サマナー ズ ウォー エギル。 フラン(光フェアリークイーン)の評価・おすすめルーン&活躍の場面は??『サマナーズウォー攻略ブログ』

サマナーズウォーにおける課金者と無課金者の差を分かりやすく解説

サマナー ズ ウォー エギル

闇 ギルドコンテンツで味方モンスターの抵抗が40%上昇する。 スキル3 即決裁判 火 斧で相手に攻撃し、撃破阻止効果を無視する。 激怒 風 怒りに任せた一振りで相手全員を攻撃し、2ターンの間味方全員の攻撃力と攻撃速度を上昇させる。 幽閉 光 攻撃した対象の攻撃ゲージを0にし、1ターンの間スタンさせる。 火バーバリアンキング(スルト)の評価 現在ワールドアリーナで大活躍しているモンスターです。 単体剥がしスキルをスキル3に持ち、アタッカーとしても機能します。 エギルが強い点として、回転力と自己回復能力が挙げられます。 ゲージを吸収したり自身で上げられるため、放置していると何回も動かれることになります。 そして自己回復を持つのでなかなか最初に狙いにくいモンスターです。 ルーンは暴走が主流で、最速パーツになれる迅速型も存在します。 スキル3は速度バフと攻撃バフを味方に付けつつ全体攻撃をします。 再使用時間中は自己回復ができるため、耐久力もそこそこ評価できます。 スキル2は烙印を付けつつ自身のゲージを上げるため、回転力が高いモンスターです。 アリーナやギルバトの攻め、一部ワールドアリーナで使用している上位プレイヤーも存在します。 迅速ルーンや、全体攻撃を活かした絶望ルーンがおすすめです。 再使用時間中も速度バフと自己回復があり、隙が少ないモンスターです。 スキル2に単体スタンがある点も優秀で、ギルバトの攻めで活躍してくれます。 スペックの高さから占領戦星4拠点の防衛に置いても優秀な働きができます。 スキル3の爆発力を更に活かせる暴走ルーンがおすすめです。 ステータス重視で組む場合、激怒ルーンがおすすめです。 攻めで使う場合もサポーター兼アタッカーという役割を高水準でこなせます。 2位 コントロール能力の高さから、攻めでは安定した活躍をしてくれます。 今後ワールドアリーナで流行る可能性が十分にあります。 3位 自身でターンを獲得でき、暴走ルーンを付けるとダイアナのような爆発力が期待できます。 スキル2のスタンも強力です。 4位 速度PTの重要な役割を果たせます。 十分優秀ですが、上位3体のスペックが高いため4位となりました。 5位 他の属性に比べて汎用性で大きく劣ります。 ギルバト等で限定的に活躍できる場合があります。 スキル2のスタンの有用性のみ評価できます。

