ドラクエ ウォーク 3 10。 【DQウォーク】第3章追加!タワッピー ドラゴロウ登場!強敵ベスキングも!/ドラクエウォーク

【ドラクエウォーク】キラーマシン(3章10話)攻略

ドラクエ ウォーク 3 10

ドラクエウォーク 4章4話 イエティ&マジカルハットの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン イエティ 3,200 通常攻撃 こおりのいき 全体約50ダメージ おたけび 1人の攻撃を数ターン縛る マジカルハット 2体 1,700 通常攻撃 イオラ 全体約50ダメージ マホトーン パーティ全体の呪文を確率で封じる ドラクエウォーク 4章4話 イエティ&マジカルハットの攻略法です。 イエティをラリホーで眠らせつつ、両端のマジカルハットを個別撃破する戦法が楽です。 マホトーンを受けても耐えられるよう、いやしそう、特やくそうはフルに持っていきましょう。 【基本戦略】• 武闘家:高火力単体スキルでマジカルハットから優先撃破• 戦士:高火力単体スキルでマジカルハットから優先撃破• 僧侶:『スカラ』『ベホイミ』で補助&回復• 魔法使い:『ラリホー』でイエティを眠らせつつ『バイシオン』『ルカニ』で武闘家、戦士の補助 ドラクエウォーク 4章7話 ボーンナイト&メタルライダーの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン ボーンナイト 約2,500 通常攻撃 ベホイミ 1人のHPを約300回復 さみだれづき 約50のダメージをランダムに4回 メタルライダー 2体 約1,500 通常攻撃 なかまをよぶ ボーンナイトを先に倒しましょう。 放っておくとベホイミで回復されてしまうため、先頭が長期化してジリ貧になりやすいです。 メタルライダーにはラリホーが効きます。 最低1体をまず眠らせると楽になります。 1体眠らせるまではぼうぎょ、回復優先、スカラで耐久戦をしつつ、敵が眠ったら攻撃に切り替えるのが堅実な立ち回りとなります。 また、敵モンスターは物理攻撃のみなので、やいばくだきで火力を落とすのも効果的になります。 ドラクエウォーク 4章8話 リザードマン&ヒートギズモの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン リザードマン 約3,500 通常攻撃 しんくうぎり 単体攻撃 いなずまぎり 単体攻撃 バイキルト 1人の攻撃力を2段階上げる ヒートギズモ 2体 約2,500 通常攻撃 かえんのいき 全体に約50のダメージ リザードマンのバイキルトはバイシオンの上位版で、攻撃を一気に2段階上げるかなりやっかいな補助じゅもんです。 また、ヒートギズモのかえんのいきは連発されると回復がおいつかなくなりこちらも厄介。 まずはヒートギズモを1体倒すことを最優先に考えましょう。 ヒャド系が弱点なので、氷結らんげきやマヒャドがあると楽になります。 また、リザードマンにはラリホーとやいばくだきが有効なので、積極的に狙ってください。 ドラクエウォーク 4章9話 ホークブリザード&ミニデーモンの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン ホークブリザード 約3,200 通常攻撃 ザキ 1人を確率で息の根を止める こおりのいき 全体に約50~60のダメージ ミニデーモン 2体 約2,000 通常攻撃 メガンテ 全体に約150の呪文ダメージ、使用後は自滅 ヒャダルコ 全体に約50~60の呪文ダメージ メラミ 単体に約90~100の呪文ダメージ 割と運ゲーな回のボス戦です。 