コロナ 接骨 院。 接骨院での新型コロナウイルス感染症対策

コロナウイルス最新情報

コロナ 接骨 院

ゆめたか接骨院グループは 全院通常通り営業しております。 (小顔ROOM、ジムを除く) 引き続き新型コロナウイルス感染予防対策として、ゆめたか接骨院では5月6日(水)まで勤務する施術スタッフの人数を減らして営業をしております。 日本全国に緊急事態宣言が発令され未だ感染拡大に歯止めが効かない状態です。 今後の状況により施術スタッフシフト制による営業継続の可能性もございます。 皆様にはご理解のほどお願い申し上げます。 営業時間については接骨院は 休業要請対象外 となり休業要請されておりませんのでゆめたか接骨院は通常通り営業しております。 ゴールデンウィーク中の日曜祝日は休診となりますのでご了承ください。 また3つの「密」を防ぐため、予約優先で営業を行ったりベッドの間隔を空けたり常に換気を怠らない取り組み等を行なっております。 これによりご希望の時間に予約が取りづらくなる可能性がございますが、皆様が安心できる環境を作りたいと考えておりますので、ご理解いただければ幸いです。 そして新型コロナウイルスによってストレス症状の方が多くなってきています。 なぜなら「不要不急の外出自粛」「富山県での感染者数のチェック」「会話でのマイナス言葉」など例を挙げればキリがないですが生活スタイルの変化によりイライラしたり呼吸が浅くなったり熟睡ができなくなったりと自律神経の乱れが出ている方も多いはずです。 当院に来院される患者様の中にはそのような症状の方が増えています。 最近呼吸が浅いと感じられる方は是非当院へお越しください。 ストレスに効果的な施術やメニューも取り揃えております。 皆様が安心してご来院できるようスタッフ一同、細心の注意を払って以下の取り組みを行っております。 【当院のスタッフ衛生管理の取り組み】• スタッフの毎日の検温をホワイトボードに表示• 施術後の手指エタノール消毒• マスクの着用• 施術後のベッド消毒• 院内の換気• 空気清浄機(次亜塩素酸拡散)• 患者様の予約制(L I N Eにて24時間O K)• フェイスペーパーの常時取り替え また、免疫力を上げ腸内環境を整える効果がある酵素ドリンクも大変ご好評をいただいております。 4月30日(木)までキャンペーンを行なっており通常よりお買い求めやすいお値段でご提供しております。 ドリンクの購入のみの来院の患者様も増えておりますのでお気軽にご来院ください。 明けない夜は無いという通り、健康を維持して乗り切りましょう。 柔道整復師 富山院院長 立花洋二 ご予約は電話またはL I N Eにて受付中! T E L:076-493-5660 LINE:友だち検索、またはページの下記から友だち追加ができます。 投稿者 投稿日: カテゴリー タグ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 新型コロナウイルスが世界的に流行して4月6日の時点で約120万人の感染者が確認されています。 富山県でも少しずつですが感染者が増えてきています。 ゆめたか接骨院富山院では来院される患者様が安心して治療を受けていただける様に以下の感染対策を行っています。 それ以外にも免疫力向上のツボや腸内環境を整える酵素の紹介をしています。 ご希望の方には個室での施術も可能ですのでお申し出ください。 またご来院の患者様には新型コロナウイルス感染拡大防止のために、手指消毒の実施にご協力お願いしています。 以下の症状がある方はお断りする場合がございますので、体調が回復してから改めてご予約いただく様お願い致します。 この時期気をつけたいのが交通事故です。 自動車はもちろんバイクや自転車でも事故が起きています。 交通事故でよく聞く言葉『むちうち』ですが医学用語ではなく交通事故により首に損傷を受けたことによる症状のことを総称したのが『むちうち』なのです。 