ムクドリ 撃退。 ムクドリはもう益鳥じゃない?早めのムクドリ対策と駆除方法をご紹介|生活110番ニュース

ムクドリの巣作りと、撃退方法。戸袋の異変に気づくのが遅いと大変です

ムクドリ 撃退

ムクドリのヒナを駆除することを決意 『ダニホイホイ』失敗 6日前の記事で『ダニホイホイ』をダニが侵入しそうな場所に張り付けたのですが、期待していたほどの効果はなく、全く違う場所から大量に侵入してきました。 ダニは3匹いれば実際は100万匹はいると言われていますが、コシタツ部屋ではすでに数えきれないほどのダニを発見したので、戸袋周辺には1億匹くらいはいるのかと想像できます。 想像すると恐怖で失禁しそうです。 ダニがいなくても、常に足がムズムズと痒くてダニストレスによって脆弱なコシタツの精神は蝕まれつつあります。 ヒナの駆除 このままいけば、ダニに精神を崩壊させられ廃人になるか、メンヘラになって家族に迷惑をかけ続けるのかの2つに1つです。 菩薩のコシタツも意を決しました。 ヒナの駆除をしよう。 業者に頼むと3万円などと足元を見た値段を吹っ掛けられるので、自分でやります。 貧乏だから自分でやるしかないんです(キリッ)。 この時にもダニの侵入は続いています。 家族の反応 とりあえず家族にもヒナを駆除していいか聞いてみます。 嫁『えー、殺しちゃうの。 可哀想じゃん』 コシ『みんなダニに刺されて死んでしまえ』 嫁『それは嫌だ、なんとかしなさいよ』 長男『ダニはやだな。 ダニホイホイしたじゃん!』 長女『ダニ?ギャーッ、ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ!』 次男『ピッカキンティービー、エービーデイ!』 コシ『…ダメだこいつら』 用意した道具と武器 ムクドリのヒナは戸袋の奥にいるので、巣材である枯草と一緒にかき出さなくてはいけません。 そこでオリジナルのかき出し棒を制作。 そして、かき出した後にトングでつまみ出します。 トングはホームセンターで600円くらいもしました。 無駄な出費です。 かき出し棒は80cm、トングは50cmもあります。 コシタツの唯一の武器です。 対ダニ用特殊殺虫スプレー『アースジェット』。 この武器一つで1億匹はいると思われるダニと戦わなければなりません。 超恐怖ですよ。 駆除開始 写真を撮る余裕なんて一切ありませんでした。 あしからず。 1階の屋根に上り、外から懐中電灯で照らしながら戸袋の中を覗き込みます。 獣臭が強烈で、中にはハエが飛んでいます。 『クッセ。 ナンデコンナコトニ…ムギギギ』 『おおぅ』 ヒナは予想外に戸袋の真ん中あたりにいます。 うっすら毛が生えてきていますが、まだヒナです。 4匹も居やがりますぜ。 なんとかこの位置だったらトングで直接つかめそうです。 早速、トング片手に戸袋に手を突っ込み薄暗いなかヒナをつかみにかかります。 意外と抵抗するヒナたち。 なかなか思うようにつかめません。 トライする事数分…信じられない事態にコシタツは襲われました。 無数のダニ 戸袋に差し込んでいた手にモゾモゾと嫌な感触が走ります。 すわっ!すかさず手を引き抜き確認すると、僕の手に無数のダニがまとわりついているではありませんか! 軽くパニックになりながら、手に付いたダニを振り払います。 ダニたちはお構いなく僕の手を登ってきます。 途中からは振り払うのではなく潰しましたよ。 つぶすと確実に死ぬので安心です。 ムクドリのヒナに気を取られてすっかりダニの存在を忘れていましたよ。 『てへへへ』 こんな事くらいで躊躇していたらムクドリのヒナは駆除できないので、あきらめて手を突っ込みます。 親鳥が近くで『ギャー、ギャー』と騒いでいますが、どうにもなりませんね。 ダニがまとわりついたら潰す、トングでヒナを捕獲を繰り返すこと4回。 無事に戸袋からムクドリのヒナを回収できました。 回収したヒナたちはとりあえず こんな箱に入れてみました。 巣箱は作っておいた 駆除する前に一応作っておいたんです。 法律上、個人が勝手に野鳥を駆除しちゃいけないことになっているので、住み家を移し替えることにしたんですよ。 まあ、嫁・子供の意見も酌み入れた結果ですが。 いらないコンパネをちょいちょいっと切って、エアーステープラーで『バシュ。 バシュ』っと15分くらいで完成です。 戸袋の掃除 ヒナたちを無事に保護したら、戸袋の掃除です。 ひたすらにアースジェットを吹きかけます。 『あはははは。 ダニたちがまるで虫けらのようだ』 ムスカ大佐の気分を味わいながら、ダニを殺していきます。 1億匹を殺すんです。 黒いつぶつぶしたダニたちがびちゃびちゃに濡れるまで吹きかけます。 巣材の枯草をかき出しながら、アースジェットを吹きかけるを繰り返してキレイにしていきます。 ある程度キレイになったら、ホウキでさらに細かいクズをかき出して、さらにアースジェットを吹きかけます。 もちろんマスクは必須ですよ! 掃除が終わるころには、アースジェット1本を使い切り2本目に突入です。 ミッションコンプリート とりあえずこれで、ムクドリのヒナの駆除は完了しました。 入れ替えた巣箱は親鳥にも分かりやすように雨戸のそばに設置してみました。 最初は警戒していたのですが、 ヒナが鳴き始めるとエサを与えに巣箱に入り始めました。 これで一安心です。 人にいじられたヒナを親鳥は面倒を見なくなるってよく聞きますからね。 ムクドリのヒナの駆除から4日ほど経ちましたが、ヒナたちは今のところ順調に育っている様です。

