真如苑 おかしい。 真如苑にはいることによるメリットとデメリットについて教えてください

真如苑の教えが危険でやばい!?芸能人の信者が多いという噂が…

真如苑 おかしい

また、真如苑という言葉の意味は、以下の通りです。 「真如」とは仏教でいう真実そのもの、あるがままのものという意味で、「苑」とは囲いのない庭をいい 、つまり、真如苑とは誰もが仏教の教えに沿って、真実を見いだすことのできる場所という意味です。 引用: 1936年、真言宗の醍醐寺で修行を修めた伊藤真乗と、妻の友司 ともじ が仏の道に入ることを決意し、始まりました。 真乗はもともと、航空エンジニアとして働いていました。 その傍ら、人生相談を行なっており、それが評判になり、宗教活動に専念するようになります。 初めは「立照閣」という名前で活動していました。 その後、当時の東京府知事の許可を得て「真言宗醍醐派立川不動尊教会」へと改められました。 さらに宗教法人令公布に伴ない、「まこと教団」へと改称します。 しかし1950年にまこと教団が後述する事件を起こし、翌年の1951年から現在の「真如苑」となります。 現在は後継者として、真乗の娘の伊藤真聰 いとうしんそう が指導しています。 真如苑の教え 真如苑では、基本的な行いとして「3つの歩み」という修行を行います。 お歓喜 かんぎ• お救け• ご奉仕 順番に見ていきましょう。 お歓喜 感謝の気持ちを持ち、できる範囲でお布施をすることです。 誰でもお金には執着があるものですが、捧げることで、自分への徳が帰ってくるという教えです。 仏教にも喜捨という言葉がありますね。 意味としては同じことだと言えるでしょう。 お救け 他の人に、真如の教えを語り伝えていくことです。 お救けを通して、人に安心や喜びを感じてもらうことを目指します。 ご奉仕 代表的なものとして「早朝奉仕」があります。 公共の場を早朝に清掃するもので、こうした行動を通して、自分の中にあるモヤモヤもきれいにできます。 お釈迦様の時代にも、お掃除を通して悟りを開いたお話が伝えられており、それが元になっているようです。 また、他にも「接心修行」というものがあります。 これは瞑想を通して自分と向き合う修行で、いわゆるカウンセリングのようなものです。 そのため、現代人のニーズにマッチしており、信者数がこの10年で増加しているのは、ここに理由があるのです。 特に、若い女性信者が増えているようです。 座禅やマインドフルネスと同じような話なのかな、という印象です。 スポンサーリンク 真如苑は危険? 信者数が増えているということもあり、危険なようには見えませんが、実際はどうなのでしょうか? 先述したように「まこと教団」という名称の時、マスコミを賑わせた事件を起こしています。 それが「まこと教団事件」です。 1950年、不祥事により教団を去った元青年僧が、修行を名目に体罰を受けたと真乗を訴えたことにより、真乗が逮捕されたのです。 一度は無罪になったものの、教団の監督者としての責任を問われ、判決が一転し、有罪になりました。 この事件による教団の打撃は大きく、教団は危機的状態になりました。 しかし立て直しをはかり、1951年に現在の「真如苑」と改称することになりました。 まこと教団事件以降、特別大きな問題はないように思います。 ただ、真如苑の修行には「お歓喜」と「お救け」があります。 これはつまり、「献金額」と「勧誘実績」が修行成果として評価されるということです。 ということは、無理な勧誘や、入信すると多額の献金をしなければならないのだろうか?と思ってしまいますよね。 一方で、真如苑は1995年1月17日の阪神・淡路大震災で、積極的にボランティアに参加し、活躍しました。 その後、真如苑救援ボランティアである「SeRV サーブ 」が発足しました。 そして、2011年3月11日の東日本大震災においても、義援金を届けたり、支援物資の運び込み、炊き出し等を行っています。 「ご奉仕」がボランティア活動に繋がっているのはいいことですよね。 真如苑に入信している芸能人 真如苑には、かなり多くの有名な芸能人が関係していると言われています。