その由来は追突などの衝撃で首が鞭の様にしなり損傷するのでむち打ちと呼ばれます。 特徴としては事故直後ではなく数日後に痛みや痺れなどの症状がでてくる方が多く、「事故直後は特に痛みはなく平気だったんだけど・・・突然痛くなって首が動かせない」ということもあります。 これはむちうちに限ったことではなく事故直後は興奮状態のため痛みに気付かないことが多くあります。 なので何も症状がなくても事故後は早めに病院での検査を必ず受けるようにしてください。 そして些細な痛みや違和感であってもその際に伝えるのがいいでしょう。 むちうちは度合いや健康状態によって治療期間が変わってしまい、場合によっては半年以上痛みが続くこともあります。 なので事故に遭われた際はなるべく早く治療を開始した方が良いでしょう。 そしてゆめたか接骨院ではむちうちなどの自動車事故の施術も行っています。 家族やお知り合い、周りの方でもし交通事故に遭われた方がおられましたら教えてあげてください。 実はこのミトコンドリアは人間の身体にとって欠かせない存在なのです。 まずミトコンドリアは酸素を使って人間が動いたり、考えたりするのに必要なエネルギーを作っているところなのです。 さしずめエネルギー生成所と言ったところでしょうか。 なのでミトコンドリアが活発に動いている人は元気で活動的になり、頭もスッキリしやる気に満ち溢れています。 逆に働きが悪いと疲労感や倦怠感などが強くイライラなどストレスを感じやすかったりし寝起きや寝つきが悪くなっていきます。 ミトコンドリアは疲労やストレスによって活動が低下しやすく、より疲労感などを強く感じて負のスパイラルに陥りやすいです。 そしてそのミトコンドリアを元気に活性化してくれる機器ハイチャージがゆめたか接骨院の富山院にあります。 この機器は電流が細胞の中にあるミトコンドリアを刺激し活性化することにより、疲労やストレスで働いていなかった細胞も元気に活動していきます。 それにより基礎代謝が向上したり、睡眠の質の向上、さらに運動時のパフォーマンスの向上が認められています。 なので競輪やバスケットボールなどのスポーツ選手なども使用しておられ効果を実感され評判も良いです。 疲れがなかなか取れず身体が重く感じる方、ぐっすりと眠れず朝の目覚めが悪い方、そう感じておられる方は是非ハイチャージを体感しにゆめたか接骨院富山院にご来院ください。 12月に入り天気予報に雪だるまマークがいつ出てくるかドキドキしている今日この頃ですが昔と比べ降雪量は減ってきている富山県。 しかし降る時は降るので雪国であることを実感します。 そんな雪国富山県で毎年みなさんも大変な思いをしているのが雪かきではないでしょうか? そして雪かき時にぎっくり腰になられた方も多いのではないでしょうか? 富山の雪は日本海側からの冷たい空気が対馬暖流の影響で水分を多く含んだ雲になり、その雲が南の山々にぶつかり高気圧になりざらめ雪が降りやすくなります。 ざらめ雪は新雪と比べ2~4倍の重さがあります。 さらに雪かきの体勢(中腰や前かがみ)で物を持とうとすると、腰には直立時の約2倍の負荷がかかると言われています。 なので雪かき時にぎっくり腰になることが多いのです。 そうならないために予防法がありますのでいくつかご紹介します。 まず1つ目は身体をしっかりと温めてあげることです。 筋肉は寒くなると硬くなり、傷つきやすくなるのでしっかり温めてあげることにより柔らかく、傷つきにくい状態をつくるのが重要です。 なので準備体操を行い、暖かい格好で雪かきをすることで予防できます。 2つ目は身体を捻らず、腰をしっかりと落とし、全身を使い雪かきを行うことです。 前述で書きましたが中腰や前かがみの体勢だと負担が大きくなり、腰や背中の力のみで行うとどうしてもぎっくり腰が起きやすくなってしまします。 なので理想で言えば雪かきしたい場所の近くによって相撲の躑踞(そんきょ)の姿勢からお腹に力を入れて立ち上がり、どかしたい方向に体を向けて行いましょう。 