こうそく スピン。 『こうそくスピン』の効果と覚えるポケモン(ガラル地方)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモン剣盾】ミミッキュ弱体化!? 前作からの変更点まとめ【特性、技、道具など】

こうそく スピン

電気タイプのZワザ 第7世代であるポケモンサン・ムーンから登場し、 1度だけ技を超強化できるため火力が低いポケモンを次々と対戦環境入りさせたZワザもわずか3年で廃止となりました。 これまではZワザで技の威力を底上げできるせいでポケモンの数値よりもタイプ相性が大事な環境でしたが、これからは ポケモンの実数値の高さや覚える技の威力などがよりパーティの強さに直結する環境になると予想されます。 技 めざめるパワー、おんがえし、やつあたり、おいうちなど前作まで対戦でよく使われていた一部の技が今作では廃止となりました。 特にめざめるパワーは、電気タイプの地面タイプ対策技として使われていたので、電気ポケモンは別の対抗策を用意する必要が出てきてしまいました。 特性:「びびり」 特性「いかく」を受けた時に、自身の素早さが1段階上昇するようになりました。 上記の「せいしんりょく」などと同様に、今までほとんど発動しない死に特性でした。 これもまた同様に、特性「いかく」持ちがはびこる ダブルバトルで優秀な特性となりそうです。 技:「こうそくスピン」 威力が20から50に上昇し、さらに自身の素早さランクを1段階上昇させる効果が追加されました。 ゴーストタイプに無効化されるものの、「ニトロチャージ」の上位互換のような技になりました。 また、ドリュウズが「ステルスロック」と合わせて覚えるため、 自分だけ一方的にステロを行うステロスピン型という強力な型も生まれそうです。 天候:晴れ これまでは天候が晴れ状態のときに氷状態にならないだけでしたが、今作からは氷状態になったポケモンが晴れ状態の場に登場すると氷が溶けるようになりました。 ドーピングアイテム 栄養ドリンク これまでは、すでに努力値が100以上振られている能力には使用できませんでしたが、 上限がなくなり最大値である252までこのアイテムで努力値振りを行うことができるようになりました。 今までは努力値を振るのに野生のポケモンを倒し続ける必要がありましたが、ゲーム内のお金で買えるこのアイテムでできるようになったので、 育成の手軽さが格段に増しました。 遺伝技 タマゴ技 の仕様変更 「あずかりや」に 預けた2匹のポケモンが同じ種族の場合、片方に遺伝技があるならばもう一方もその技を覚えます。 この2匹の性別が別である必要はありません。 これによって、配布ポケモンなどの遺伝技がないデメリットを気にする必要がなくなりました。 これによって、ミミッキュの超強力な型である"気合のタスキ型"が消えてしまうので ミミッキュの大幅な弱体化と言えるでしょう。 特性:「ムラっけ」 上下する能力の候補から 回避率と命中率が削除されました。 ムラっけポケモンの代表であるオニゴーリに、「まもる」から回避を上げられ大逆転されるという、非常に不愉快な出来事がとうとう無くなり喜ぶプレイヤーも多そうですが、逆に言えば、 素早さが上がりやすくなったとも考えられるので弱体化とは言えないという声もあります。 変動する値は2段階上昇、1段階下降のままです 技:「キングシールド」 直接攻撃を防いだ時に 下げる相手の攻撃ランクが2段階から1段階に下がりました。 「キングシールド」を使用するポケモンであるギルガルドは、第7世代シングル環境で猛威を振るいすぎていたため、これ以外にも種族値の変更 シールドフォルムでは防御と特防の、ブレードフォルムでは攻撃と特攻の種族値がそれぞれ10ずつ下がりました も受けているので、弱いポケモンとはならないものの、最強格とはいかなさそうです。 体重技:「くさむすび」「けたぐり」「ヒートスタンプ」「ヘビーボンバー」 ダイマックスポケモンに使うとその大きさに怯えて失敗するという仕様が追加されました。 相手のどのポケモンもダイマックスしてくる可能性があり、安易に打てなくなってしまったため、 採用することすら危険な技となってしまいました。 追加された要素 ダイマックス ポケモンが巨大化する、ソード・シールドの目玉要素です。 メガシンカと違って持ち物を必要とせず対戦中どのポケモンにも使用することができ、3ターンの間ステータスや技を強化させることができます。 