ポケットwifi レンタル 1週間。 wifi レンタル 7日 無制限 日本国内 1週間 ソフトバンク ポケットwifi レンタル モバイルwi

wifiレンタルを1週間使うときの選び方やおすすめのサービスを紹介!

ポケットwifi レンタル 1週間

【結論から先に発表】wi-fi1年間レンタル最安値の会社はココ 編集長 上述したように1年間だけwi-fi契約するなら断然にレンタルがお得です。 まずは今回の調査で1番お得だった最安レンタルwi-fiを紹介した上で、なぜレンタルwi-fiがお得なの?の理由を詳しく解説いたします! 【結論】圧倒的に縛りなしWiFiが最安だった 結論からいうと、1年間(1年以内でも)だけポケットwi-fiが欲しい人に1番お得だった会社はズバリ… 縛りなしWiFi…ここでした。 じっくり調べてみると… と、UQ WiMAXをはじめ幾つかのプロバイダで1年契約プランを見つけることができました。 参考までに以下をご覧ください。 WiMAX回線で使い放題でこの金額、さらに1年契約可能だとしたら破格です。 3Mbps 10. 2Gbps 10~30Mbps 広い と大きな違いがあります。 二つの回線は名前が似ているため混同されですが、別々のバンドを利用しているまったく別の種類の回線。 通信速度や対応エリアも違います。 下り最大で13. 3Mbpsという数字は、動画視聴やゲームアプリ、ゲームのオンラインプレイなどには正直厳しいスペックです。 「では最安値のプロバイダで契約して特典を貰ってから1年後に解約すれば!? 」 とお考えの方。 そこで1年間だけプロバイダ契約した場合の総費用を計算してみたところ… ~12か月目 ~24か月目 25か月目以降 24,800円 24,800円 9,500円 19,000円 14,000円 9,500円 19,000円 14,000円 9,500円 19,000円 14,000円 9,500円 30,000円 25,000円 25,000円 このような高額な解約費用が請求され、多少のキャッシュバックや月額割りを還元されたとしても、差引すれば最終的な総費用では割高になってしまいます。 いつ解約しても 違約金が発生しないので総費用が安い 通常のキャリアやプロバイダ契約と違い初期の 事務手数料も不要 もしポケットwi-fiの受信状態がイマイチな場合は 回線変更も可能 長期レンタルwi-fiの場合、Y! mobileやWiMAXプロバイダのような 事務手数料、解約時の違約金は不要。 さらに受信状態がイマイチだった際には 他社回線に交換対応もあり。 まさに1年間だけwi-fiが欲しい人には都合のよいサービスです。 GMOと料金比較してみた結果 「どっちがどれだけ安いの?」 WiMAXプロバイダの中でも人気の 「GMOとくとくBB」と長期レンタルwi-fiの中でも定評のある1社 「縛りなしWiFi」をサンプルに1年間(念のため2年間利用の場合も)の総費用を比較してみました。 2万円の高額キャッシュバックをゲットできたと仮定しても長期レンタルwi-fiの「縛りなしWiFi」の方が総費用が断然にお得でした。 mobileやSoftBankの場合、これ以上の差額が生じます。 そもそもGMOのキャッシュバックは貰えるのが12か月後…つまり1年契約では貰えない可能性もある…!! たとえばWiMAXプロバイダの場合は以下のような料金が発生します。 3,000円といえば約1か月分の月額料金に値します。 初期費用が無料かどうかは大きな差ではないでしょうか。 mobileやWiMAXプロバイダで契約した場合、契約後に受信状態がイマイチだったとしても、 残念ながら自己責任。 キャンセルや機種変更などは到底無理です(契約後8日以内ならOKですが)。 しかしながら 複数回線を用意した長期レンタルwi-fiだったら、仮に受信状態が最悪な状況でもサポートセンターに連絡すれば… ご指定は承っておりません。 ただしエリア状況によってのご指定は可能となっておりますので、 ご希望がございます場合はお申し込み後にお問い合わせよりご連絡下さい。 出典:縛りなしWiFi「よくある質問」 端末はどちらが届きますか? Speed Wi-Fi NEXT04 WiMAX 、Pocket WiFi 801ZT Softbank どちらかの端末をお届けいたします。 電波状況等の理由により端末にご希望がございましたら、お申込完了後にサポートセンターまでご連絡ください。 残念ながら落選です。 微妙に月額が高く機種が古いスペースWi-Fi また民泊wi-fi最安値と呼び声高い「スペースwi-fi」も手数料・違約金不要と大検討でしたが、縛りなしWiFiにくらべ 月額料金が380円ほど高い上にレンタル対応機種はすべて 旧モデルの端末でした。 レンタルwi-fiだと好きな機種を選べない…• 端末を紛失・破損・水没させた際の弁済金が心配• もしかしたら2年目以降も使い続けるかも!? という方もいるはず。 そこで1年間だけプロバイダ契約する場合のおすすめ会社を調べてみました。 解約して、その後はどこのネット回線も加入しない WiMAX解約後、とりあえずネット回線が不要でどこの回線も契約しない方。 こんな方の場合、半年程度で解約するなら先に述べた『レンタルWiMAX』がおすすめ。 解約して、その後は光回線に乗り換える 『WiMAX解約後に光回線に乗り換える!』こんな方だったら迷わず申込みたいのがブロードワイマックス! というのもブロードワイマックスは数あるWiMAXプロバイダの中でも唯一、 という嬉しいサービスを用意しています。 これは 上記の光回線などの乗り換える場合、違約金がいっさい不要。 ブロードワイマックスが肩代わりしてくれるんです。 手続きの流れとしては このように専門のオペレーターがアナタにピッタリの光回線選びの相談にものってもらえます。 1年程度で解約して光回線に乗り換えるならもっともお得といえるでしょう。 mobileやSoftbank、WiMAX等の通常契約と短期レンタルwi-fi、そして月契約の長期レンタルwi-fiを比較してみました。 結果….