ホークブリザードのザキは即死じゅもんなので、連続で撃たれると厳しくなります。 両端のミニデーモンにはラリホーがききやすいので、最低1体を眠らせたらホークブリザードを全力で撃破しましょう。 ミニデーモン2体の状態に持ち込んだ後、必ず1体ずつ撃破してください。 ミニデーモンはHPがレッドゾーンになるとメガンテを使ってきます 全体150ダメージ以上喰らう。 二体同時にやられると全滅してしまうので、必ず1体ずつ叩き、パーティのHPは常に回復しておきましょう。 しりょうのきしの弱点はメラ系、バギ系、イオ系と沢山あるため、ガンガンいこうぜで叩いていけば倒せます。 よって今回は、オートバトルでも十分クリア可能な難易度になっていますよ。 ただし、しりょうのきしは『のろい攻撃』と『単体攻撃』が強いため、スカラは優先的に使用してください。 なお、安全に攻略したい場合は、戦士のかばうを僧侶にかけると全滅のリスクが下がり堅実な立ち回りとなります。 ドラクエウォーク 5章4話 キラーパンサー&ベホイミスライムの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン キラーパンサー 2体 3,000 通常攻撃 とびかかって きた! 単体に中ダメージ つうこんのいちげき 単体に大ダメージ ベホイミスライム 2体 1,800 通常攻撃 ベホイミ 単体に約350の回復 キラーパンサーは痛恨の一撃を高確率で使用し、 約200ダメージ近く喰らうため非常に厄介。 優先的にラリホーとやいばくだきで無力化しましょう。 キラーパンサーをラリホーでねむらせられるかが勝利のカギです。 キラーパンサーを最低1体眠らせた後は、ベホイミスライムを優先して個別撃破するのが基本戦略。 僧侶を際に戦闘不能にされてしまうと戦局が苦しくなるため、戦士のかばうで僧侶を守りつつ戦うのもおススメですよ。 また、キラーパンサーにはルカニも効きますので、チャンスがあれば魔法使いのルカニで守備力を下げつつ攻撃しましょう。 混乱中は行動できないため、対策に『てんしのすず』を使いましょう どうぐ。 てんしのすずは混乱を治す効果があり、入手先はフィールド上の壺割りです。 普段から壺を割っていれば既に何個かてんしのすずを所持していると思いますので、ここぞとばかりに使いましょう! なお、かっちゅうアリにはラリホーが効きます。 かっちゅうアリを眠らせている間にきめんどうしを個別に撃破していくのが基本戦略となります。 ドラクエウォーク 5章6話 キングスライムの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン キングスライム 2体 約4,000 通常攻撃 たかくとびはねのしかかる 全体約60ダメージ+転び ベホマラー 味方全体回復 約400 キングスライムにはラリホーが効くので、片方をラリホーで眠らせている隙にもう片方を集中攻撃して撃破する立ち回りが基本となります。 『たかくとびはねる』攻撃がやっかいで、転び効果が付与されています。 回避方法は『戦士のかばう』で、かばわれている相手は『攻撃を受けない=転ばない』です。 僧侶をかばいつつ、僧侶は戦士にスカラをかけて補強、その後は回復と補助に徹しましょう。 その間に魔法使いのラリホーで一体眠らせて、そこから一気に攻撃へシフトするとよいです。 戦士:サブナックにラリホーが効くまで僧侶に『かばう』をかける• 武闘家:ベビーサラマンダを1体ずつ撃破• 僧侶:スカラを戦士にかけた後は回復&補助役• 魔法使い:ベビーサラマンダにラリホーを最優先。 