コナン 昆虫 人間。 宝探し?955話「昆虫人間のヒミツ」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

名探偵コナン 第955話「昆虫人間のヒミツ」 感想

コナン 昆虫 人間

2019年9月28日(土)放送 第955話 「昆虫人間のヒミツ」 コナン、元太、光彦、歩美は村営昆虫人間牧場がある黒野須駅に降り立つ。 その時、不気味な鳴き声が聞こえてくる。 音がするのは立入り禁止の看板がある森の中だった。 森では村人たちがショベルカー、ブルドーザーで作業をしていた。 不気味な鳴き声の正体は作業の音だったのだ。 コナンたちは村人たちに睨まれ、慌てて逃げていく。 コナンたちは駅の方に戻り、食堂の前でカブトムシ人間に遭遇する。 カブトムシ人間はカブトムシに仮装した小学生だった。 小学生は昆虫の仮装をしている理由を紙芝居「村営昆虫人間牧場事件」を使って説明する。 政府の役人はこの村の森に国立カジノ付きスーパー銭湯を作ろうと計画。 村の大人たちは大喜びするが、村長だけは猛反対する。 村の森には、かつてこの世の昆虫たちをこよなく愛した蛾蛾姫のお墓があった。 政府の役人たちは森を視察した時に蛾蛾姫の祟りに襲われ、建設計画は中止になる。 村長は代わりに村営昆虫人間牧場を作ると宣言したという。 猛反対した大人たちは村会議を開いて村長を首にする。 その後、元村長は退職金で森を買い取って発掘作業を始める。 そんな折、元村長はこの食堂で食事中に突然絶命。 元村長は蛾蛾姫の宝の地図を持っていた。 元村長は宝を独り占めしようとしていたのだ。 村の大人たちは蛾蛾姫の宝の亡者となって発掘作業を開始。 子供たちは昆虫人間牧場の夢を捨てきれず、昆虫に仮装して留守を預かっているのだ。 歩美、元太、光彦はラーメンを注文するが、コナンは食事をせず、この村で起きた事件の調査を始める。 コナンは郵便局を訪れ、元村長に配達した郵便物の記録を確認。 村長はハロウィン用の蛾のコスプレを購入していた。 政府の役人たちを襲った蛾蛾姫の祟りの正体は蛾のコスプレをした村長だったのだ。 食堂の食事には昆虫人間に仮装できるサービスが付いていて、元太はカマキリ人間、光彦はコオロギ人間、歩美はコガネムシ人間になる。 続いて、コナンは村の医院を訪れる。 元村長は末期の癌で、自分の命が短い事を知っていた。 コナンは余命わずかな元村長が宝を独り占めしようとした事に疑問を持つ。 この後、コナンは村役場を訪れ、村の歴史がわかる資料を確認する。 資料には森にかつて大きな前方後円墳の形をした蛾蛾姫の墓があったと書かれていたが、蛾蛾姫の宝の事は何も記されていなかった。 宝は存在していなかったのだ。 コナンは村長が何の目的で森を買い取り、何の作業をしていたのかを推理する。 その時、森の方から元太の悲鳴が聞こえてくる。 昆虫人間になった元太、光彦、歩美は森を訪れ、宝に目がくらんで正気を失った村人たちに追われていたのだ。 コナンは森に行って元太たちを助けようとする。 この時、村人たちが持っていた古地図が吹き飛ばされてコナンの顔に被る。 地図には発掘する仕方や手順まで書かれていた。 コナンはこの地図を見て、元村長の本当の目的に気付いて…。

次の

事件ファイル|名探偵コナン

コナン 昆虫 人間

JUGEMテーマ: 一週挟んで、昨日28日のコナンは一話完結のオリジナル回。 サブタイ『昆虫人間のヒミツ』 黒野須村という所が舞台。 昆虫をこよなく愛した「ガガ姫」の言い伝えがあるという。 村中の子供たちは、今は亡き村長が作ろうとした「昆虫牧場」に共感をし、昆虫の着ぐるみで街を盛り立ててる。 それに対し、大人たちは亡き村長が得ようとした宝に目がくらみ、仕事そっちのけで財宝を探している。 財宝に目がくらむ大人と、昆虫牧場を夢見て着ぐるみで昆虫人間に扮している子供とで、かなり対照的たった。 もともと、財宝が隠されているとおぼしき場所は、政治家のお偉いさんがカジノを作ろうとしてたらしい。 けど、亡き村長が昆虫人間に扮して脅かし、撤退させたようだ。 亡き村長は、カジノに反対していたから。 結局、財宝は無く、病で余命わずかな今は亡き村長が、ガガ姫の墓を作らせようと、村人をけしかけたというのが真相。 宝なんぞ、ホイホイ出てくるわけではないよな、簡単にさ。 元太、光彦、歩美までもが、昆虫人間の着ぐるみ着てたのを見た時は「えー」と思った。 ノリノリの元太や歩美とは逆に、妙に冷めていた光彦。 いや、普通はそうだろう。 最近の子っていうのは、どうなのだろう、実際。 ああいう昆虫着ぐるみを着れるもんなのかな。 恥ずかしいようなきがするけど……いくら空気を読むのが下手な私でもかなり抵抗があるよ、昆虫着ぐるみ。 コナンが着ていなくてよかった……。 あと、紙芝居兄弟のザックリとした説明や、いくら財宝を得たいからって子供を威嚇して追いかける大人たちはチョットねぇ。 などと、いろいろツッコミどころの多い話だった。 原作話の後は、軽めのオリジナルが多いね。 次回もオリジナル。 前編だから後編もあるのだろう。