次の

wifi レンタル 7日 無制限 日本国内 1週間 ソフトバンク ポケットwifi レンタル モバイルwi

ポケットwifi レンタル 1週間

ポケットWiFiを短期間だけ使いたい! 数か月までのおすすめレンタル方法まとめ 海外旅行や帰省、出張などで 短期間だけポケットWiFiを使いたい…というシーンは意外に多くあり、かつ身近なものです。 多くの場合、 ポケットWiFiは2~3年の契約が基本で、短期間で解約すると違約金がかかりますが、中には 1日~数ヶ月前後のレンタル・契約で違約金がかからないサービスも存在します。 これらの短期間向けポケットWiFiは、契約したい日数によっておすすめが変わり、• 1日~で利用したい場合 …• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 当記事では、レンタルWiFiも含めた各サービスの詳細を比較して紹介します。 初期手数料、違約金なしはもちろん、なんと端末の送料まで無料です。 月額制のレンタルポケットWiFiの中では最安級で、その名のとおり縛りがなく短期間で使いやすいサービス内容です。 短期間で使えるポケットWiFiを探していて、2ヶ月以上利用するのであれば現状では縛りなしWiFi1択です。 13ヶ月目からは月額料金が2,800円まで下がりますので、長期での利用にもおすすめできます。 大容量のSTAR-WiFiの基本情報 月額料金• 新大容量プラン• SIMのみ:2,980円• 端末セット:3,380円• 無制限プラン• 新大容量プラン:2,980円• 無制限プラン:3,980円• 7日お試しプラン:980円(G3000は1,980円) 端末代 なし 解約金 なし 支払い方法 クレジットカード 大容量のSTAR-WiFiは、株式会社ツボスタが提供する定額、大容量、契約期間なしがウリのポケットWiFiです。 契約期間の縛りがないため、 短期間での解約であっても違約金がかかりません。 最大の特徴は「STAR-7」という7日無料でWiFiが利用できるお試しプランで、手数料980円のみで7日以内の端末返却を条件として、 端末代、月額料金は無料、事務契約手数料980円でポケットWiFiをレンタルすることができます。 さらに、以下の当サイト限定クーポンコードを申し込み時に入力すると、長期利用の場合でも月額料金が割引になります。 宅配…500円~• 空港・渋谷ちかみち…500円~• コンビニ受取…500円~ 返却料・返却手数料• 宅配…送料お客様負担• 空港・渋谷ちかみち…500円~• 1ヵ月の利用総額で比較すると、先に紹介した縛りなしWiFiやSTAR-WiFiの方が安いですが、指定された日までに解約の依頼をしなければ翌月も1か月分の利用料がかかってしまいます。 ですが 、WiFiレンタルどっとこむは1日単位で利用料が請求されるので、無駄な費用が発生せず、自分の都合に合わせて利用できます。 ただし、 発送・返却の方法によって送料や手数料が発生するため、その点も踏まえて検討しましょう。 また、利用料金は借りる端末やプランによって異なります。 以下の表は 当サイトからお申込みいただいた場合の特別価格ですので、参考に自分に合った端末に申し込みましょう。 Soldi特別価格端末・プラン別利用料金一覧 端末・プラン 利用料/日 SoftBank 303ZT 無制限 430円 SoftBank 501HW 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank 601HW 無制限 1日1GB 400円 SoftBank 801ZT 10GB 1500円 SoftBank 801ZT 7GB 1300円 SoftBank E5383 5GB 1200円 WiMAX WX03 無制限 430円 WiMAX W06 無制限 550円 WiMAX WX05 無制限 550円 WiMAX WX06 無制限 550円 au FS030W 5GB 1200円 ポケットWiFiを短期間で契約する際のポイント まず、ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントを紹介します。 ポケットWiFi(短期間)を選ぶときのポイント• 短期間だからと言ってポケットWiFiを料金の安さだけで選んでしまうと、 対応エリア外だったり、理想とする通信速度がでなかったりと、いろいろと不満を抱えながらネットを使うことになりかねません。 ポイント1. レンタル期間 ポケットWiFiを1日だけ利用したい場合と、1ヶ月利用したい場合では利用するべきサービスが変わってきます。 