5」モデルの「15S」・「15S Touring」を追加発売。 また、4月に発表された「15S 100周年特別記念車」のセダンモデルも併せて設定された(なお、MAZDA3の「100周年特別記念車」の発売日が6月12日となったことも併せて発表された)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 株式会社三栄. 2019年8月3日時点のよりアーカイブ。 2019年8月3日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2018年11月28日 , 2019年6月27日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2018年12月12日 , 2019年7月1日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2019年5月24日 , 2019年6月27日閲覧。 MoTA 2019年6月7日. 2019年6月30日閲覧。 2019年8月30日閲覧。 cliccar 2019年5月30日. 2019年6月28日閲覧。 Car Watch. 2019年5月28日. 2019年6月28日閲覧。 ITメディア ビジネスオンライン 2019年1月28日. 2019年7月2日閲覧。 - マツダ 2018年11月28日• - マツダ 2019年4月8日• - マツダ 2019年5月24日• プレスリリース , マツダ, 2019年11月25日 ,• プレスリリース , マツダ, 2019年12月20日 ,• プレスリリース , マツダ, 2020年2月13日 ,• プレスリリース , マツダ, 2020年4月3日 , 2020年4月9日閲覧。 2020年4月20日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2020年5月21日 , 2020年5月21日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の

マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【試乗記】 上品革命

みんカラ マツダ 3

この項目では、2019年以降発売のモデルについて説明しています。 それ以前のモデルについては「」をご覧ください。 2003年から日本国内で「」の名称で販売されていた車種の後継モデルであるが、本モデルよりグローバルでのモデルネームである「Mazda3」の名称を世界共通で用いることになった。 このため本項では2019年発売モデルを便宜上「日本国内初代」と表現するが、グローバル向けつまりアクセラからの通算としては「4代目」に当たることに留意。 製造国 販売期間 2019年- 設計統括 別府耕太 土田廉剛 5人 4ドア 5ドア P5-VPS型: 1,496cc PE-VPS型: 1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC HF-VPH型: 1,997cc 直列4気筒 直噴DOHC S8-DPTS型: 1. 8kW 6. アクセラのラインナップを踏襲しているが、それまで「スポーツ」として販売されていたモデルは「」と称されることとなった。 さらにファストバックとセダンではデザインの方向性が異なっており、ファストバックは「色気のある塊」というデザインテーマに基づき、曲面の抑揚だけで動物が持っている下半身の大きな塊を表現したものとなった一方で、セダンは「凛とした伸びやかさ」というデザインテーマに基づき、前後フェンダーにキャラクターラインを入れるなど、水平基調を強めたデザインとなっている。 走行性能・乗り心地を向上させた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー 」を初めて全面採用し、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求し、シート、ボディ、シャーシを基本から徹底的に改善したとしている。 日本向けのパワートレーンは大きく分けて4種類となり、3代目アクセラにも使用された1. 5Lガソリンエンジン「 1. 5」 P5-VPS 、に搭載されているものと同型となる2. 0L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 0」 PE-VPS 、同じくに搭載されているものと同型となる直列4気筒直噴DOHCディーゼルターボ「 1. 8」 S8-DPTS をラインナップ。 また、火花点火制御圧縮着火 SPCCI を実用化したガソリンエンジンである「 2. 0」 HF-VPH もラインナップされ、の「SCiB」を採用したシステム「M Hybrid」(エムハイブリッド) を採用することが明らかになっている が、マイルドハイブリッド車は遅れて2019年12月5日に投入された。 なお、「M Hybrid」はAT車だけでなく、MT車にも搭載される。 セダンにおいては販売開始時点では「SKYACTIV-G 2. 0」と「SKYACTIV-D 1. 8」の2種類のみであった(2019年12月5日に「SKYACTIV-X 2. 0」モデルが、2020年5月21日に「SKYACTIV-G 1. 5」モデルが順次追加)。 なお、日本国外向けには2. 