ウイスパー。 ウイスパーボイスについて|CAIS

ウイスパーオブヒーリングオラクル カード:Nurture翻訳

ウイスパー

Conveyor System ウイスパーフロー コンベア 平ベルト駆動のため、とても静かなコンベアです。 ささやく程度の駆動音と安全仕様は、人に優しい配慮です。 7 Whisper Flow Universal Flow Series たとえば、物流センターなどの倉庫全体に設置されたコンベアラインから出る騒音は、作業者の方にとって大変気になるものです。 しかしこのウイスパーフロー WF50 の場合、わずかな駆動音が出る程度です。 コンベアの周辺で作業をされている方の環境をお考えならば是非、WF50をご検討ください。 WF50は作業環境面、作業安全面で人に優しいケースコンベアです。 平ベルト駆動方式とJISベアリングの採用で駆動時の騒音を低減。 駆動部分は全面に防護カバーで覆われており安全です。 WF50は低騒音の他、下記の特長があります。 WF50-SD ドライブストレート の機長は1つのモータで最大9mまで製作可能です。 全機種モータを搭載しています。 WF50-C90D ドライブカーブ 、WF50-SC ストレート&カーブ一体型 にも駆動部を搭載しています。 ユニバーサルフローシリーズを構成するコンベヤとして、姉妹機種NRライブローラフローと接続させることができ、一連のコンベヤラインを構築することができます。 平ベルト駆動方式 WF50は駆動時の騒音が非常に少ない平ベルト駆動方式とローラのベアリングにはJISベアリングを採用、低騒音を実現しています。 安全仕様:駆動部防護カバー 平ベルト駆動部全面を防護カバーで覆い、作業者の方の巻込まれを防止しています。 コンベア中間部の防護カバー コンベア端部の防護カバー エンドプーリ部 本製品についてもっと詳しく知りたいかたはこちらから.

次の

ウイスパーオブヒーリングオラクル カード:Nurture翻訳

ウイスパー

耳の中でゆっくり均等に膨らむ特殊な新素材 弾性発泡ポリマー で作られていますから、どなたの耳にもやさしくフィット。 装着後、体温でさらにやわらかくなるため、不快な圧迫感や違和感がありません。 しかも0. 28グラムと軽く、長時間使用されても快適です。 イライラの原因となる耳ざわりな高周波音を適格にカット。 人の声や目覚し時計のベルなど、生活に必要な音は通します。 <用途> ・長時間の旅行や出張の時の飛行機や電車の中で。 ・受験勉強の精神集中、読書の時の騒音をカットしたい時に。 ・家や旅先で、いびき公害の悩みを解消。 ・難聴・騒音の予防に。 ・水泳・マリンスポーツなどの時に、防水性に優れたイアーウイスパーで耳を守る事ができます。 ・騒音中の会話の時などに。 ・コンピューター業務などでの作業は、細かい高周波音で耳を刺激します。 イアーウイスパーをつければ、安心して仕事等に取り組めます。 【発売元、製造元、輸入元又は販売元】 DKSHジャパン リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。 ウィスパー DKSHジャパン 108-8360 東京都港区三田3-4-19 03-5441-4515 広告文責:楽天株式会社 電話:050-5306-1825 [衛生器具].

次の

ウイスパー

ウイスパー

概要 [ ] ウィスパードとは、11時50分()にの実験施設 ヤムスク11で行われていたオムニ・スフィアの実験中に発生した事故の影響で本作の世界に生まれた、 知っているはずの無い、この世の誰にも知りえないはずのことを知っている人間を指す言葉である。 小説本編では「ささやかれた者」と書き、その上に小さく「ウィスパード」とルビをふっている。 ウィスパードの資質を持つのは、ヤムスク11の事故の発生の瞬間(11時50分)から約3分間の間に生まれたに限られるため、全世界で覚醒している人間は数人、潜在的には数十人しか存在しないとテッサは推定している。 「存在しない技術」の宝庫と言われ、条件が揃えば現代の水準を遥かに越えた科学理論や技術を提供することができる。 がに語った内容によると、のように技術に特化した個体や、やAS等に関連した技術に強い個体などが存在する。 つまり、一人のウィスパードを確保しても全てのブラックテクノロジーは手に入らず、また確保したウィスパードが必要な情報を持っているかどうかは調べなければ分からない。 そのため、のような組織や各国のが血眼になって探している存在であり、ウィスパードである限り普通の人間として生きていくことはできないことが語られている。 またウィスパードのもたらしたブラックテクノロジーによって、本作の世界は『本来の世界』(我々の現実)とは大きく異なった歴史を歩んでいる。 ウィスパードは幼い頃は通常の人間と変わりないが、成長するにつれて精神が成熟し、知識や語彙が増えてくると、次第にささやき声が聞こえてくるようになり、知性は急激に高まっていき、これまで理解できなかった問題を軽々とこなし、独創的なアイディアを生み出し、天才に近づいていく。 ただし、テッサやのように、子供の頃から天才並の知能を有しているケースもある。 テッサは、ウィスパードは誕生の瞬間に膨大な知識を受け取ったわけでなく、オムニスフィアを通して、どこかの未来か、あるいは別の世界から送られてくる精神波を受け取る能力を与えられたと考察している。 ウィスパード達に精神波を通じてブラック・テクノロジーを授けているのは、別の未来の(もしくはソフィア)であると推測され、故にかなめは「ささやかれた者」ではなく「ささやく者(ウィスパリング)」であるとされる。 共振 [ ] ウィスパード同士でいくつかの条件がそろうと「共振」という現象が発生する。 精神の深い部分、目には見えない「領域」スフィアと呼ばれる場所で、思考を共有することができる。 ウィスパード同士が、互いに必要だと強く感じた結果発生する、パソコンのLANのような関係。 ただし、思考を共有すると、互いの人格が溶け合ってしまうため、共振は可能な限り避けなければならない。 作中に登場したウィスパード該当者 [ ]• テレサ・テスタロッサ• レナード・テスタロッサ• バニ・モラウタ(作中では既に故人)• 久壇未良(クダン・ミラ) 『燃えるワン・マン・フォース』に登場したナミというキャラクターもまた、上記5名と同様にウィスパードではないかと思わせる描写があった。 また短編集『極北からの声』に収録されている「トゥアハー・デ・ダナン号の誕生」において、まだ言葉も満足に話せない年齢にもかかわらず、クレヨンで形状記憶プラスティックや特殊なチタン合金、まったく新しいコンピューターの基本モデルについて書いたというアラスカの子供の存在が語られているが、後に行方不明になっており、どちらも詳細は不明である(『せまるニック・オブ・タイム』ではテッサが「生前の父が調べた」と例に挙げている)。 脚注 [ ].

次の