子供たちは雪が降ってくると大喜びですが、大人は車の運転や雪かきなどが大変なのであまり喜べないですがこれも雪国富山で生活している限り仕方がないことです。 ぎっくり腰になると日常生活も大変になるのでしっかりと予防していきましょう。 冬が終わるとチューリップやホタルイカ、蜃気楼など富山ならではの春の楽しみ方が満載なので体調などに気をつけて乗り越えましょう。 今回は「いつの間にか骨折」についてお話しします。 いつの間にか骨折とは、高齢者に多く起こり、名前の通りいつの間にか骨折している状態です。 通常骨折する際は転倒したり、物にぶつかったりなど体に強い外力が加わった際に骨折します。 しかし、いつの間にか骨折はそういったことが起きていないのに、体に痛みがあり病院へ行って検査をすると 骨折していることが多いです。 なぜ高齢者に多いかというと、骨粗鬆症が原因となることが多いからです。 骨粗鬆症になると骨の中がスカスカになってしまいます。 その状態で重いものを持ち上げる、咳やくしゃみをする、尻もちをつくなどすると、 その小さな力で背骨が潰れて骨折してしまいます。 いつの間にか骨折の特徴としては骨折時には強い痛みがないことが多いです。 日常で寝返りを打つと痛い、同じ姿勢でいるのが辛くなったり、 背骨が潰れるので背中が丸くなったりなどの症状があります。 これから寒くなってくると雪が降って地面の凍結で転倒のリスクが高まったり、 雪かきで重い雪を持ち上げたりすることが多くなります。 高齢の方は特に注意してください。 また高齢でなくても骨折する可能性は十分にありますのでご注意ください。 10月も後半に突入し、日に日に寒さが増してきています。 こういった季節の変わり目というのは体の不調がとても出やすくなります。 特に秋・冬は起床時の腰痛が多いです。 その腰痛の原因は反り腰の可能性があります。 今回は朝スッキリ起きるために寝る前に簡単にできる反り腰のストレッチの方法を紹介します。 そもそも反り腰とはどういう状態かというと、元々ある腰椎の前弯が強まった状態です。 その原因としては筋肉が硬くなってしまって、骨盤が前傾したり、妊娠でお腹が大きくなったことにより 重心が前に移動して、腰椎の前腕が強まったりなどがあります。 以下の項目にあてはまる方は反り腰の可能性が高いです。 それでは実際にストレッチをやってみましょう! ストレッチの方法 1. 仰向けに寝転んで両膝を抱え込む(体育座りをしながら仰向けになるような感じ) 2. 抱え込んでる膝をお腹に引きつける(20回) この時に腰が伸びている感覚があればOK! 3. 膝を抱えてた手を少し下(スネのあたり)で抱える。 先ほどと同様に20回引きつける。 最後は足首のあたりを抱えて20回引きつける。 このストレッチを寝る前に毎日行うことで腰回りの筋肉が緩み、前傾していた骨盤が正常な位置に戻ります。 9月は寒暖差の激しい日が続きましたね。 体調に様々な変化が出たのではないでしょうか? さて今回はぎっくり腰の予防法をご紹介します。 ぎっくり腰になる原因は筋肉の硬さと前回のブログでお話ししました。 全ての筋肉は骨についているので、体が歪んでくると筋肉が引っ張られて硬くなってしまいます。 日頃から体を歪ませないようにするには、椅子に座る際に足を組まない、寝転びながらテレビを見ない、 カバンをリュックサックにする。 他にも様々な要因があります。 しかしこれらのことに気をつけても、歪みのない左右対称の状態というのは1ヶ月しか維持できないので、 1ヵ月に1回はメンテナンスをしましょう。 他に筋肉の硬くなる原因としては冷えもあります。 筋肉が冷えると硬くなってしまうので、お風呂に入る際にシャワーだけで済ましてしまうという方は湯船に浸かりましょう。 お風呂から上がったらなるべく体を冷やさない服装で寝ることをオススメします。 最後に水分をしっかり摂取しましょう。 水分が不足すると血流が悪くなります。 血液は全身に酸素や栄養を送っているので、 血流が悪くなると筋肉に酸素や栄養が供給されなくなり、筋肉が硬くなります。 