その後はバイシオン&ルカニで補助 ベビーサラマンダの全体攻撃+転び効果が非常にやっかいです。 パーティメンバが複数名、同時に転ぶと一気に全滅の危険が高まるので、開幕ラリホーでベビーサラマンダを片方必ず眠らせましょう。 また、眠らせるまでの間、戦士が僧侶をかばう作戦が有効になります。 なお、ラリホーはサブナックにも効きますが、ベビーサラマンダを1体眠らせた後はバイシオン&ルカニで攻撃役を補助した方が良いでしょう。 ベビーサラマンダ1体が眠っている間に、もう片方のベビーサラマンダをいかに早く処理できるかがポイントです。 ドラクエウォーク 5章8話 てっこうまじん&ブラッドハンドの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン てっこうまじん 約5,000 通常攻撃 さみだれ斬り 全体に約60ダメージ スクルト 全体の守備力を1段階アップ かぶと割り 通常攻撃に守備ダウンの付加効果 ブラッドハンド 2体 約2,000 通常攻撃 なかまをよぶ• 全体攻撃でブラッドハンドのHPを削る• HPがオレンジになったら仲間を呼んでブラッドハンドが3体になる• 呼ばれた個体を叩いてHPをオレンジ色にする• 再度、全体攻撃に切り替えてブラッドハンドを3体同時に倒す• 残ったてっこうまじんをゆっくり撃破する 全体攻撃を使い、ブラッドハンドを同時に攻撃しましょう。 ブラッドハンドはHPが半分以下 名前がオレンジ色に変わる になると高確率で『なかまをよぶ』を使ってきます。 この習性を利用して、あえて1体ずつ倒さない事で仲間を呼ぶを連発させ、ブラッドハンドを無力化します。 最後は全体攻撃で3体同時に倒せば完璧。 残ったてっこうまじんを倒せばクリアとなります。 ドラクエウォーク 5章9話 エビルホークの倒し方 モンスター名 HP 攻撃パターン エビルホーク 3体 約3,500 通常攻撃 約95ダメージ れんぞくできりさく 約110の単体ダメージ スクルト 全体の守備力を1段階アップ かえんのいき 全体に約70ダメージ 下手すると10話より強敵かもしれないエビルホーク三体。 ラリホーが50%以上程度の確率で効くため、必ず使用しよう。 最低一体眠らせるまでは防御最優先が無難です。 一体眠らせてからは攻撃に転じつつ、魔法使いはひたすらラリホーで二体目の眠り状態も狙う。 眠っている個体を起こさないよう、単体攻撃で一体ずつ撃破していく事。 一体倒せればグッと楽になるので、じゅもんや道具は惜しまないように。 戦士:シールドアタック• 武闘家:シールドアタック• 僧侶:いやしのかぜ&スカラ• 魔法使い:バイシオン&どうぐ回復 魔王の使いは2回攻撃で火力が非常に高いため、僧侶1枚で普通に回復していては追いつきません。 そこで、攻撃役の戦士と武闘家はシールドアタックを使用します。 シールドアタックは通常攻撃しつつ防御が出来るスキルなので、火力の高い相手と戦う際に役立ちます。 マヒャドや連続攻撃も全て半減できるため、結果としてパーティ全体の被ダメージ量が抑えられます。 これにより、僧侶1枚の回復でも間に合うようになります。 完全なる耐久パーティ編成の出来上がりです。 なお、まおうのつかいはデバフ 状態異常 効果は全体的に効きづらいため、ラリホー、ルカニ、やいばくだき、マホトーンは捨てます。 また、魔法使いはバイシオンで戦士と武闘家の火力を底上げしつつ、状況に応じてどうぐを使い回復もしましょう。 実際の討伐動画も貼っておきますので、参考にしてください。

