スイート ポテト 簡単。 スイートポテトの絶品レシピを紹介!プロのような味にするコツも解説

おうちで簡単プロの味♪さつまいもで作る絶品スイートポテトレシピ

スイート ポテト 簡単

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

【材料2つ】こんな簡単に出来るなんてビックリ!!『スイートポテト』の作り方

スイート ポテト 簡単

我が家はトースターがないので魚焼きグリルで焼きましたが途中で焦げ目がつきそうになってきてから上にアルミホイルをかぶせ焼き上げました。 焦げやすいので焦げてしまわないように注意しながら焼いてください。 実際に作ってみた感想 子供が幼稚園のイベントでお芋ほりに出かけたくさん持って帰ってきてくれたので試してみました。 もとのレシピでは裏ごしはしていなかったのですが、見栄えが悪く成形しにくかったので、手間はかかりましたが裏ごししたら見た目がつるんとしたかわいいスイートポテトになりました。 見た目を気にしない場合は、裏ごしなしでもおいしいので大丈夫です。 口当たりは裏ごししたほうが滑らかにはなり、裏ごししないと食べ応えがある感じになります。 その辺りの好みでも変えてみてもいいかもしれません。 子供には裏ごししたタイプの方が人気でした。 スイートポテトのレシピは得する人損する人で放送されたこちらのレシピも当サイトでは人気です。 気軽に作れるお菓子として、手作りおやつにとてもいいなと改めて思いました。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもさつまいもを使ったレシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。

次の

スイートポテトのラッピング!簡単でかわいい包装やおしゃれな方法は?

スイート ポテト 簡単

スイートポテト簡単美味しい作り方は? 秋の味覚のスイートポテト、簡単に美味しい作り方は 材料• さつまいも 200g• 生クリーム 20cc• 砂糖 20g• 卵黄 適量 作り方• さつまいもを柔らかくなるまで茹でるもしくは、蒸す。 (レンジでもOK)• ボールにさつまいもを入れ、滑らかになるまで潰す• 砂糖を入れ混ぜ、さらに生クリームを入れ、丸めて上に卵黄を塗る。 オーブンの200度で15〜20分焼く。 シンプルな材料で、濃厚で美味しいスイートポテトにするならこの作り方がおすすめです。 さつまいもを潰した後に、裏ごしすると食感が滑らかになります。 ブレンダーがあるなら、ブレンダーでブーンと混ぜるのもおすすめです。 (私はいつもブレンダーでやっちゃいます) この時点で美味しいさつまいもクリームになります。 このまま食べても美味しいですよ。 我が子はさつまいも嫌いなので、このさつまいもクリームの時点でおやつにします(笑))。 オーブンで焼くと、ほくっとしたさつまいものの食感が戻ります。 生クリームを使うと、濃厚で滑らかな仕上がりのスイートポテトになります。 牛乳で代用できますが、牛乳だと、さっぱりとしたスイートポテトに。 牛乳でもより滑らかに濃厚にしたいなら、バターな油分を追加すると良いでしょう。 スイートポテトを簡単にオーブンなしでも作るには? スイートポテトの作り方はだいだいオーブン利用、オーブンなしでも作れるのでしょうか。 スイートポテトは温度調整が厳密でなくても大丈夫なので、オーブンなしの場合は、トースターで作れます。 さつまいもに砂糖や生クリームだけなら、生物も使ってないので、そのままで食べても大丈夫。 焼くのは、食感の変化と、焼き目をつけるのが目的です。 先ほどご紹介した作り方で、オーブンで焼く時に、200度にしたトースターで15分焼けばOK。 オーブンよりも火力が強く焦げやすいので、焼き目がつきすぎないように、途中アルミホイルを被せるなど調整をしましょう。

次の