特に料金には差が出やすいので、自分がレンタルしたい期間に合ったサービスを検討することが大切です。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … ポイント2. 通信容量と機種 日割り料金で1日単位で借りられるポケットWiFiだったとしても、利用可能なデータ量が限られていたり、頻繁に通信速度が遅くなったりしていては快適にネットが使えず、おすすめできません。 単純な日割りの料金計算で言えば、ご紹介している「」「」「WiFiレンタルどっとこむ」の3社より安いレンタルWiFiも中には存在しますが、 レンタルする機種や速度制限の条件によっては、理想とする通信速度が出ない可能性があります。 ポイント3. 対応エリアと返却の簡単さ 利用する場所に応じて、対応エリアも確認しておきましょう。 国内であれば基本的にWiMAXかLTE回線のどちらかですが、違いについては以下の表で把握しておいて下さい。 それと、 利用後の返却フローも重要です。 「」「」は、追跡確認可能な配送方法で返送するだけです。 ポイント4. コスパ(料金) 最後に重要なのがコスパ(料金)です。 短期間でポケットWiFiをレンタルする場合は、 月額料金や手数料の他に端末の送料なども確認しておきましょう。 送料は送付時と返却時の両方負担しなければならない場合もあれば、片方だけの負担で済む場合もあり、サービスによってさまざまです。 「」「」は、返却時のみ送料負担で申し込み時の送料は無料です。 短期間なので、テザリングじゃダメなの? A. テザリングがダメというわけではありませんが、メリット・デメリットがありますので把握された上で検討することをおすすめいたします。 短期間ならテザリングでもなんとかなりそう……という方が多いのですが、 テザリングには以下のメリット・デメリットがあります。 テザリングのデメリット・注意点• 通信制限がかかると低速通信になる• 複数人での利用に不向き• バッテリーの消耗が激しい デメリットを把握しないままテザリングを採用すると、思わぬ落とし穴にハマる可能性がありますので、事前に検討してから行うようにして下さい。 特に、 低速通信になってしまうとネット上のコンテンツによっては閲覧が困難になってしまうことも多いです、ポケットWiFiであればこの辺りの不安は払しょくされるはずです。 ご当地のレンタルWiFiは候補にするべき? A. WEB完結のレンタルWiFiがフローとしてはおすすめですが、条件・料金を比較して自分に合っている場合は候補に入れてもいいでしょう。 レンタルWiFiの形態にはWEBだけで完結するものと、実店舗でサービス提供されているものの2種類があります。 実店舗を持っているレンタルWiFiの例としてはカシモバやNETAGEなどが挙げられます。 もし、 ご自身の利用したいWiFiの条件の合致しているのであれば、これらのポケットWiFiも選択肢になります。 しかしながら、 ポケットWiFiのレンタルが可能な店舗の多くは都市部に集中しているため、一概にどちらの方が優れているとは言えませんが、WEB経由ですと店舗で手続きをする手間を省くことができます。 Try-WiMAXはどう? A. 短期間のポケットWiFiとして利用することは可能ですが、Try-WiMAXは長期契約を前提としたサービスです。 Try WiMAXはUQ WiMAXが提供するモバイルWiFiを無料でお試し利用できるサービスで、 月額料金や手数料など一切の費用を必要とせず、15日間無料でポケットWiFiを利用できます。 Try-WiMAXは、あくまで本契約の前のお試しが主目的なので何度も利用することは認められておらず、一度利用して本契約をしなかった場合、再び利用するには90日以上空ける必要があります。 また、 15日間には発送日・返送日も含まれているので、実質利用できるのは2週間弱と考えておいて下さい。 申込み条件として 日本在住の20歳以上、本人のクレジットカード情報登録が必要ですので事前に準備して行うようにしましょう。 まとめ ここまでで、短期間でポケットWiFiをレンタルする際のポイントを分かりやすく解説してきました。 最後に振り返りをしていきます。 まず ポケットWiFiを短期間でレンタルしたい場合は、契約したい日数によりおすすめのサービスが変わることを覚えておきましょう。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 他に、15日間無料でWiMAXを利用する方法としてTry-WiMAXがありますが、ので、事前に確認しておきましょう。 ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントは以下です。