次の

【サマナーズウォー】2020年!星4ランキング

サマナー ズ ウォー エギル

ワリーナどうしたらいいですか?とか質問されることがあって、 それだったらもう20個ぐらいの構成の中から自分にできそうなのを真似してみるのも手だと思ったので紹介します。 ワリーナのパーティーを考える上での出発点は 「相手のキャラ1体をどう倒すか」これが非常に大事。 1体倒せば同じように4体倒せばいい シェノン、ラキュニ・・みたいな耐久系を並べても勝ち筋がない。 逆もしかり、相手がアタッカー+耐久3構成なら アタッカーさえ落とてしまえばよろしく。 ゆえにスタートラインとなります。 構成に関しては基本的に3~4体で紹介します。 (編成は5体で考えるのが一般的ですが思考停止的なやり方はおすすめしません。 大体のパーティーは数体でプランが決まるというのと残り1体は工夫してこそ) 下記クリックで好きな項目に移動• 免疫ない相手にはスキル2で盾割りができるし、 重要なのはバステト、攻撃バフをつけ防御デバフでダメージレース優位を狙える 色々と応用が利くパーティで +水パンダ、+オーディンで敵をガンガン削ってもよし +タブロ:速度バフでガロの火力上がった状態で倒すのもよし 火アークを先にするメリット、バステトを先にするメリット両方あると思います。 しかし、この3体自体火力があるわけではないのでジュノなどで簡単に耐えきられやすい欠点を持ち合わせてます。 強みは蚩尤による速度リーダー、素の速度の速いトリトンで上をほぼ確実にとれる点。 ティアナやギアナを用いたパーティーは速度の上限がどうしてもあるので、 その手のパーティーに対するカウンター策として有効です。 +エトナ、水猿などで火力を出しながらコントロールしていく構成は今後流行る可能性があります +タブロなどで2速度リーダー構成にしても強いと思います。 赤3帯で使われるのはこの派生形で闇仙人を採用した形とアシマを採用した形です。 暴走にするメリットですが、ジャミールにおいては火力でダメ押しができる 水パンはスキル2で全体剥がしを狙えてそのあとのタブロの全体デバフにつなげやすいといったところです。 ラグドールは添えるだけです。 しいてラグドール軸で使うのであれば暴走攻撃型にするとかです。 有効な場面 @シャイナ、ヴェラード、ラキとか 全体攻撃キャラに対してだすと全員分クリでゲージあがるので最大60%あがります @上とりパ 上とってルシェンとかしてくる速度パに有効 不利な場面 @単体火力 ペルナ、ダフニス、オベロン等 ラグドールは攻撃を受けて最後までラグドールが生きていないと効果発動しません。 (全体以外)なのでラグドールを速攻で落とされるとしんどいです。 あとこっちに火力がいないときのヴェルデ、フランもしんどいです ラグドール抜きで十分戦える仕組みを作ることが大事です!.