ただし、ダイマックスしてしまうとそのポケモンの はすべて「ダイウォール」というダイマックス技も防げる「まもる」に変化してしまうため、「つるぎのまい」などを使用したい場合は注意が必要です。 また、 一部ポケモンに限って特別なダイマックス、キョダイマックスをすることができます。 キョダイマックスポケモンは専用ダイマックス技を使用することができるので、試合を大きく動かすパーティの軸として是非とも採用したいポケモンです。 ダイマックス技の名前と効果一覧 タイプ 名前 効果 ほのお ダイバーン 天候を晴れ状態にする。 みず ダイストリーム 天候を雨状態にする。 いわ ダイロック 天候を砂嵐状態にする。 こおり ダイアイス 天候を霰状態にする。 くさ ダイソウゲン 場を「グラスフィールド」状態にする。 でんき ダイサンダー 場を「エレキフィールド」状態にする。 フェアリー ダイフェアリー 場を「ミストフィールド」状態にする。 エスパー ダイサイコ 場を「サイコフィールド」状態にする。 かくとう ダイナックル 味方全体の攻撃を1段階上げる。 はがね ダイスチル 味方全体の防御を1段階上げる。 どく ダイアシッド 味方全体の特攻を1段階上げる。 じめん ダイアース 味方全体の特防を1段階上げる。 ひこう ダイジェット 味方全体の素早さを1段階上げる。 ドラゴン ダイドラグーン 相手全体の攻撃を1段階下げる。 ゴースト ダイホロウ 相手全体の防御を1段階下げる。 むし ダイワーム 相手全体の特攻を1段階下げる。 あく ダイアーク 相手全体の特防を1段階下げる。 ノーマル ダイアタック 相手全体の素早さを1段階下げる。 変化技 ダイウォール まもるの効果に加えて、ダイマックスわざを防ぐことができる 新天候:雷雨 新天候として「雷雨」が追加されました。 雷雨下では水タイプの技の威力が1. 5倍になったりと従来の雨下と同様の効果があるだけではなく、電気タイプの技の威力が1. 5倍になるなどの効果があるエレキフィールド下の効果も追加されます。 これまでも雨下で「かみなり」が必中になることを活かした戦術が存在しましたが、今回追加された雷雨下ではさらに威力が1. 5倍になるのでより強力な戦法となりました。 サンダースなどの非常に 高い素早さを持つ電気タイプのポケモンで、強化された必中「かみなり」を連打するのが単純かつ強力そうです。 ただし、現状では天候を雷雨にする方法が判明していないため、対戦環境で使うことができるかは不明です。 新しい持ち物 ・あつぞこブーツ 持たせたポケモンは 場に設置されたトラップ系統の効果を受けません。 リザードンなどの岩4倍弱点のポケモンなどに持たせると、相手の「ステルスロック」で動きづらくなることが無くなります。。 ・からぶりほけん 使用した 技が当たらなかった時に発動して、自身の素早さを2段階上昇させます。 技が無効化されたりして失敗した場合は発動しません。 また、発動するとこのアイテムは無くなります。 ただし、一撃必殺技では発動しないため少し扱いに困る持ち物かもしれません。 ・だっしゅつパック 自身の 能力ランクが下がった時に発動して、持っているポケモンを交代させます。 交代するポケモンは自分で選べ、発動するとこのアイテムは無くなります。 「りゅうせいぐん」などの自分の能力が下がってしまう技を打つポケモンに持たせればその隙をカバーできます。 ・のどスプレー 音技を使ったあとに発動して、自身の特攻ランクを1段階上昇させます。 技が失敗したり無効化された場合は発動せず、発動すると無くなります。 音技を主力に戦うストリンダーに持たせるのがメインとなりそうですが、技を使った後なのでその技は強化されないため、あまり強い持ち物ではなさそうです。 ・ルームサービス トリックルームが発動した時に発動して、持っているポケモンの素早さランクを1段階下降させます。 トリックルーム下では本来先制されてしまう素早さの高いポケモンに持たせることで相手の意表を突くことができます。 新しい特性 対戦で強力な特性だけを挙げていきます。 アイスフェイス 氷タイプのポケモンであるコオリッポの専用特性です。 相手からの 物理攻撃のダメージを1度だけ0にしますが、顔の氷が壊れフォルムが変化します。 天候があられ状態に変化したとき復活します。 復活する条件は厳しいものの破格の性能なので、専用のパーティを組んで使えばかなり強力かもしれません。