次の

ポケットWi

ポケットwifi レンタル 1週間

ポケットWiFiを短期間だけ使いたい! 数か月までのおすすめレンタル方法まとめ 海外旅行や帰省、出張などで 短期間だけポケットWiFiを使いたい…というシーンは意外に多くあり、かつ身近なものです。 多くの場合、 ポケットWiFiは2~3年の契約が基本で、短期間で解約すると違約金がかかりますが、中には 1日~数ヶ月前後のレンタル・契約で違約金がかからないサービスも存在します。 これらの短期間向けポケットWiFiは、契約したい日数によっておすすめが変わり、• 1日~で利用したい場合 …• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 当記事では、レンタルWiFiも含めた各サービスの詳細を比較して紹介します。 初期手数料、違約金なしはもちろん、なんと端末の送料まで無料です。 月額制のレンタルポケットWiFiの中では最安級で、その名のとおり縛りがなく短期間で使いやすいサービス内容です。 短期間で使えるポケットWiFiを探していて、2ヶ月以上利用するのであれば現状では縛りなしWiFi1択です。 13ヶ月目からは月額料金が2,800円まで下がりますので、長期での利用にもおすすめできます。 大容量のSTAR-WiFiの基本情報 月額料金• 新大容量プラン• SIMのみ:2,980円• 端末セット:3,380円• 無制限プラン• 新大容量プラン:2,980円• 無制限プラン:3,980円• 7日お試しプラン:980円(G3000は1,980円) 端末代 なし 解約金 なし 支払い方法 クレジットカード 大容量のSTAR-WiFiは、株式会社ツボスタが提供する定額、大容量、契約期間なしがウリのポケットWiFiです。 契約期間の縛りがないため、 短期間での解約であっても違約金がかかりません。 最大の特徴は「STAR-7」という7日無料でWiFiが利用できるお試しプランで、手数料980円のみで7日以内の端末返却を条件として、 端末代、月額料金は無料、事務契約手数料980円でポケットWiFiをレンタルすることができます。 さらに、以下の当サイト限定クーポンコードを申し込み時に入力すると、長期利用の場合でも月額料金が割引になります。 宅配…500円~• 空港・渋谷ちかみち…500円~• コンビニ受取…500円~ 返却料・返却手数料• 宅配…送料お客様負担• 空港・渋谷ちかみち…500円~• 1ヵ月の利用総額で比較すると、先に紹介した縛りなしWiFiやSTAR-WiFiの方が安いですが、指定された日までに解約の依頼をしなければ翌月も1か月分の利用料がかかってしまいます。 ですが 、WiFiレンタルどっとこむは1日単位で利用料が請求されるので、無駄な費用が発生せず、自分の都合に合わせて利用できます。 ただし、 発送・返却の方法によって送料や手数料が発生するため、その点も踏まえて検討しましょう。 また、利用料金は借りる端末やプランによって異なります。 以下の表は 当サイトからお申込みいただいた場合の特別価格ですので、参考に自分に合った端末に申し込みましょう。 Soldi特別価格端末・プラン別利用料金一覧 端末・プラン 利用料/日 SoftBank 303ZT 無制限 430円 SoftBank 501HW 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank E5383 無制限 430円 SoftBank 601HW 無制限 1日1GB 400円 SoftBank 801ZT 10GB 1500円 SoftBank 801ZT 7GB 1300円 SoftBank E5383 5GB 1200円 WiMAX WX03 無制限 430円 WiMAX W06 無制限 550円 WiMAX WX05 無制限 550円 WiMAX WX06 無制限 550円 au FS030W 5GB 1200円 ポケットWiFiを短期間で契約する際のポイント まず、ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントを紹介します。 ポケットWiFi(短期間)を選ぶときのポイント• 短期間だからと言ってポケットWiFiを料金の安さだけで選んでしまうと、 対応エリア外だったり、理想とする通信速度がでなかったりと、いろいろと不満を抱えながらネットを使うことになりかねません。 ポイント1. レンタル期間 ポケットWiFiを1日だけ利用したい場合と、1ヶ月利用したい場合では利用するべきサービスが変わってきます。 特に料金には差が出やすいので、自分がレンタルしたい期間に合ったサービスを検討することが大切です。