いだてん ドラマ 評価。 NHKも困惑『いだてん』大河史上ワースト視聴率でも高評価溢れる“逆転現象”の珍事

いだてん大河ドラマ2019初回1話視聴率と感想!見逃し動画配信は?|vodが大好き

いだてん ドラマ 評価

連続ドラマレビューランキング 順 タイトル 総合評価 1 4. 36 2 4. 28 3 4. 17 4 4. 00 4 4. 00 4 4. 00 7 3. 93 8 3. 85 9 3. 74 10 3. 67 11 3. 66 12 3. 65 13 3. 61 14 3. 60 15 3. 56 16 3. 53 17 3. 50 18 3. 45 19 3. 42 20 3. 35 21 3. 29 22 3. 19 23 3. 18 24 3. 15 25 3. 14 26 2. 88 27 2. 77 28 2. 75 29 2. 72 30 2. 70 31 2. 60 32 2. 59 33 2. 42 34 2. 29 35 2. 22 36 2. 15 37 2. 00 37 2. 00 39 1.

次の

【いだてん】感想まとめ一覧表!【1話~最終回まで!】

いだてん ドラマ 評価

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の最終回が15日に放送され、関東地区の初回から最終回までの平均視聴率が8・2%(関西地区7・1%)と、大河史上初の1桁でワースト記録だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。 これまで関東地区の平均視聴率の最低は、12年「平清盛」と15年「花燃ゆ」の12・0%だった。 最終回の関東地区の平均視聴率は8・3%(関西地区7・0%)だった。 「いだてん」の放送前、大河の関東地区の最低視聴率は、12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だった。 「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録すると、その後もワースト記録を更新し、10月13日の第39回では3・7%を記録した。 NHKはオリンピック(五輪)を中心に日本の近現代史を描いたことに「大河ドラマで世界史を描くという大きな挑戦だった」。 さらに「道中さまざまな困難はあったが」と、出演者の不祥事も示唆したが、「ぶれることなく『いだてん』の世界を守り通せた」とコメントした。 数字は低迷も、最終回では脚本を担当した宮藤官九郎氏がタクシー運転手役で出演するなど遊び心も満載。 伏線もしっかり回収されるなど、ドラマとしての評価は低くない作品だった。 「これまでの大河にない斬新な構成が面白い」との声も多く聞かれ、「いだてんファン」も生んでいた。

次の

いだてん(大河ドラマ)は面白い?つまらない?評価や評判は?

いだてん ドラマ 評価

連続ドラマレビューランキング 順 タイトル 総合評価 1 4. 36 2 4. 28 3 4. 17 4 4. 00 4 4. 00 4 4. 00 7 3. 93 8 3. 85 9 3. 74 10 3. 67 11 3. 66 12 3. 65 13 3. 61 14 3. 60 15 3. 56 16 3. 53 17 3. 50 18 3. 45 19 3. 42 20 3. 35 21 3. 29 22 3. 19 23 3. 18 24 3. 15 25 3. 14 26 2. 88 27 2. 77 28 2. 75 29 2. 72 30 2. 70 31 2. 60 32 2. 59 33 2. 42 34 2. 29 35 2. 22 36 2. 15 37 2. 00 37 2. 00 39 1.

次の