5L直列4気筒直噴DOHCガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2. 5」のモデルも用意される。 トランスミッションは、全車とも6速オートマチックの「」が搭載され、ファストバックの1. 5Lガソリンと2. 0Lマイルドハイブリッドには6速マニュアルの「」も設定される。 セダンは全グレードAT車のみである。 サスペンションはフロントは先代に引き続きマクファーソンストラット式を採用するが、リアは自然な運転感覚を重視してトーションビーム式を採用した。 日本向けのグレード構成は、2. 0Lガソリンエンジン車「20S」、1. 8Lディーゼルターボ車「XD」(クロスディー)、1. 5Lガソリンエンジン車は「15S」と「15S Touring」の2グレード、2. 0Lマイルドハイブリッド車「X」においては「PROACTIVE」、「PROACTIVE Touring Selection」、「L Package」の3グレードが基本となっており、ファストバック車のみ、赤レザーを採用した専用の最上級グレード「Burgundy Selection」 が設定される。 また、前身の3代目アクセラから引き続き装着されるSKYACTIV専用エンブレムが、MAZDA3では新デザインとなり、ガソリン車は「SKYACTIV G」、マイルドハイブリッド車は「SKYACTIV X」、ディーゼル車は「SKYACTIV D」と表記される。 全車WLTCモードによる・排出ガスに対応しており、1. セダン(ジュネーブモーターショー2019にて) 年表 [ ]• - ロサンゼルス・モーターショーにて、Mazda3を世界初公開。 - 独「2019年レッド・ドット:ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞。 - 日本での販売を開始。 - の日本訪問に際し、広島県内での移動用車両として使用される。 - 日本で「SKYACTIV-X」搭載車(マイルドハイブリッド車)の追加が発表された(12月5日発売)。 マツダ車での同賞受賞は2016年に受賞した以来3年ぶり、通算3回目の受賞となった。 - 日本でガソリン車にAWD(i-ACTIV AWD)の追加設定を発表(3月12日発売)。 これにより、全てのエンジンでAWDの選択が可能となった。 - 日本でマツダ創立100周年を記念した「100周年特別記念車」を発表し、予約受注が開始された(6月以降発売、2021年3月31日までの期間限定受注)。 「15S Touring(発表当初はファストバックのみ)」、「20S L Package」、「XD L Package」、「X L Package」をベースに、バーガンディのフロアカーペットを装備し、ボディカラーには「スノーフレイクホワイトパールマイカ」を採用。 フロアマットとフロントフェンダー部には創立100周年記念バッジが装着され、マツダの前身となる東洋工業が創業した際に使用されていた「丸工マーク」と現在のマツダのブランドシンボルマークを重ね合わせた創立100周年スペシャルロゴをヘッドレストやキーフォブ(キーフォブは100周年専用化粧箱入り)の刻印、センターホイールキャップのロゴに採用した。 - 「」を受賞。 マツダ車としては2016年のロードスターに続いて2度目の受賞となった。 - 日本でセダンに「SKYACTIV-G 1. 5」モデルの「15S」・「15S Touring」を追加発売。 また、4月に発表された「15S 100周年特別記念車」のセダンモデルも併せて設定された(なお、MAZDA3の「100周年特別記念車」の発売日が6月12日となったことも併せて発表された)。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 株式会社三栄. 2019年8月3日時点のよりアーカイブ。 2019年8月3日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2018年11月28日 , 2019年6月27日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2018年12月12日 , 2019年7月1日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2019年5月24日 , 2019年6月27日閲覧。 MoTA 2019年6月7日. 2019年6月30日閲覧。 2019年8月30日閲覧。 cliccar 2019年5月30日. 2019年6月28日閲覧。 Car Watch. 2019年5月28日. 2019年6月28日閲覧。 ITメディア ビジネスオンライン 2019年1月28日. 2019年7月2日閲覧。 - マツダ 2018年11月28日• - マツダ 2019年4月8日• - マツダ 2019年5月24日• プレスリリース , マツダ, 2019年11月25日 ,• プレスリリース , マツダ, 2019年12月20日 ,• プレスリリース , マツダ, 2020年2月13日 ,• プレスリリース , マツダ, 2020年4月3日 , 2020年4月9日閲覧。 2020年4月20日閲覧。 プレスリリース , マツダ, 2020年5月21日 , 2020年5月21日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の