次の

ムクドリ対策 豆知識 ムクドリの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

ムクドリ 撃退

みなさんこんにちは。 今回は、 ムクドリについてお伝えします。 ムクドリの画像! こちらがムクドリです! ムクドリはスズメ目ムクドリ科に属する鳥です。 なんだかスズメとペンギンの合いの子みたいでかわいいですね! パッと見て一番目立つのは黄色いくちばしと脚でしょう。 体色は全体的に褐色がかっていますが、目の周りから頬にかけて白っぽく、胸部にも同色の斑点が見られます。 頭部から背面にかけては黒っぽく腹部は灰色っぽい感じでしょうか。 腰辺りにしろい斑点が一つあり後ろから見るとこの部分がトレードマークになります。 体長は24センチほどであまり大きくはありませんね! どんな見た目の鳥かこれで大体分かりましたね! 次はムクドリの鳴き声についてです! ムクドリの鳴き声の特徴は? ムクドリの鳴き声は典型的な「ピーチクパーチク」ですね! 「ピピッ、チチチチ、ピーッ、チチッ」みたいな鳴き声で小言のように鳴きます。 特徴を一つ上げるなら少ししゃがれた感じの声だということでしょうか… 小さい鳥だとウグイスなんかは透き通ってきれいな鳴き声を聞かせてくれますがこのムクドリはうるさい感じですね。 ムクドリにはかわいそうですが悪い意味で特徴的な気がしてしまう鳴き声です… ムクドリの幼鳥の特徴は? この写真はムクドリの親が子供に餌をあげているところです。 餌をもらっている手前のムクドリが幼鳥なのですが成鳥に比べて色が全体的に茶色っぽいですよね! 頬の白さや全体的な模様は出てきていますが成鳥とは別の鳥かと思ってしまうくらい色が違うんです。 幼鳥のこの時期はちょうど成鳥とヒナの間のような感じなので体は成鳥だけど色はヒナの時のままという印象がありますね! 思ったより色以外は成鳥と同じようでしたね! 子どもの姿を見ることができたので次は親鳥のオスとメスの違いについて見てみましょう。 次はオスとメスの特徴についてです! ムクドリのオスとメスの違いは? この写真がメスです! オスが黒っぽいのに対してメスの体色は全体的に褐色です。 同時に見て比較した場合は分かりやすいですが、意識しないで見たら全くわからなそうですね… また先ほど紹介したヒナと色が似ていると思いませんか? 鳥はヒナから幼鳥まで雌雄同色でオスだけが成鳥になる時に色が変わるという鳥が多いんです。 見た目が綺麗で知られている鳥たちも実はオスが綺麗なだけでメスは地味な色をしていたなんて話もよくありますね。 オスとメスの違いについては分かりましたでしょうか? ムクドリは何を餌にしているの? ムクドリは雑食性です。 木の実や虫の幼虫を好んで食べます。 ムクドリは漢字で書くと「椋鳥」とかくのですが、これはムクドリが椋木(むくのき)の実を食べていたためだという説があるんです。 虫を探す場合は地面におりてキョロキョロしながら探します。 木の実を食べているところは容易に想像できますが虫を食べているところはあまり考えたくありませんね… 秋になると熟した柿の実を枝に止まってついばんでいるようですよ! 鳥によっては普段は植物を食べて繁殖期は虫等の栄養価の高いものを食べるという種類もいますがムクドリの繁殖期はいつなのでしょうか? 次は繁殖期について見ていきましょう! ムクドリの繁殖期はいつなの? ムクドリの繁殖期は3月から7月にかけてです! この時に巣をつくり卵を温めるわけですが、どうやらムクドリは一度作った巣への執着が強いらしく翌年も同じ巣で卵を温めようとするらしいです。 繁殖能力が高く一度の繁殖期で4~7個の卵を産むらしいのですが、この卵が青緑色でとてもきれいなんですよ! また巣を作れなかったら別のムクドリの巣に托卵することもあるらしく少しあくどいやり方も心得ているようですね… 冬になると群れがガヤガヤ鳴いているのを見かけるひとも多いと思いますが、あの群れの数はこの繁殖能力の高さが一因なのかもしれませんね! でもムクドリってあんなに群れになっていたら襲われることも少なそうですよね? 自然界は過酷ですが一体どれくらい生きるのでしょうか。 次は寿命について見ていきましょう! ムクドリの寿命はどれぐらいなの? ムクドリの平均寿命は5~7年くらいだと言われています。 しかし20年生きるものもいるなんて話もあります… 20年生きるやつがいるのになんで平均すると5年ちょいになっちゃうの? って思う方多いと思います。 