次の

【ドラクエウォーク】ガチャは単発と10連どっちがいい?確率の違いを解説!

ドラクエ ウォーク 3 10

皆さんはどっち派ですかーー??? — ぽよ live0308 ドラクエウォークのガチャは単発ガチャと10連ガチャの2つの引き方があり、結局のところ 単発と10連でどっちがお得なのでしょう? ユーザーの多くは「」といった不満を感じており、よりお得に星5装備を入手できる引き方があれば知りたいですよね。 ドラクエウォークのガチャは単発と10連どっちが良いのか結論からお伝えすると、 ドラクエウォークのガチャは「 10連ガチャの方がお得でおすすめ」です。 ドラクエウォークの10連ガチャには、毎回1枠星5装備確定になる訳でも無く、1枠分増加して実質11連ガチャになるボーナスもありません。 では何故、 ドラクエウォークのガチャは10連ガチャがお得でおすすめなのかお伝えしていきます。 ガチャは単発よりも10連が圧倒的にお得でおすすめ! ドラクエウォークのガチャは単発よりも10連の方がおすすめする理由は、「 ふくびきスタンプ」という特典があるからです。 10連ガチャには、1回につき1つ貯まる「ふくびきスタンプ」があり、 スタンプの数に応じて豪華な報酬を獲得できます。 一方、単発でガチャを引いても、ふくびきスタンプのような特典は全く無いため、今のところ 単発でガチャを回すメリットが無いです。 逆に、ガチャを単発ではなく 10連で回すことで星5装備も揃えやすいですし、ジェムを効率良く使うことに繋がるので、ジェムの節約にもなり一石二鳥です。 ただ、それには大量のジェムが必要であり、無課金でジェムを貯めるのは辛いので、 楽にジェムを入手するには 課金するしかありません。 ですが、皆さん「 課金はもうキツイ…」そう感じていませんか? 「私も課金には限界があったので」ガチャをもっとお得に回す方法は無いかと調べていたところ に出会いました。 中でも一際豪華なふくびきスタンプ報酬は「 星5装備1枠確定のボーナス」であり、10連ガチャ6回目と10回目の報酬として獲得できます。 10連ガチャのふくびきスタンプ報酬があることで、何回ガチャを回し続けても「 星5装備が全然当たらない」という最悪の状況になることはありません。 ただ、10連ガチャを回したとしても確実に狙いの星5装備が当たるとは限らず、等の噂がありますが、結論としては運次第です。 結局のところ、ガチャで何が当たるかは運次第なので、狙いの星5装備を確実に入手するには「 当たるまでガチャを回す」しか方法はありません。 ガチャを単発と10連で確率に違いが無いなら、益々「ふくびきスタンプ」という 特典のある10連ガチャがお得でおすすめです。 しかし、ふくびき券でガチャを回す時は、特に特典などは無いので、 ふくびき券でガチャを回す時だけは単発で1回ずつ引く事がおすすめです。 最新情報: 【ドラクエウォーク】ガチャの単発と10連の特徴や違い ドラクエウォークのガチャが単発と10連のどっちがお得なのかお伝えしてきました。 ここからはガチャに関してもう少し詳しくお伝えする為、 ドラクエウォークの単発と10連の違いについてお伝えしていきます。 