次の

宝探し?955話「昆虫人間のヒミツ」のネタバレ|アニメ名探偵コナン

コナン 昆虫 人間

昆虫人間牧場があるといわれている森へ行くが、そこで土木作業をする大人たちに睨まれ 逃げる途中で子供が昆虫の着ぐるみを着ているのを見つけ、• 何故子供たちが昆虫の着ぐるみを着ているのか?• そして大人たちは森で何をしているのか? を紙芝居で教えてもらうことになります。 (なんで紙芝居やねん・・・。 ) 昆虫人間? タイトルからしてインパクトが強すぎる今回のコナン。 アニメオリジナルはたまにぶっ飛んだものがきますね。 先週に予告を聞いた時点で昆虫と人間が混ざるのか?!と グロいものを想像したのですが、そんなことはなくてよかったです。 昆虫人間牧場というのは、 子供たちが昆虫の着ぐるみを着て自由に遊べるテーマパークだったのです。 元村長がこの計画をたてたときに着ぐるみを子供たちに配ったため、 子供たちが昆虫人間となっているのですね。 大人たちは何をしていたのか? 紙芝居でこの昆虫人間のことを教えてくれたカブトムシの昆虫人間のところにも、 コナンが途中で立ち寄った 郵便局・病院・村役場にも大人はいませんでした。 それは、森で蛾蛾姫の宝を探すため。 (蛾蛾姫って誰やねん、って?突然でてきてコナンたち&視聴者も???) 「昆虫人間牧場を作ろうとした森には、蛾蛾姫の宝がある! 元村長はしっていて独り占めしようとしてるんだ!」 元村長が残した宝物のありかをしめした地図と発掘計画をもとに 土木作業をしていたのです。 大人たちのいない村の留守を、その子供たちが守っている、と。 なので、村には昆虫人間ばかり見かけるのですね。 その後紆余曲折あり、子供たちは着ぐるみを脱ぎ、大人たちも村に戻ってきました。 そして、おそらく元村長はいまごろ 「計画通り」と笑っているでしょうね。 (某夜神月さんのあの顔でお願いします。 ) 光彦の冷静さと村のカオスさ 光彦が元太と歩美のテンションが上がってる中、冷静にツッコんでいるところ 元太に、「トンボ光彦、お前少しおかしい」 と言われて「ええ~~~~?!」という光彦くん、 君は大丈夫だ、おかしくない。 おかしいよな?と思いつつも、元太や歩美に合わせようとする彼の優しさ、プライスレス。 でてくる子供たちが、みんな昆虫の着ぐるみをきている様だけでもカオスですが、 その子供たちもまた面白い。 ひたすらセミの鳴き声をマネしている子供や、(「ナイス!」と半目で言うコナンのやさしさ・・・。 ) 悲鳴を聞いてかけつけたコナンが天井から逆さづりになっている子供を見つけて 「どうした?!」と心配してかけつけてきたら何かと思えば、 クモだから クモの巣をはる練習をしようとして絡まってしまった、とか。 コナンが子供たちに呆れるのはままあることですが、今回はいつもより半目が多かった気がする。 最後に 元太が昆虫の着ぐるみをきたままの昆虫人間の姿で帰途につく少年探偵団。 昆虫人間が虫網をもってるなんておかしい、という光彦たちに 「おかしくない」という元太。 元太の 「何故ならば・・・昆虫人間は人間採集するからだ!」という発言と 虫網をもって歩美たちを追いかけようとする行動に サイコパスみを感じたのは私だけではないはず・・・。 いつからそんなこと言う子になったんだ元太!!どうした!!! 元村長の名前とか、他にもツッコミどころが満載でした。 やはりアニオリはたまにおかしいところがあるな・・・。

次の