次の

真如苑の評判を見極める方法【悪い・良い本当はどっち?】

真如苑 おかしい

何年も会っていなかった同級生と最近またつきあいが始まって自分はうれしかったんですが。。。。。 なんかある日、その子がお守り?お札?みたいなもんを持ってきて、自分にくれると言い出しました。。。。 なんか強引だったしおかしいなーと思って、お守り?に書いてある文字をネットで調べたら、真澄寺と書いてあるのは真如苑という宗教のことらしいんです。。。 (真澄寺とか星供とか) もっと調べたらそれはお守りじゃなくて星札というらしい、でもこれをもらうためには名前とか生年月日とかいるらしいんです。。。。。 自分の知らないところで名前が勝手に使われるなんで、なんかいやです。。。。 でもその子は自分(私のこと)のためにいいことしたって感じで正直こっちは???で何それ意味わかりません。。。。。 でも友達なんで「名前かってに使ったの?」とかあんまり言い出しにくいんです!! でも不安なんです!!! やっぱり友達が星札を申請(?)したとき、自分(私のこと)の名前とか生年月日とか書く必要あったっていうか、書いたんでしょうか?? それ他のことに使われたりしないですか????。。。。。 そのこは同級生なんで自分(わたし)の生年月日も住所もメアドも全部知ってるんです!! 少し補足させてください。 仮に入信になっても行かなければ何もありません。 それこそオウム真理教が起こしたようなテロでも苑が起こさない限り、質問者さんが訳のわかんない新興宗教団体に名前があって気分が悪い。 以外はありません。 もちろんだからと言って許されることではありませんが、質問者さんが信仰しない限り悪影響は無いです。 この点はどうか心配しないでください。 とはいえ、勝手に入信届を書いているのなら、それこそ私文書偽造という犯罪になりますし、この団体、会費の請求は勧誘者に行くので隠されると一生自分が信徒だと露見しません。 私の親はここの信徒なので関係信徒も含めて接したことがありますし、信仰に依存しすぎた親を家族で説得しましたが、残念ながら反対されることも事前に予言(笑)されており、親は当たった!(家族が反対するのは当たり前のことなのに!)と考え余計に真に受けていきました。 あげく、信じていない他家族は可哀そうなんて言い出した時は殺意を覚えました。 何が言いたいかと言うと、理屈やこちらの気持ちは通じにくいです。 前回のにも書きましたが、そこで感情的に接するとかえってこじれることは頭の片隅に入れておいてください。 逆切れされて、逆に質問者さんに対してネガティブなことをまわりにされても不利になるので、事前に「困っちゃって」くらいのことはまわりに言っておいたほうがいいです。 相手に対しては、人によってはこの手の人は断られ慣れているので、あっさり引く場合もあります。 一番の釘をさす方法は「私は興味が無い、これ以上、同じことを私やまわりにやるなら、苑にあなたの名前を出してクレームを入れる、学校にも、あなたの両親にも伝える。 同じことを二度とやらないで!、私に対して悪いうわさを流しても同じ。 」とくぎを刺すのが多分一番効果的です。 繰り返し書きますが、この団体に限らず新興宗教で怖いのは一般的な信仰より過剰な依存心や信仰を持つ人が出やすいことです。 おたすけ=勧誘という教理がある以上、信徒は勧誘をするでしょう。 勧誘した結果、相手が依存してしまい相手先の家庭が崩壊しても(うちは崩壊しました)、勧誘者は絶対に責任を取りませんし、取れないはずです。 個人の中で信仰し、まわりに迷惑をかけないのなら何も私は批判しません。 質問者さんが困惑しているような状況を作っても平然としていて悪びれもしない、そういう性質になることこそがこの手の新興宗教団体の問題の一つだと私は思います。 なので、何も問題が無い団体だとは思えません。 例の子とバトルしたんです!! 私が「いらないし。 返す」って言うのを全く聞く耳持たないんです!!逆に「ひどい。 せっかくしんせつにしたのに普通返すか?ありえない。 心を傷つけられた!」とか。。。 も~あきれました。。。。 他の子からぷっつり連絡なくなりましたから。。。 きたないです!!! やでも、いいです!!! なにより例の子にをばしっと言って追い払ったことの方がスッキリです!!!!ほかの子たちとのことはさみしいけど、その程度の仲だったんだなーとも思うし。。。 いやーそれにしてもあきれるー。。。。 ほんとまじ真如苑あきれる。。。。 真如苑というのは厳密に言えば宗教というより、宗教というカテゴリの中の新興宗教団体です。 開祖はもともと家伝の占いをやっていて真言宗という伝統系の仏教の坊さんの資格を得ました。 その後まこと教団という団体を作って傷害事件で刑事告訴されて、バツが悪くて名前を今の真如苑という名前に変えました。 