室井 摩耶子。 室井摩耶子 経歴やプロフィールは?結婚は?健康の秘訣はお肉と昼寝

室井摩耶子のコンサートが凄い!病気の過去や健康法と家族も紹介

室井 摩耶子

「令和」の時代が幕を開けようとしている。 何歳になっても元気でいたい、大病にはかかりたくない。 そのためには、何をどうすべきなのか。 彼女たちは、驚異的なバイタリティで、いまも表舞台に立ち続けている存在だ。 たとえばベートーヴェンでも、同じ曲なのに、若いころと年齢を重ねた今とでは、音がまったく違って聞こえる。 衰えを全く感じさせない、洗練された旋律が響き渡る。 「年齢のことなんて考えない。 100歳を目前に控えても、音楽に対する気力も集中力も落ちることはないという。 「食事にしても、生活にしても、私は自由主義。 夕食はほぼ毎日80~100グラムの牛ヒレ肉のステーキを食べます。 きっかけは、室井さんが34歳のとき。 クラシック音楽の本場であるドイツへ渡ったことだ。 「仲間たちはみんな、夜中の3時、4時まで、フルーツ入りの酒をガブガブ飲んで、バクバクと食べまくっていたんです。 それなのに、次の日の朝早くから、みっちり楽器練習を始めているの。 そのほうが、明らかに体力と集中力が増すからだ。 だから私も寝てしまおうと。 いまはほぼ毎日、朝は6~7時くらいには起きますが、午後1時から3時間くらいは昼寝するのを習慣づけていますよ。 そうすると頭もスッキリして、ピアノの練習に没頭できますから」 平成の時代に入り、80歳を超えてから、室井さんは日々、感じたことや音楽活動をブログで発信している。 それに対して応援のコメントが寄せられることで、人とのつながりを感じる、とうれしそうに話す。 「高齢者は、孤独を感じている人が多いのかもしれません。 私も天涯孤独ではありますが、仕事やブログを通して、人とコミュニケーションを取る機会があるので、さみしくはないんです。 そんな人とのつながりも、私を元気にしてくれますね」 食・生活リズム・人とのつながり……そしてピアノがあれば、令和の時代も室井さんは輝き続ける。

次の

【書評】98歳現役ピアニスト 室井摩耶子さんの「毎日、続ける」読んで考えていること・実践していること|けんばんプレイヤーズ

室井 摩耶子

「令和」の時代が幕を開けようとしている。 何歳になっても元気でいたい、大病にはかかりたくない。 そのためには、何をどうすべきなのか。 彼女たちは、驚異的なバイタリティで、いまも表舞台に立ち続けている存在だ。 たとえばベートーヴェンでも、同じ曲なのに、若いころと年齢を重ねた今とでは、音がまったく違って聞こえる。 衰えを全く感じさせない、洗練された旋律が響き渡る。 「年齢のことなんて考えない。 100歳を目前に控えても、音楽に対する気力も集中力も落ちることはないという。 「食事にしても、生活にしても、私は自由主義。 夕食はほぼ毎日80~100グラムの牛ヒレ肉のステーキを食べます。 きっかけは、室井さんが34歳のとき。 クラシック音楽の本場であるドイツへ渡ったことだ。 「仲間たちはみんな、夜中の3時、4時まで、フルーツ入りの酒をガブガブ飲んで、バクバクと食べまくっていたんです。 それなのに、次の日の朝早くから、みっちり楽器練習を始めているの。 そのほうが、明らかに体力と集中力が増すからだ。 だから私も寝てしまおうと。 いまはほぼ毎日、朝は6~7時くらいには起きますが、午後1時から3時間くらいは昼寝するのを習慣づけていますよ。 そうすると頭もスッキリして、ピアノの練習に没頭できますから」 平成の時代に入り、80歳を超えてから、室井さんは日々、感じたことや音楽活動をブログで発信している。 それに対して応援のコメントが寄せられることで、人とのつながりを感じる、とうれしそうに話す。 「高齢者は、孤独を感じている人が多いのかもしれません。 私も天涯孤独ではありますが、仕事やブログを通して、人とコミュニケーションを取る機会があるので、さみしくはないんです。 そんな人とのつながりも、私を元気にしてくれますね」 食・生活リズム・人とのつながり……そしてピアノがあれば、令和の時代も室井さんは輝き続ける。

次の

室井摩耶子が『徹子の部屋』に出演!肉を食べて長寿ってホント?

室井 摩耶子

略歴 [ ] 6歳よりピアノを始め 、小学4年生から高折宮次に師事。 、(現・音楽学部)を首席で卒業、同校研究科に進み、教授に師事、に修了。 1月、での日本交響楽団(の前身)の演奏会でソリストを務めてデビュー。 終戦後、本格的にリサイタル活動を開始。 やなど多くの作品を日本初演した。 、映画『』にピアニスト役(実名)で出演した。 、「生誕200年記念祭」に日本代表としてに派遣された。 同年、第1回ドイツ政府給費留学生に推挙され、に留学。 を拠点に、ハウザー教授、教授、教授に師事し研鑽を積んだ。 、ケンプ教授の推薦での曲を4つ並べたリサイタルをベルリンで開催。 以降、海外13カ国で演奏を重ね、にはドイツで出版された『世界150人のピアニスト』で紹介された。 に帰国した後も、日本を代表するピアニストとして活躍。 80歳を超えてもオーケストラとの共演を続け、に()、10月に()の演奏会に出演した。 ~にCDをリリース、「レコード芸術」《特選・準特選》や「音楽現代」《推薦盤》となった。 7月、長年にわたり音楽文化の発展に貢献した功績により「第22回《特別賞》」(新日鉄文化財団)を受賞。 2012年、90歳の時のインタビューで、1日4時間、演奏会の前は1日8時間の練習を一日も欠かさず続けてきたこと、パソコンを駆使してブログを自ら更新していることを語った。 2019年3月18日、「平成三十年度文化庁長官表彰」を受けた。 ディスコグラフィ [ ]• 「室井摩耶子シューベルトを弾く」FANTASY Adam: ACD-0043• 室井摩耶子 《月光の曲》ライヴ CD番号ZMM0601• 室井摩耶子/モーツァルト:魂の《アダージョ》モーツァルトの、魂の叫びの伝道者 CD番号 ZMM0706• 室井摩耶子《米寿記念コンサートライブ》CD番号 ZMM0909• 室井摩耶子 演奏の秘密 CD番号 ZMM1009-10• 室井摩耶子 演奏の秘密 II ~円熟の精華! CD番号 ZMM1111• 『ピアニストへの道』音楽之友社()• 『ママ、僕ピアノ嫌い! 』芸術現代社()• 『ひびきを求めて 〜ピアニストからのメッセージ』音楽之友社()• 『ってつまらないの? 「チェルニー30番」から何を読みとるか』音楽之友社()• 『明日をもっと素敵にする心の持ち方 ハッピーパワー全開!92歳生涯現役ピアニスト』マガジンハウス 2013• 『わがままだって、いいじゃない 92歳のピアニスト「今日」を生きる』小学館、2013• 『毎日、続ける - 97歳現役ピアニストの心豊かに暮らす習慣』河出書房新社、2018 脚注 [ ] []• 日本語. の2018年11月1日時点におけるアーカイブ。 2018年11月1日閲覧。 はいから. 株式会社アーデント・ウィッシュ 2012年2月3日. 2012年5月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年6月3日閲覧。 2019年3月11日. 2019年5月11日時点のよりアーカイブ。 2019年5月11日閲覧。 2019年3月18日. 2019年5月11日時点のよりアーカイブ。 2019年5月11日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の