硬くなった筋肉は血管を圧迫し、さらに血流が悪くなるという悪循環が起こります。 10月になると気温が下がってくるのでぎっくり腰のリスクが高まってしまいます。 歪みを整え、お風呂に入、しっかり水分を摂取して柔らかい筋肉を作り、ぎっくり腰を防ぎましょう。 万が一ぎっくり腰になったら早急に対応したほうがいいので、一度ご連絡ください。 お盆休みは楽しめましたか? ブログ担当のオカダは立山登山やプールに行って夏を満喫してきました。 楽しいイベントが盛りだくさんの連休ですが、実は連休明けはぎっくり腰になる患者さんがとても多いです。 理由として考えられるのは、帰省や旅行での長距離の移動が続いたり、海や山に遊びに行って普段より筋肉を多く使ったということ。 その結果、筋肉が硬くなり、それがぎっくり腰に繋がります。 筋肉が硬くなるとぎっくり腰になるのは、筋肉と関節の関係をイメージするとわかりやすいでしょう。 筋肉はゴムのように伸び縮みして関節を動かします。 硬くなったゴムは、伸び縮みしなくなり、引っ張ったらプチンッと簡単に切れてしまいます。 筋肉が硬い状態で体を動かすと、筋肉が上手く伸びず、筋繊維がブチッと切れてしまいます。 この、筋繊維が切れて炎症が起こっている状態がぎっくり腰です。 ぎっくり腰の予防法は次回のブログで! それで今回は腰痛やぎっくり腰の時に簡単にできるテーピングの貼り方をご紹介します。 このキネシオテープを20cmを4本用意します。 1:背骨に沿って縦にテープを貼ります。 2:骨盤の少し上に横向きにテープを貼ります。 3:背骨から指3本分横に縦にテープを貼ります。 4:3で貼ったテープの反対にも縦にテープを貼ります。 たったこれだけでテープが炎症を起こして痛みの原因になっている腰の筋肉の動きをサポートしてくれます。 ぎっくり腰やかなり強い腰痛の場合は4本貼ってください。 軽い腰痛の場合は1本または2本で十分です。 テープは翌日の朝まで貼っていても問題ありませんが、痒くなってきた場合はすぐに剥がしてください。 とても簡単なテーピングなので是非試してください! 最後にイベントの告知です! 8月31日にカターレ富山 VS SC相模原の試合で骨盤矯正体験会を行います 興味のある方はお気軽にご参加ください。 夏といえばインターハイや甲子園などスポーツの大会が多い時期です。 それで今回はスポーツ選手に起こりやすい腰痛についてお話しします。 スポーツ選手に多い腰痛はズバリ「腰椎分離症・腰椎すべり症」です。 腰椎分離症は中学生くらいの成長期の子供に起こりやすいです。 特にバレーボール、サッカー、ゴルフ、野球、柔道など体幹の回旋や前後屈の動きが多いスポーツをやっている子供に起きやすいです。 こういったスポーツで繰り返し同じ動作を繰り返すことによって起こりやすくなります。 第5腰椎に発生しやすく、症状としては運動時の腰痛や、腰を反らす・捻るなどの動きで痛みが出現することが多いです。 筋肉は全て骨についているので、筋肉が硬い状態で同じ動作を繰り返すと骨に大きな負担がかかり腰椎分離症になる可能性が高まります。 次に腰椎すべり症です。 すべり症は大きく分けて「分離すべり症」と「変性すべり症」の2つがあります。 分離すべり症は先ほどの腰椎分離症が原因で起こることがあります。 変性すべり症の多くは加齢によって腰椎の安定性が失われて起こります。 こちらは比較的女性に起こりやすいです。 腰の骨の位置関係がズレることで痛みなどの症状が出てきますが、ズレが大きくなると足に痛みや痺れが出現することもあります。 分離症やすべり症になったら、安静にして腰に負担をかけないようにしましょう。 そしてストレッチや筋力強化訓練を行いましょう。 10代でスポーツを活発に行っていて、ずっと腰痛に悩んでいる方は分離症やすべり症の可能性があるので早めに対処しましょう。 ゆめたか接骨院では歪みを整え筋肉を柔らかくすることで、ケガをしにくい体を作っていきます。