次の

サマナーズウォーにおける課金者と無課金者の差を分かりやすく解説

サマナー ズ ウォー エギル

SSランク アリーナの攻めでは必須級の性能で、ギルバトも相手を選べば簡単に攻撃できます。 ワールドアリーナでも速度PTを使う場合は有力な選択肢になり、まだまだ対人戦で第一線の活躍をしているモンスターです。 カイロスの高速化にも役に立ちます。 ルシェンと並んで持っていないと困る純4の1体になっています。 アリーナの攻めではアリシアザイロスなどと一緒に選出する機会があり、ギルバトも後攻めやティアナザイロスで一瞬で終わらせる攻めができるためかなり汎用性が高いです。 アリーナの速度リーダーでありながら、自身の戦闘能力も高いです。 全体スタンは言うまでもなく強力で、マティーナと組み合わせると上を取ってどこか1体のゲージを下げる事も出来ます。 言うまでもなくブーメラン戦士と組ませると強いですが、単体でも十分に強いためアリーナ攻め、ギルバト、ワールドアリーナでも上位帯で使われています。 対人全コンテンツチャクラム舞姫と組ませて使えるほか、ワールドアリーナでも片方バンされても強いためピックできます。 特にシャイナと組ませて剥がして上を取るという動きが強いです。 相手の免疫を奪って自分に付けられるため、行動阻害系のモンスターにとっても動きを止めにくいアタッカーとして活躍できます。 アリーナのゲージアップモンスターとしての強さをそのまま評価しました。 攻めでもテンプレートに入ってくる程の性能で、後ろに繋ぎやすいのが魅力です。 防衛でも入ってくることがあり、ゲージアップ量からなかなか割り込めないため後続の重量級モンスターたちが行動してきます。 アリーナのみの評価ですが、攻めも防衛も活躍できる数少ないモンスターです。 ギルバト防衛ではトップクラスに強いモンスターです。 絶望全スタンもさることながら、パッシブの回復とスキル2による封印も強力です。 ワールドアリーナでは、以前ほど猛威を振るってはいませんが一部使われています。 強力な剥がしを持っていない方にとってはピックの選択肢になると思います。 Sランク ワールドアリーナで唯一無二の性能を誇ります。 上からの脆すぎるという弱点がありますが、ヴェルデハイルが死ににくい構成にすると、回転力でかなりの差を付けられます。 ギルバト攻めでも普通に強く、ドラゴンダンジョンと異界ダンジョンでも使えて誰が引いても嬉しいモンスターです。 スキル3の免疫、スキル2の復活と、並びが素晴らしいです。 ギルバト攻防にわたって活躍でき、以前ほどではありませんがワールドアリーナ上位帯でも使われています。 免疫キャラとしてはクールタイムの重さなどの問題がありますが、総合力が高いモンスターです。 ワールドアリーナで水のアタッカーとして最上位帯でも使われています。 単体剥がしで火力も高く、自己回復も出来る事から水猿を持っていてもエギルから入ってくる方も多いです。 ギルバトの攻めでも普通に強いです。 多少の耐久を犠牲にしても、速度を振ってあげたいモンスターです。 ギルバト防衛ではテンプレに入ってくる性能であり、攻撃PTに組み込んでも強いです。 アリーナでも防衛で採用されることがあり、回復力に優れたモンスターです。 ワールドアリーナでも中級者~一部上位ランカーが愛用しており、取って隙になる事が少ないです。 ワールドアリーナではもはや取り得というレベルで毎回出てくるモンスターです。 速度PTに対抗できたり、コントロールに組み込んだりとどんな状況でも活躍しやすいです。 現在はクリダメ型が流行ったりと様々な型が開拓されています。 速度リーダーと剥がし防御弱化と、初手で3つの役割をこなせるためゲージアップ無しの速度PTに組み込む上位プレイヤーが多いです。 アリーナ攻めで主に使われていますが、ワールドアリーナ100位前後のランカーでも一部使われています。 ギルバト攻めで強く、ワールドアリーナでも使われています。 水パンダと組み合わせるのが強いですが、ガニメデと一緒に選出される事もあります。 最上位で水パンダ、イカレス、タブロ、ジャミールというコンボを使っているランカーもいます。 爆弾キャラであり、他のキャラとの違いはスキル3の強さです。 爆弾で削りを入れつつ相手の動きをコントロールできます。 アリーナの攻めでセアラと一緒に使われるほか、ワールドアリーナでも上からコントロールする時に選出される時があります。 Aランク ワールドアリーナでダイアナ、ティアナ等のアンチとして活躍しています。 隙も多く運が絡むモンスターになりますが、常に指せる場面が無いか頭に入れておくと良いモンスターです。 アリーナギルバトの攻めで強いです。 ティアナシャイナと合せて耐久PTを攻めるのがおすすめです。 ベイリーを迅速で組んでいた場合、後ろのチャクラムまでゲージが繋がりやすいです。 ギルバトの攻撃と防衛で活躍できます。 とりあえず入れておくか、という性能でありクリダメ型で組むとアタッカーも兼任できます。 防衛では少し見る機会が減りましたが、依然として強いモンスターです。 ギルバトの攻めで強いです。 ワールドアリーナでも1体落としにくる速度PTへの回答になります。 レイド適性も高く、持っていると便利なモンスターです。 ギルバトの攻めで有能で、ワールドアリーナでも局所的ですが活躍できます。 相手にガロを処理できるモンスターが居ない場合があるため、常にピックする機会をうかがっておきたいモンスターです。 