ここには自然界の大変さが大きく関わっていて、そもそも長生きできるものがあまりいないんです。 しかも孵化してから一年生き延びられるものが少ないという環境のため平均寿命は下がっていくばかりなんですね。 ちょうどこんな感じですね! しかしこのような形の巣だけではなく、民家の軒先や木の洞に巣を作ることも多いらしいです。 自分の家に巣を作られても困るよ!という方もいると思いますが、 卵やヒナがいる巣を破壊してしまうのは鳥獣保護法に違反してしまうので暖かく見守ってあげてくださいね! 冒頭でもムクドリの鳴き声やフンについてはお話ししましたね? 次はそんなムクドリの迷惑な一面を掘り下げていきたいと思います! ムクドリの被害がひどい?うるさいの? ムクドリは普段は群れを作り生活しています。 繁殖期だけは巣で眠りますが普段は大きな木などに集団でねぐらを作ります。 そして、このねぐらがうるさいんです! 鳴き声の紹介でお話した通りムクドリの鳴き声はしゃがれた感じです。 しかも鳴き声の紹介の時は「さえずり」という求愛用の鳴き声でしたが、繁殖期を終えると仲間とのコミュニケーションや警戒した時に使う「地鳴き」で鳴きます。 この地鳴きがまた 「ギャアギャア」「パチパチ」といった感じでやかましいんですね… 群れはときによっては 数万羽にまで上りますからそのうるささと言ったら他にありませんね。 そしてこの群れが一か所に集まってねぐらを形成するのでフンもとてつもない量が降ってくるんですね! そこの一帯は匂いから変わってしまうくらいです。 中々厄介な鳥のようですね… 対処の方法はあるのでしょうか? 次はムクドリの群れの対処について見ていきましょう! ムクドリの撃退方法は?対策方法はあるの? 先ほどもお話した通りムクドリは鳥獣保護法で守られているので撃退方法といっても殺すことは禁じられています。 しかし対処方はちゃんとあり、ムクドリが寝床にしないように寝床になりそうなところへ騒音装置を取り付けるという方法があるんです。 この騒音装置は人間には騒音として聞こえますが、ムクドリには嫌いな超音波を出す秘密兵器です! しかしこれはムクドリの鳴き声に対抗した策ではなくフンのみへの対処法と言えますね。 何故なら鳴き声も騒音装置も同じくらいうるさいんです… なんなら装置の方が人工的な分やかましいかもしれませんね! しかしムクドリは対処されておとなしくいなくなるわけではなくその超音波が届かない場所をまたねぐらにしているので残念ながらその場しのぎなんです。 昔は作物につく悪い虫を食べる益鳥として人間と共生していたムクドリですが、 人間の文化の発展で勝手に生き場所を奪われ害鳥として対処されてしまうのはなんだか可哀そうですよね… それにしても色々な策を講じて対処しているんですね。 さあ、次で最後ですね! 次はムクドリの英名についてです! ムクドリは英語でなんていうの? ムクドリの英名は 「white-cheeked starling」(ホワイトチークドスターリング)といいます。 これは「白い頬をしたムクドリ」という意味です。 元よりstarlingには 「ホシムクドリ」という意味があるのでこのような英名になったんですね! ちなみにホシムクドリはこんな見た目の鳥です! とてもきれいですよね! 今回紹介したムクドリとは似ても似つかないですよ。 普段見慣れた鳥だって調べてみると面白い発見がたくさんあるんですよ! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 巣から落ちた為、巣に戻る事が出来ず親に捨てられたムクドリのヒナ ちゅん を育てて3年あまり、 今では家の中を一階~二階へ自由に飛び回り、家族の一員です。 ちゅんは主人が大好きで お風呂も一緒、ドライヤーで羽を乾かせてもらうと気持よさそうにを閉じて喜びます。 食事する時も主人の口移し、テレビで歌番組がかかると肩の上に乗って綺麗な声で一緒に歌います。 子供達も家庭を持ち今は夫婦2人きりの生活ですがチュンのお陰で癒されます。 ムクドリは人間の言葉も理解する大変賢い鳥です。 糞被害には困りますが大抵、額の上や各所に作っている止まり木に止まっているから掃除は苦になりません。 一円玉が大好きでクチバシでつまんでは箱から取り出し階段に並べて遊んでいます。 写真の添付方法が分らないから動画を送れませんが、チュンの姿を見て頂きたい位で~す。