なんでもここで修業すると霊能力(その施設内限定で、よくある霊能力とは違うもの)を得ることができるそうで、接心(せっしん)と言ってこの霊能者等と話してなんだかいろいろ示唆してくれるそうですが、私も親が信徒なんで無理やり受けさせられましたが正直、「何当たり前のこと言ってんだ?そんなん誰にでもあてはまるだろ?」と不信感ばかりが募り、こんなの真に受けて信じている親に対して茫然としました。 何か良いことがあれば苑のおかげ、悪いことがあればそれは信仰が足りないからと言い出した時は背筋が凍りました。 仏教と彼らは言いますが、仏教の考え方で教祖をあがめたり、教祖の子供が亡くなったのですが亡くなった人が守ってくれるなんて考え方はありませんし、真如霊界なんて言葉もありません。 また苑は3つの教えという団体のスローガンがあり、それは、おたすけ(勧誘すること)、歓喜(寄付すること)、奉仕(無償奉仕すること)です。 長々と書きましたが、こういう団体で、新興宗教団体は過剰な信仰を持つ人が出やすいのとどっぷり嵌る人が出やすいのです。 不幸な人を助けることで、相手を助けてさしあげると考えるようで、うちの親も苦しんで死んだ先祖の因縁のせいで悪いことが起きる!と聞いてきて真に受けていました。 また苑内の霊位(要するに信徒のランク)を挙げるには勧誘した人数の実績数が規定されています。 智流学院という苑の中の学校に入るにも別に勧誘実績数が必要です。 っと長くなりましたが、つまり表だった良い部分はきっと友人さんが言うと思うのですが、一側面としてこのような面を持っています。 星札については私も貰いましたが、これを買う際に名前やらなんならが必要なのかは私は正確にはわかりません。 しかし、問題は友人さんの神経だと思いますが、断じて言いますが書かれているように、なぜ相手に不快感を与えるのか、理屈を通して言っても友人さんは絶対に理解できないです。 これは信仰という免罪符があるので通じないのです。 なので、こちらが疲れます。 ためしに「新興宗教のお札なんて欲しくないから今後は止めてね?」と言って「新興宗教じゃない!」とか言い出したら、もはや完全に通じないとあきらめてください。 「ネットで団体を調べたら、トラブルを抱えていることを知った、気持ちはうれしいが今後こういうのは止めてくれる?もしまたやったり苑の話をするなら、苑に電話して、あなたからこんなことを受けたと言うよ?」とくぎを刺してください。 彼らは苑に睨まれると困るのでおとなしくなるかもしれません。 それと、絶対に感情的に出たりしないでください。 まわりにも「困っちゃって」くらいの程度で話さないと、逆にまわりに悪印象を与えることがあるので注意してください。 友人だからもめたくないという気持ちはわかりますが、勝手に名前を書いた(として)やることは先に裏切ったのは友人のほうではありませんか? そんな相手に気遣う必要はありますか? 断言しますが、相手は毛ほどに悪気も持っていませんし、これで批判して関係がこじれるのなら、そんな相手と友人関係を続ける必要があるのか私にはわかりません。 というか、星札を受け取ったのなら、今後も脈ありとして何かやってくると思いますよ。 最後に。 絶対に相手から「怪しくないから、一度一緒に行ってみよう。 」と言われても絶対に断ってください。 苑の施設はどこも結構良い建物です。 まわりは深く信仰している信徒ばかり、良い話を聞かされたり、接心を真に受ければ信じてしまう確率があがります。 いわば完全アウェー下に行くわけで、辞めたほうがいいです。 確かに信仰の自由はありますが、まわりに嫌な思いを与えてまで信仰するものが良いものだとは私は思えません。 どうしても行くなら最低限、ご両親の許可を得るか同行してもらってください。 自分もここは宗教なんかではないと思います。。。 宗教は。。。 心を救うもの。。。 こんなのおかしいです。。。 こんなに多くの人が自分たちのせいで苦しんでるのに反省していない感じがほんとに変です!!! 例の子も自分では良いことした(している?)つもりなのかもしれないけど、私はすごくすごくいやな気がしたしほんとうに困ってます!!ほんとうに迷惑です!! もう友達じゃないと思ってます!! きpっぱりことわります!!!! ごめんなさい。 名前が必要かどうかは、よく覚えていないので。 確か、必要なかったと思います。 他にも詳しい方々がいらっしゃいますので、その方々の意見を参考にされると良いと思います。 真如苑に直接電話をかけても良いと思いますよ。 丁寧に教えてくれるはずです。 私の母親は真如苑を辞める、真如苑の悪口を言うなどをすると、地獄に落ちる、もしくは家族に不幸が起こるなどを本気で信じている様てす。 コールドリーディングでマインドコントロールされ、先祖の霊などが霊言で出てきて先祖の苦しみが今の自分の苦しみとして現れると思っているようです。 先祖崇拝している事は素晴らしいと思いますが、彼女には死なない人はいないという当たり前の事が分からないみたいですね。 