拝読 いたし ます。 「拝見いたしました」は間違いか|正しい敬語表現と例文

【メモ】「拝読します」と「拝読いたします」。敬語として正しいのはどっち?

拝読 いたし ます

意見は一致していない 結果として分かったことは、意見が一致していないということでした。 私が習ったように「拝読」も「致す」も謙譲語であるから二重敬語となり、慇懃な印象を与えるから誤りであるとしているのに対して、謙譲語の中でも細かく分けると「拝~」と「致す」は違うから?(この辺はよく理解できておりません)組み合わせても誤りではないとするものがありました。 拝読の拝は文章を書いた著者に対して使うもの 調べていくうちに知ったのですが、「拝読」という言葉は「文章を書いた著者に敬意を表す」ものである為、例えば「先生から借りた本を読んだ」という文脈で「拝読しました」と書いても、先生には敬意を表していることにはならない、ということです。 先生に対して敬意を表すなら「先生より拝借したご本を読ませていただきました」の方が寧ろ正しいのかもしれない、ということだそうです。 )が少なからずいる事実を知った上で賢く使い分けるのが適切なのではないかと考えを改めました。 例えば、「拝読」という言葉を使わずに「読ませていただきました」と言い換えてもなんら問題はないわけです。 敬語って奥が深いです。 目の前の人に敬意を表すのが目的なので、気持ちがこもっていることが何よりも大事ではありますが、それでも、基本的なことはできる限り「正しく」且つ「柔軟で適切に」使いこなせる自分でありたいなあと思います。 難しいけど、それと同じくらい面白い。 言語の醍醐味ってそこにあるんだろうなあ。 デュッセルドルフの補習教室では確かこの本の中からコピーしたものを配られて、読んだ記憶があります。

次の

「拝読」の意味と使い方!類語や使う時の注意点を詳しく解説

拝読 いたし ます

最初に確認しておきたいのは、拝読するは謙譲語であることです。 「読」があるように、「読むこと」を丁寧にいった敬語の一種なのですが、謙譲語ですので自分が自分より目上の人に対して、何かを読ませてもらったときに使う敬語になります。 例えば「上司から借りた本を拝読する」は正しい使い方と言っていいでしょう。 謙譲語は動作をする主体を低める表現 ここで、敬語における謙譲語の意味についておさらいしておきましょう。 敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語に分けられます。 丁寧語は言葉そのものを丁寧に言う表現です。 尊敬語と謙譲語は、その動作をする主体を高めるか低めるかで違います。 例えば「拝読する」は、読むという動作をする主体を低める表現なので謙譲語になります。 それに対し「お読みになる」は尊敬語です。 上司や取引先からの資料やメールなどは「拝読する」が正しい表現 拝読するの表現は、ビジネスシーンなどで正しく使うと相手に喜ばれるでしょう。 敬語が正しく使えることはビジネスマナーとしてとても大事だからです。 拝読するが謙譲語であると意識しておけば、間違えることは少ないでしょう。 上司や取引先からいただく資料やメールなどは「拝読する」という使い方で正しいです。 「拝読いたしました」は二重敬語と捉える人もいる 逆に、敬語を間違えてしまうと相手に悪い印象を持たれてしまう可能性があります。 例えば、上司から借りた本でないのに「先日拝読した本について」などと言うのは誤った敬語の使い方です。 また、「拝読いたしました」という表現はビジネスで問題なく使われているのですが、これを二重敬語であると捉える方もいますので、単に「拝読する」や「拝読しました」と使った方が誤解をうまないでしょう。 「拝見する」「拝聴する」「拝観する」も覚えておきたい敬語 拝読するは読むの謙譲語ですが、それに似ている表現のうち、ビジネスで「拝読する」と同様によく使われるものもご紹介しましょう。 「見る」の謙譲語である「拝見する」、「聴く」の謙譲語である「拝聴する」、「観る」の謙譲語である「拝観する」などです。 どれも相手が見せてくれた物、話してくれた内容に対しての敬語であることに注目すれば正しい敬語として使うことができます。 間違った敬語を使う部下には指摘するべき ここまでは、自分自身が「拝読する」という敬語を使うことについて述べましたが、逆に自分が相手から敬語を使われる場面があるでしょう。 例えば部下に資料を手渡し、その資料を「拝読しました」というのは正しいですが、正しく使えていない場合は部下教育として正しい「拝読する」の使い方を指導すべきです。 取引先が誤った使い方をした場合であれば正しい敬語の使い方を指摘するのは失礼に当たるかもしれないので、どうしても気になれば後日メールなどでさりげなく伝えるのがマナーといえます。 ビジネスシーンでは上司や取引先から頂いた資料に目を通す際「拝読する」という敬語を使用する ビジネスで目上の人と話をするときは、緊張して正しい敬語が使えないこともあるでしょう。 しかし、ビジネスマンとして正しい敬語を使いたいのであれば、日常生活でも正しい敬語を意識すべきです。 「拝読する」は上司や取引先から頂いた資料に目を通す際に使用します。 「拝読いたします」と使う人もいますが、これは二重敬語とされるので、注意しましょう。