次の

ムクドリによる被害と撃退・対策法

ムクドリ 撃退

騒音被害や糞被害などを引き起こす困ったムクドリ。 近年ではムクドリの都市部への移住が進み、一般家庭はもちろん、市町村や自治体もムクドリ被害に悩んでいます。 そこで今回はムクドリの被害を抑えるべく、ムクドリの習性について調べたのでまとめます。 ムクドリとは? ムクドリはスズメ目ムクドリ科の一種です。 全長約20cmほどまで成長し、黒色・茶色の羽毛に黄色い嘴が特徴です。 ハトとスズメの中間のような大きさになっています。 日本全国に生息しているため、どこに住んでいてもその姿を確認できます。 ムクドリは雑食 ムクドリは雑食のため、植物の種子、果実、虫、幼虫など何でも食べます。 人の食べ物には手を付けないので、カラスと違ってゴミを荒らすことはありません。 果物が大好きなので、果樹園では害鳥として嫌われています。 ムクドリは群れ、大群で行動する ムクドリは群れで行動する習性があります。 街路樹に鳥の大群が止まっているのを見たことがあると思いますが、そのほとんどはムクドリです。 多い時は数千の大群となります。 ムクドリが群れで行動する理由は「寒さをしのぐため」「外敵から身を守るため」です。 大群で行動した方が外敵(カラスやヘビ)から狙われにくくなるようです。 なぜ都市部で多く見られるのか? ムクドリは以前は人里離れた森林部に生息していましたが、都市開発などによって森林が減少したため都市部の街路樹に集まるようになりました。 また、都市部は夜でも明かりが点いているので外敵となる猛禽類(タカやフクロウなど)が集まりにくく、好んで明るい場所=町の街路樹に集まる傾向があるようです。 ムクドリが現れるシーズン ムクドリは年中群れているかというとそうではありません。 繁殖期となる3~7月(春~初夏)にかけてはつがいと共に行動するため、大きな群れにはなりません。 雛が大きくなり、家族で行動するようになると群れと合流します。 これが8月以降です。 そのため、 ムクドリ被害は夏~秋にかけて多くなります。 また、北部の寒い地域に住んでいるムクドリは冬になると南部に移動するケースもあります。 ムクドリの被害について 近年、ムクドリは都市部の街路樹を住処にするようになったので被害が急増しています。 主に「鳴き声による騒音」「大量の糞」の二つに分けられます。 ムクドリはカラスと違ってゴミ置き場を荒らすことはありませんので、その点は安心です。 ムクドリの鳴き声被害 ムクドリは数千単位で行動し街路樹にとまるため、その鳴き声は騒音レベルになります。 夕方に集まる(群れで鳴く)性質があるため、帰宅時間と重なりうるさいと感じる方が多いようです。 ムクドリのフン被害 ムクドリは大群で行動するのでその糞も大変な量になります。 ムクドリのとまる街路樹の下は糞だらけになってしまい、まともに通れなくなるほどです。 ムクドリ被害の多い市町村では、糞の清掃費に年間数千~数億円かかるケースもあるようです。 ダニ被害 ムクドリは繁殖期になるとつがいで行動します。 