かりに、私が自殺をしたとして、接心修行を何回か受けていけば、コールドリーディングで私の自殺に結び付けられてしまい、さらにマインドコントロールされてしまうでしょう。 カルト宗教に侵されてしまうと、もう普通の人間には戻る事は出来ないようです。 世の中(地球)には真如苑じゃない宗教の人の数のほうが今も昔も全然多いし立派な人もたくさんいますけど??それ全員地獄におちるとか意味不明です。。。 失礼でしょ!そんな所のお守り(星札のこと)押し付けてくるなんて。。。 なんか聞けば聞くほど信用できない感じです。。。 それも私のためとかなんとか断りにくい理由つけて。。。 ほんとよけいなお世話です。。。 さらに個人情報かってに使われる(かも?)って、もう気分最悪です!!!(怒) 名前は必要なかったように思います。 真如苑の信者は入信するとお力が流れると信じているので、あなたの為を思って 勝手に入信されてるかもしれませんね。 真如苑はカルト宗教ですよ。 私は真如苑のせいで自殺を考えていたのですが、 私の母親は、未だにマインドコントロールされ、 真如苑で私のうつ病が治ると思っています。 星札はお守りな様なものですが、何の意味もありません。 しかし、 これからあなたのお友達は、あなたに入信してもらうと積極的に誘っかてくるはずです。 もしも、あなたが入信してしまった場合には、接心修行に注意されてください。 占い師もおなじ手口を使うのですが、占い師、霊能者などはコールドリーディングという 相手の返答次第で答えを変えていき、いかにも当たったと思わせるテクニックを使いマインドコントロールしていきます。 接心修行も同じで霊能者がコールドリーディングを使います。 その他にも、詐欺師なども使っていますので、インターネットでお調べになるとなると良いと思います。 くれぐれも真如苑に騙されない様にしてください。 なんか方向ちがってると思います!!! 息子が真如苑のせいで自殺まで考えてたのに、その気持ちなんでわかってあげないの?ましてその宗教にまだ入ってるなんてありえないです!!!jimjimjimさんはたぶん大事なお母さんが自分のこと大事にしてくれてないのに傷ついてるんだろうと思うよ??。。。。 よけいなお世話かもだけど、私まで泣きそうになりました!!!それなのに私のちっぽけな悩みのためにメール(回答)くれるなんてなんていい人なの?いい人すぎると思う!!! 星札は名前いらなかったんですか。。。。 すこしほっとしました。。。 生年月日は書きましたか?おしえてくださったら助かります。 でも、時間のあるときで、思い出したらでいいんで、絶対むりしないでね!!!!ほんとうにありがとう!!! 元信者です。 ネットで星札まで調べ上げたと思いますが、更に真如苑の秘密主義にも注目した方が良いでしょう。 はっきり言ってこの宗教は勧誘しなければ救われないネズミ講型の新興宗教です。 信者は教えに守られているという手放せないものがある為、教えのためならば平気で嘘をつきます。 その人が良い人であっても、教えのためならば個人情報を無断で使用するだろうことを残念に思いながらも、悩まないことをおすめします。 星札を渡されたことは信者の段階では勧誘の序の口に過ぎません。 まだ教団名も告げられていない訳ですね。 こちらが「行かない」「興味を示さない」「否定しない」という適切な対応をすれば大丈夫です。 他の真如苑関係のやり取りを更に調べるとパターンが分かりますので、調べて安心してください。 しょうじき調べれば調べるほど不安なんです。。。。 秘密主義!!そうなんです。。。 星札とかかってに入会(?)とかわけわかんないことに自分の個人情報をかってに使われる(かも?)は怖いんです。。。。 ネットでは宗教の秘密のくわしいことまではわからないし。。。。。 それに例の子がかってに私の名前つかったんなら、もう友達じゃないしゃれになりません!!!まじで怒ります!!!それでおしえてもらいたいと思って、何日もすごく悩んだんだけどokwebに投稿してみました!!! 元信者さんもやっぱり星札をもらうときには個人情報がいりましたか???? 元信者様からくわしく教えてもらえると本当に助かります!!!! おはようございます。 まず、真如苑自体は、そんなに心配する宗教では ないので、心配はいりません。 ただ、友達との関係ですよね! いくら心配はいらないと言っても、宗教にどっぷりはまり、洗脳 されてしまっては、付き合うにも付き合いずらいですよね。 なんかそれがあっての再開そして、今後それで付き合う動機になって しまっては、本当の友達とは言えませんよね。 まぁ今後友達と付き合うようでしたら、その宗教のことを話され自分が 受け入れずらいようでしたら、自分の本当の気持ちを素直に話したほうが 良いかと思います。 それで、繋がるような関係でしたら、付き合いずらいですし、本当の友達 とは言えませんからね。 友達の出方をまって、そして、行動を取るしか今は、ないかと思います。