次の

『こうそくスピン』の効果と覚えるポケモン(ガラル地方)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

こうそく スピン

バインドの効果 第一世代• 技が出せなくなる 交代は可能。 第二世代以降• やことができなくなる。 までも失敗する。 からはバインド状態でもテレポートで交代することができる。 ターンごとにダメージを受ける。 最後のターンは解除メッセージのみでダメージは受けない 以降。 バインドの発生 相手に発生• 相手全体に発生• バインドの回復• ターン経過• 第二世代以降は基本的に交換が制限されるが、この状態でも交換できるタイプやこの効果を打ち消すどうぐを持たせた場合、相手のわざによって交換される場合などで起こりうる。 の成功• の成功 以降• バインドにする技を使った側のポケモンの交換 以降• ・により発生したバインドは使用者が交代しても消滅しない。 説明文 ・ しめつけられて まいターン ダメージを うける。 しめつけられて 毎ターン ダメージを 受ける。 備考 第一世代のみ• 相手がバインド状態になっている間は、バインド状態にするわざを使った側のポケモンは他のわざが使えなくなる のみ。 バインド状態のポケモンがいる間にどちらかのポケモンが交代した場合、通常の交代と異なり、そのターンは交代しなかったポケモンもわざが使用できない のみ。 バインド状態になるとの反動が無くなる のみ。 バインド状態になっているのがバインド状態にしているポケモンのターンとみなされる(VC版含む後期版とVC版)。 よってこの場合、バインド状態になっているポケモンのやによるダメージは発生しない。 バインド状態2ターン目かそれ以降に交代(その交代元のポケモンをAとする)し、交代と同時にとなると、ねむりとなった側(以下B)にねむりのチェックが入らなくなることがある。 と・ではバインドの判定が異なるため、で非同期が生じる場合がある。 第二世代以降• すでにバインド状態になっているポケモンは、バインド状態にはならない• 使用した技により継続ダメージ発生時のアニメーションが異なることがあるが、いずれも発生状態はバインドで統一される。 と等、アニメーションが異なる2種類の技であっても重複せず、継続ターンも伸びない。 を持つポケモンが使用した技でこの状態になった場合、必ず7ターン継続する。 を持つポケモンが使用した技でこの状態になった場合、毎ターン与えるダメージが増える。 特性がのポケモンは、ターン毎のダメージを受けない。 特性がのポケモンまたは持ち物を持つポケモンは、バインド状態でも・ができる 交代はできない。 を持つポケモンは、バインド状態でもできる にげる・テレポートはできない。 以降、タイプのポケモンはバインド状態でも交代・にげる・テレポートができる バインド状態によるダメージは受ける。 ・・・・・・・・・・・による交代は影響を受けない。 で受け継がれない。 が成功することでバインド状態は解除される。 多くの場合、でバインドにする効果も防ぐことができるが、特性の攻撃やの効果でみがわり状態を無視された場合は、バインド状態を防ぐことはできない。 関連項目•

次の

こうそくスピン

こうそく スピン

自分の場のを消す。 こうそくスピンは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ ・ からだを はやく かいてんさせて てきを こうげき しめつけや まきつきや やどりぎのタネや まきびし などの れんぞくの わざから ぬけだせる。 かいてん こうげき。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども ふきとばせる。 ・・ かいてんして あいてを こうげきする。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども ふきとばせる。 漢字 回転して 相手を 攻撃する。 しめつける まきつく やどりぎのタネ まきびし なども 吹きとばせる。 かいてんして あいてを こうげきする。 しめつける まきつく やどりぎのタネ など ふきとばす。 じぶんの すばやさも あがる。 漢字 回転して 相手を 攻撃する。 しめつける まきつく やどりぎのタネ など 吹きとばす。 自分の 素早さも あがる。 相手が状態であってもステルスロック等を除去できるが、タイプに攻撃を無効化されると除去出来ない点には注意。 で威力が20から50に上昇、更にが上昇するが付いた。 におけるこうそくスピン 「 相手を相手のベンチポケモンと入れ替え、 自分を自分のベンチポケモンと入れ替える。 入れ替えるときは、それぞれのプレイヤーが、自分のベンチポケモンを選ぶ。 」という効果の攻撃ワザとして登場する。 におけるこうそくスピン PP17。 正面の敵を攻撃し、・・・を解除する。 におけるこうそくスピン ポケモン エフェクト 使用者 初出話 備考 わざの初出 チグサ ツグヨ トレーナー クルヨ 巨大ネンドール 通常はこうそくスピンを覚えない 野生 野生 におけるこうそくスピン におけるこうそくスピン• では、のなどが使用する。 以下の順番で状態変化・場の状態を解除できる。 自分の状態。 自分の状態。 ・・・・・・・・・・• 味方の場に設置された。 ・・・・• のポケモンに使った場合も、状態変化・場の状態を解除できる。 以下のように技のダメージが無かったときは状態変化・場の状態を解除することはできない。 こうそくスピンが外れたとき。 状態などに防がれたとき。 で技を無効化されたとき。 こうそくスピンで相手の特性・・・・や持ち物・、状態によるダメージを受け、こうそくスピンの使用者がになった場合、状態変化・場の状態を解除することが できない。 特性であっても状態変化・場の状態を解除できる。 まではちからずくでも技の威力は上がらない。 ではちからずくにより技の威力は1. 3倍になるが、すばやさランクは上がらない。 状態は解除できない。 でのみ、場が状態の時にこうそくスピンを使うと、なぜか「をふきとばした」と表示される。 どくびしはきちんと除去される。 ・では修正され、「どくびしをふきとばした」と表示されるようになった。

次の