ドラクエウォークの単発ガチャと10連ガチャの違いは、使用するジェムの数・ふくびき補助券の数、ふくびきスタンプの有無などの違いがあります。 他にも、 10連ガチャには単発には無い特典(ボーナス)のようなものもあります。 それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。 単発ガチャの特徴・メリット ガチャを単発で引くには「ジェム」の場合には300個、「ふくびき補助券」の場合には10枚で1回単発ガチャを回すことができます。 単発ガチャの大きな特徴・メリットは全く無いと言っても過言ではありません。 敢えて挙げるとするなら、1回のガチャで消費するジェムの数が少ないことだけです。 10連ガチャは、1回で消費するジェムの数はかなり多いですが、それよりも 10連を引くメリット(恩恵)の方が大きいと言えます。 では、10連ガチャの特徴・メリットについて詳しくお届けします。 10連ガチャの特徴・メリット ガチャを10連で引くには「ジェム」の場合には3000個、「ふくびき補助券」の場合には100枚で1回10連ガチャを回すことができます。 ただ、10連ガチャになることで、「 星5装備が確率アップしたり、10連+1回などのボーナス」が付くわけではありません。 しかし、10連ガチャと単発ガチャの決定的な違いは、10連ガチャ1回ごとにふくびきスタンプが1つ貯まり、 ふくびきスタンプの数に応じた豪華な報酬を手に入れることができます。 なので、単発では無かった特典(ボーナス)が10連ガチャにはあるので、 単発で引くよりも10連で引く方がメリットは大きいと思います。 そのふくびきスタンプの報酬内容については、この後詳しくお伝えします。 ふくびきスタンプの報酬内容 10連ガチャのふくびきスタンプの報酬の内容は以下の通りです。 この、ふくびきスタンプが10回目まで全て埋まった場合は、期間内であれば何度でも新しく更新され続けるので、 何回も星5装備1枠確定でガチャを回すことが可能です。 ドラクエウォークでは、ガチャで星5装備が当たらないことで、を疑う声までありますが、そういった人は単発よりも10連ガチャを回すことがおすすめです。 ただ、10連ガチャを回すには1回につき「3,000ジェム」必要で、何回も一気に回せるようなガチャではないですよね。 ただ、それには大量のジェムが必要であり、無課金でジェムを貯めるのは辛いので、 楽にジェムを入手するには 課金するしかありません。 ですが、皆さん「 課金はもうキツイ…」そう感じていませんか? 「私も課金には限界があったので」ガチャをもっとお得に回す方法は無いかと調べていたところ に出会いました。 上記の方法で、好きなゲームをプレイしただけで 3000円分以上のiTunes・Playギフトを無料でゲットできました! \登録は無料です/ \ 登録の締め切りまであと少しです!/ 【ドラクエウォーク】ガチャの単発と10連に関するユーザーの声 マイレージ単発数回は爆死…。 改めてまとめると、ガチャを単発と10連どちらで引いても星5装備の当たりやすさは変わることはありません。 しかし、10連ガチャには「ふくびきスタンプ」という特典があり、10連ガチャ6回目・10回目は星5装備が確定になるので、単発よりも10連ガチャを引く方がおすすめです。