次の

真如苑の教えが危険でやばい!?芸能人の信者が多いという噂が…

真如苑 おかしい

また、真如苑という言葉の意味は、以下の通りです。 「真如」とは仏教でいう真実そのもの、あるがままのものという意味で、「苑」とは囲いのない庭をいい 、つまり、真如苑とは誰もが仏教の教えに沿って、真実を見いだすことのできる場所という意味です。 引用: 1936年、真言宗の醍醐寺で修行を修めた伊藤真乗と、妻の友司 ともじ が仏の道に入ることを決意し、始まりました。 真乗はもともと、航空エンジニアとして働いていました。 その傍ら、人生相談を行なっており、それが評判になり、宗教活動に専念するようになります。 初めは「立照閣」という名前で活動していました。 その後、当時の東京府知事の許可を得て「真言宗醍醐派立川不動尊教会」へと改められました。 さらに宗教法人令公布に伴ない、「まこと教団」へと改称します。 しかし1950年にまこと教団が後述する事件を起こし、翌年の1951年から現在の「真如苑」となります。 現在は後継者として、真乗の娘の伊藤真聰 いとうしんそう が指導しています。 真如苑の教え 真如苑では、基本的な行いとして「3つの歩み」という修行を行います。 お歓喜 かんぎ• お救け• ご奉仕 順番に見ていきましょう。 お歓喜 感謝の気持ちを持ち、できる範囲でお布施をすることです。 誰でもお金には執着があるものですが、捧げることで、自分への徳が帰ってくるという教えです。 仏教にも喜捨という言葉がありますね。 意味としては同じことだと言えるでしょう。 お救け 他の人に、真如の教えを語り伝えていくことです。 お救けを通して、人に安心や喜びを感じてもらうことを目指します。 ご奉仕 代表的なものとして「早朝奉仕」があります。 公共の場を早朝に清掃するもので、こうした行動を通して、自分の中にあるモヤモヤもきれいにできます。 お釈迦様の時代にも、お掃除を通して悟りを開いたお話が伝えられており、それが元になっているようです。 また、他にも「接心修行」というものがあります。 これは瞑想を通して自分と向き合う修行で、いわゆるカウンセリングのようなものです。 そのため、現代人のニーズにマッチしており、信者数がこの10年で増加しているのは、ここに理由があるのです。 特に、若い女性信者が増えているようです。 座禅やマインドフルネスと同じような話なのかな、という印象です。 スポンサーリンク 真如苑は危険? 信者数が増えているということもあり、危険なようには見えませんが、実際はどうなのでしょうか? 先述したように「まこと教団」という名称の時、マスコミを賑わせた事件を起こしています。 それが「まこと教団事件」です。 1950年、不祥事により教団を去った元青年僧が、修行を名目に体罰を受けたと真乗を訴えたことにより、真乗が逮捕されたのです。 一度は無罪になったものの、教団の監督者としての責任を問われ、判決が一転し、有罪になりました。 この事件による教団の打撃は大きく、教団は危機的状態になりました。 しかし立て直しをはかり、1951年に現在の「真如苑」と改称することになりました。 まこと教団事件以降、特別大きな問題はないように思います。 ただ、真如苑の修行には「お歓喜」と「お救け」があります。 これはつまり、「献金額」と「勧誘実績」が修行成果として評価されるということです。 ということは、無理な勧誘や、入信すると多額の献金をしなければならないのだろうか?と思ってしまいますよね。 一方で、真如苑は1995年1月17日の阪神・淡路大震災で、積極的にボランティアに参加し、活躍しました。 その後、真如苑救援ボランティアである「SeRV サーブ 」が発足しました。 そして、2011年3月11日の東日本大震災においても、義援金を届けたり、支援物資の運び込み、炊き出し等を行っています。 「ご奉仕」がボランティア活動に繋がっているのはいいことですよね。 真如苑に入信している芸能人 真如苑には、かなり多くの有名な芸能人が関係していると言われています。

次の