その際に民家に巣を作るケースが多いようです。 ムクドリが巣を作るとムクドリに付いていたダニが大量発生します。 夏になりムクドリが巣立つと、ダニが餌を求めて民家に降りてくるケースが多く見られます。 ムクドリの対策 ムクドリ対策の方法は大きく分けて2つになります。 つがいで民家に巣を作るムクドリ対策と、群れで行動するムクドリ対策です。 つがいのムクドリ対策は比較的簡単ですが、群れで行動するムクドリ対策はかなり大変です。 特殊パルスで撃退【オススメ】 一番オススメなのは特殊パルスでムクドリを撃退する方法です。 滋賀県のエイカーというメーカーが製造したがオススメです。 鳥が嫌う特殊パルスをプログラム上で都度生成し、毎回異なるパルスを浴びせるためムクドリが慣れにくいのが特徴です。 市町村や自治体でも数多く導入されており、その効果は折り紙付きです。 ムクドリ撃退の様子 送料無料 42,984円 ネット、網を使った鳥除け ネットや網を張って物理的にムクドリの侵入を防ぐ方法です。 ベランダや軒先など場所を選べば確実な効果があります。 ただし、ムクドリはかなり小型の鳥なので目の細かい網を選びましょう。 また、街路樹に網を張って鳥を防ぐ方法もありますがほとんど効果はないのでオススメしません(網から飛び出した枝にムクドリがとまるため) 忌避剤を使った鳥除け 最初だけ効果がありますが、ムクドリが慣れてしまうと効果が無くなります。 定期的に匂いの違う忌避剤に交換すると効果的ですが、探す手間・設置する手間が大変なのでオススメしません。 また、木の上や屋根の上など高所に設置する場合は危険なので専門業者に依頼しましょう。 フクロウの置物、カラスの置物など 最初だけ効果がありますが、ムクドリが慣れてしまうと効果が無くなります。 オススメしません。 爆音器を使った鳥除け 先ほど紹介したトリックバードとよく似ていますが、コチラは単純に大きい音を出すだけです。 音が単調なのでムクドリが慣れてしまうと効果が無くなります。 また、住宅地、都市部では使えないのが難点です。 磁石など 鳥の体内磁気を狂わすと言われる磁石装置です。 よほど近づけないとほぼ効果はありません。 ムクドリは駆除できる?エアガンで追い払える? ムクドリは「鳥獣保護管理法」という法律で守られています。 駆除したり、エアガンで傷つけることはできません。 追い払うだけにしましょう。 まとめ 今回はムクドリの生態とその習性についてご紹介しました。 ムクドリは全国的に生息していて、群れで行動する性質を持っています。 近年では都市部の民家や街路樹に住みつくようになったため、「鳴き声による騒音」「フン被害」などが問題視されています。 ムクドリ対策にはがオススメです。 トリックバードは特殊波動で鳥を追い払います。 特殊波動はプログラム上で都度生成されるため、毎回異なるパターンを鳥に浴びせ慣れるのを防ぎます。 市町村や自治体でも数多く導入されており、その効果は折り紙付きです。 商品ページ 品名 価格 税込.

次の