次の

「拝読する」という敬語の正しい使い方

拝読 いたし ます

「拝読」は「読む」の謙譲語」 「拝読」は「読む」のです。 目上の人に対して、自分の「読む」という行為をへりくだって伝えます。 謙譲語の意味がピンとこない人のために「謙譲語」の意味を確認しましょう。 謙譲語って何? 「謙譲語」は敬語の1つです。 敬語は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3つに分けられます。 それぞれの敬語の使い方は以下の通りです。 敬語の種類 尊敬語 謙譲語 丁寧語 使い方 目上の人を敬う時に使う言葉。 相手を立てる。 自分を下げる事で相手を敬う。 自分をへりくだる事であいてを立てる。 言葉に「です」や「ます」「ございます」を付けて言葉を丁寧に表現する。 それぞれの敬語にどんな違いがあるのか、実際にどのように使うのか表にして、例を挙げてみましょう。 基本形 尊敬語 謙譲語 丁寧語 言う おっしゃる 申し上げる 言います 食べる いただく 食べます いらっしゃる 参る 来ます 読む お読みになる 拝読する 読みます この通り、「尊敬語」は相手の行為に対して使い、「謙譲語」は自分の行動に対して使う言葉だというのが良く分かりますね。 2.「拝読」の使い方と例文 「拝読」は主に以下のような2種類の使われ方をします。 彼はその書面を披見するように促した。 何卒、この書状を御披見下さい。 このように、 昔の言葉で少しかしこまった雰囲気のある言葉です。 4.「拝読」に反対語はあるの? 「拝読」の反対語はありません。 なぜなら「読む」という言葉に反対語が無いからです。 ですが、意味としての反対語、謙譲語としての反対語という意味においての「反対語」というのがあります。 それが、どんなものがあるのか紹介していきましょう。 4-1.意味の反対語「読む行為」の反対の行為 「読む」という行為の反対の行為は「書く」です。 「書く」の謙譲語は「書かせて」と言います。 なので「 拝読」の意味である「読む行為」に対する行為は「書かせて頂く」になるでしょう。 4-2.謙譲語としての反対語 「拝読」は「謙譲語」です。 「謙譲語」という種類そのものの反対語は「尊敬語」「丁寧語」が当たります。 「読む」の尊敬語は「お読みになる」、丁寧語は「読みます」なので、「お読みになる」「読みます」が謙譲語の「拝読」としての反対語という事になります。 相手を立てて使う「丁寧語」「尊敬語」と、自分を下げて使う「謙譲語」の違いと言って良いでしょう。 5.「拝読」の間違った使い方 ここからは「拝読」を使う場合に間違いやすいポイントを2つ紹介します。 〇:拝読します 上の「拝読させて頂きます」は「拝読」という謙譲語と、同じく「いただきます」という謙譲語、2つの敬語を使っています。 「拝読」という謙譲語を使った後には「します」という基本の形を付けて「拝見します」という表現が正しいでしょう。 とはいえ「拝読させて頂きます」という言葉は一般的に使われて、世の中にも浸透しているので 「絶対に使ってはいけない」「おかしな表現」とは断言できません。 したがって、「日本語のルールからいくと適切ではない」という事は頭の中に入れておきましょう。 ビジネス文書や、公式な資料をするときには意識して、正しい表現の「拝読します」を使ってみてください。 5-2.相手に対しては使わない 「拝読」という言葉は「自分の行為に対して使う言葉」だということをしっかりと覚えておきましょう。 自分が読んだという事を目上の人に伝えるための「謙譲語」なので、 相手の読むという行為に対して使うのは間違いです。 間違った使い方を例文で確認してみましょう。 I read your letter. (あなたの手紙を拝読しました。 ) 英語には、日本語のように「読む」という動詞自体が敬語になることにより「お読みになる」「拝読する」と変形するという概念はありません。 翻訳で日本語に直す時、その翻訳した人ので、「拝読」という謙譲語に訳されるのです。 まとめ 「拝読」は 「読む事をへりくだっていう言葉、謹んで読むこと」を意味する言葉でした。 自分の「読む」という行為をへりくだって相手(目上)を立てる「謙譲語」であり、相手に対して「拝読してください」とは絶対に使わないようにしましょう。 「拝読」を正しく使って一段上のビジネスマンを目指しましょう。•

次の