味方を守る能力に優れています。 弱化を主体に攻めて来る防衛には少し使いずらいですが、アリーナを後攻めしたり、ギルバトを安全に攻められるようになったりと役に立つ場面が多いです。 アリーナ防衛で唯一無二の性能を誇ります。 仮想敵のティアナにしっかり割り込ために、高速度の絶望ルーンを回してあげましょう。 対人攻めなら汎用的に使えますが、特に占領戦用に作っておきたいです。 チャクラムともう一体味方を保護できるフランやトリアーナと組み合わせるだけで抜ける防衛が多いです。 タリアと合わせて何セットか作っておくと、占領戦で勝ちを拾えます。 とりあえずの暴走ルーンと1体サポーターが居れば機能する敷居の低さが魅力的です。 最近になって評価されてきたモンスターで、ワールドアリーナだけならSランクの評価でもいいかもしれません。 速度環境であり、24%リーダーでありながらアタッカーといてかなりの火力を出せるのが魅力で、最上位帯でもちらほらピックされるようになりました。 Bランク 作っておくとギルバトの攻めが楽になります。 確実に攻撃ができる意志2セット型と、耐久に優れた吸血型が考えられます。 スコグルと一緒に使ってギルバト占領戦を楽にしてくれます。 とりあえずの体力が伸びたルーンを付ければ機能するので敷居の低さも魅力です。 アリーナギルバトの後攻めで使うモンスターです。 剥がしが居ない防衛が減ったため選出しにくくなりましたが、使える場面は限定的ですがあります。 アリーナの爆弾攻めで活躍してくれます。 スキル3の全体デバフが強く、殲滅速度と安全性を上げてくれます。 以前はワールドアリーナ最強格でしたが、対策が進み以前ほどは見なくなりました。 それでも1部速度PTに組み込まれていたり、最上位帯でも使っているプレイヤーがいるのでポテンシャルは秘めています。 優秀な防御無視アタッカーで、ギルバトで活躍します。 ワールドアリーナでも厄介なパーツを初手で落としてしまう手段として選出されることがあります。 エギルに比べてパワー不足感がありますが、毎ターン剥がせる貴重なモンスターです。 主にワールドアリーナ、占領戦で活躍します。 ギルバトの防御PTには欠かせないモンスターです。 イムセティとの違いは2ターン以降こちらの方が強いといったところです。 リモーション解除がとても頼りになります。 オリヴィアと同じく、ギルバトでコッパー等と組ませて上から攻撃できます。 ワールドアリーナでも使っている方がいて、ルーン次第では赤3帯でも活躍できるようです。 ギルバト防衛の蘇生枠として評価しました。 蘇生スキルの中ではなかなか強力な部類に入りますが、スキル2の弱さがネックになっています。 防衛に入れておくだけで運ゲーを相手に強いる事ができるモンスターです。 ただモーリーを入れているだけで速度PT対策が完璧、というほどの性能ではないです。 モーリー自体の戦闘力の低さも難点です。 アリーナの爆弾攻めで使えるモンスターです。 スキル3でスキル延長があるため、ある程度は爆弾が抵抗されても戦っていけるのが強みになります。 Cランク ギルバトの攻めで活躍できます。 防御バフ3ターンと回復がとても頼りになり、スキルを1体延長できるのも安全に勝つ上では役に立ちます。 上方修正されたことで、ワールドアリーナでちらほらピックされるようになりました。 ガニメデと組み合わせて、相手を選びますが動きを止めつつ削っていくアタッカー兼コントロール要員になります。 ワールドアリーナでたまにピックされているモンスターで、面白い動きができます。 剥がしに近い動きができ、デバフを延長できることからコントロールPTに組み込まれることが多いです。 ギルバト攻め、占領戦では頼りになる回復役です。 攻撃バフも付けられるためアタッカーとの相性が良く、特に水イフと一緒に選出しやすいです。 ギルバト、占領戦の防衛でよく選出されるモンスターです。 オリオンから相手を1体倒しきる事は厳しくなってきましたが、星4拠点では今でも猛威を振るっています。 ワールドアリーナの速度PTの方が使ってくる印象です。 免疫を残しつつ上から攻撃ができるため、疑似火アークのような働きができます。 運が絡みますが、アリーナの攻撃でリーダースキル兼アタッカーとして使えます。 防御無視が出なくてもある程度勝てるという算段が付いていると使いやすいです。 防御バフを貼りながら回復も出来ます。 防御系アタッカーと一緒にギルバト占領戦で活躍できます。 固定ダメージが強く、ある程度勝ちを計算しやすいです。 水パンダ受けとして、果報アドルフを使うケースなどルーンの選択の余地があります。 ある程度耐久を積んでおき、占領戦の星4拠点に置いておくと活躍してくれます。 絶望ルーンなども選択肢になり、簡単に狙いに行けないアタッカーになれます。 ワールドアリーナで一部使われているほか、アリーナの攻めでも選択肢に入ります。 スキル1に睡眠があり、コントロール兼サブアタッカーという使い方ができます。 ワールドアリーナの上位で使っている方がいます。 剥がしつつ睡眠を入れられるため、ハトホルのスキル2のような事ができます。 リーダースキルがコッパーと相性が良く、ギルバトの攻めでよく選出されるモンスターです。 貴重な2ターン免疫で、スキル2の延長も強いです。 ワールドアリーナでコントロールに対するメタになれる他、ギルバト攻めでもジャンヌ対策として優秀なモンスターです。 回復ができる点も魅力です。

次の