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … ポイント2. 通信容量と機種 日割り料金で1日単位で借りられるポケットWiFiだったとしても、利用可能なデータ量が限られていたり、頻繁に通信速度が遅くなったりしていては快適にネットが使えず、おすすめできません。 単純な日割りの料金計算で言えば、ご紹介している「」「」「WiFiレンタルどっとこむ」の3社より安いレンタルWiFiも中には存在しますが、 レンタルする機種や速度制限の条件によっては、理想とする通信速度が出ない可能性があります。 ポイント3. 対応エリアと返却の簡単さ 利用する場所に応じて、対応エリアも確認しておきましょう。 国内であれば基本的にWiMAXかLTE回線のどちらかですが、違いについては以下の表で把握しておいて下さい。 それと、 利用後の返却フローも重要です。 「」「」は、追跡確認可能な配送方法で返送するだけです。 ポイント4. コスパ(料金) 最後に重要なのがコスパ(料金)です。 短期間でポケットWiFiをレンタルする場合は、 月額料金や手数料の他に端末の送料なども確認しておきましょう。 送料は送付時と返却時の両方負担しなければならない場合もあれば、片方だけの負担で済む場合もあり、サービスによってさまざまです。 「」「」は、返却時のみ送料負担で申し込み時の送料は無料です。 短期間なので、テザリングじゃダメなの? A. テザリングがダメというわけではありませんが、メリット・デメリットがありますので把握された上で検討することをおすすめいたします。 短期間ならテザリングでもなんとかなりそう……という方が多いのですが、 テザリングには以下のメリット・デメリットがあります。 テザリングのデメリット・注意点• 通信制限がかかると低速通信になる• 複数人での利用に不向き• バッテリーの消耗が激しい デメリットを把握しないままテザリングを採用すると、思わぬ落とし穴にハマる可能性がありますので、事前に検討してから行うようにして下さい。 特に、 低速通信になってしまうとネット上のコンテンツによっては閲覧が困難になってしまうことも多いです、ポケットWiFiであればこの辺りの不安は払しょくされるはずです。 ご当地のレンタルWiFiは候補にするべき? A. WEB完結のレンタルWiFiがフローとしてはおすすめですが、条件・料金を比較して自分に合っている場合は候補に入れてもいいでしょう。 レンタルWiFiの形態にはWEBだけで完結するものと、実店舗でサービス提供されているものの2種類があります。 実店舗を持っているレンタルWiFiの例としてはカシモバやNETAGEなどが挙げられます。 もし、 ご自身の利用したいWiFiの条件の合致しているのであれば、これらのポケットWiFiも選択肢になります。 しかしながら、 ポケットWiFiのレンタルが可能な店舗の多くは都市部に集中しているため、一概にどちらの方が優れているとは言えませんが、WEB経由ですと店舗で手続きをする手間を省くことができます。 Try-WiMAXはどう? A. 短期間のポケットWiFiとして利用することは可能ですが、Try-WiMAXは長期契約を前提としたサービスです。 Try WiMAXはUQ WiMAXが提供するモバイルWiFiを無料でお試し利用できるサービスで、 月額料金や手数料など一切の費用を必要とせず、15日間無料でポケットWiFiを利用できます。 Try-WiMAXは、あくまで本契約の前のお試しが主目的なので何度も利用することは認められておらず、一度利用して本契約をしなかった場合、再び利用するには90日以上空ける必要があります。 また、 15日間には発送日・返送日も含まれているので、実質利用できるのは2週間弱と考えておいて下さい。 申込み条件として 日本在住の20歳以上、本人のクレジットカード情報登録が必要ですので事前に準備して行うようにしましょう。 まとめ ここまでで、短期間でポケットWiFiをレンタルする際のポイントを分かりやすく解説してきました。 最後に振り返りをしていきます。 まず ポケットWiFiを短期間でレンタルしたい場合は、契約したい日数によりおすすめのサービスが変わることを覚えておきましょう。 1日~で利用したい場合 … 、• 2ヶ月~で利用したい場合 … が、コスパ・サービス面ともに秀でたレンタルWiFiサービスになります。 他に、15日間無料でWiMAXを利用する方法としてTry-WiMAXがありますが、ので、事前に確認しておきましょう。 ポケットWiFiを短期間で利用する場合に気をつけたいポイントは以下です。

次の