次の

【新型コロナウイルス感染症】接骨院の患者減少対策には「予約」が有効

コロナ 接骨 院

MJG接骨院の黒い噂一覧• 高額な回数券を売りつける• 患者を騙す、洗脳する• 接骨院なのに整体院の看板• そもそも広告がおかしい• 健康保険の不正請求• 給料は減額方式 入社時が一番高い• スタッフの給料未払い• 景品表示法違反で行政指導が入る 私は鍼灸マッサージ師なので柔道整復師とは全く関係ないのですが、医療従事者として本当に情けないと思います。 そもそも私は保険金詐欺同然の仕事をしている柔道整復師が嫌いなのですが、保険を使わなくとも患者を騙して高額な金銭を要求するなど言語道断です。 経営者は当然卑劣極まりないと思いますが、 患者を騙していたスタッフも同罪と言えるでしょう。 この様な輩は迷惑極まりないので、さっさとこの業界から出ていってもらいたいです。 個人的には履歴書に「MJG接骨院」の文字がある方は雇いたくはないですね。 ヤフーニュースと帝国データバンクから転載します。 新型コロナウイルスの感染拡大で来院顧客が減少 首都圏の接骨院チェーン「MJG接骨院」運営会社など2社が破産開始 景品表示法違反や労使トラブルなどで当社の信用が低下したなか、新型コロナウイルスの影響による来院顧客減少が打撃となった (株)MJG(TDB企業コード:551006118、資本金5000万円、東京都新宿区西新宿2-1-1、代表木崎優太氏、従業員約450名)と関係会社の(株)フロンティア(TDB企業コード:617021085、資本金100万円、東京都立川市錦町3-1-2、同代表)は、4月10日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日同地裁より破産手続き開始決定を受けた。 「東京」 (株)MJG(資本金5000万円、新宿区西新宿2-1-1、代表木﨑優太氏、従業員約450名)と関係会社の(株)フロンティア(TDB企業コード:617021085、資本金100万円、立川市錦町3-1-2、同代表)は、4月10日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日同地裁より破産手続き開始決定を受けた。 申請代理人は髙橋修平弁護士(中央区銀座2-2-2、髙橋修平法律事務所、電話03-6903-3210)ほか6名。 破産管財人は三村藤明弁護士(千代田区大手町1-1-1、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、電話03-6864-3011)が選任されている。 なお、今般の新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、電話による対応が困難となっている。 「新型コロナウイルスの影響により~」とありますが、新型コロナウイルスは全く関係ないでしょう! SNSを見ると新型コロナウイルスが流行る前に経営に行き詰まり、給料未払いが発生しているので経営側の言い訳だと思われます。 また、一部の店舗は別会社が引き継ぐようですが、柔道整復師として真っ当な仕事をするのか甚だ疑問が残ります。 のホームページは繋がりにくい状況が続いています。

次の

整骨院業界のコロナウイルス対策

コロナ 接骨 院

接骨院や整骨院やカイロは、人に直接触るので濃厚接触だと思うのですが。 今それらへ通院してる人は、病院への通院と同じだと 勘違いしてるのでは。 アルコール消毒しているとアピールしてい ても、医師も看護師もいなく、滅菌設備もないと思うのですが、どうなのでしょうか? 開いていると 高齢者や暇な方々が どうしても行ってしまうと思うので 整骨院などは自粛して頂きたいと思いませんか? 補足カイロや、接骨院 整骨院 が実際行っている「コロナウイルス対策」とは何なのでしょうか? アルコール消毒やマスク着用は当たり前の事だと思いますので、それ以外でご存知の方がいましたら 教えて下さい。 どうか宜しくお願い致します。 私は接骨院にパートで働いています。 事務と多少の患者さんと接触ありです。 コロナが流行り始めた頃は、患者さんは怖いねーと言いながらも通院していました。 その後、身近な市町村で感染者が確認され、少し患者さんが減りました。 やっぱり、先生が直に触って診察、至近距離で話をしますからね…。 しかもウチの先生はおしゃべりが過ぎるので…。 結局、痛みには敵わず通院される方はいますが、正直あまり来ない方が良いのでは…と思います。 一応、受付に消毒スプレー、空気清浄機、換気などをやっていますが気休めの様な気がします。 一定の時間院内にいるし、混んでくればいくら距離を空けると言っても限界があります。 除菌だって、絶対ではないし。 理美容室が候補に入っているとの報道見た時に、接骨院も濃厚接触しているから同じだよ、と思いました。 求められている答えではないかもしれませんがすみません。 私はお休みにしてくれないかなと毎日思いながら出勤しています。

次の