次の

ドラクエウォーク| DQ1イベントは10月24日に終了、ロト・りゅうおう装備ふくびきもラストチャンス

ドラクエ ウォーク 3 10

攻略パーティの装備・こころ・ステータスを解説 攻略パーティの装備・こころ・ステータスを掲載します。 ザっとコンセプトを書くと、• 武闘家:HPとみのまもりを強化• 戦士:HPとみのまもりを 最優先で強化• 僧侶:適当な装備でOK• 魔法使い:適当な装備でOK と言った感じです。 武闘家 まずは、武闘家です。 他はあんまり強化してないので、レベルの割にステータスはちょっと雑魚いです。 こころは体力とみのまもりが上がりやすいスマイルロック、オーク、デザートゴーストにしました。 (こころの選択画面で数値の高い順に装備した感じです) 戦士 次に、戦士です。 戦士は 『かばう』で僧侶を守る重要な役割なので、持っている装備で一番豪華にしました。 ただ、強化はそこそこに抑えています レベルが高いと攻略感が薄れるので、調整してます) なお、 戦士は攻撃する必要がないので、初期装備の『はがねのつるぎ』です 笑 僧侶 僧侶になります。 僧侶は、戦士の『かばう』によって攻撃を受けない前提なので、ぶっちゃけなんでもいいです。 なので、余りものを適当に装備しました。 唯一『いやしのかぜ』が使えるユグドラシルを装備していますが、攻略感が薄れるので今回はスキル自体を使っていません。 なお、こころはなるべくMPが高いものを採用し、MP回復の頻度を下げています。 注意 今回は僧侶を3番目に配置していますが、一番前に配置して戦士でかばうことでさらに被ダメージ量を抑えることも可能です うっかり並び替えるのを忘れていましたorz 魔法使い 最後にまほうつかいです。 魔法使いは後衛に配置しているので、全体攻撃以外ほぼダメージを受けません。 なので、装備もそれなりと言った感じです。 武器も、 道中のザコ戦処理で使える全体攻撃ありのものならなんでもOKです 今回はマジカルスティックでバギマを使用。 立ち回り上、キラーマシンへの攻撃呪文もあまり打ちません。 詳細は、をご覧ください。 パーティメンバーごとの立ち回りを解説 パーティメンバーごとの立ち回りを解説します。 武闘家 武闘家は攻撃役です。 『まわしげり』『必中拳』などでひたすら攻撃。 動画ではまわしげりを多用していますが、キラーマシンに結構な確率で弾かれたので、途中から必中拳を使いました。 片方のキラーマシンを先に倒した方が、攻撃を受ける回数が減るので優先して倒すと良いです。 戦士 戦士は守り役です。 『かばう』でひたすら僧侶へのダメージをふせぎます。 これが今回の戦術の最重要部分です。 僧侶へのダメージをゼロにし、みのまもりの高い戦士が攻撃を受ける事でパーティ全体の被ダメージ量を抑えられます。 また、僧侶が死ぬリスクも無くなるため、攻略が安定します。 僧侶 僧侶は補助&回復役です。 まず『スカラ』で戦士の守備力を上げます。 これが最優先。 みのまもりの高い戦士にスカラをかけると、キラーマシンの攻撃をはぼ無効化できます。 なお、攻略動画では10ダメージ前後しか食らっていません。 もちろん、やいばくだき無しです。 その後は『ベホイミ』で補助しつつ、スカラが切れたら即座にかけなおします。 魔法使い 魔法使いは補助役です。 武闘家に『 バイシオン』を2回かけて火力を上げます。 その後は『 ルカニ』でキラーマシンの守備力を下げましょう。 また、状況に応じて『特やくそう』『いやしそう』『まほうのせいすい』でHP、MP回復も行ってください。 MP回復は、パーティの 要 かなめである戦士と僧侶を優先してください。 やることが無くなったらとりあえず全体攻撃呪文をうちましょう。 あると戦局が有利になるもの 無くてもいいけど 無くても勝てますが、あればより低レベル、雑な立ち回りで勝てるようになります。 いやしのかぜ ゴシックパラソルやユグドラシルで使用可能です。 この戦略+全体回復があればほぼ負けません。 状態異常つきのスキル 武闘家がキラーマシンを攻撃するついでに状態異常を追加できればラッキーと言った感じです。 あしばらい、カオスエッジ、スリープダガーなどがあれば、攻撃しつつ状態異常にできるので決まると有利になります。 ただ、状態異常になる確率は低めなので、高火力スキルをもっていればそちらを優先してください。 戦士は『やいばくだき』を最優先。 キラーマシンの火力を下げる• 武闘家は高火力技で1体を集中攻撃 状態異常付与技があれば使う• 僧侶はスカラと回復に徹する• 魔法使いはルカニとバイシオンで補助 やること無くなったらメラミかラリホー それぞれ解説しますね。 戦士は『やいばくだき』を最優先。 キラーマシンの火力を下げる 戦士はレベル25で修得する『やいばくだき』を使い、キラーマシン攻撃力を落とします。 最大で2段階まで下がりますが、1段下げれば受けるダメージ量は半分程度まで減少します。 両方を1段階ずつ下げられれば有利になりますのでひたすら『やいばくだき』を打ちましょう。 運が悪いと5連続で外れますので、その場合はリタイアして再度挑戦をおすすめします。 やっとキラーマシンを倒せた。 状態異常になっていないキラーマシンを優先的に倒しましょう。 もし『キラーピアス』を持っていれば、攻撃+混乱の『カオスエッジ』が有効なので優先して打ちましょう。 噂のキラーマシンやってきた。 キラーピアスのカオスエッジで混乱が刺さりまくって、かなり安定したw やいばくだきも混乱状態だと刺さりやすいのかな?割と刺さった。 特に、やいばくだきを持つ戦士を優先的に補強しましょう。 やいばくだきが効くまでスカラと回復で耐久するのがポイントになります。 やることが無くなったら、メラミで攻撃するか、成功確率は低いですがラリホーで片方を眠らせるのもありです。 また、僧侶1人で回復が追い付かない場合はどうぐで味方の回復を行いましょう。

次の